プロドゥア (Perodua)のすべて

 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年03月05日(金)

・3月3日付のプロドゥアおよびダイハツのリリース、マレーシア現地メディアPaul Tanの報道によると、プロドゥアは3日に新型サブコンパクトSUV「アティバ(Ativa)」の発表イベントをオンラインで行った。
・「ロッキー(Rocky)」をベースにダイハツと共同で開発したモデルで、セランゴール州ラワン(Rawang)のPerodua Global Manufacturingで生産する。車両サイズは全長4,065mm、全幅1,710mm、全高1,635mm、ホイールベースは2,525mm。従来は「D55L」と称していたが、発表されたモデル名「Ativa」はポルトガル語の「アクティブ」を表すという。
・3グレード(X、H、AV)が設定され、価格は6万1,500リンギット(約162万円)から。エンジンやトランスミッションを含め国産化率は95%と、プロドゥアのラインナップの中で最も高い初期国産化率を達成し、競争力のある価格を実現した。
・1.0Lターボエンジン(最高出力98PS/72kW、最大トルク140Nm)を搭載し、CVTを組み合わせる。プロドゥア初のターボエンジン搭載車で、レベル2の自動運転技術を導入している。燃費は18.9km/Lでプロドゥアとしては5モデル目の省エネルギー車(Energy-Efficient Vehicle: EEV)となる。また、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」をマレーシア専用に設定した「Advanced Safety Assist (ASA) 3.0」を初めて全グレードで標準装備した。
・2月19日以来、既に5,000台を受注した。3月4日から納車を開始する予定で、月間3,000台の販売を計画している。
・「アティバ」はダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA (Daihatsu New Global Architecture)」による海外展開第1弾モデルとなる。ダイハツは今後もDNGAモデルを、ASEANを中心とした新興国へ展開していく。

※画像をクリックすると拡大します
プロドゥアのリリース
ダイハツのリリース
(Article of Paul Tan on March 3, 2021)

2021年02月26日(金)

・2月24日付のマレーシア現地メディアPaul Tanの報道によると、世界の自動車生産で半導体チップ不足が問題になっているが、プロドゥアの小型ハッチバック「マイヴィ(Myvi)」、コンパクトSUV「アルス(Aruz)」、MPV「アルザ(Alza)」の生産にも影響が出ていると報じた。
・「マイヴィ(Myvi)」の生産への影響は3月まで続くと見込まれ、関係者によると、3月中に1台も「マイヴィ」を納車できないディーラーもあるという。チップ供給不足がいつまで続くのか、また影響を受ける台数の規模などは不明となっている。プロドゥアは生産部門が影響を軽減するためにいくつかの選択肢をシミュレーションしており、進展があればディーラーに通知すると述べた。
・3月3日に発売予定の新型サブコンパクトSUVの生産については言及されていない。優先順位をつけてその他のモデルの生産を一時休止したり、新型車を生産するPerodua Global Manufacturingの工場では十分な部品供給がなされているのかもしれない。生産に影響の出ている3モデルは古いラワン(Rawang)工場で生産されている。
(From an article of Paul Tan on February 24, 2021)

2021年02月22日(月)

・プロドゥアは2月19日、マレーシアで新型サブコンパクトSUV「D55L」の受注を開始したと発表した。X、H、AVの3グレードを設定し、価格は6万2,500リンギット(約163万円)から7万3,400リンギット(約192万円)となる。
・「D55L」は、スタイル、安全性、技術、装備、レベル、価値において飛躍を遂げる「Perodua Smart Build」計画として発売する最初のモデルとなる。
・全グレードで選択できるドライバー支援システムである最新の先進安全アシスト(ASA)は、現行のASAよりも作動速度が速く、二輪車の検知も可能だという。
・車線逸脱警告と防止機能も全グレードで選択できるが、車線維持システム、死角モニター、リアクロス・トラフィックアラート、アダプティブ・クルーズコントロールはAVグレードのみに設定する。
・これら全ての機能により、「D55L」はレベル2相当の自動運転を実現したプロドゥア初のモデルとなる。
・また同じく初搭載となるターボ付きエンジンにCVTを組み合わせ、燃費はセグメントで最も良い18.9 km/Lとなる。
(From Perodua press release on February 19, 2021)