中国重汽 (CNHTC/SINOTRUK)のすべて

 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年12月26日(木)

・中国重汽集団済南卡車股份有限公司(以下、「重汽済南卡車公司」)は12月25日、山東省済南市莱蕪区山東重工緑色製造産業城に大型トラック生産能力プロジェクト、即ちインテリジェントネットワーク(新エネルギー)大型トラックプロジェクトを建設することを発表した。
・このプロジェクトは固定資産への投資を61.14億元追加するものであるが、一期では固定資産への投資を30億元追加する。プロジェクトは3期に分けて建設され、一期は2021年に稼働予定。プロジェクト建設後、年間の販売収入は576.75億元に達し、年間利益は22.39億元に達する計画。
重汽済南卡車公司のリリースに基づく

2019年01月28日(月)

・中国重汽は1月22日、山東省済南市の全長約4.8kmのコネクテッドカー試験道路が正式に開放され、中国重汽集団のレベル4の自動運転インテリジェントバスと「HOWO-T5G」自動運転電気トラックが走行試験に参加したと発表した。
・現当該コネクテッドカー試験道路内の道路標識や路面標示の設置と5G実験基地局の建設が完了し、試験エリア内の5G信号を全てカバーしている。
・済南市は中国で7番目、省内では初めて自動運転走行試験を実現した都市で、国内第一となる商用車産業及び試験基地の建設を目標としている。同時に、済南市は全国で初となる商用車の5G環境下における道路試験を実現した都市でもある。
中国重汽のリリース及び複数メディアの報道に基づく

2018年09月21日(金)

・VWグループでトラックとバス事業を管轄するTRATON (旧社名 VWトラック・バス)は9月18日、中国の中国重汽グループ(CNHTC Group)と長期的提携をさらに拡大すると発表した。
・TRATON傘下のMANと中国重汽(Sinotruk)は、2009年からの提携が順調に進展してきたことで、提携を拡大してMANの重量級トラックを中国で現地生産する合弁会社を設立する。両社は技術協力と調達協力を評価し拡大していくとしている。
・提携開始以来、MANは中国の重量級トラックメーカー大手の中国重汽の株式の25%と追加の1株を保有している。
TRATONのリリースをみる