フィンランド

 サプライヤー

検索結果 31


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
PKC Group Oyj Bulevardi 7, FI-00120 Helsinki, Finland 主要部品メーカー image
Aito Finland Tietajantie 13 FI-02130 Espoo FINLAND image
Bosch Rexroth Oy Ansatie 6b 01740 Vantaa, Finland image
Canatu Oy Konalankuja 5,FI-00390 Helsinki Finland image
Coreplast Laitila Oy Kaivolantie 7, FI-23801 Laitila, Finland image
DIARC-Technology Oy Kattilalaaksontie 1, FI-02330 Espoo, Finland image
Dinex Ecocat Oy Vihtavuorentie 162, P.O.Box 20, FI-41331 VIHTAVUORI, FINLAND image
Elcogen OY Niittyvillankuja 4, Vantaa 01510, Finland image
Enics Raahe Oy (旧 PKC Electronics Oy) Pajuniityntie 43 FI-92120 Raahe, Finland image
Finnradiator Ltd Aatulantie 7-9, 44200 Suolahti, FINLAND image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2019年03月20日(水)

・フィンランド運輸通信省(Ministry of Transport and Communication of Finland)は3月14日、車両検査法を改正する提案を行ったと発表した。
・今後車検業者は、一つのライセンスで全てのカテゴリーの車両検査を行うことができるとともに、すべてのタイプの検査を実施しなければならない義務がなくなる。
・車検法の改正で、サービスがフレキシブルに行えるようになり、現行業者と新規参入業者が新しい検査ステーション設立したり、サービスパッケージをカスタマイズできるようになる。
・フィンランド大統領は車検法の改正を3月15日に承認する予定。車検法の改正は2019年11月1日から施行される。
Finland Ministry Press Release

2019年03月05日(火)

・フィンランドの製造受託メーカーValmet Automotiveは2月28日、フィンランド・サロ(Salo)市でバッテリーパックの大量生産を計画していると発表した。サロ市および産学共同体のSalo IoT Campusと実現方法を検討中で、2019年中の操業を目指している。
・Valmet Automotiveは事業戦略に沿った電気モビリティ・ソリューションの業務とサービスを積極的に展開している。自動車業界のニーズに応えてバッテリーパックを大量生産する戦略を実現する上で、サロ工場設立は大きな一歩となる。
・直近の目標は、元携帯電話工場だったSalo IoT Campus内の建物をバッテリー工場として使う合意を、Salo IoT Campusから取り付けることである。工場従業員は300名以上になる見込みで、ホワイトカラーも多く含まれる。
Valmet press release

2019年01月22日(火)

・フィンランド政府は1月17日、新しい車両カテゴリーとなる「軽量車(light cars)」を導入すると発表した。このカテゴリーの該当車両は、最高速度が時速60kmに制限されている。導入目的は、若い世代に新しいより安全な移動手段を提供することにある。軽量車を運転するためには、15歳以上で軽四輪車もしくはモペッドの免許を保有することが条件となる。
・軽量車の最大許容車両重量は1,500kgで、電気自動車(EV)の場合は1,800kg。乗用車を軽量車に改造するためには、改良検査を受検することが必要。軽量車にかかる税金は、乗用車と同じ。改造に使用される乗用車は2014年以降に販売され、且つ使用期間が10年未満であることが求められる。
Ministry of Transport and Communications press release