メキシコ

 サプライヤー

検索結果 1320


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
GRUPO KUO, S.A.B. de C.V. (旧 DESC, SA. De CV) Paseo de los Tamarindos 400-B, piso 31, Bosques de las Lomas, Mexico D.F. 05120 主要部品メーカー image
Nemak, S.A.B. de C.V. Libramiento Arco Vial Km 3.8, Garcia N.L., 66000, Mexico 主要部品メーカー image
Rassini, S.A.B. de C.V. (旧 Sanluis Corporation) Av. Pedregal 24 – 7th floor, Molino del Rey, 11040 Mexico City, Mexico 主要部品メーカー image
Distribuidora de Auto Industrias, SA de CV Petroleum Resources # 14 Col. Parque Industrial la Loma CP 54060 Tlalnepantla de Baz, Mexico image
3M MEXICO, S.A. OF C.V. Santa Fe Avenida Santa Fe No. 190 Colonia Santa Fe CP 01210 Mexico DF Deleg. image
A4C-Sankin Precision Tube, S.A. de P.I. Monterrey, Nuevo Leon, Mexico image
AAA Resortes, S.A. de C.V. Nueva Escocia 4310-C, Fraccionamiento Industrial Lincoln, C.P. 64310, Monterrey, N.L, Mexico image
American Axle & Manufacturing de Mexico, S.A. de C.V. Comerciantes No. 1300, Parque Industrial FIPASI, Km.5.3 Carretera Silao-Irapuato, C.P.36100 Silao, Guanajuato, Mexico image
A&P Solutions S.A de C.V. Rio Lerma N°1, Km. 116 Autp. Mexico-Puebla San Lorenzo Almecatla, Cuautlancingo, Puebla Mexico, C.P. 72730, Mexico image
ABC INOAC de Mexico S.A. de C.V.(AIEM) Avenida Raramuris #3, Nuevo Parque Industrial, San Juan del Rio, Queretaro C.P. 76806, Mexico image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2019年03月19日(火)

・江淮汽車(JAC Motor)は3月18日、メキシコ市場参入2周年の機会を捉え、コンパクトSUVの「S4」を投入しSUVラインナップの強化を図ると発表した。同車の年間目標販売台数は5,000台超。
・同社は、2017年にメキシコでコンパクトSUVの「S2」と「S3」を発売し、正式に北米市場に参入した。
・初年度に1,541台を輸入した。
・2018年にJACは、ミッドサイズSUVの「S7」を投入し、販売とサービスを行うディーラーネットワークを19店に広げ、3,246台を輸入した。

※画像をクリックすると拡大します江淮汽車のプレスリリースをみる

2019年03月18日(月)

・Mexico-Nowは3月15日、BMWの経営陣とサンルイスポトシ市代表が参加した記者会見の場で、BMWが6月6日にサンルイスポトシ(San Luis Potosi)工場の新しい組立ラインの開所式を開催すると発表したと報じた。
・同工場では現在量産前の少量生産を実施しており、鉄道の引込線工事が完成すると全工事が完了する。
・ローカルメディアによると、開所式の日程は6月であるが、全行程の確認と車両の品質確認が終わり次第、第2四半期にはグローバル向けに「3シリーズ(3 Series)」の量産を開始するという。
・現在毎日12台から15台のパイロット生産車両を生産しており、これら車両のチェックが徹底的に行われている。
・サンルイスポトシ工場の年間生産能力は17万5,000台。
(Mexico-Now article on March 15, 2019)

2019年03月15日(金)

Mexico-Nowは、ボッシュ(Bosch)のセラヤ(Celaya)工場の建設が20%完了し、2019年末までに操業を開始する予定であると報じた。120百万ドルを投じて建設中の新工場は1,200名を雇用し、ECU製品を製造する。21,000平方メートルの施設は、アパセオ・エル・グランデ(Apaseo el Grande)近郊の171,000平方メートルの敷地内に建設中で、フル稼働時にはVW、トヨタ、ホンダ、FCAなどに製品を供給する予定。新工場はメキシコでグループ13番目の拠点となり、自動車用エレクトロニクス事業部門としてはシウダー・フアレス(Ciudad Juarez)に次いで2番目の拠点となるという。(2019315日付 Mexico-Nowより)