第一汽車 (FAW)

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


中国一汽新能源汽車/FAW New Energy (一汽系)

欧朗 (Oley) EV

2014年 コンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


中国一汽新能源汽車/FAW New Energy (一汽系)

威志 (Weizhi) V5 EV

2014年 コンパクトセダンのEV
image image

CHN


中国一汽新能源汽車/FAW New Energy (一汽系)

奔騰(Bestune) B50 PHEV

2014年 中型セダンのPHV
image image

CHN


中国一汽新能源汽車/FAW New Energy (一汽系)

駿派 (Junpai) A70E

コンパクトセダンのEV
 ニュース
2019年05月15日(水)

・一汽VWは5月14日、4月のVWブランド小売台数は10万4,527台、市場シェアは6.7%、前年同月比は0.6%増となったと発表した。
・セダンでは、「ボーラ(Bora、宝来)」が1万9,192台、1-4月累計販売台数7万8,271台。「サジター(Sagitar、速騰)」が2万2,492台、1-4月累計販売台数7万7,388台。「ゴルフ(Golf、高爾夫)」が1万810台。「マゴタン(Magotan、邁騰)」が1万2,792台、1-4月累計販売台数5万2,489台。「CC」が前年同月比38.6%増の2,180台。
・SUVでは、コンパクトSUV「Tロック(T-Roc、探歌)」が8,831台、1-4月累計販売台数3万1,509台。「探岳(Tayron)」が8,547台、1-4月累計販売台数2万3,820台。

一汽VWのリリースに基づく

2019年05月14日(火)

・一汽集団は5月10日、一汽轎車銷售有限公司と江蘇安特智行新能源銷售有限公司が吉林省長春で戦略提携合意書に正式に調印したと発表した。
・両社は電気自動車(EV)「奔騰(Bestune) B30 EV 400」のネット配車サービス運営で協業し、その後新しいレンジエクステンダーEVを共同開発する。
・「奔騰B30 EV 400」は、コンパクトセダン「奔騰B30」をベースとして、航続距離は400km以上。インテリジェントシステム「智駆3.0系統」、バックモニター、スマホとのインタラクション、遠隔モニタリングなどのシステムを搭載している。
・「奔騰B30 EV 400」は2019年6月30日に量産を開始し、年間1.5万台が市場に投入される計画である。一汽奔騰と江蘇安特智行は3年間で10万台以上の新エネルギー車(NEV)をモビリティサービス市場に投入してゆくとしている。
一汽集団のリリースに基づく

2019年05月10日(金)

・中国の複数メディアは先ごろ、一汽集団が高級電気自動車(EV)メーカーのバイトン(Byton、拜騰汽車)に1億ドルの投資を行うことで、数週間以内に合意書に調印する見通しであると報じた。
・5月8日の拜騰汽車の戴雷CEOの正式コメントによると、一汽集団の投資決定はすでに最終段階に入っている、本投資ラウンドは南京市政府の支持も得ており、6月末までにはCラウンド投資の状況が明らかになるとしている。
・戴雷CEOは、バイトン初の量産車「M-Byte」を2019年第3四半期にグローバル公開するとともに、予約販売価格などの情報を発表する予定で、2019年末に量産開始、2020年初めに納車を開始する計画だと述べた。価格は30万元前後からになる見込み。
・バイトンの5億米ドルBラウンド投資において、一汽集団はリードインベスターとして、バイトンの親会社であるFMC (Future Mobility Corporation Ltd.、知行汽車)に対し累計2.6億米ドルを投じている。
このほか、一汽集団はバイトンと製品開発、生産、販売及びサービスなど多くの領域における提携合意書を結んだ。続いて両社は南京で戦略提携枠組み合意書を締結。プラットフォーム技術、資本提携、部品調達などで提携を深めることで合意した。

中国の複数メディア報道に基づく