北京汽車 (BAIC)のすべて

 モデルチェンジ
 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


北汽新能源/Beijing Electric Vehicle (北汽系)

EX5

2019年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

CHN


北汽新能源/Beijing Electric Vehicle (北汽系)

EC5

2019年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

CHN


北汽新能源/Beijing Electric Vehicle (北汽系)

EX3

2019年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

CHN


北汽新能源/Beijing Electric Vehicle (北汽系)

EU7

2019年 中型セダンのEV
image image

CHN


北汽新能源/Beijing Electric Vehicle (北汽系)

EU5/EU5 Plus

2018年 中型セダンのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2022年08月15日(月)

・福田汽車は8月11日、チリから受注した都市向け電気バスの受注を開始したと発表した。
・サンティアゴの公共交通機関に1,022台の電気バスを供給する16億元相当の契約を5月14日に締結した。これは中国製の電気バスの中国国外からの受注で過去最大となる。
・福田汽車の電気バスは現在、チリで約300台が運行している。これはチリ全体の電気バスの約40%となる。今回の受注分の納入が完了すると、チリにおける福田汽車の電気バスフリートはラテンアメリカで最大の規模となる。福田汽車は2019年に215台、2021年に138台の電気バスをチリから受注している。
(Foton International press release on August 11, 2022)

2022年08月02日(火)

・北京汽車は7月28日、新型コンパクトSUV「魔方(Mofang)」を発売したと発表した。全6グレード設定され、販売価格は9.99万元-15.39万元。
・BMFA 2.0プラットフォームをベースに開発され、外観は若者向けの「鑽石星辰」デザインコンセプトを採用し、光と影による彫刻のような曲面デザインや星が輝くようなデザインのグリルを組み合わせ、翼のような意匠の輝くLEDデイタイムランニングランプ、点滅によるAIインタラクティブランプなどを配する。
・車体サイズは、全長4,620×全幅1,886×全高1,680mm、ホイールベースは2,735mm。
・最高出力138kW、最大トルク305Nmの魔核1.5Lターボエンジンを搭載し、7速DCTを組み合わせる。駆動方式は前置前輪駆動
・装備面では、10.25インチの液晶インストルメントパネルを標準装備し、一部のグレードには14.6インチのコンソールパネル、ベンツSクラス同型の60インチの超大画面AR-HUD、2つの7インチの電子ミラー、ファーウェイ(Huawei、華為)のHarmony OSオペレーションシステム、自動運転レベル2.5のB Pilot 3.0自動運転支援システムなどを搭載する。
  
北京汽車の公式サイトおよびモデル情報に基づく

2022年07月06日(水)

北汽瑞翔(BAIC Ruixiang)は7月1日、初の新エネルギー車(NEV)モデルとなる電気バン「博騰V2」を6月25日に重慶モーターショーで発売したと発表した。全3バージョンが設定されており、価格は14.48-14.98万元。
・ワイドボディの多機能な貨物バンで、スモーキーブラックのフロントグリルにクリスタルレンズのヘッドランプを配し、中央にはブルーのブランドロゴが取り付けられている。
車体サイズは、全長4,925 X 全幅1,835 X 全高1,980mm、ホイールベース3,080mm。荷室の最大容積は6.1立方メートルとなる。
・最高出力70kW、最大トルク240Nmの永久磁石同期モーターを搭載。バッテリーは寧徳時代(CATL)、河南鋰動(Henan Lithium Power Source)、弗迪電池(FinDreams Battery)の3つのブランドから選ぶことができる。EBD付きABS、後退時パーキングセンサー、タイヤ空気圧モニタリングシステムなどを装備する。
  
北汽瑞翔の公式サイトに基づく