自動車生産台数速報 ブラジル 2014年

より詳細なブラジルの台数統計はこちら

生産台数速報 2014年

1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

2014年12月 生産台数速報

2015.1.9

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、2014年は7.1%減の350万台、2年連続でマイナス

・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が8日に発表した2014年12月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比4.6%増の37万28台となった。12月末に廃止となった工業製品税(IPI)減税政策の駆け込み需要とクリスマス賞与の支給で、10カ月ぶりに前年同月比でプラスとなったものの、通年の累計では前年比7.1%減の349万8,012台となり、2年連続で前年実績を下回った。
・同国の新車市場は、2006年から2桁成長を継続し、2012年に過去最高の380万台を記録した後に低迷。2014年は国内経済の停滞に加え、1月からすべての新車に搭載が義務付けられたエアバッグとABSブレーキの追加費用による価格上昇や、6月に開幕したサッカーワールドカップ開催期間中の営業日数減少などが、新車販売の落ち込みに拍車をかけた。

・通年の新車販売台数のうち、国内生産車は前年比5.9%減の288万990台(シェア82.4%)、輸入車は12.7%減の61万7,022台(シェア17.6%)。乗用車の新車販売台数は、前年比9.4%減の250万4,161台。メーカー別乗用車販売では、フィアットが17.0%減の50万1,754台、ゼネラルモータース(GM)が12.3%減の47万3,870台、フォルクスワーゲン(VW)は13.4%減の46万6,901台。小型商用車(LCV)の新車販売台数は、前年比1.6%増の82万9,236台。メーカー別では、フィアットが23.8%増の19万6,482台、VWが14.0%減の10万9,762台、GMが3.9%減の10万5,000台など。

・ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した2014年のモデル別乗用車販売台数は、首位がフィアット「パリオ(Palio)」で18万3,741台。2位は18万3,356台のVW「ゴル(Gol)」で、20年以上続いたベストセラーの座を僅差で明け渡した。3位はGM 「オニクス(Onix)」で15万829台、4位がフィアット「ウーノ(Uno)」で12万2,241台、5位が現代自「HB20」で11万9,776台。LCVでは、首位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で15万3,130台、2位がVW「サベイロ(Saveiro)」で8万3,033台、3位がフォード「エコスポーツ(EcoSport)」で5万4,263台、4位はGM「S10」で5万812台、5位はルノー「ダスター(Duster)」で4万8,866台となっている。

・また、ANFAVEAが発表した12月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比11.8%減の20万3,760台(内、輸出は45.2%減の2万3,720台)。通年の累計生産台数は、前年比15.3%減の314万6,118台(内、輸出は40.9%減の33万4,501台)で、2009年以来の低水準となった。国内販売の低迷に加え、主要輸出先であるアルゼンチン向け輸出の減少が影響した。
・VWは6日、サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ(Sao Bernardo do Campo)市のアンシエタ(Anchieta)工場の従業員800人を解雇すると発表。また、同市内にあるダイムラーの工場でも244人が解雇された。他メーカーでも集団休暇や生産調整が相次ぎ、無期限ストライキに突入するなどの動きに広がっている。

・2015年の新車販売台数見込みとして、ANFAVEAがゼロ成長、FENABRAVEが前年比0.5%減と分析。ANFAVEAは、新車市場は低迷するも、ドル高とIPI減税廃止が輸入車価格に影響し、国産車の販売が相対的に増えると予測。輸入車のシェアは、2014年の17.6%から2015年は16%に下落するとの見通しを示している。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年12月 2013年12月 前年同月比 2014年
1-12月累計
2013年
1-12月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 272,955 259,211 5.3% 2,504,161 2,763,718 -9.4%
小型商用車 81,044 77,019 5.2% 829,236 816,185 1.6%
トラック 13,695 14,420 -5.0% 137,073 154,549 -11.3%
バス 2,334 3,193 -26.9% 27,542 32,918 -16.3%
合計 370,028 353,843 4.6% 3,498,012 3,767,370 -7.1%
輸出 乗用車 15,529 30,075 -48.4% 222,334 397,218 -44.0%
小型商用車 6,871 10,323 -33.4% 87,822 134,294 -34.6%
トラック 846 1,961 -56.9% 17,737 25,019 -29.1%
バス 474 939 -49.5% 6,608 9,768 -32.4%
合計 23,720 43,298 -45.2% 334,501 566,299 -40.9%
生産 乗用車 159,923 166,141 -3.7% 2,314,789 2,722,979 -15.0%
小型商用車 39,529 55,758 -29.1% 658,426 762,201 -13.6%
トラック 3,704 7,348 -49.6% 139,965 187,089 -25.2%
バス 604 1,645 -63.3% 32,938 40,111 -17.9%
合計 203,760 230,892 -11.8% 3,146,118 3,712,380 -15.3%
出所: ANFAVEA


より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年11月 生産台数速報

2014.12.8

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、11月は2.7%減の29.5万台、生産は9.7%減

・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が4日に発表した11月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比2.7%減の 29万4,651台となり、9カ月連続でマイナスとなった。1~11月の累計登録台数では、前年同期比8.4%減の312万7,984台。・11月の新車登録台数のうち、国内生産車は前年同月比0.8%増の24万6,801台、輸入車は17.5%減の4万7,850台。・乗用車の登録台数は、前年同月比5.7%減の21万1,006台。メーカー別に見ると、ゼネラルモータース(GM)が1.7%増の4万2,599台、フィアットが20.6%減の3万9,303台、フォルクスワーゲン(VW)が20.2%減の3万3,499台。・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比6.7%増の6万9,146台。メーカー別では、フィアットが52.6%増の1万5,641台、VWが2.3%減の1万356台、GMが10.8%減の8,534台となっている。・ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した11月のモデル別乗用車販売台数は、1位がフィアット「パリオ(Palio)」で1万 5,399台、2位がGM「オニクス(Onix)」で1万4,484台、3位がVW「ゴル(Gol)」で1万2,024台、4位がフォード「Ka」で1万 748台、5位が現代「HB20」で1万688台。LCVでは、1位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で1万1,435台、2位はVW「サベイ ロ(Saveiro)」で8,643台、3位はルノー「ダスター(Duster)」で4,431台、4位はフォード「エコスポーツ(EcoSport)」 で4,111台、5位はGM「S10」で3,922台となっている。

・また、ANFAVEAが発表した11月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比9.7%減の26万4,830台(内、輸出は42.6%減の2万 5,971台)。1~11月の累計生産台数は、前年同期比15.5%減の294万2,358台(内、輸出は40.6%減の31万781台)。

・ANFAVEAは、クリスマス賞与と新車の工業製品税(IPI)の減税政策が年末で終了することによる駆け込み需要があるとしながらも、通年の販 売台数見込みを前年比5.4%減の356万台のままとしている。今年下半期の1日当たり1万4,000~1万5,000台の販売ペースを維持できれば、 2015年は成長を見込めるとしている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年11月 2013年11月 前年同月比 2014年
1-11月累計
2013年
1-11月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 211,006 223,748 -5.7% 2,231,206 2,504,507 -10.9%
小型商用車 69,146 64,798 6.7% 748,192 739,166 1.2%
トラック 12,159 11,641 4.4% 123,378 140,129 -12.0%
バス 2,340 2,752 -15.0% 25,208 29,725 -15.2%
合計 294,651 302,939 -2.7% 3,127,984 3,413,527 -8.4%
輸出 乗用車 16,635 30,236 -45.0% 206,805 367,143 -43.7%
小型商用車 7,114 11,579 -38.6% 80,951 123,971 -34.7%
トラック 1,560 2,341 -33.4% 16,891 23,058 -26.7%
バス 662 1,078 -38.6% 6,134 8,829 -30.5%
合計 25,971 45,234 -42.6% 310,781 523,001 -40.6%
生産 乗用車 194,603 212,320 -8.3% 2,154,866 2,556,838 -15.7%
小型商用車 56,605 62,802 -9.9% 618,897 706,443 -12.4%
トラック 11,778 14,752 -20.2% 136,261 179,741 -24.2%
バス 1,844 3,315 -44.4% 32,334 38,466 -15.9%
合計 264,830 293,189 -9.7% 2,942,358 3,481,488 -15.5%
出所: ANFAVEA


より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年10月 生産台数速報

2014.11.7

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、10月は7.1%減の30.7万台、生産は9.0%減の29.3万台

・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が6日に発表した10月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比7.1%減の 30万6,859台となり、8カ月連続でマイナスとなった。1~10月の累計登録台数では、前年同期比8.9%減の283万3,333台となっている。
・10月の新車登録台数のうち、国内生産車は前年同月比5.0%減の25万4,483台、輸入車は15.8%減の5万2,376台。
・乗用車の登録台数は、前年同月比9.4%減の21万7,176台。メーカー別に見ると、フィアットが13.0%減の4万2,596台、ゼネラルモータース(GM)が17.5%減の4万1,390台、フォルクスワーゲン(VW)が13.6%減の3万8,974台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比0.5%増の7万4,628台。メーカー別では、フィアットが37.1%増の1万7,302台、VWが9.8%減の1万153台、GMが6.3%減の1万36台となっている。
・ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した10月のモデル別乗用車販売台数は、1位がフィアット「パリオ(Palio)」で1万 6,622台、2位がGM「オニクス(Onix)」で1万3,590台、3位VW「ゴル(Gol)」で1万2,455台、4位がフィアット「ウーノ(Uno)」で1万1,192台、5位が現代「HB20」で1万603台。LCVでは、1位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で1万3,381台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で8,439台、3位はルノー「ダスター(Duster)」で4,773台、4位はフォード「エコスポーツ(EcoSport)」で4,523台、5位はGM「S10」で4,424台となっている。
・また、ANFAVEAが発表した10月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比9.0%減の29万3,328台(内、輸出は54.6%減の2万3,503台)。1~10月の累計生産台数は、前年同期比16.0%減の267万7,528台(内、輸出は40.4%減の28万4,810台)。

・ANFAVEAは、通年の販売台数は前年比5.4%減の356万台、生産台数は10%減の333万台になるとの見通しを示している。また、アルゼンチン以外への輸出拡大に向け、コロンビアやメキシコとの交渉も進行中としている。


ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年10月 2013年10月 前年同月比 2014年
1-10月累計
2013年
1-10月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 217,176 239,590 -9.4% 2,020,200 2,280,759 -11.4%
小型商用車 74,628 74,283 0.5% 679,046 674,368 0.7%
トラック 12,172 13,391 -9.1% 111,219 128,488 -13.4%
バス 2,883 2,939 -1.9% 22,868 26,973 -15.2%
合計 306,859 330,203 -7.1% 2,833,333 3,110,588 -8.9%
輸出 乗用車 14,248 34,795 -59.1% 190,170 336,907 -43.6%
小型商用車 7,275 13,591 -46.5% 73,837 112,392 -34.3%
トラック 1,389 2,494 -44.3% 15,331 20,717 -26.0%
バス 591 939 -37.1% 5,472 7,751 -29.4%
合計 23,503 51,819 -54.6% 284,810 477,767 -40.4%
生産 乗用車 217,403 237,462 -8.4% 1,960,263 2,344,518 -16.4%
小型商用車 60,836 63,245 -3.8% 562,292 643,641 -12.6%
トラック 12,394 18,323 -32.4% 124,483 164,989 -24.6%
バス 2,695 3,484 -22.6% 30,490 35,151 -13.3%
合計 293,328 322,514 -9.0% 2,677,528 3,188,299 -16.0%
出所: ANFAVEA


より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年9月 生産台数速報

2014.10.7

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、9月は4.4%減の29.6万台、生産は6.7%減の30万台
・ブラジル全国自動車製造業 者協会(ANFAVEA)が6日に発表した9月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比4.4%減の29万6,294台となり、7カ月連続 で前年同月割れとなった。1~9月の累計登録台数では、前年同期比9.1%減の252万6,474台となっている。

・9月の新車登録台数のうち、国内生産車は前年同月比2.4%減の24万4,578台、輸入車は12.8%減の5万1,716台。
・乗用車の登録台数は、前年同月比5.3%減の21万285台。メーカー別に見ると、フィアットが14.8%減の4万1,422台、ゼネラルモータース(GM)が1.5%減の4万879台、フォルクスワーゲン(VW)が15.4%減の3万7,135台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比0.5%増の7万2,596台。メーカー別では、フィアットが22.2%増の1万7,799台、VWが21.3%減の9,460台、GMが2.8%減の8,912台となっている。
・ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した9月のモデル別乗用車販売台数は、1位がフィアット「パリオ(Palio)」 で1万5,907台、2位がGM「オニクス(Onix))」で1万3,483台、3位VW「ゴル(Gol)」で1万2,583台、4位が現代「HB20」 で 9,904台、5位がフィアット「シエナ(Siena)」で9,518台。LCVでは、1位がフィアッ ト「ストラーダ(Strada)」で1万4,225台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で7,780台、3位はGM「S10」で4,760台、 4位はフォード「エコスポーツ(EcoSport)」で4,563台、5位はルノー「ダスター(Duster)」で4,040台となっている。
・ また、ANFAVEAが発表した9月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比6.7%減の30万845台(内、輸出台数は41.2%減の2万6,724 台)。1~9月の累計生産台数は、前年同期比16.8%減の238万4,214台(内、輸出台数は38.5%減の26万2,007台)。

・ ANFAVEAは、主要輸出先であるアルゼンチンの外貨規制が輸出減少に影響していると分析。9月に延長となったアルゼンチン現地生産車を対象とした支援 策「Pro.Cre.Auto」もブラジル製輸入車の購入の妨げとなっているとしている。ANFAVEAは、輸出先拡大のため、コロンビアやウルグアイな どの周辺国に加え、アフリカ各国への働きかけを進めているとしている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
車種 2014年9月 2013年9月 前年同月比 2014年
1-9月累計
2013年
1-9月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 210,285 222,155 -5.3% 1,803,024 2,041,169 -11.7%
小型商用車 72,596 72,264 0.5% 604,418 600,085 0.7%
トラック 11,210 12,717 -11.9% 99,047 115,097 -13.9%
バス 2,203 2,736 -19.5% 19,985 24,034 -16.8%
合計 296,294 309,872 -4.4% 2,526,474 2,780,385 -9.1%
輸出 乗用車 16,644 31,272 -46.8% 175,922 302,112 -41.8%
小型商用車 7,920 11,471 -31.0% 67,262 98,801 -31.9%
トラック 1,583 1,796 -11.9% 13,942 18,223 -23.5%
バス 577 902 -36.0% 4,881 6,812 -28.3%
合計 26,724 45,441 -41.2% 262,007 425,948 -38.5%
生産 乗用車 218,926 233,788 -6.4% 1,742,860 2,107,056 -17.3%
小型商用車 67,354 68,593 -1.8% 501,497 580,396 -13.6%
トラック 11,786 16,919 -30.3% 112,064 146,666 -23.6%
バス 2,779 3,050 -8.9% 27,793 31,667 -12.2%
合計 300,845 322,350 -6.7% 2,384,214 2,865,785 -16.8%
出所: ANFAVEA

より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年8月 生産台数速報

2014.9.5

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。

ブラジル新車販売、8月は17.2%減の27.2万台、生産は22.4%減
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が4日に発表した8月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比17.2%減の27万2,492台となった。1~8月の累計登録台数は、前年同期比9.7%減の223万180台。
・8月の乗用車の登録台数は、前年同月比20.1%減の19万3,767台。メーカー別に見ると、フィアットが21.7%減の4万90台、フォルクスワーゲン(VW)が12.4%減の3万9,446台、ゼネラルモータース(GM)が35.7%減の3万2,071台。
・8月の小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比6.8%減の6万5,723台。メーカー別では、フィアットが9.0%増の1万6,095台、VWが16.1%減の8,983台、フォードが19.3%減の7,124台なっている。
・ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した8月のモデル別乗用車販売台数は、1位がフィアット「パリオ (Palio)」で1万4,305台、2位がVW「ゴル(Gol)」で1万4,198台、3位フィアット「ウーノ(Uno)」で1万922台。LCVでは、1位がフィアッ ト「ストラーダ(Strada)」で1万2,850台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で7,022台、3位はフォード「エコスポーツ (EcoSport)」で4,735台となっている。
・また、ANFAVEAが発表した8月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比22.4%減の26万5,910台(内、輸出台数は50.6%減の3万1,651台)。1~8月の累計生産台数は、前年同期比18.0%減の208万4,594台(内、輸出台数は38.1%減の23万5,431台)。

・ANFAVEAは通年販売予測を356万台としているが、毎月の修正はしないとし、11月には予測を修正予定。消費動向を見守るとしている。
・なお、ブラジル国家統計局(IBGE)が先週発表した今年第2四半期(4-6月期)の国内総生産(GDP)は前期比0.6%減で、2四半期連続でマイナス成長となった。多くのエコノミストがリセッション(景気後退)入りしたと宣言し、2014年の経済成長率見通しを引き下げている。これを受け、ギド・マンテガ(Guido Mantega)財務相は、リセッション入りを否定。アルゼンチンへの自動車輸出減少が景気停滞の一因で、国内消費には影響しておらず、失業率も上昇していないとしている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
車種 2014年8月 2013年8月 前年同月比 2014年
1-8月累計
2013年
1-8月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 193,767 242,479 -20.1% 1,592,739 1,819,014 -12.4%
小型商用車 65,723 70,529 -6.8% 531,822 527,821 0.8%
トラック 10,807 13,235 -18.3% 87,837 102,380 -14.2%
バス 2,195 2,900 -24.3% 17,782 21,298 -16.5%
合計 272,492 329,143 -17.2% 2,230,180 2,470,513 -9.7%
輸出 乗用車 24,740 44,383 -44.3% 159,498 270,840 -41.1%
小型商用車 4,773 15,951 -70.1% 59,328 87,330 -32.1%
トラック 1,514 3,002 -49.6% 12,103 16,427 -26.3%
バス 624 735 -15.1% 4,502 5,910 -23.8%
合計 31,651 64,071 -50.6% 235,431 380,507 -38.1%
生産 乗用車 194,009 244,461 -20.6% 1,524,005 1,873,268 -18.6%
小型商用車 55,787 76,575 -27.1% 434,091 511,803 -15.2%
トラック 11,969 18,415 -35.0% 100,288 129,747 -22.7%
バス 4,145 3,306 25.4% 26,210 28,617 -8.4%
合計 265,910 342,757 -22.4% 2,084,594 2,543,435 -18.0%
出所: ANFAVEA

より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年7月 生産台数速報

2014.8.7

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、7月は13.9%減の29.5万台、各社は生産調整
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が6日に発表した7月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比13.9%減の29万4,768台となった。サッカー・ワールドカップ終了後の下旬から回復して前月比11.8%増を記録したが、7月としては2009年以降で最低となっている。1~7月の累計登録台数は、前年同期比8.6%減の195万7,688台。
・7月の乗用車の登録台数は、前年同月比16.8%減の20万8,642台。メーカー別に見ると、フィアットが20.0%減の4万2,436台、ゼネラルモータース(GM)が20.0%減の4万1,919台、フォルクスワーゲン(VW)が12.1%減の3万9,601台。
・7月の小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比2.8%減の7万1,548台。メーカー別では、フィアットが15.9%増の1万6,346台、VWが21.4%減の9,228台、GMが10.0%減の8,285台となっている。
・また、ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した7月のモデル別乗用車販売台数は、1位がフィアット「パリオ(Palio)」で1万5,989台、2位がVW「ゴル(Gol)」で1万4,347台、3位がGM「オニクス(Onix)」で1万4,015台。LCVでは、1位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で1万2,585台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で7,296台、3位はフォード「エコスポーツ(EcoSport)」で5,287台となっている。
・なお、ANFAVEAが発表した7月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比20.5%減の25万2,635台(内、輸出台数は36.7%減の3万4,233台)。1~7月の累計生産台数は、前年同期比17.4%減の181万8,684台(内、輸出台数は35.4%減の20万4,411台)。
・販売と輸出の減少を受け、OEMメーカー各社は追加で生産調整を計画。現地報道によると、フォードのサンパウロ州タウバテ(Taubate)エンジン工場では、先週から108人を対象に5カ月間のレイオフを実施。GMのサンパウロ州サン・ジョゼ・ドス・カンポス(Sao Jose dos Campos)工場では、1,000人を対象に金属組合とレイオフで交渉中。フィアットのミナス州ベチン(Betim)工場では、10日間の集団休暇の実施により、1万台の生産調整を予定している。
・ANFAVEAのLuis Moan会長は、「在庫レベルの調整のため、販売促進と生産調整の両方での手段を模索している」と述べている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
車種 2014年7月 2013年7月 前年同月比 2014年
1-7月累計
2013年
1-7月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 208,642 250,685 -16.8% 1,398,972 1,576,535 -11.3%
小型商用車 71,548 73,610 -2.8% 466,099 457,292 1.9%
トラック 12,388 15,144 -18.2% 77,030 89,145 -13.6%
バス 2,190 2,867 -23.6% 15,587 18,398 -15.3%
合計 294,768 342,306 -13.9% 1,957,688 2,141,370 -8.6%
輸出 乗用車 24,485 40,319 -39.3% 134,734 226,457 -40.5%
小型商用車 7,865 10,457 -24.8% 54,577 71,379 -23.5%
トラック 1,266 2,092 -39.5% 11,024 13,425 -17.9%
バス 617 1,228 -49.8% 4,076 5,175 -21.2%
合計 34,233 54,096 -36.7% 204,411 316,436 -35.4%
生産 乗用車 179,618 234,139 -23.3% 1,329,996 1,628,807 -18.3%
小型商用車 57,827 62,275 -7.1% 378,304 435,228 -13.1%
トラック 12,326 17,726 -30.5% 88,319 111,332 -20.7%
バス 2,864 3,715 -22.9% 22,065 25,311 -12.8%
合計 252,635 317,855 -20.5% 1,818,684 2,200,678 -17.4%
出所: ANFAVEA

<Marklines補足>
ブラジルの主要輸出先であるアルゼンチンは、今年6月16日に米国最高裁判所が示した判断で、債権者が保有する新債券の利払いができない状況になった。利払い猶予期限である7月30日をむかえたため、現在対象債券のテクニカルデフォルトに陥っている。今回のデフォルトにより、アルゼンチンの外貨調達が困難になることが予想され、同国経済の悪化が見込まれる。ブラジルの自動車輸出の約75%をアルゼンチンが占めるため、ブラジルの輸出もさらに鈍化が予想される。

より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年6月 生産台数速報

2014.7.8

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、6月は17.3%減、上半期は7.6%減
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が7日に発表した6月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比17.3%減の26万3,564台となった。サッカー・ワールドカップの開催による休日で、営業日が少なかったことが影響。1~6月の累計登録台数では、前年同期比7.6%減の166万2,920台となっている。
・また、6月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比33.3%減の21万5,934台(内、輸出台数は51.1%減の2万4,199台)。1~6月の累計生産台数は、前年同期比16.8%減の156万6,049台(内、輸出台数は35.4%減の16万9,457台)。
・上半期の結果を受け、ANFAVEAは、前年比1.1%増の381万台としていた通年販売見通しを同5.4%減の356万台に下方修正した。また、通年の生産見通しを前年比10%減の339万台、輸出見通しを同29.1%減の40万1,000台に改定している。
・但し、ANFAVEAは、下半期は国内市場の回復とアルゼンチン向けの輸出増が見込まれることから、上半期よりも前向きな指標を示している。下半期の販売は上半期比14.3%増の190万台、生産は同13.2%増の177万台、輸出は同36.9%増の23万2,000台としている。
・ANFAVEAのLuis Moan会長は、「下半期は営業日が上半期の119日に比べ7%多い127日ある。ブラジル代表が決勝戦に進出した場合の営業日減もすでに想定済み。たとえブラジル代表が敗退したとしても、ワールドカップ後の消費者の信頼水準は回復するだろう」と述べ、6月30日に発表されたIPI減税の延長がさらに後押しするとの見解を示している。
・ANFAVEAが発表した6月の乗用車の新車登録台数は、前年同月比19.3%減の18万8,157台。メーカー別に見ると、フィアットが24.0%減の3万7,460台、フォルクスワーゲン(VW)が22.5%減の3万7,233台、ゼネラルモータース(GM)が22.8%減の3万5,444台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比10.0%減の6万2,858台。メーカー別では、フィアットが5.8%減の1万3,750台、VWが20.0%減の8,545台、GMが17.4%減の7,912台となっている。
・また、ブラジル全国自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が2日に発表した6月のモデル別乗用車販売台数は、1位がフィアット「パリオ(Palio)」で1万4,080台、2位がVW「ゴル(Gol)」で1万3,167台、3位がGM「オニクス(Onix)」で1万994台。LCVでは、1位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で1万561台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で6,722台、3位はGM「S10」で4,078台となっている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
車種 2014年6月 2013年6月 前年同月比 2014年
1-6月累計
2013年
1-6月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 188,157 233,277 -19.3% 1,190,330 1,325,850 -10.2%
小型商用車 62,858 69,810 -10.0% 394,566 383,682 2.8%
トラック 10,585 13,061 -19.0% 64,627 74,001 -12.7%
バス 1,964 2,471 -20.5% 13,397 15,531 -13.7%
合計 263,564 318,619 -17.3% 1,662,920 1,799,064 -7.6%
輸出 乗用車 17,296 38,923 -55.6% 110,057 186,138 -40.9%
小型商用車 4,802 7,093 -32.3% 46,684 60,922 -23.4%
トラック 1,569 2,526 -37.9% 9,262 11,333 -18.3%
バス 532 902 -41.0% 3,454 3,947 -12.5%
合計 24,199 49,444 -51.1% 169,457 262,340 -35.4%
生産 乗用車 163,554 236,325 -30.8% 1,154,081 1,394,668 -17.3%
小型商用車 41,653 67,317 -38.1% 316,774 372,953 -15.1%
トラック 8,192 16,156 -49.3% 75,995 93,606 -18.8%
バス 2,535 4,082 -37.9% 19,199 21,596 -11.1%
合計 215,934 323,880 -33.3% 1,566,049 1,882,823 -16.8%
出所: ANFAVEA
より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年5月 生産台数速報

2014.6.6

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、5月は7.2%減、生産は18.0%減
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が5日に発表した5月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比7.2%減の29万3,362台となった。1~5月の累計登録台数では、5.5%減の139万9,356台となっている。
・新車登録台数のうち、国内生産車の登録台数は前年同月比7.4%減の24万592台、輸入車は6.4%減の5万2,770台。
・また、5月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比18.0%減の28万2,465台。このうち輸出台数は27.7%減の3万5,162台となっている。
・ANFAVEAは、輸出減の主要因であったアルゼンチンの輸入制限に関して、両国政府間は来週には合意に至るとの見通し示した。また、新車登録、輸出、生産が明らかな減少傾向を示しているが、通年見通しの改訂は7月に行うとしている。
・5月の新車登録台数のうち、乗用車は前年同月比10.9%減の20万7,688台。メーカー別に見ると、フォルクスワーゲン(VW)が8.1%減の4万524台、ゼネラルモータース(GM)が8.9%減の3万9,802台、フィアットが27.2%減の3万9,548台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比4.0%増の7万720台。メーカー別では、フィアットが21.2%増の1万6,393台、VWが3.0%増の9,607台、GMが10.0%減の9,109台となっている。
・また、ブラジル自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した5月のモデル別乗用車販売台数は、1位がVW「ゴル(Gol)」で1万5,188台、2位がフィアット「パリオ(Palio)」で1万4,910台、3位がGM「オニクス(Onix)」で1万1,696台。LCVでは、1位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で1万2,615台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で7,314台、3位はGM「S10」で5,018台となっている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年5月 2013年5月 前年同月比 2014年
1-5月累計
2013年
1-5月累計
前年同期比
新車登録 乗用車 207,688 232,974 -10.9% 1,002,173 1,092,573 -8.3%
小型商用車 70,720 67,969 4.0% 331,708 313,872 5.7%
トラック 12,710 12,635 0.6% 54,042 60,940 -11.3%
バス 2,244 2,655 -15.5% 11,433 13,060 -12.5%
合計 293,362 316,233 -7.2% 1,399,356 1,480,445 -5.5%
輸出 乗用車 22,484 32,899 -31.7% 92,761 147,215 -37.0%
小型商用車 10,280 12,504 -17.8% 41,882 53,829 -22.2%
トラック 1,590 2,571 -38.2% 8,189 8,807 -7.0%
バス 808 646 25.1% 2,890 3,045 -5.1%
合計 35,162 48,620 -27.7% 145,722 212,896 -31.6%
生産 乗用車 202,643 253,393 -20.0% 990,527 1,158,343 -14.5%
小型商用車 62,629 70,896 -11.7% 275,121 305,636 -10.0%
トラック 12,695 16,368 -22.4% 67,803 77,450 -12.5%
バス 4,498 3,890 15.6% 17,774 17,514 1.5%
合計 282,465 344,547 -18.0% 1,351,225 1,558,943 -13.3%
出所: ANFAVEA
より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年4月 生産台数速報

2014.5.12

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、4月は12.1%減、生産は21.4%減
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が9日に発表した4月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比12.1%減の29万3,240台となった。1~4月の累計登録台数では、5.0%減の110万5,994台となっている。
・新車登録台数のうち、国内生産車の登録台数は前年同月比10.8%減の24万3,579台、輸入車は18.1%減の4万9,661台。
・また、4月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比21.4%減の27万7,091台。このうち輸出台数は30.4%減の3万6,735台となっている。
・ANFAVEAは、輸出減の主要因であったアルゼンチンの輸入制限に関して、両国政府間で6月末までには新合意が締結されるとの見通しを述べ、今後2年間は現行の免税処置が継続されるとの観測を示している。また、前月比で輸出が55.7%増となったことが回復兆候との分析をしている。
・4月の新車登録台数のうち、乗用車は前年同月比14.3%減の21万1,225台。メーカー別に見ると、フィアットが20.8%減の4万3,487台、ゼネラルモータース(GM)が12.9%減の3万9,928台、フォルクスワーゲン(VW)が18.7%減の3万9,826台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比2.4%減の6万8,892台。メーカー別では、フィアットが14.3%増の1万6,761台、GMが9.6%増の1万123台、VWが26.2%減の7,408台となっている。
・ブラジル自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した4月のモデル別乗用車販売トップはVWのコンパクトモデル「ゴル(Gol)」で1万6,963台、2位はフィアット「パリオ(Palio)」で1万5,409台、3位はGM「オニクス(Onix)」で1万3,247台。LCVでは、1位がフィアット「ストラーダ(Strada)」で1万3,298台、2位はVW「サベイロ(Saveiro)」で5,422台、3位はGM「S10」で4,743台となっている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年4月 2013年4月 前年同月比 2014年1-4月累計 2013年1-4月累計 前年同期比
新車登録 乗用車 211,225 246,379 -14.3% 794,485 859,599 -7.6%
小型商用車 68,892 70,609 -2.4% 260,988 245,903 6.1%
トラック 10,886 13,965 -22.0% 41,332 48,305 -14.4%
バス 2,237 2,785 -19.7% 9,189 10,405 -11.7%
合計 293,240 333,738 -12.1% 1,105,994 1,164,212 -5.0%
輸出 乗用車 24,690 37,876 -34.8% 71,645 114,316 -37.3%
小型商用車 9,677 12,350 -21.6% 31,602 41,325 -23.5%
トラック 1,787 1,943 -8.0% 6,605 6,236 5.9%
バス 581 602 -3.5% 2,076 2,399 -13.5%
合計 36,735 52,771 -30.4% 111,928 164,276 -31.9%
生産 乗用車 205,158 258,054 -20.5% 787,884 904,950 -12.9%
小型商用車 56,224 72,611 -22.6% 212,492 234,740 -9.5%
トラック 12,314 17,999 -31.6% 55,097 61,082 -9.8%
バス 3,395 3,691 -8.0% 13,336 13,624 -2.1%
合計 277,091 352,355 -21.4% 1,068,809 1,214,396 -12.0%
出所: ANFAVEA

より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年3月 生産台数速報

2014.4.7

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、3月は15.2%減、生産は17.6%減
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が4日に発表した3月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比15.2%減の24万808台となった。1~3月の累計登録台数では、2.1%減の81万2,754台となっている。
・国内生産車の登録台数は前年同月比14.0%減の20万983台、輸入車は20.5%減の3万9,825台。
・乗用車の登録台数は、前年同月比18.3%減の17万1,359台。メーカー別に見ると、フィアットが20.6%減の3万7,679台、フォルクスワーゲン(VW)が24.1%減の3万1,615台、ゼネラルモータース(GM)が20.3%減の3万2,766台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比1.8%減の5万7,756台。メーカー別では、フィアットが42.9%増の1万6,091台、GMが2.2%減の7,659台、VWが41.8%減の6,123台となっている。
・3月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比17.6%減の27万1,217台。このうち輸出台数は46.2%減の2万3,408台。
・ブラジル自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した3月のモデル別乗用車販売トップはフィアット「パリオ(Palio)」で1万2,872台、2位はVWのコンパクトモデル「ゴル(Gol)」で1万2,545台、3位はGM「オニクス(Onix)」で1万2,245台。LCVでは、フィアット「ストラーダ(Strada)」が1万3,017台、VW「サベイロ(Saveiro)」が4,383台、フォード「エコスポーツ(EcoSport)」が3,483台となっている。
・ANFAVEAは、輸出減少の主要因であるアルゼンチンの輸入制限に関して、アルゼンチンの通貨危機の最も深刻な時期は過ぎたので、5月には前向きな見通しをもつことになるとの期待を寄せている。
・また、販売と輸出の減少に対応するために、PSAプジョーシトロエン、フォード、メルセデス・ベンツ、スカニア、VW、MAN、GM等が、2月から生産調整を行ってきている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年3月 2013年3月 前年
同月比
2014年1-3月累計 2013年1-3月累計 前年
同期比
新車登録 乗用車 171,359 209,797 -18.3% 583,264 613,220 -4.9%
小型商用車 57,756 58,798 -1.8% 192,092 175,294 9.6%
トラック 9,239 12,277 -24.7% 30,446 34,340 -11.3%
バス 2,454 3,040 -19.3% 6,952 7,620 -8.8%
合計 240,808 283,912 -15.2% 812,754 830,474 -2.1%
輸出 乗用車 14,407 29,415 -51.0% 47,741 76,440 -37.5%
小型商用車 6,902 11,476 -39.9% 21,139 28,975 -27.0%
トラック 1,555 1,787 -13.0% 4,686 4,293 9.2%
バス 544 851 -36.1% 1,483 1,797 -17.5%
合計 23,408 43,529 -46.2% 75,049 111,505 -32.7%
生産 乗用車 204,411 245,458 -16.7% 586,874 646,896 -9.3%
小型商用車 49,608 63,148 -21.4% 150,929 162,129 -6.9%
トラック 13,688 16,687 -18.0% 42,433 43,083 -1.5%
バス 3,510 3,800 -7.6% 9,619 9,933 -3.2%
合計 271,217 329,093 -17.6% 789,855 862,041 -8.4%
出所: ANFAVEA
より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年2月 生産台数速報

2014.3.12

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、2月は10.3%増、生産は16.9%増
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が11日に発表した2月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比10.3%増の25万9,328台となった。1~2月の累計登録台数では、4.6%増の57万1,946台となっている。
・国内生産車の登録台数は前年同月比12.2%増の21万2,314台、輸入車は2.5%増の4万7,014台。
・乗用車の登録台数は、前年同月比6.5%増の18万3,235台。メーカー別に見ると、フィアットが5.1%増の4万1,000台、フォルクスワーゲン(VW)が0.6%減の3万4,931台、ゼネラルモータース(GM)が4.4%増の3万3,550台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比24.2%増の6万2,904台。メーカー別では、フィアットが62.1%増の1万6,983台、VWが11.2%減の7,640台、GMが29.3%増の9,040台となっている。
・2月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比16.9%増の28万1,452台。このうち輸出台数は9.1%減の2万8,843台。
・ブラジル自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した2月のモデル別乗用車販売トップはVWのコンパクトモデル「ゴル(Gol)」で1万4,077台、2位はフィアット「パリオ(Palio)」で1万3,283台、3位はフィアット「ウーノ(Uno)」で1万410台。LCVでは、フィアット「ストラーダ(Strada)」が1万3,459台、VW「サベイロ(Saveiro)」が5,072台、フォード「エコスポーツ(EcoSport)」が3,940台となっている。
・ANFAVEAは、輸出減少の主要因であるアルゼンチンの輸入規制に関して、14日の両国政府間の協議で早期解決が図られる期待を示すと同時に、2015年から施行される輸出強化プログラム「Exportar-Auto」によるコスト削減と競争力強化で、年間100万台の輸出の目標達成に期待を寄せている。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年2月 2013年2月 前年
同月比
2014年1-2月累計 2013年1-2月累計 前年
同期比
新車登録 乗用車 183,235 172,080 6.5% 411,905 403,423 2.1%
小型商用車 62,904 50,651 24.2% 134,336 116,496 15.3%
トラック 10,434 9,966 4.7% 21,207 22,063 -3.9%
バス 2,755 2,412 14.2% 4,498 4,580 -1.8%
合計 259,328 235,109 10.3% 571,946 546,562 4.6%
輸出 乗用車 19,874 20,808 -4.5% 36,619 47,025 -22.1%
小型商用車 6,550 9,377 -30.1% 10,951 17,499 -37.4%
トラック 1,914 1,047 82.8% 3,131 2,506 24.9%
バス 505 511 -1.2% 939 946 -0.7%
合計 28,843 31,743 -9.1% 51,640 67,976 -24.0%
生産 乗用車 213,276 177,163 20.4% 388,539 401,438 -3.2%
小型商用車 49,427 46,763 5.7% 95,245 98,981 -3.8%
トラック 15,041 13,859 8.5% 28,745 26,396 8.9%
バス 3,708 3,011 23.1% 6,109 6,133 -0.4%
合計 281,452 240,796 16.9% 518,638 532,948 -2.7%
出所: ANFAVEA
より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ

2014年1月 生産台数速報

2014.2.7

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


ブラジル新車販売、1月は0.4%増、生産は18.7%減
・ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)が6日に発表した1月の新車登録台数(トラック・バスを含む)は、前年同月比0.4%増の31万2,618台となった。
・国内生産車の登録台数は前年同月比0.4%増の24万7,758台、輸入車は0.4%増の6万4,860台。
・乗用車の登録台数は、前年同月比1.2%減の22万8,670台。メーカー別に見ると、フィアットが17.7%減の4万7,235台、フォルクスワーゲン(VW)が10.1%減の4万5,482台、ゼネラルモータース(GM)が2.7%減の4万4,039台。
・小型商用車(LCV)の登録台数は、前年同月比8.5%増の7万1,432台。メーカー別では、フィアットが19.4%増の1万5,814台、VWが1.1%減の1万651台、GMが26.5%増の9,853台となっている。
・1月の生産台数(CKDを除く)は前年同月比18.7%減の23万7,491台。このうち輸出台数は28.9%減の2万5,779台。
・ブラジル自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が発表した1月のモデル別乗用車販売トップはVWのコンパクトモデル「ゴル(Gol)」で2万1,671台、2位はフィアット「ウーノ(Uno)」で1万3,629台、3位はフォード「フィエスタ(Fiesta)」で1万3,179台などとなっている。
・ANFAVEAは、1月末までの在庫数が31日分相当の32万800台と過剰で各メーカーが休業を延長したことと、アルゼンチンによるブラジル製品の輸入規制が輸出減少の主要因であり、これが生産減少につながる結果となったと説明。ANFAVEAはまた、2013年の生産台数を374万台から371万台に訂正。これにより、前年比0.7%増の376万台とした先の2014年生産台数見込みを、1.4%増の376万台に修正している。

ブラジル販売・輸出・生産台数
  車種 2014年1月 2013年1月 前年
同月比
2014年1-1月累計 2013年1-1月累計 前年
同期比
新車登録 乗用車 228,670 231,343 -1.2% 228,670 231,343 -1.2%
小型商用車 71,432 65,845 8.5% 71,432 65,845 8.5%
トラック 10,773 12,097 -10.9% 10,773 12,097 -10.9%
バス 1,743 2,168 -19.6% 1,743 2,168 -19.6%
合計 312,618 311,453 0.4% 312,618 311,453 0.4%
輸出 乗用車 20,433 26,217 -22.1% 20,433 26,217 -22.1%
小型商用車 3,695 8,122 -54.5% 3,695 8,122 -54.5%
トラック 1,217 1,459 -16.6% 1,217 1,459 -16.6%
バス 434 435 -0.2% 434 435 -0.2%
合計 25,779 36,233 -28.9% 25,779 36,233 -28.9%
生産 乗用車 180,143 224,275 -19.7% 180,143 224,275 -19.7%
小型商用車 41,040 52,218 -21.4% 41,040 52,218 -21.4%
トラック 13,709 12,537 9.3% 13,709 12,537 9.3%
バス 2,599 3,122 -16.8% 2,599 3,122 -16.8%
合計 237,491 292,152 -18.7% 237,491 292,152 -18.7%
出所: ANFAVEA
より詳細なブラジルの台数統計はこちら

ページトップへ