SeAH Besteel Corporation
[(株) セア・ベスティール]

会社概要

■URL

http://www.seahbesteel.co.kr/eng/main.jsp

■本社所在地

28/29F Seah Tower, 45, Yanghwa-ro, Mapo-gu, Seoul

業容

-特殊鋼、自動車部品、鉄道車輪等の製造メーカー。

-炭素合金鋼の韓国国内シェア首位。

-2003年、SeAH Holdingsに吸収合併され、SeAHグループの傘下に。起亜特殊鋼 (株) から現社名に変更。

-同社のアクスルは起亜自動車の「Sorento」、「Carnival」、「Retona」、「Bongo3」、「Bongo3 バス」等に採用されている。

資本構成

(2017年12月31日現在)

主要株主 出資比率 (%)
SeAH Holdings Corp. 58.94
SeAH Steel Corp. 6.03
合計 64.97

主要製品

特殊鋼部門 (Special Steels)
エンジンマテリアル (Engine materials)
-クランクシャフト (Crank shafts)
-コネクティングロッド (Connecting rods)

トランスミッションマテリアル (Transmission materials)

シャシーマテリアル (Chassis materials)
-等速ジョイント用部品 (Components for CVT)

スプリングスチール (Spring steels)
-コイルスプリング (Coil springs)
-トーションバー (Torsion bars)
-リーフスプリング (Leaf springs)
-スタビライザーバー (Stabilizer bars)

ベアリングスチール (Bearing steels)

自動車部品部門 (Auto parts)
アクスル (Axles)
-フロントドライブディファレンシャルASSY (Front drive differential assemblies)
-リアアクスルASSY (Rear axle assemblies)
-アクスルハウジング (Axle housings)

デフ (Diff)
-デフキャリアー(Diff Carrier)
-デフケース(Diff Case)

沿革

1955年 「大韓重機工業 (株)」[Daehan Heavy Machinery Industry Co., Ltd.]設立。
1958年 小型圧延工場が竣工。
1978年 鋳物生産を開始。
1982年 特殊鋼の生産開始。
1986年 起亜自動車グループに編入され、自動車部品事業を開始。
1989年 技術研究所を設立。
1990年 「起亜特殊鋼 (株)」[Kia Steel Co., Ltd.]に社名変更。
1991年 韓国証券取引所に上場。
1993年 本社を全羅北道の群山 (Gunsan) 市に移転。
1993年 群山 (Gunsan) 工場の第一期工事が終了。
1994年 リアアクスル組立工場が完工。
1995年 群山 (Gunsan) 工場の第二期工事が終了。
1995年 ISO9002認証を取得。
1997年 群山 (Gunsan) 総合特殊鋼工場が完工。
1999年 QS9000認証を取得。
2000年 技術研究所に信頼性評価センターを開設。
2003年 SeAHグループに編入。
2004年 「SeAH Besteel Corp.」に社名変更。
2005年 ISO/TS16949認証を取得。
2006年 ISO14001認証を取得。
2011年 製鋼250万トン体制を構築。(特殊鋼220万トン、鍛造30万トン)
2011年 自動車部品工場を全羅北道の群山 (Gunsan) から金堤 (Gimje) に移転。
2012年 本社をソウル特別市に移転。
2013年 昌寧 (Changnyeong) の第2工場が生産を開始。
2014年 ポスコ特殊鋼株式会社 (POSCO Specialty Steel Co., Ltd.) の株式52.3%を取得。
2016年 米国に販売法人のSeAH Global Inc.を設立。

補足 1

>>>2013年12月期までの動向
>>>2014年12月期の動向

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。