チェコ

 サプライヤー

検索結果 521


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Brano Group, a.s. Opavska 1000 - 747 41 Hradec nad Moravici, Czech Republic 主要部品メーカー image
AAH Czech s.r.o. (Auria Solutions) Nove Zakupy 528, CZ- 47123 Zakupy, Czech Republic image
ABB s.r.o. - Semiconductors Vyskočilova 1561/4a, 140 00 Praha 4, Czech Republic image
ACD Czech s.r.o. Tušimice 8, 432 01 Kadaň, Czech Republic image
Adient Bezdecin Bldg. No. 109 Parcel No. 289/69, Bezdecin, Czech Republic image
Adient Bor Ltd. Logistic Park CTP, Hall B1, Nová Hospoda, 348 02 Bor, Czechia image
Adient Czech Republic KS Dubická 1800/54, 470 06 Česká Lípa, Czechia image
Adient Czech Republic Roudnice Kratochvílova 2657, 413 01 Roudnice nad Labem, Czechia image
Adient Czech Republic s.r.o. - Mladá Boleslav Trída Václava Klementa 869 Mladá Boleslav 29301 Czech Republic image
Adient Czech Republic s. r. o. - Solnice Průmyslová, 517 01 Solnice, Czechia image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2021年07月30日(金)

・チェコの国営エネルギー企業CEZ Groupは7月27日、同社は産業貿易省(Ministry of Industry and Trade)と電気自動車(EV)向けバッテリーセルを生産するギガファクトリー設立プロジェクトに向けて覚書を締結したと発表した。
・プロジェクトへの投資額は520億コルナ(約2,650億円)。新工場の年間生産能力は40GWh、2,300人の雇用が創出される。
・EV向けのバッテリーセルを生産する新工場の設立は、チェコのエネルギー産業と自動車産業の転換を加速させる戦略プロジェクトとなる。また、同プロジェクトとこれに関連するリチウム鉱山プロジェクトは、石炭産業が低迷する中、構造改革を待つ地域の人々の生活環境を改善する契機になるとしている。
・同省とCEZグループは、このプロジェクトへの出資を求めて自動車メーカーやバッテリーメーカーなどの企業・団体と交渉を進めているという。
CEZグループのプレスリリースをみる

2021年07月16日(金)

・シュコダは7月13日、2019/2020年度版持続可能性レポートを発行したと発表した。
・同社は「グリーンな未来(Green Future)」戦略構想の下で野心的な持続可能性目標を設定した。これは「グリーン工場」、「グリーン製品」、「グリーン販売」という3本柱に基づいており、同社の活動で生じる環境的負荷を最小限に抑えることを目指している。
・シュコダは2020年初頭から生産プロセスで発生するすべての使い捨て廃棄物をリサイクルもしくは熱処理してきた。先進的なブルフラビ(Vrchlabi)工場は2020年末からこの点で同社を牽引している。
・同社は2021年末までに天然ガスをバイオガス工場で生産するCO2ニュートラルメタンに転換する。また、バリューチェーン全体で環境影響を効率的に削減するためインダストリー4.0技術であるAIアプリのOPTIKONを利用する。
・社会的責任に関するシュコダの焦点は、交通安全、技術教育、バリアフリーモビリティ、恵まれない子どもへの援助という4つの重要分野に向けられている。
・シュコダは新型コロナ流行中に、救援活動や医療関係者に包括的な支援を提供した。その一例として、支援団体の従業員や医療スタッフに200台以上の車両と150台以上の電動スクーターを提供している。
・またCSR推進組織「One Tree for Every Car (車1台に樹木1本活動)」では2007年からチェコ共和国の森林の回復を支援している。
Skoda Auto press release

2021年07月14日(水)

・シュコダは12日、チェコのムラダー・ボレスラフ(Mlada Boleslav)工場で第4世代となるBセグメント車の新型「ファビア (Fabia)」の生産を開始したと発表した。
・新型「ファビア」は「スカラ (Scala)」、「カミック(Kamiq)」と同一ラインで生産される。生産にあたり、同工場は11,000万ユーロを投じて生産設備を大幅に刷新、生産ラインとプレス工場、溶接工場を改修した。現在では製造プロセスの高度な自動化が可能となり、多くの複雑で物理的に要求の厳しい製造工程がロボットによって実行されている。
VWグループのMQB-A0プラットフォームを初採用した新型「ファビア」は全長4,108mm全幅1,780mm。セグメント最高級の広い車内スペースとなっている。
・前輪駆動の新型「ファビア」は5種類のガソリンエンジンを設定、トランスミッションはMTまたは7DCTを組み合わせる。空気抵抗はセグメントトップの0.28で、オプションの50L燃料タンクを装備すると航続距離は900kmを超える(WLTPサイクル)としている。

※画像をクリックすると拡大します
シュコダのリリースをみる