Hilux (Toyota)

 ニュース
2021年07月16日(金)

・トヨタのベトナム法人であるToyota Motor Vietnam (TMV)は7月12日、2021年1-6月の生産・販売実績を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による逆境にもかかわらず、目覚ましい業績を達成したとしている。
・2021年1-6月の販売(レクサス含む)は15%増の2万9,857台となった。
・1-6月のモデル別販売では、「ヴィオス(Vios)」が9,623台で最多、「カローラ クロス(Corolla Cross)」が5,659台、「フォーチュナー(Fortuner)」が3,050台、「カムリ(Camry)」が2,294台、「ハイラックス(Hilux)」が1,878台、「イノーバ(Innova)」が1,770台、「ラッシュ(Rush)」が1,612台、「ウィゴ(Wigo)」が1,285台となった。そのうち、サブコンパクトセダン「ヴィオス」は5月と6月に国内のセグメント別販売で首位を獲得した。コンパクトSUV「カローラ クロス」は車両の供給が不足する中、発売から11カ月で累計1万1,575台を販売した。
・2021年1-6月の生産は前年同期比16%増の1万9,678台となり、累計で59万3,770台だった。
・2021年1-6月の自動車部品とスペアパーツの輸出額は前年同期比64%増の3,390万ドル(約37億円)だった。さらに、同社はベトナムの国家予算へ約3億9,900万ドル(約439億円)分貢献しているという。
(From Toyota Vietnam press release on July 13, 2021 and an article of Autodaily.vn on July 14, 2021)

2021年07月15日(木)

・トヨタのパキスタン法人Indus Motor Companyは7月1日、改良型の2021年型「ハイラックス レボ(Hilux Revo)」の発売を発表した。
・改良型「ハイラックス レボ」はより広い出力帯域で出力とトルクが向上した新世代1GDエンジン(最大出力150kW、最大トルク500Nm)を搭載する。先進的な可変流量制御式パワーステアリング、改良型サスペンションとキャビンマウント、再設計した18インチ合金ホイール、アップグレードした9インチオーディオシステムなども搭載され、究極の運転体験を提供する。
・より堅牢な機能、オフロード走行能力、モダンなデザインを備えた新型「レボV」、「レボG AT」、「レボG MT」の販売価格は、650万パキスタンルピー(約450万円)から750万パキスタンルピー(約520万円)。
Indus Motor Company press release

2021年07月14日(水)

・アルゼンチンの複数のメディアは7月8日、トヨタのアルゼンチン法人Toyota Argentinaが、サラテ(Zarate)工場で生産しているピックアップトラック「ハイラックス (Hilux)」とSUV「SW4」の納車が6カ月待ちであると発表したと報じた。
・トヨタは年間生産台数として2021年末までに史上最高となる14万台超を目指しているものの、輸出向けの生産台数にも、依然として高いアルゼンチン国内の需要にも応じることができないという。
・「トヨタのディーラーでは現在、『ハイラックス』と『SW4』の納車待ちは少なくとも6カ月となっている。これは、多くの顧客が年末に国内で納車される分まですべて予約してしまったためである」とトヨタの広報担当は述べた。
(multiple sources on July 8, 2021)