台数データの凡例・注釈

台数データのご利用にあたって

データの凡例

  • 生産データベースで検索したデータの凡例です。
"-" ハイフン 当該データに関する情報が出典資料に記載されていない場合
"0" ゼロ 生産台数が0台の場合
"N/A"

正確な値、またはモデル名が不明の場合

調整値 ・各国のソースから発表されるメーカー別データの合計値と、国の合計値が異なる場合、国の合計値を優先させるため、その際に生じた差分を調整値として表示しています。
・月次データの累計値と年次データの発表値が異なる場合、年次データの数値を優先させるため、その際に生じた差分を調整値として表示しています。
データがマイナスの値になっている 何らかの理由で台数に修正が入ったと考えられます。データ自体は元資料に基づいた値です。

Excelファイルをご利用頂く場合

  • Excelファイルで、一部中国の会社名などで文字化けが生じる場合がございます。これは文字コードの対応上避けることができません。
    ご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願いいたします。
  • データのダウンロード時間は、回線の状況などによって変化します。
    また、多数の国やメーカー、モデルのデータをダウンロードする場合、データ量に応じてダウンロードに時間が掛かります。

グラフについて

  • グラフは、選択した項目の上位10番目までが個別に表示されます。10位以下の台数は「その他合計」として纏めて表示されます。
  • グラフの下の各項目名のチェックボックスのチェックを外すと、表示から除外できます。チェックをつけると表示が戻ります。
    その他合計の台数が多すぎて表が見づらい場合などに便利です。
  • グラフ右下の「折れ線グラフ」「積み上げ棒グラフ」「円グラフ」をクリックすると、グラフの表示形式を切り替えられます。
  • 円グラフを選択した場合、グラフの下に表示されている年や月の○をクリックすることで、表示する時期を切り替えられます。