Magneti MarelliとDTR、イタリアのゴムメーカーを買収へ  [ イタリア ]

Magneti Marelliと韓国の自動車用ゴムメーカーDTR Corporationは、イタリアのCF Gommaを買収し、合弁事業を開始することで合意したと発表した。CF Gommaは、自動車用ゴム製品メーカーで、自動車・エンジンマウント用の防振ゴムや、牽引車・鉄道向けのエアスプリングのほか、ゴム成形品やゴム合成物を生産している。今回の合意により、CF Gommaへの出資比率はDTRが60%、Magneti Marelliが40%となる。両社は、欧州や南米において事業を拡大していく計画。(2014年6月20日付プレスリリースより)
<2014年06月20日(金)>