鬼怒川ゴム工業 (株) 2015年3月期の動向

業績

(単位:百万円)
2015年
3月期
2014年
3月期
増減率
(%)
備考
全社
売上高 76,135 74,543 2.1 1)
営業利益 6,930 7,292 (5.0)
経常利益 7,419 8,084 (8.2) -
当期純利益 4,289 4,694 (8.6) -


要因
1) 売上高と営業利益
<日本>
-売上高は主要得意先の自動車生産台数の減少により43,361百万円 (前年比4.9%減)、営業利益は操業度の低下と製品構成の変化により3,976百万円 (前年比15.1%減)。

<米州>
-売上高は、新規得意先からの受注獲得、主要取引先の自動車生産台数の増加、メキシコ新工場での車体シール部品の生産能力拡大と防振部品、ホース部品の生産開始により、12,719百万円 (前年比36.7%増)。営業損益は、生産性向上や材料歩留りの改善活動などの効果により、134百万円の損失 (前年は705百万円の損失) となり、 大幅に改善。

<アジア>
-売上高は、中国での主要得意先の自動車生産が減少したものの、ローカルカーメーカー向けの売上が増加したことにより、20,055百万円 (前年比2.2%増)。営業利益は、製品構成の変化や新拠点での立上げ費用などにより、3,053百万円 (前年比4.5%減)。

グローバル拠点の展開

-現地での受注増加を受けてホース・防振部品のグローバル拠点展開を実施

所在地 現地子会社 備 考
中国 鬼怒川橡塑(蕪湖)有限公司
[Kinugawa Rubber (Wuhu) Co., Ltd.]
中国4番目の生産拠点。2014年2月に防振部品の量産を開始
福州帝都橡膠有限公司
[Fuzhou Teito Rubber Co., Ltd.]
ホース部品の生産能力を増強
インド Kinugawa Rubber India Pvt Ltd. 2014年1月にホース部品の量産を開始
タイ Kinugawa (Thailand) Co., Ltd. 2014年5月にホース部品の量産を開始
メキシコ Kinugawa Mexico S.A. de C.V. 工場を移転・拡張。2014年6月に防振部品の量産を開始。2014年9月にホース部品の量産を開始
ブラジル Kinugawa Brasil Ltda. 2014年7月より生産開始
ロシア Kinugawa RUS LLC 2014年7月より生産開始

中期経営計画 「Kinugawa Challenge 2015」

-2016年3月期の経営目標

  • 売上高:1,000億円以上
  • 営業利益額:120億円以上
  • 営業利益率:12%以上

-2015年3月期時点、売上高1,000億円以上、営業利益率12%以上については、新興国市場の自動車生産台数の伸び鈍化などの外部環境の変化を受け、1~2年程度遅れて達成する見込み。

-中国事業の売上高を2016年3月期に2013年3月期の3倍強に引き上げる。現地に生産拠点を構える日米欧の自動車メーカーからの受注が増えるため、主力の車体シールを中心に現地生産を増やす。主要取引先の日産自動車向けには、2015年の稼働を目指して大連 (遼寧省) にサテライト工場を新設する。(2014年4月24日付日刊自動車新聞より)

2016年3月期の業績予想

(単位:百万円)
2016年3月期
(予想)
2015年3月期
(実績)
増減率 (%)
売上高 80,000 76,135 5.1
営業利益 8,400 6,930 21.2
経常利益 8,000 7,419 7.8
当期純利益 5,000 4,289 16.6


>>>次年度業績予想 (売上、営業利益等)

研究開発費

(単位:百万円)
2015年3月期 2014年3月期 2013年3月期
全社 1,063 1,074 995
-車体シール部品部門 623 605 594
-ブレーキ・型物部品部門 351 329 235

研究開発活動

-地球環境問題を考慮したエラストマー材料・加工技術の開発に力を入れている。また、新規分野への参入を図るべく、大学をはじめとする研究機関や異業種交流による共同研究活動を推進。

車体シール部品部門
-材料、構造、工法、工程が一体となった取り組みをグローバルで推進し、品質と価格競争力の高いボディシーリング製品の開発
-環境への貢献のために低比重かつ高剛性材料を開発し、超軽量ボディシーリング製品を提供
-意匠性向上、部品点数削減を目的とした機能部品のモジュール化製品の採用拡大
-環境リサイクル性を考慮した高機能エラストマー材を採用した樹脂化製品の採用拡大
-グローバルで高いコスト競争力を維持するための現地化の推進 (一貫工程、サテライト工場の設置)、地域の特徴を生かした革新的物づくりと資材の現地調達体制の構築

ブレーキ・型物部品部門
-軽量化ゴム材とTPV材を採用した型物部品の採用拡大
-HEV車向け電気絶縁抵抗性を有したシール部品の開発
-グローバル生産におけるコスト競争力向上としてオールツールの現地化促進
-加工技術工程における外部委託から自社内製化の拡大 (多段練り・溶着加工・金具加工等)
-次世代ブレーキカップ開発および新工法、新材料の開発
-デジタル開発技術 (FEM解析) による開発日程、費用の低減

製品開発

オール樹脂一体グラスラン
-欧米メーカー向けを中心に樹脂による一体グランスランを開発・完了。パーティションとウェザーストリップを一体化することで外観性の向上、風音の軽減、水密性の向上を図るとともに、モジュール化によるトータルコストの低減に寄与。さらに、オール樹脂化により軽量化、リサイクル性の向上、外観性の向上を図る。

技術導入契約

(2015年3月31日現在)
相手方の名称
(国名)
内容 契約期間
ファルテック (株)
(日本)
ウィンドモールディングおよびその製造方法 2000年4月1日より当該製品の製造期間

技術供与契約

(2015年3月31日現在)
相手方の名称
(国名)
内容 契約期間
Metzeler
(英国)
自動車用ウェザーストリップの製造技術 1988年11月25日より当該製品の製造期間
Renault Samsung Mortors
(韓国)
車体シール部品の技術援助契約 2003年3月1日より当該製品の製造期間

設備投資費

(単位:百万円)
2015年3月期 2014年3月期 2013年3月期
全社 3,900 3,700 2,700
-車体シール部品部門 2,900 3,200 2,200
-防振部品部門 400 200 200
-ホース部品部門 200 100 100
-ブレーキ・型物部品部門 200 100 100

-生産ラインのモデルチェンジ対応、合理化投資などを重点的に実施。
-2016年3月期の設備投資額は3,400百万円を予定。

設備の新設

(2015年3月31日現在)
会社名 所在地 設備の内容 投資予定総額
(百万円)
着手 完成予定 完成後の
増加能力
(株) キヌガワ郡山 福島県
郡山市
車体シール部品製造設備 19 2015年4月 2016年3月 *
(株) キヌガワ大分 大分県
中津市
車体シール部品製造設備 286 2015年4月 2016年3月 *
(株) キヌガワ防振部品 栃木県
真岡市
防振部品製造設備 50 2015年4月 2016年3月 *
(株) キヌガワブレーキ部品 栃木県
真岡市
ブレーキ・型物部品製造設備 100 2015年4月 2016年3月 *
本社 千葉県
稲毛区
試験研究設備他 380 2015年4月 2016年3月 -
帝都ゴム (株) 埼玉県
入間市
ホース部品製造設備 97 2015年4月 2016年3月 *
Kinugawa Mexico, S.A. de C.V. メキシコ
グァナファト州
車体シール部品・防振部品・ホース部品製造設備 770 2015年1月 2015年12月 *
鬼怒川橡塑 (蕪湖) 有限公司
[Kinugawa Rubber (Wuhu) Co., Ltd.]
中国
蕪湖市
車体シール部品・防振部品製造設備 375 2015年1月 2015年12月 *

*合理化・モデルチェンジのため、著しい変動なし。

各種データ

  2015年3月末 2014年3月末 2013年3月末
日本 1,555 1,579 1,615
米州 898 749 635
アジア 1,861 1,823 1,499
合計 4,314 4,151 3,749

製品別売上構成

(単位:百万円)
  2015年3月期 2014年3月期 2013年3月期
車体シール部品 42,451 39,488 32,450
防振部品 12,058 13,188 13,105
ホース部品 9,563 9,704 8,730
ブレーキ・型物部品 4,696 4,837 4,720
その他製品 6,469 6,373 6,110
その他事業 895 950 1,104
合計 76,135 74,543 66,221

地域別売上構成

(単位:百万円)
  2015年3月期 2014年3月期 2013年3月期
売上高 営業利益 売上高 営業利益 売上高 営業利益
日本 43,361 3,976 45,614 4,684 46,370 4,553
北米 12,719 (134) 9,304 (705) 5,921 (1,030)
アジア 20,055 3,053 19,623 3,197 13,929 2,772
調整値 - 34 - 116 - 88
合計 76,135 6,930 74,543 7,292 66,221 6,383

連結

>>>次年度業績予想 (売上、営業利益等)
決算年月 2011年3月 2012年3月 2013年3月 2014年3月 2015年3月
売上高 (千円) 64,579,280 70,611,516 66,221,799 74,543,568 76,135,763
経常利益 (千円) 7,486,151 8,555,240 7,046,424 8,084,908 7,419,355
当期純利益または純損失 (千円) 4,467,894 5,300,270 3,975,454 4,694,301 4,289,397
包括利益 (千円) 4,188,724 5,426,491 5,398,985 7,528,678 7,695,428
純資産額 (千円) 16,847,484 21,625,740 26,332,764 31,535,005 38,021,275
総資産額 (千円) 42,379,837 46,713,128 49,073,134 61,038,933 71,371,598
1株当たり純資産額 (円) 236.50 312.59 379.58 453.90 546.67
1株当たり当期純利益または純損失 (円) 66.56 79.16 59.13 69.83 63.81
潜在株式調整後1株あたり当期純利益 (円) - - 59.10 69.73 63.66
自己資本比率 (%) 37.5 45.0 52.0 50.0 51.5
自己資本利益率 (%) 31.9 28.7 17.1 16.8 12.8
株価収益率 (倍) 6.3 8.1 8.0 6.1 8.2
営業活動によるキャッシュ・フロー (千円) 6,533,843 5,941,962 3,138,392 5,790,696 4,851,103
投資活動によるキャッシュ・フロー (千円) (1,187,957) (1,311,502) (3,585,505) (5,068,267) (5,159,040)
財務活動によるキャッシュ・フロー (千円) (5,732,367) (4,380,382) (228,107) 250,357 1,629,699
現金および現金同等物の期末残高 (千円) 2,574,988 2,821,659 2,959,755 4,424,339 6,173,518
従業員数 (名) 3,472 3,513 3,749 4,151 4,314

 

単独

決算年月 2011年3月 2012年3月 2013年3月 2014年3月 2015年3月
売上高 (千円) 41,102,898 44,005,244 37,866,092 37,052,990 33,960,551
経常利益 (千円) 3,587,858 4,668,407 4,639,934 3,902,957 3,793,963
当期純利益または純損失 (千円) 2,335,782 2,395,090 3,384,349 2,975,022 2,745,686
資本金 (千円) 5,654,585 5,654,585 5,654,585 5,654,585 5,654,585
発行済み株式総数 (千株) 67,299 67,299 67,299 67,299 67,299
純資産額 (千円) 12,750,713 15,196,367 17,951,335 20,421,513 21,978,135
総資産額 (千円) 28,215,707 31,819,269 32,459,465 36,168,028 40,989,214
1株当たり純資産 (円) 189.96 226.01 266.60 302.94 325.68
1株当たり配当額 (円) 5.00 6.00 8.00 9.00 10.00
1株当たり当期純利益または純損失 (円) 34.80 35.77 50.34 44.25 40.85
潜在株式調整後1株当り純利益 (円) - - 50.31 44.19 40.75
自己資本比率 (%) 45.2 47.8 55.2 56.3 53.4
自己資本利益率 (%) 19.9 17.1 20.4 15.5 13.0
株価収益率 (倍) 11.8 17.9 9.4 9.7 12.8
配当性向 (%) 14.4 16.8 15.9 20.3 24.5
従業員数 (名) 283 282 287 285 292