ニュース

18652件中 11541件~11560
2007年07月12日(木)
日産自動車は中国、タイなどコスト競争力が高いリーディング・コンペティティブ・カントリー(LCC)の地場資本部品メーカーからの調達を拡大する。購買部門に地場メーカーの調査や取引を担当する約20人の...(記事全文)
2007年07月12日(木)
三菱自動車は、今秋発売するスポーツ車「ランサーエボリューションX(テン)」に搭載する車両運動統合制御システムの主要ユニット及び変速機構を、欧州サプライヤーから調達する。スポーツ走行で重視されるレ...(記事全文)
2007年07月12日(木)
旭テックは、メタルダイン社の買収から半年間で、総額で10億ドルを上回る新規受注を獲得したと発表した。それら発注元には、日本、韓国、中国、北米、および欧州の企業が含まれ、受注製品も多岐に及んでいる...(記事全文)
2007年07月12日(木)
株式会社 安永は、2007年7月12日開催の取締役会において、自己株式を取得することを決議した。自己株式を取得するのは、経営環境の変化に対応して機動的な資本政策を遂行するためとしている。同社普通...(記事全文)
2007年07月11日(水)
日産自動車はロシア第2の都市サンクトペテルブルク郊外で新しい車両工場の起工式を開いた。2009年の早い時期に稼働を予定し、フル操業時には750人を雇用し年5万台の生産を見込む。日産は生産車種とし...(記事全文)
2007年07月11日(水)
アイシン精機は10日、エンジン部品を生産する新会社「アイシン九州キャスティング」を、熊本県城南町に設立すると発表した。トヨタ自動車九州のエンジン増産に対応し、九州でエンジン用アルミ部品の鋳造、加...(記事全文)
2007年07月11日(水)
日産自動車は国内市場で8月に新型「エクストレイル」を発売し、「デュアリス」と組み合わせたSUVによる販売キャンペーンを展開する。2WDのデュアリス、4WDのエクストレイルをキーワードに、需要層が...(記事全文)
2007年07月11日(水)
愛知製鋼は、車載モーターの軽量・小型化を可能にするネオジム系ボンド磁石「マグファイン」の販売を拡大する。車のエレクトロニクス化の進展により、車載モーターは搭載数が増加しており、燃費性能向上のため...(記事全文)
2007年07月11日(水)
三菱自動車は10日、自動変速マニュアルトランスミッション(AMT)「ツインクラッチSST」と、車両統合制御システム「S―AWC」を新開発したと発表した。いずれも今秋発売する「ランサーエボリューシ...(記事全文)
2007年07月10日(火)
プレス機械大手のアイダエンジニアリングは、中小型プレス機の生産能力の増強などを目的に、津久井工場(神奈川県相模原市)を拡張すると発表した。総投資額は約15億6千万円。8月に着工し、2008年4月...(記事全文)
2007年07月10日(火)
欧州の半導体大手、NXPセミコンダクターズは、非接触式の「磁気抵抗(MR)式回転センサー」の自動車分野における拡販に向けて、日系メーカーへの提案活動を強化する。アームの動きを自在にコントロールし...(記事全文)
2007年07月10日(火)
スウェーデンのボルボと日産ディーゼル工業は日本国内のアフター市場で協業に着手した。日本ボルボが独自に行っていたアフター分野の業務について、一部を日産ディーゼルの施...(記事全文)
2007年07月10日(火)
マツダは新型「デミオ」に採用した新開発の消臭天井を他車種にも順次展開し、クリーンな室内空間をマツダ車の特性の一つとしていく。この消臭天井は、内装材大手の住江織物と共同開発し、新型デミオでマツダ車...(記事全文)
2007年07月10日(火)
トヨタ自動車はレクサスブランドに、ハイブリッド専用車を設定していく考えを明らかにした。同社は、2010年代の初頭にハイブリッド車の世界販売を06年比約3倍の年100万台に増やす計画を掲げている。...(記事全文)
2007年07月10日(火)
日野自動車は9日、追突被害を軽減する「プリクラッシュセーフティー(PCS)」の装着車を15車型から92車型へ増やすと発表した。非装着車と比べて55万円高いが、国土交通省や全日本トラック協会から合...(記事全文)
2007年07月10日(火)
駆動系部品大手のエクセディは、自動変速機用トルクコンバーターの不良率を前期に比べ半減させる。ATや無段変速機(CVT)を搭載した車両の生産数量増に伴い、同社への増産要請が続いてきたが、そのための...(記事全文)
2007年07月09日(月)
日本ピストンリングは、エタノールを始めとした代替燃料対応車の普及の本格化をにらみ、エンジン関連部品の開発を強化する。代替燃料車では、エンジン燃焼温度が既存の車両と...(記事全文)
2007年07月09日(月)
マツダは今年度後半にサプライヤーと共同で商品競争力の向上を目指す「モノ造り革新」をスタートする。「一括企画」「コモンアーキテクチャー」(共通構造)、「フレキシブル...(記事全文)
2007年07月09日(月)
大豊工業は、海外事業を大幅に拡充する。中国でのエンジンベアリング(すべり軸受)の能力増強や北米でガスケット生産拠点の開設などで、日系自動車メーカーの現地需要に対応...(記事全文)
2007年07月09日(月)
日本ピストンリングは、エタノールを始めとした代替燃料対応車の普及の本格化をにらみ、エンジン関連部品の開発を強化する。代替燃料車では、エンジン燃焼温度が既存の車両と比べて上昇、エンジンバルブの着座...(記事全文)