中国重汽 (CNHTC/SINOTRUK)のすべて

 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年01月22日(金)

・中国の複数メディアは1月20日、新興電気自動車(EV)メーカーの新特汽車(SITECH)と中国重型汽車集団有限公司(以下、中国重汽)が研究開発、サプライチェーンの管理、生産製造、販売ルートなどの面での戦略的提携に合意したと報じた。
・2021年内に複数の新型車を発売する計画で、初のモデルは新特汽車の小型ハッチバックEV「DEV」シリーズとなる。航続距離が400kmに達するモデルで2021年第2四半期に発売予定。
・新特汽車は主に車両設計、部品開発、ブランドマーケティング、顧客対応など、中国重汽は部品の調達、生産管理、品質管理などをそれぞれ担う。
中国の複数メディアの報道に基づく

2020年11月24日(火)

・中国重汽は11月19日、山東省済南市莱蕪区で新エネルギーコネクテッドトラック工場の稼働開始と初ラインオフを祝う式典を行ったと発表した。ラインオフしたのは黄河ブランドの重量級トラック。
・中国の複数メディアの報道によると同工場では主にハイエンド重量級トラックを生産する。年産能力は10万台。新エネルギー、無人運転、人工知能などの技術を利用し、新エネルギー、コネクテッド製品を生産する。

中国重汽のWeChat公式アカウント及び複数メディア報道に基づく

2020年08月19日(水)

・独フォークリフトメーカー、キオン(KION Group AG)のインテリジェント・フォークリフト工場と中国重汽集団(China National Heavy Duty Truck Group Co., Ltd.)のコネクテッド重型トラック工場第2フェーズが、8月17日、山東省で着工した。
・インテリジェント・フォークリフト工場は独キオンが投資、建設するもので、ハイエンド新エネルギーフォークリフトの開発と生産の拠点となる。
・コネクテッド重型トラック工場第2フェーズは中国重汽集団の投資、建設によるもので、総投資額は150億元を見込む。
中国重汽のリリースに基づく