コストダウン/ 軽量化

 ニュース
2022年08月04日(木)

Bharat Forgeは、2022年3月期において米国ノースカロライナ州のアルミニウム工場の稼働を開始したと発表した。自動車用軽量化部品の需要増に対応する。新工場は10,000MTPA規模の拠点で、アルミニウムの自動生産が可能。現在は低稼働率で運営されているが、2022年中に高稼働で運転される計画。この新拠点の稼働により、同社は米国とドイツの2カ所でアルミニウム生産を行うことになる。(Bharat Forgeの2021~22年度年次報告書より)

2022年07月28日(木)

Autoneumは、需要拡大に伴い繊維製品やリサイクルの製品ポートフォリオを拡大したと発表した。2022年上半期はあらゆる駆動タイプに対応する環境対応型繊維「Autoneum Pure.」に注力し市場での地位拡大を図った。また、電気自動車(EV)のフロント・リアにおける低騒音・軽量化のニーズの高まりに伴い、吸音エンジンのシーリング技術を電動ドライブ関連向けに展開した。Hybrid-Acoustics PETHybrid-Acoustics FLEXFit FLEXの標準化技術では、音源の騒音を直接低減し、運転の快適性を向上させるという。これらの技術はすべて、さまざまなサイズや形状へ適応し、廃棄物を発生させることなく、モーターのカプセル封止から、インバーター、ギアボックス、ポンプ、コンプレッサーの騒音や振動の低減まで、EVのさまざまな用途に対応するという。(2022年727日付プレスリリースより)

2022年07月27日(水)

・ロシアの複数メディアは7月25日、GAZがニジニ・ノヴゴロド(Nizhny Novgorod)工場での生産を7月25日から2週間休止すると報じた。設備のメンテナンスを行うといい、8月8日に再開する予定だという。
・同社は休止期間に、小型商用車「Sobol NN」の生産ラインを導入するという。溶接ラインの新設、プレス部品の生産拡大、塗装・組立工場の近代化、軽量化した新しいリアアクスルの生産などを行うという。
Based on multiple sources
キーワード:工場稼働状況