チェコ

 サプライヤー

検索結果 615


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Brano Group, a.s. Opavska 1000 - 747 41 Hradec nad Moravici, Czech Republic 主要部品メーカー image
AAH Czech s.r.o. (Auria Solutions) Nove Zakupy 528, CZ- 47123 Zakupy, Czech Republic image
Aalberts Process Technologies s.r.o. Budovatel 484, 538 43 Tresmonice, Czech Republic image
ABB s.r.o. - Semiconductors Vyskočilova 1561/4a, 140 00 Praha 4, Czech Republic image
ACD Czech s.r.o. Tušimice 8, 432 01 Kadaň, Czech Republic image
Adient Bezdecin Bldg. No. 109 Parcel No. 289/69, Bezdecin, Czech Republic image
Adient Bor Ltd. CTP Park, Nova Hospoda, Hall 6Bor u Tachova, 34802, Czech Republic image
Adient Czech Republic KS Dubická 1800/54, 470 06 Česká Lípa, Czechia image
Adient Czech Republic Roudnice Kratochvílova 2657, 413 01 Roudnice nad Labem, Czechia image
Adient Czech Republic s.r.o. - Mladá Boleslav Trída Václava Klementa 869 Mladá Boleslav 29301 Czech Republic image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2022年08月03日(水)

・シュコダは7月29日、2022年上半期の販売が前年同期比30%減の36万600台だったと発表した。ロシアのウクライナ侵攻や半導体不足が影響した。もっともNEXT LEVEL EFFICIENCY+コスト削減プログラムを継続しており、通年の営業利益率は堅調な水準になる見込みだという。
・一方でシュコダにとってロシアは2番目に重要な市場であり、ウクライナ侵攻による大きな影響を受けている。ニジニ・ノヴゴロド(Nizhny Novgorod)工場カルーガ(Kaluga)工場では生産を休止し、ロシアへの輸出も停止した。
・またサプライヤーの生産拠点が火災に見舞われ、過去数カ月間最量販モデルのコンパクトセダン「オクタビア(Octavia)」の生産が休止を余儀なくされたという。現在はすでにフル生産を開始している。
・また8月末には新たなブランドアイデンティティを発表し、今後10年間の変革を進めていくという。
Skoda Auto press release

2022年08月02日(火)

・BMWは7月28日、中欧初の開発拠点となるチェコのカルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)地方ソコロフ(Sokolov)の新しいBMW Group Future Mobility Centreで、自動運転車とアシストシステムを試験するための2つの走行セクションを公開した。
・同社はこの試験センターで電動化、デジタル化、自動運転といった画期的なテーマを推進する。この試験センターはミュンヘンにあるBMWグループの主要開発拠点である研究開発センター(FIZ)から車で約2時間半の距離にある。
・BMWは2つの試験コースと試験業務に対する高度な知見を披露することで、ソコロフに対する3億ユーロの投資の成果をアピールする。試験施設は2023年半ばまでにフル稼働する予定で100人以上の従業員が勤務する。認証業務に対応した9万平方メートルの新技術エリアは3つの独立した試走路を備え、アシストシステムや交差点での挙動、緊急ブレーキや回避行動の試験に最適な条件を提供する。
・新技術エリアの近くには高速道路での自動運転走行試験を行うために入口と出口のランプを備えた6kmの高速道路型サーキット「自動運転ハイウェイ」がある。この試験用高速道路には、機能的な2車線と緊急停止レーン、ガントリー(門型クレーン)、1,000mを超える直線区間が設けられている。
BMW Group press release

2022年07月19日(火)

・シュコダは6月15日、新型電自動車(EV)のコンセプトカー「VISION 7S」の内装スケッチを公開した。7人乗りとなるまったく新しい多用途の内装アーキテクチャーを採用しているという。
・「VISION 7S」は3月に発表された新デザインコンセプトを採用した最初のモデルとなる。左右対称の包み込むようなデザインとなり、水平の幅広いダッシュボードが広いスペースを際立たせる。 また、中央のタッチスクリーンが運転に関連する情報を表示するよう垂直方向に配置されている。
・サステナブルな素材を採用したミニマムな内装が特徴となり、シュコダのSimply Cleverという特徴を備えた最大7人乗りの3列シートとなる。

※画像をクリックすると拡大します
(Škoda Auto press release)