チェコ

 サプライヤー

検索結果 684


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Brano Group, a.s. Opavska 1000 - 747 41 Hradec nad Moravici, Czech Republic 主要部品メーカー image
AAH Czech s.r.o. (Auria Solutions) Nove Zakupy 528, CZ- 47123 Zakupy, Czech Republic image
Aalberts Process Technologies s.r.o. Budovatel 484, 538 43 Tresmonice, Czech Republic image
ABB s.r.o. - Semiconductors Vyskočilova 1561/4a, 140 00 Praha 4, Czech Republic image
ACD Czech s.r.o. Tušimice 8, 432 01 Kadaň, Czech Republic image
Adient Bezdecin Bldg. No. 109 Parcel No. 289/69, Bezdecin, Czech Republic image
Adient Bor Ltd. CTP Park, Nova Hospoda, Hall 6Bor u Tachova, 34802, Czech Republic image
Adient Czech Republic KS Dubická 1800/54, 470 06 Česká Lípa, Czechia image
Adient Czech Republic Roudnice Kratochvílova 2657, 413 01 Roudnice nad Labem, Czechia image
Adient Czech Republic s.r.o. - Mladá Boleslav Trída Václava Klementa 869 Mladá Boleslav 29301 Czech Republic image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年03月04日(月)

ZF Friedrichshafenは、チェコKlášterecのパワーエレクトロニクス生産拠点において1年半弱の改修を行い、初のゼロエミッション工場を開設したと発表した。

・電動パワートレイン技術部門の一部としてeモビリティ製品を製造する同工場では、3,400個の太陽電池モジュールを使用して発電する。これにより、年間電力需要の約20%をまかなうことができるという。自家発電以外の電力は、風力・水力を中心とした再生可能エネルギーから購入する。

・同工場は、2040年までにすべてのバリューチェーンでクライメートニュートラルを達成するというZFの目標を支援する拠点となり、全世界の同社工場の設計図として使用される。2025年までにはZFの全拠点でグリーン電力が使用されるようになる見通し。

・また、化石燃料に依存していたガス暖房システムをヒートポンプに切り替え、年間暖房費を50%削減した。

・ZFは1992年からKlášterecで工場を運営している。現在の従業員数は約700人で、ドイツとセルビアで生産される電気モーターのパワーエレクトロニクス部品を生産している。

(2024年2月29日付プレスリリースより)

2024年02月15日(木)

・シュコダは2月14日、Cセグメントハッチバッククーペ/ワゴンの改良型「オクタビア(Octavia)」を発表した。

・今回の改良型では、バンパーとグリルのデザインを更新し、第2世代のLEDマトリクスビーム・ヘッドランプや改良型LEDリアランプを採用した。また、フロントとリアのエプロンのデザインを変更し、全長が4,689mmから4,698mmに拡大した。両モデルには、4種類のグレード(Essence、Selection、Sportline、RS)が用意されている。

・エンジンラインナップは、出力の異なるガソリンエンジンを4種類 (1.5L TSIを2種類、2.0L TSIを2種類)、ディーゼルを2種類 (2.0L TDI)用意し、組み合わせによって最高出力85kW~195kW、最大トルク220Nm~370Nmを発揮する。駆動方式は2種類 (FWD、AWD)設定。48Vのリチウムイオン電池は、水冷式ベルトスタータージェネレーターにより、ブレーキ時のエネルギー回収を可能にしている。

・内装面では、10インチのインフォテインメントディスプレイや10インチのデジタルディスプレイなどの標準装備をアップグレードした。オプションで、ChatGPTを統合した音声アシスタント「Laura」が使える13インチのディスプレイも選択可能。コーヒー殻をはじめ、リサイクル素材を用いて持続可能な加工を施したレザーなど、サステイナブルな素材が採用されている。

・また、モニタリングシステム、車線支援、駐車支援など、安全装備を強化した。アップグレードしたKessyキーレスエントリーシステムでは、ドライバーから1.5メートル以内の車のロック解除、施錠を自動で行うことができる。

Based on Skoda press release

2024年02月08日(木)

・シュコダは2月5日、チェコ・クヴァシニ(Kvasiny)工場に高度な技術トレーニング施設を開設し、従業員のロボット工学とオートメーション技術の強化に力を入れると発表した。この取り組みは、最新の自動車生産技術に関する理論的および実践的な知識を従業員に提供し、2024年夏に予定されているコンパクトセダン「オクタビア(Octavia)」の生産開始に向けて能力強化することを目的としている。

・このトレーニング施設は、100万ユーロの投資により収容能力を向上するとともに、最新技術を取り入れたものとなっている。生産ラインの調整およびメンテナンス部門から、年間最大300人のメカニック、電気技師、電子技術者が専門的な技術訓練を受けることになる。

Based on Skoda press release