PSA:2015年までに欧州外 (中国、中南米、ロシア等) の販売比率を50%へ

中国では長安汽車とも合弁事業開始、インドに年産能力30万台の工場を建設

2011/07/26

要 約

 PSAの2010年世界販売台数は、09年比 13.0%増の 360.2万台で、過去最高となった。地域別では、欧州が 1.7%増にとどまったが、中国、中南米、ロシアなど欧州外の販売が増加し、世界販売台数に占める比率は 32% から 39% に拡大した。

 PSAは、2015年までに欧州外の販売比率を50%とする目標を掲げており、新興国市場での事業を拡大している。中国では東風汽車との合弁事業を強化し、新たに長安汽車との合弁事業も開始する。また、インドに再参入し、年産能力30万台の自社工場を建設する。

 モデル計画では、Peugeot/Citroenの両ブランドともに、これまで比率が少なかった高品質・高付加価値の上級モデルの数を増やし、ブランドイメージの向上と利益の拡大を図る。

 排出ガス低減計画では、2012年に CO2排出量 120g/km 以下の車を 100万台販売することを目標とし、2011年後半には、ディーゼルハイブリッド車 Peugeot 3008 HYbrid4 を発売する。

 PSA の2010年売上高は15.8%増の 560.6億Euro、営業利益は09年の6.89億Euroの赤字から、17.96億Euroに黒字転換した。自動車部門では、収益改善計画 Performance Plan により、目標の11億Euroを上回る14.64億Euroの収益改善を達成した。

 2011年の見通しについて、PSAは、欧州市場は厳しい状況が続くが、欧州外市場では販売が拡大すると予測。自動車部門の営業利益は、収益改善計画Performance Plan の効果が原材料費高騰等をカバーし、2010年を上回るとしている。



新興国市場:中国、中南米、ロシア、インド、マレーシアでの動き

 PSAは、2015年までに欧州外の販売比率を50%まで引き上げるとしており(2010年は39%)、新興国市場での事業を積極的に展開している。

 中国では、東風汽車との合弁の神龍汽車で第3工場の建設を開始し、神龍汽車として初めて他国への輸出も開始した。また、長安汽車との合弁事業が認可され、年産能力20万台の工場を整備する。

 中南米では、2014年までの4年間に新型車8車種を投入する。ロシアでは、三菱自動車との合弁工場で、Peugeot、Citroen、三菱自の3ブランドのSUV生産を開始した。

 2001年に一度撤退したインド市場には、2011年2月に再参入すると発表。年産能力30万台の工場を建設する。マレーシアでは、現地組立業者との生産事業を拡大し、周辺国への輸出も増加させる。

中国:東風汽車との合弁事業 (神龍汽車)

神龍汽車との提携強化
 PSAと東風汽車の折半出資の合弁会社、神龍汽車 (Dongfeng Peugeot Citroen Automobile) の2010年販売台数は、09年比 38%増の 37.6万台で、過去最高となった。2015年の市場シェアの目標は 5% (2010年は3.4%)。PSA と神龍汽車は、提携関係をさらに強化するため、次の 5項目を実施すると発表した(2010年 9月)。
統治システム 神龍汽車の統治システムを効率化し、中国市場に迅速に対応する。
商品計画 今後、毎年 1ブランドについて新型車を最低 1車種、5年間に合計 12車種を発売する。既存モデルの更新だけでなく、新モデルも投入する予定で、2011年には中型車の Peugeot 508 を発売し、新たなCitroen モデルも投入予定。
環境対応車と
エンジン
PSAは、2020年までの 10年間に、中国で販売する自社の車の CO2排出量を半減させる計画。そのため、神龍汽車は今後 5年間に 60~150kW の新型エンジンを 6機種投入し、搭載するエンジンを全て新しくする。また、2011年にはアイドルストップシステム搭載車を発売する計画。将来は、フルハイブリッド車、プラグインハイブリッド車も投入する。
工場新設 神龍汽車は、急速な販売増加に対応するため、3つ目の工場を新設する。フル稼働に近い第 1工場と共に、中級モデルを生産する計画。
販売 神龍汽車は、引き続き Dongfeng Peugeot と Dongfeng Citroen の販売網を整備し、2012年までに両ブランドが中国の 300都市に販売店を有するものとする。アジア地域開発戦略の一環として、神龍汽車が生産する完成車・CKDユニットの他国への輸出を検討する。
神龍汽車が武漢市で第 3工場に着工
 神龍汽車は2011年 5月、湖北省武漢市で第 3工場に着工した。年産能力は、第 1期工事完了時の2013年に 15万台、全工事完了時の2015年に 30万台。2015年には、3工場を合わせた神龍汽車全体の年産能力は 75万台となる。第 3工場では、PSA の新型 1号プラットフォームを採用するモデルを生産する。
神龍汽車がエジプト向け輸出を開始
 神龍汽車は、2011年 6月、湖北省武漢市の工場から Peugeot 408 を120台エジプト向けに輸出した。同社が現地生産による完成車を海外市場へ輸出するのはこれが初めてで、今後数年間で輸出量を拡大したいとしている。また、中国で生産した車を他国へ輸出したグローバルブランドは、GMとホンダに続いて 3番目。

資料:PSA Press Release 2010.9.21/2011.5.18, Automotive News Europe 2011.6.30

中国:長安汽車との合弁事業

 PSAと長安汽車との合弁事業は、2011年 7月、中国の国家発展改革委員会の認可を受けた。両社は折半出資で、資本金 40億RMB の合弁会社を設立し、乗用車と小型商用車を生産・販売する。深セン市にある長安汽車の既存工場を全面改修し、年産能力が完成車 20万台、エンジン 20万基の合弁工場を設立する。まず、Citroen DS シリーズの投入と合弁会社の自主ブランドの開発を行い、その後、Peugeot、長安ブランドも投入する計画。研究開発センターも併設する。初期投資額は 84億RMB (資本金を含む)。

資料:PSA/長安汽車 Press Release 2011.5.18/2011.7.18

 

中南米:7億Euroを投資し、2015年の市場シェアを7%へ

 PSAは中南米を、中国、ロシアと並ぶ最も成長が期待できる市場として重視しており、2012年までの 2年間に 7億Euroを投資して工場の生産性を高め、経営を立て直し、2011年には収支均衡を目指す。2014年までの 4年間に新型車 8車種を投入。プラットフォームは 4種から 2種に削減する。2015年の市場シェア目標は 7% (2010年は5.4%)。
 PSAは、ブラジル・Porto Real 工場とアルゼンチン・Palomar工場で、完成車を生産している。2010年には、 5月に ピックアップの Peugeot Hoggar, 9月に MPV のCitroen C3 Aircrossの生産をブラジル工場で開始。11月にはアルゼンチン工場でノッチバックの Peugeot 408 の生産を開始した。2011年には MPV の Citroen C3 Picasso を投入する計画。

資料:PSA Presentation Full Year 2010 Results, Press Release 2010.11.5

ロシア:三菱自動車と合弁の Kaluga工場で SUV 生産を開始

 2010年のロシア市場は新たな成長期に入り、市場全体は 09年比 30%増の191万台に達した。その中で、PSAの2010年販売台数は、33.3%増の 5.6万台で、市場シェアは2.9%。
 PSAと三菱自動車は、ロシア・Kaluga (モスクワの南西180km) にある合弁工場で、2010年 9月に SUV のPeugeot 4007, Citroen C-Crosser, 三菱自の Outlander の生産を開始した。同工場では、2010年 4月に Peugeot 308, 7月に Citroen C4 の生産を開始。同工場の2012年の年産能力は 12.5万台となる予定。

資料:PSA Presentation Full Year 2010 Results, Press Release 2010.9.17

インド:再参入し、年産能力 30万台の工場を建設

 PSAは、2011年 2月、インド市場に再参入すると発表した。第 1段階として、 Peugeot ブランドの中型セダンを生産する計画。2011年 6月には、Tamil Nadu州の Sriperumpudur に全額出資で工場を建設することを明らかにした。年産能力は 30万台で、5,000人の直接雇用、15,000人の間接雇用を創出する。投資額は 400億ルピー。

資料:PSA Press Release 2011.2.9, Tamil Nadu州政府 Press Release 2011.6.29

マレーシア:Peugeot 207 の生産・販売開始

 Peugeot は、2010年7月、マレーシアの大手自動車組立業者 Naza Group と、新型セダンの組立について合意した。2010年下期に 207 sedan の生産を開始。2010年11月に発売し、タイ向けの輸出も開始した。Peugeot と Naza はマレーシアを、アジア市場における右ハンドル車の生産拠点と位置づけている。

資料:PSA Press Release 2010.7.12

 



上級モデルPeugeot 508、Citroen DSシリーズを発売し、ブランドイメージ向上

 モデル計画では、Peugeot/Citroenの両ブランドとも、これまで比率が少なかった高品質・高付加価値・高価格の上級モデルの数を増やし、ブランドイメージの向上、新規顧客の取り込み、利益の拡大を図る方針。

 この方針に沿い、Peugeotは2011年に407と607を統合した中型上級モデル508のセダンとステーションワゴンを投入。Citroen はnear-premiumモデルのDS4に続き、DS5を発売する。PSAによると、2011年上期の販売台数に上級モデルが占める比率は17% (前年同期は14%) に拡大した。

PSA が 2011~2012年に発売する新型車

  発売年月 概要
*Peugeot
508/508 SW
2011年春 中型のセダンとステーションワゴン (中型車 Peugeot 407 と 大型車 607を統合した後継モデル)。セダンは中国にも投入。年販目標は両タイプ合わせて 2011年に 10万台、2012年に 20万台で、うち 6.5万台は中国で販売する計画。CO2排出量は109g/km。
*Citroen DS4 2011年
第 2四半期
Citroen の near-premium モデルで、DS (Distinctive Series) シリーズの第 2号。小型ハッチバックの C4 をベースとする、クーペスタイルの 5ドアハッチバック。
*Citroen DS5 2011年末 Citroen の near-premium モデルで、DS シリーズの第 3号。2011年 4月に上海モーターショーで発表。5人乗りクロスオーバーで、C5セダンより座席位置が高い。
compact SUV 2012年 三菱自動車のRVR (欧州名 ASX) をベースに、PSAがPeugeot, Citroen 向けのデザインを施す。年販目標 5万台。対抗車は Toyota RAV4。
PSA が 2010年に発売した新型車
  発売年月 概要
*Peugeot RCZ 2010年夏 2ドアのスポーツクーペ。Peugeotブランドのイメージ向上のために投入する上級モデルの第 1号。プラットフォームは量産モデルの 308と共通。ガソリンエンジンは 1.6L ツインスクロールターボ、ディーゼルエンジンは 2.0L ターボを搭載。
*Citroen DS3 2010年3月 Citroen 初の near-premium モデルで、DS シリーズの第 1号。小型ハッチバックの Citroen C3 をベースに、内外装を高級化した 3ドアハッチバック。対抗車は BMW MINI。
Citroen C4 2010年末 小型 5ドアハッチバック。旧モデルより一回り大きく、乗員の快適性が向上。荷室容量は 408L でクラス最大級。
資料:PSA Presentation Full Year 2010 Results, Automotive News Europe 2010.4.28/2010.6.3/2010.8.31/2011.4.19/2011.6.25
(注) 1. * が付いたモデルは、PSAが上級モデルとして投入するモデル。
2. PSAは上級モデルを、内外装の品質や快適性に優れ、当該クラスのベンチマークとなるモデルと定義している。上記以外に上級モデルに含まれるのは、A, B, C セグメントでは Peugeot 207CC/308CC/3008, D, Eセグメントでは、Peugeot 407/4007, Citroen C5/C6/C-Crosser。

 



排出ガス低減計画:アイドルストップ機構搭載車を拡大、Peugeot 3008 HYbrid4を発売

 PSAは、2012年に CO2排出量 120g/km 以下の車を 100万台販売することを目標に、排出ガス低減計画を進めている (2010年実績は79.8万台)。2010年には、CO2排出量を最大15% 削減する新世代アイドルストップ機構を発表し、2011年3月までに7車種に搭載した。 また、2011年第3四半期には、世界初のディーゼルハイブリッド車 Peugeot 3008 HYbrid4 を発売する。

 このほか、PSAとBMWは、2011年にハイブリッドシステムを共同で開発・生産する合弁会社を設立。開発した製品を2014年から両社の車両に搭載する計画。また、PSAとFordは、欧州で2014年に導入される排出ガス基準Euro6に適合するディーゼルエンジンを共同開発する。

PSA:排出ガス低減計画(目標:2012年に CO2排出量 120g/km 以下の車を 100万台販売する)

電気自動車
(EV)
三菱自動車から電気自動車 i-MiEV のOEM 供給を受け、Peugeot iOn と Citroen C-ZERO として 2010年末に発売した。
PSA と三菱自動車は、PSA がスペイン工場で生産している小型商用車 Peugeot Partner と Citroen Berlingo の EV化のための技術開発を共同で実施する (2010年 9月発表)。両社は2012年末までに両モデルのEV生産を開始する計画。
ディーゼル
ハイブリッド
世界初のディーゼルハイブリッド車 Peugeot 3008 HYbrid4 を、2011年第 3四半期に発売する。前輪を 2.0L 4気筒ターボディーゼルエンジン (最高出力 163ps・最大トルク 300Nm)で、後輪をモータ (同37ps・200Nm) で駆動する方式。三洋電機製のニッケル水素電池を搭載。欧州複合モード燃費は 3.8L/100km、CO2排出量は99g/km。
新型エンジン 1.0L/1.2Lの小型 3気筒ガソリンエンジンを開発し、2012年から投入する。1.0L/1.2L の自然吸気エンジンは、2012年からフランス・Tremery工場で年 64万基生産する。1.2Lのターボエンジンは、2013年からフランス・Douvrin工場で年 32万基生産する予定。
アイドルストップ機構 ベルト駆動のスタータ兼オルタネータ (Valeo製第2 世代)、50Ahの鉛電池、Euro5 適合の1.6L/1.4L HDi ディーゼルエンジンを組み合わせた新世代アイドルストップ機構 e-HDi を、2010年 6月に発表。時速 6km以下になるとエンジンを停止し、ブレーキペダルから足を離すと 0.4秒 で再スタートする。静かで迅速な再スタートが特徴。CO2 排出量を最大 15% 改善する。
2011年 3月までに Citroen C5, C4, C4 Picasso, C3, DS3, Peugeot 308, 508 に搭載。2013年までにアイドルストップ機構搭載車を 100万台販売する計画。(PSAは2004年からCitroen C3とC2のガソリンモデルに第1世代のアイドルストップ機構を搭載している。)

資料:PSA Press Release 2010.6.9/2010.9.29

 

PSAとBMW:ハイブリッドシステムを開発・生産する合弁会社を設立

 PSA と BMW は、ハイブリッドシステムのコンポーネントを開発・生産する合弁会社 BMW Peugeot Citroen Electrification を設立すると発表した (2011年 2月)。投資額は両社合わせて1億Euro。2011年第 2四半期に営業を開始し、2014年から開発した製品を両社の車両に搭載するほか、他社にも販売する計画。研究・開発・調達は、ドイツ・Munich で行い、2011年末までに 400人を雇用する。生産はフランス・Mulhouse で行い、2014年以降のフル稼働時には 250人を雇用する。
 対象となる製品は、バッテリーパック、ジェネレータ、パワー制御装置、電気モータ、充電器、ハイブリッドシステム用ソフトウェアなど。共同で開発・生産を行うことにより、開発費用の低減、標準化された部品の使用、開発時間の短縮、規模の拡大によるコスト削減等を目指す。

資料:PSA/BMW Press Release 2011.2.2/2011.2.28

PSA と Ford:Euro6適合の次世代ディーゼルエンジンを共同開発

 PSA と Ford は、2010年 9月、欧州の排出ガス規制 Euro6 に適合する次世代ディーゼルエンジンを共同開発すると発表した。両社は合計約 3億Euroを投じて、乗用車と商用車のディーゼルエンジンを開発し、2013年から生産を開始する計画。
 PSA と Ford は10年前から、ディーゼルエンジンを共同開発する Gemini Project を実施している。過去10年間の投資額は 20億Euro余。2010年末までに 1,650万基のディーゼルエンジンを生産し、Peugeot, Citroen, Ford, Mazda, Volvo, Jaguar, Land Rover ブランドの約 30車種に搭載している。

資料:PSA/Ford Press Release 2010.9.29

 



Performance Plan:自動車部門で2010-2012年に合計37億Euroの収益改善

 PSA が2010年から実施している自動車部門の Performance Plan (収益改善計画) は、毎年11億Euro、2012年までに合計 33億Euro の収益改善を目標としていた。2010年には、目標を上回る14.64億Euroの収益改善を達成。これに伴い、2012年までのPerformance Planの目標を4億Euro引き上げ、合計37億Euroとした。

 Performance Plan では、販売の改善で 37億Euroの30%、新興国市場で 15%、生産性の改善・経費削減で 55%の収益改善を図る。2010年までの進捗状況は以下の通り。

PSA Performance Plan (2010-2012年の収益改善計画) の進捗状況

  2009年 2010年 2012年
(目標)
販売の改善 欧州市場シェア 13.8% 14.2% -
欧州での法人向け市場シェア 14.7% 15.0% 18.0%
CO2排出量120g/km以下の車の販売台数 757,000 798,000 1,000,000
新興国市場 中国市場セグメントカバー率 33% 34% 40%
中南米市場セグメントカバー率 40% 55% 57%
ロシア市場セグメントカバー率 46% 51% 77%
生産性の改善
・経費削減
欧州での生産設備稼働率 80% 90% 105%
台当たり生産時間 (2009年ベース) - -2% -20%
開発生産性 (2009年ベース) - -11% -20%
経費削減   1.1億Euro 4億Euro
主要サプライヤーからの調達 25% 35% 50%

資料:PSA Presentation Full Year 2010 Results

 



2010年の世界販売は過去最高の360万台、欧州外の販売比率は39%に拡大

 PSAの2010年世界販売台数 (CKDセット含む) は、09年比 13.0%増の 360.2万台で、過去最高。地域別では欧州が 1.7%増の 219.5万台にとどまったが、欧州外では中国が 38.2%増、中南米が 26.7%増と大幅に増加。欧州外の販売比率は32%から39%に拡大した。

 モデル別では、2009-10年に発売した上級モデルのPeugeot RCZ, Peugeot 3008, Citroen DS3の販売が好調で、販売台数に占める上級モデルの比率が拡大した。

 2011年1-6月の世界販売は、前年同期並みの186.0万台。欧州では、新車購入支援策終了等により5.3%減少したが、欧州外では、引き続き中国、中南米、ロシアで増加した。

 2011年通年の市場規模について、PSAは、欧州は前年レベル、中国は10%、中南米は4%、ロシアは15%拡大すると見込んでいる。PSAの販売見通しは、欧州は厳しい状況が続くが、欧州外市場では、中国での合弁事業拡大やインドへの参入により販売は拡大する見込み。

PSA の地域別世界販売台数

(1,000台)
  2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
欧州 2,542 2,231 2,159 2,195 1,206 1,154
ロシア 37 59 42 56 21 35
中南米 266 263 232 294 127 154
中国 209 179 272 376 176 195
その他 181 219 141 204 87 113
完成車合計 3,234 2,952 2,846 3,125 1,618 1,652
CKD合計 195 308 342 477 238 208
世界販売 3,428 3,260 3,188 3,602 1,856 1,860

資料:PSA Press Release 2011.1.13, Q1 and 3 Months 2011 - Sales and Revenues

 

PSA:欧州におけるモデル別販売台数

Peugeot ブランド
(台)
  2009年 2010年 2010年
1-4月
2011年
1-4月
107 118,298 106,842 34,013 33,173
1007 5,677 411 - -
206 112,789 121,828 50,717 41,403
207 372,821 310,827 119,146 94,146
307 3,470 115 - -
308 225,949 181,976 66,767 56,990
3008 49,506 117,819 41,630 41,565
5008 6,656 71,861 26,488 25,053
407 38,937 29,321 10,302 4,049
508 0 721 - 18,945
607 1,896 1,229 - -
807 6,891 5,580 1,879 2,236
4007 8,466 5,529 1,837 1,335
RCZ 88 11,913 1,159 6,401
iOn - - - 464
Bipper 8,076 10,952 4,323 3,094
Partner 43,176 42,398 14,633 13,202
Expert 3,865 4,281 1,506 1,721
Boxer 742 871 - -
その他 626 336 1,308 636
Total 1,007,929 1,024,810 375,708 344,413
 
Citroen ブランド
(台)
  2009年 2010年 2010年
1-4月
2011年
1-4月
C1 118,702 102,100 33,936 30,390
C2 42,938 3,298 - -
DS3 205 53,220 10,155 25,644
C3 173,356 233,076 84,971 71,065
C3 Picasso 75,793 76,565 31,037 24,982
Xsara 41,311 25,786 11,633 3,731
C4 96,091 71,624 27,195 45,358
C4 Picasso 136,038 120,047 46,289 37,105
C5 85,003 75,189 28,235 23,250
C6 1,633 1,362 - -
C8 6,134 5,439 1,826 1,915
C-Crosser 8,676 7,023 2,307 1,540
C-ZERO - 35 - 573
Nemo 17,064 12,030 5,425 3,262
Berlingo 67,033 57,917 20,304 16,544
Jumpy 3,271 3,326 - -
Jumper 1,673 1,373 - -
その他 227 269 6,038 2,873
Total 875,148 849,679 309,351 288,232
PSA Total
PSA合計 1,883,083 1,874,491 685,061 632,646
資料:Automotive News Europe 2011.3/2011.6
(注) 1. 対象範囲は欧州29カ国。商用車として登録された車は含まない。
2. PSA 合計には、各ブランドに含まれていないその他モデルが数台含まれている。

 



2010年の営業利益は17.96億Euroで黒字転換、2011年は2010年を上回る見通し

 PSA の2010年売上高は、好調な新型車投入、市場シェア拡大、世界需要増加等により09年比15.8%増の 560.6億Euro。営業利益 (Recurring operating income) は、09年の6.89億Euroの赤字から、17.96億Euroに黒字転換した。財務状況も好転したため、フランス政府からの債務残額20億Euroを、2011年4月末までに全額早期返済した。

 自動車部門の売上高は8.2%増加し、営業利益は12.57億Euroの赤字から、6.21億Euroの黒字に大きく改善。自動車部門の収益改善計画 Performance Plan は、営業利益改善に14.64億Euro寄与した (目標は11億Euro)。

 2011年通年の自動車部門の営業利益は、Performance Plan による11億Euroの収益改善が原材料費と投入費用の増加をカバーし、2010年を上回る見通し (ただし、2011年上期には、3月の東日本大震災の影響で生じた電子部品の調達困難により、約1.5億Euroの減益が見込まれる)。

PSA の連結業績

(100万Euro)
  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-3月
2011年
1-3月
Sales and
Revenues
製造販売部門
(内数)自動車部門
55,198
44,566
57,132
45,519
52,705
41,643
46,885
38,265
54,502
41,405
14,663
10,619
16,202
11,262
金融部門 1,761 1,999 2,088 1,823 1,852 457 470
消去・全社 (365) (455) (437) (291) (293) (1,135) (1,258)
合計 56,594 58,676 54,356 48,417 56,061 13,986 15,414
Recurring
operating
income
製造販売部門
(内数)自動車部門
515
267
1,144
858
(7)
(225)
(1,187)
(1,257)
1,289
621
   
金融部門 604 608 557 498 507    
合計 1,119 1,752 550 (689) 1,796    
Net profit 183 885 (343) (1,161) 1,134    
Operating
margin
Consolidated 2.0% 3.0% 1.0% -1.4% 3.2%    
Automobile 0.6% 1.9% -0.5% -3.3% 1.5%
資料:PSA Full Year Results 2010, Annual Report 2008
(注) 1. 製造販売部門は、自動車部門のほか、Transportation and Logistics の Gefco (2010年売上高は 33.51億Euro), Automotive Equipment の Faurecia (同 137.96億Euro) を含む。
2. Recurring operating income は、PSA が2007年から使用している経営指標 (Operating income に相当)。

 

PSA の自動車部門:2010年営業損益の増減要因

(100万Euro)
  増減益効果
Operating environment Market demand volume 414 331
Market mix (142)
Input costs (168)
Currency 393
Performance Net price effect 1,464 37
Market share volumes 233
Warranty, SG&A, fixed costs, own network 12
Production & procurement 1,121
R&D 9
Others 52
Total 1,878

資料:PSA Presentation - Full Year 2010 Results
(注) 営業損益は、2009年は 1,257百万Euro の損失, 2010年は621百万Euro の利益 で、1,878百万Euro の増益。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>