Rane Group

会社概要

■URL

http://www.rane.co.in/

■本社所在地

"Maithri" 132, Cathedral Road, Chennai - 600 086, India

業容

-乗用車、多目的商用車、小型商用車、中・大型商用車、農業用トラクター、三輪車両、二輪車など自動車産業の各分野に製品を供給。

-最新の製造設備を備えた拠点はインド国内23か所、米国1か所にわたり、製品は30か国を超える地域で販売されている。

-主なグループ会社 (自動車部品製造) (2018年3月31日現在)
会社名 主要製品 出資比率 (%)
Rane Holdings Limited 持株会社 -
子会社
Rane (Madras) Limited ステアリングギア製品、ステアリングおよびサスペンションリンケージ、ダイキャスト製品、アルミ鋳造品 60.4
Rane Engine Valve Limited エンジンバルブ、バルブガイド、タペット 51.1
Rane Brake Lining Limited ブレーキライニング、ディスクパッド、クラッチフェイシングおよびクラッチボタン 46.1
Rane Holdings America Inc., USA 北米のRaneグループ統括会社 100.0
Rane Holdding Europe GmbH, Germany 欧州のRaneグループ統括会社 100.0
Rane t4u Private Limited テレマティクスサービス提供会社に対する分析、ソリューション供給 69.4
合弁会社
Rane TRW Steering Systems Limited
(TRW Automotiveとの合弁会社)
油圧式ステアリングギア、シートベルト、エアーバッグ 50.0
Rane NSK Steering Systems Limited
(日本精工との合弁会社)
マニュアルステアリングコラム、電動パワーステアリング 49.0

JMA Rane Marketing Ltd
(Jullundur Motor Agency(Delhi) Limitedとの合弁会社)

Pan India ディーラーネットワークとの自動車部品販売 49.0

資本構成

-ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所に上場 (2018年3月現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
発起人 46.4
個人投資家 24.2
法人 11.0
インド政府及びその他 10.3
保険会社 4.8
海外在住インド国籍株主 0.9
その他 2.4
合計 100.00

主要製品

Rane (Madras) Limited

マニュアルステアリングギア (Manual steering gears)
-再循環ボールタイプステアリングギア (Re-circulating ball type steering gears) 
-ラックアンドピニオンタイプステアリングギア (Rack and pinion type steering gears)

ステアリングリンケージ (Steering linkages)
-タイロッドASSY (Tie rod assemblies)
-ドラッグリンクASSY (Drag link assemblies)
-センターリンクASSY (Center link assemblies)
-ギアシフトボールジョイント (Gear shift ball joints)
-インナーボールジョイント (Inner ball joints)
-アウターボールジョイント (Outer ball joints)

サスペンション部品 (Suspension components)
-ロアコントロールアーム (Lower control arms)
-ロア・アッパーサスペンションボールジョイント (Lower & upper suspension ball joints)
-アクスルボールジョイント (Axle ball joints)
-スタビライザーリンクボールジョイント (Stabilizer link ball joints)

油圧製品 (Hydraulic products)
-油圧シリンダー (Hydraulic cylinders)

ダイカスト製品 (Diecast products)
-電動パワーアシストステアリングハウジング (Electric power assist steering housings)
-油圧ピニオンハウジング (Hydraulic pinion housings)
-ステアリングポンプハウジング (Steering pump housings)
-照明ハウジング (Lamp housings)
-タイミングケースカバー (Timing case covers)
-エンジンオイルパン (Engine oil sumps)
-ギアケース (Gear cases)

Rane Engine Valve Limited

-エンジンバルブ (Engine valves)
-バルブガイド (Valve guides)
-タペット (Mechanical tappets)

Rane Brake Lining Limited

-ブレーキライニング (Brake linings)
-ディスクパッド (Disc pads)
-クラッチボタン (Clutch buttons)
-クラッチフェーシング (Clutch facings)
-商用車用ブレーキパッド (Commercial vehicle brake pads)
-焼結ブレーキパッド (Sintered brake pads)

Rane TRW Steering Systems Limited

ステアリングギア (Steering gears)
-油圧式ラックアンドピニオンステアリングギアASSY (Hydraulic power rack & pinion steering gear assemblies)
-パワーステアリングギアASSY (Power steering gear assemblies)
-パワーステアリングポンプASSY (Power steering pump assemblies)
-パワーステアリング用フルイド (Power steering fluid)

乗員保護システム (Occupant safety systems)
-シートベルト (Seat belts)
-エアバッグ (Air bags)
-オートマテックコントロールリトラクタ (Automatic Control etractor(ACR))
-バックルプリテンショナ (Buckle Pretensioner) 

Rane NSK Steering Systems Limited

-電動パワーステアリングコラム (Electric power steering columns)
-ソリッドステアリングコラム (Solid steering columns)
-衝撃吸収・コラプシブルコラム (Energy absorbing & collapsible columns)
-チルト・テレスコピックステアリングコラム (Tilt & telescopic steering columns)
-中間シャフト (Intermediate shafts)
-ユニバーサルジョイントASSY (Universal joint assemblies)

沿革

1929年 自動車および部品のディストリビューターとして設立。
1959年 製造事業にも進出、ICエンジンバルブの生産工場を建設。
1960年 タイロッドエンドの生産設備を設置。
1964年 摩擦材の製造開始。
1974年 自動車用大型バルブを製造するKar Mobiles Limited を設立。
1975年 マニュアルステアリングギアの製造開始。
1987年 パワーステアリングシステムを生産するためTRWと合弁会社を設立。
1991年 自動車部品の配給会社をJMAと合弁で設立。
1995年 TRWとの合弁会社で乗員拘束装置の製造を開始。
衝撃吸収ステアリングコラム製造会社を日本精工と合弁で設立。
従業員の教育機関としてRane Instituteを設立。
2005年 高圧ダイカスト製品に投資。
2007年 HaryanaとUttaranchalに新工場を設立。
2008年 Rane NSK Steering Systems Ltd.が電動パワーステアリングの生産を開始。
2009年 Rane NSK Steering Systems Ltd.がUttarakhand州Pantnagarに3番目の工場を設立。
2013年 Rane (Madras) Ltd.がRane Diecast Ltd.吸収合併。
2014年5月 Kar Mobiles LimitedをRane Engine Valve Limitedに統合。
2015年8月 2015年8月、SingaperumalKoil, Chennai, Indiaのシートベルト工場の近隣に新しいエアーバッグ製造工場の開所式。
2016年2月 ラック&ピニオン製造施設をVaranavasi工場に設立。
2017年8月 インドバンガロールにあるTelematics4U Servicesの株式70%を取得
2018年4月 Rane TRW Steering SystemsがSiruganur, Trichyにて新設備を設立

補足 1

>>>2012年3月期までの動向
>>>2013年-2015年3月期までの動向

>>>2017年3月期までの動向


(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。