Kongsberg Automotive ASA 2016年12月期の動向

業績

(単位:百万ユーロ)

2016年
12月期
2015年
12月期
増減率 (%) 要因
全体
売上高 985.7 1,016.0 (3.0) 1)
EBITDA 63.4 98.5 (35.6) -
事業部門別売上高
インテリア 315.7 330.1 (4.4) 2)
ドライブライン 238.3 249.8 (4.6) 3)
フルイドトランスファー 206.0 215.0 (4.2) 4)
ドライブコントロール 260.5 256.1 1.7 5)


要因
1) 全社
-2016年12月期の全社売上は、前期同期比比30.3百万ユーロ (-3.0%) 減の985.7百万ユーロとなった。為替効果による22.6百万ユーロ相当の減少分を含む。エンジニアリングや生産ツールなどの非製品事業は好調で、部品売上の落ち込みを相殺。乗用車用部品の売上減少は、モデルプログラムの終了や価格の低下、車両の販売台数の低下などによるもの。

2) インテリア部門

-同部門売上は前年比14.4百万ユーロ (-4.4%)減の315.7百万ユーロとなった。マイナスの為替効果5.4百万ユーロを含む。売上減少の理由は、ヘッドレストのプログラムの終了、OPE (Outdoor Power Equipment) 事業の売上減少によるもの。


3) ドライブライン部門
-同部門売上高は、前年比11.5百万ユーロ (-4.6%)減の238.3百万ユーロ。マイナスの為替効果1.8百万ユーロを含む。減少理由は、いくつかの主な製品の生産終了や価格の低下、車両の販売台数の低下などによるもの。中国の事業は好調で一部減少分を相殺。

4) フルイドトランスファー部門

-同部門売上高は、前年比9.1百万ユーロ (-4.2%)減の206.0百万ユーロ。マイナスの為替効果6.8百万ユーロを含む。北米の工業製品用事業と自動車部品事業が減少の主要因としている。FTS事業を含めて全体的に低調。欧州カップリングビジネスだけが好調であった。


3) ドライブコントロール部門

-同部門売上高は前年比4.4百万ユーロ (1.7%)増の260.5百万ユーロとなった。マイナスの為替効果9.2百万ユーロを含む。増加要因は、レジャービークル向け製品とビークルダイナミック事業が好調に推移したため。

受注

-2016年12月期の主な受注案件

(2016年プレスリリースより)

納入先 製品 受注総額 備考
インテリア部門
欧州、中国、日本の自動車メーカーなど シートコンフォートシステム 総額15百万ユーロ
(3~8年)
-
独大手自動車メーカー シートサポートシステム 34百万ユーロ -メキシコのReynosaにあるKongsbergの工場で、2018年第3四半期より生産を開始する予定。
ドイツ自動車メーカーの高級車向け シートヒーター 54百万ユーロ
(10~12年)

-メキシコReynosaにあるKongsbergの工場で、2017年第1四半期より生産を開始する予定。
-2017年第3四半期には、ポーランドのPruszkow工場で別のブランド向けに生産する。

欧州高級車メーカー ドアパネルヒーター 4年間

-ポーランドのPruszkow工場で、2017年第3四半期より生産を開始する予定。

欧州高級車メーカー シートサポートシステムおよびマッサージシステム 26.7百万ユーロ

-ポーランドのPruszkow工場で2017年第3四半期より生産を開始する予定。

ドライブライン部門/ドライブコントロール部門
大手欧州高級自動車メーカー シフトバイワイヤーシステム 65百万ユーロ
(7年間)
-2018年下期より生産を開始。
中国の大手トラックメーカー ケーブルギアシフトシステム 8百万ユーロ
(4年間)

-上海にあるShanghai Kongsberg Automotive Dong Feng Morse (SKADFM) の工場で、2017年第1四半期より中国市場向けに生産を開始。

中国の乗用車メーカー 次世代HV向け車載充電器 49百万ユーロ
(7年間)

-中国・江蘇省にある無錫 (Wuxi) 工場でこの製品を生産する予定。2018年上期に生産を開始し、生産量は2020年にピークに達する見込み。

商用車メーカー 自動マニュアルトランスミッションシステム 100百万ユーロ
(5年間)
2020年より欧州・米州の生産拠点から本格供給を開始する計画。
北米大手自動車メーカー ATギアシフターケーブル 82百万ユーロ
(6年間)
-メキシコのNuevo Laredoにある工場で、2018年下期よりこの製品の生産を開始する予定。

工場閉鎖

-2016年12月、同社はパフォーマンスの向上とコスト削減のため生産拠点を31カ所から25カ所に縮小する計画を発表した。主に欧州のパワートレインおよびシャシー工場を閉鎖する。同社は12月13日、英国のBasildon工場閉鎖について協議を開始した。同工場の閉鎖は従業員52名に影響が及ぶという。Basildon工場では商用車、農業および建設車輌向けの車輌制御システム、ペダル、ディスプレイ、ケーブルおよびハンドコントロール製品を製造している。(2016年12月13日付プレスリリースより)



研究開発費

(単位:百万ユーロ)

2016年12月期 2015年12月期 2014年12月期
全社 81.0 70.5 58.7
売上に占める割合 (%) 6.9 7.0 6.0



研究開発体制

-2016年度の研究開発費は売上高の6.9%。研究開発は高い技術力を持った約580人のチームにより構成。

-技術センターをドイツHallbergmoos、米国Novi、カナダShawingan、 中国無錫 (Wuxi)、スウェーデンMullsjo、ノルウェーKongsbergに有する。



設備投資額

(単位:百万ユーロ)

2016年12月期 2015年12月期 2014年12月期
インテリア 19.4 15.5 9.5
ドライブライン 7.7 8.4 9.2
フルイドトランスファー 7.3 7.9 7.4
ドライブコントロール 13.0 9.2 7.4
その他/調整 0.6 0.1 0.5
合計 48.1 41.0 34.0