トヨタ:米国市場でライトトラックとハイブリッド車の拡販に注力

米国に5年間で130億ドルを投資、プラットフォームごとの生産体制に再編

2020/03/27

要約

RAV4 Prime
RAV4 Prime (プラグインハイブリッド)米国仕様、2020年夏に日米市場に導入する(出典:トヨタ、以下同様)

  本レポートは、トヨタの米国事業について報告する。トヨタは、生産能力と商品開発の両面でライトトラックとハイブリッド車を強化する計画を進めている。

  生産体制については、2017~2021年の5年間に米国に130億ドル(約1兆4,300億円)を投資する計画。マツダと共同で新アラバマ工場で2021年から生産を開始するほか、主力のインディアナ、ケンタッキー、テキサス等各工場に投資し、ライトトラックとハイブリッド車の生産を強化している。同時にパワートレイン生産を強化し、USMCA(新NAFTA)の求める域内調達比率75%を実現する。

  ライトトラックについては、フルサイズおよび中型のbody-on-frame車共通に使用する新プラットフォーム「F1」の開発を進めている。またoff-road性能を強化したTRD(Toyota Racing Development)仕様を訴求している。

  ハイブリッド車については、トヨタは2017年から、TNGAの思想に基づいたエンジン「2.5Lダイナミックフォースエンジン」を搭載するハイブリッドシステムを採用。優れた燃費と、気持ちの良い加速性能を実現した。従来の省燃費のメリットに加えて、パワフルなイメージを訴求する。米国販売におけるハイブリッド車の比率を2019年の11.5%から2020年には15%に高めるとしている。


  なおトヨタは2020年3月19日、新型肺炎から従業員他関係者の健康を守ることと需要の急激な減少に対応するため、米国、カナダ、メキシコの全完成車工場および部品工場における生産を3月23日から4月3日まで2週間休止すると発表。26日には、休止期間をさらに4月17日まで延長すると発表した。

  国内工場についても3月23日に、海外の市場や需要の状況を鑑み、5工場7ラインで4月3日より一定期間稼働を停止すると発表した(停止期間は工場・ラインにより異なり、九州工場 第1ラインでの9稼働日が最長)。


関連レポート:
トヨタ:SUBARU、マツダ、スズキとの提携を深化し、競争力を強化 (2020年1月)
 東京モーターショー2019:トヨタが多彩なEV/FCVとモビリティを出展(2019年11月)
 トヨタ:EVのビジネスモデルを発表、電動車550万台計画を2025年に5年前倒し(2019年6月)

 



米国投資額を100億ドルから130億ドルに拡大

  トヨタは2017年1月に、トランプ(当時)次期米大統領が自動車メーカーに米国での投資や雇用の拡大を求めていることに応える格好で、2017年から2021年の5年間に米国に100億ドルを投資すると発表した。2019年3月には、投資額をさらに130億ドルに拡大すると発表した。

  トヨタはこれらの投資により、ライトトラックとハイブリッド車の増産を進めるとともに、USMCA(新NAFTA)の求める新しい条件に応えて米国現地生産を拡大する。

 

北米での完成車とパワートレイン生産能力増強(2017~2020年3月発表分)

発表時期 発表内容の概要
2017年1月 ・今後5年間で米国に100億ドルを投資する。
・インディアナ工場に6億ドルを投資、設備を更新し生産能力を4万台増強する。
2017年8月 ・マツダと共同で約16億ドルを投資し、年産能力30万台の新工場を建設して2021年を目途に生産を開始する。
2018年1月 ・マツダとの合弁工場を、アラバマ州Huntsvilleに建設することを決定。トヨタCorollaとマツダのクロスオーバー車を生産する。
2019年3月 ・7.5億ドルを投資し、ケンタッキー工場でLexus ESおよびRAV4それぞれのハイブリッド車を増産する。またパワートレイン生産能力を増強をする(詳細は別表)。
・2017年1月に発表した米国への100億ドルの投資は、総額130億ドルに増える見込みと発表。
2019年4月 ・アイシンAWは生産拠点を増強し、SUV向けオートマチックトランスミッション、ハイブリッドトランスミッションを増産すると発表。
・RAV4とLexus RXを生産するカナダのケンブリッジ工場において、2022年から小型SUV Lexus NXを生産する。同工場では、2019年春に開始した新型RAV4の生産に向けて、TNGAベースへの対応も含めて約10億米ドルを投資し設備を刷新した。
2019年7月 ・マツダと合弁のアラバマ工場でトヨタが生産する車種を、トヨタCorollaから新型SUVに変更した。
2019年9月 ・テキサス工場に4億ドルを投資し、同工場の中長期的な競争力向上を目指し、新しい生産設備の導入などを進めると発表(総額130億ドルの投資の一環)。
・アイシンAWは、4月に発表した新工場をテキサス州シボロ市に建設すると発表、生産能力は20万台/年。
2020年1月 ・インディアナ工場に、2017年1月に発表した6億ドルに7億ドルを加え合計13億ドルを投資して設備を刷新した。
・同時に、TNGAほかプラットフォームやアーキテクチャーに基づき、生産車種を再編すると発表。

資料:トヨタのプレスリリース

 



Lexus ESとRAV4のハイブリッド車を生産、パワートレインの現地生産を強化

Lexus ES300h
Lexus ES300h

  2019年3月には、7.5億ドルを投資して、米国5州における車両・パワートレインの現地生産を増強すると発表。

  具体的には、ケンタッキー工場において、2019年5月からLexus ESのハイブリッド車の生産を、また2020年1月から、RAV4のハイブリッド車の生産を開始する。ESのハイブリッド車は年間1.2万台程度、RAV4のハイブリッド車は年間10万台程度の生産能力を予定。

  パワートレインについては、ウエストバージニア工場において、2020年からハイブリッドトランスアクスル(トランスミッション)を年間12万基生産することを既に発表しているが、2021年に生産能力をさらに年間12万基増強する。トヨタのハイブリッド車強化計画(後出)に対応する。さらにアラバマ・エンジン工場において、4気筒エンジンとV6エンジンの生産能力を2021年までに年間23万基増強する。

  同時に、マツダと共同での新アラバマ工場建設など新たな投資を進めることにより、2017年1月に発表した「100億ドル」の投資計画は「130億ドル」に拡大すると発表した。

 

アイシンAWがテキサス州にAT新工場を建設

  アイシンAWは、2019年4月に米国における新たな生産拠点を設けると発表、9月に新工場をテキサス州シボロ市に建設すると発表した。

  「エィ・ダブリュ・テキサス株式会社」を設立し、オートマチックトランスミッションを生産する。新工場建設に伴い、2023年までの5年間で、約4億米ドルを上限とする投資と、約900名の新たな雇用を予定。2021年9月の生産開始を目指し、準備を進めている。

 

車両・パワートレインの現地生産を増強

工場 車種・部品 時期 年産能力 投資額
ケンタッキー Lexus ES ハイブリッド 2019年5月~ 1.2万台 2.38億ドル
Toyota RAV4 ハイブリッド 2020年1月~ 10万台
ウエストバージニア ハイブリッドトランスミッション 2020年~ 12万基 -
2021年 さらに12万基増強 1.11億ドル
アラバマ・エンジン工場 4気筒エンジンとV6エンジン 2021年~ 23万基増強 2.88億ドル
Bodineのトロイ工場 鋳造製品(エンジンのシリンダーヘッド)の生産増強 生産増強 0.62億ドル
Bodineのジャクソン工場 鋳造製品(エンジンブロックなど)の生産増強 生産増強 0.5億ドル
資料:トヨタのプレスリリース2019.3.15 合計 7.5億ドル

 

<USMCA(新NAFTA)の条件に対応>
  米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA、新NAFTA)では、域内での輸出入の関税をゼロにする条件として部品の域内調達比率(RVC :Regional Value Content)が現在の62.5%から75%に引き上げられる。この条件を満たさないと乗用車に2.5%、ピックアップトラックには25%の関税がかかる。トヨタは、現状70%程度で条件を満たしていないとされ、北米での現地生産を強化している。

  USMCAは既に米国とメキシコの国内手続きが完了し、現在カナダで批准手続きが進められている。

 



テキサス、インディアナとメキシコ工場で、プラットフォームごとに生産車種を再編

  トヨタはテキサス工場、インディアナ工場を強化し、またメキシコのグアナファト工場の稼働を2019年末に開始した。同時に、プラットフォームやアーキテクチャーを共有する車種ごとに各工場で生産するよう再編する。

 

生産車種の再編

完成車工場 現在の生産車種 変更後
生産車種 プラットフォーム
テキサス Tundra Tundra F1
(body-on-frame車用)
Tacoma
(2021年内に生産を終了)
Sequoia
(2022年から生産を開始)
インディアナ Highlander(HVを含む)

Highlander(HVを含む)

Sienna

GA-K (TNGA)
Sienna
Sequoia
(2022年までに生産を終了)
グアナファト
(メキシコ)
  Tacoma
(2019年末に生産を開始)
F1
(body-on-frame車用)
ティファナ
(メキシコ)
Tacoma Tacoma

資料:トヨタのプレスリリース 2020.1.17

フルサイズのbody-on-frame車を生産 HighlanderとSiennaを生産
テキサス工場は、フルサイズのbody-on-frame車(TundraとSequoia)を生産する インディアナ工場は、HighlanderとSiennaを生産する

 

テキサス工場に4億ドルを投資、フルサイズbody-on-frame車を生産

  2019年9月、トヨタはテキサス工場に2021年にかけて3.91億ドルを投資すると発表した。

  ライトトラックへの高い需要が続く米国の市場環境を踏まえ、テキサス工場の中長期的な競争力向上を目指し、新しい生産設備の導入など工場の刷新を進めるもの。Cobot(Co-robot、小型のロボットで、作業者と同じ空間で比較的軽量な作業を担当する、日本語では協働ロボットと呼ばれる)の利用を拡大し、生産能力を強化する。

<テキサス工場での生産車種再編>
  テキサス工場では現在TundraとTacomaを生産しているが、Tacomaの生産は2021年内に終了して、その代わりにフルサイズSUV Sequoia生産を追加する。テキサス工場は、フルサイズのフレーム車2車種の生産工場となる。Tacomaは全てメキシコの2工場で生産する。

 

インディアナ工場に13億ドルを投資し、HighlanderとSiennaを生産

  インディアナ工場では、2017年1月に発表した6億ドルを含めて13億ドルを投資し、生産体制を強化する。HighlanderがTNGAを採用するのを機会に生産ラインを刷新し、同時に年間生産能力を4万台増強した。また大型SUV Sequoiaの生産を2022年までにテキサス工場に移管し、Highlanderと中型ミニバンSiennaの生産に集中する。

 

メキシコの2工場でTacomaを生産

  メキシコでは、バハカリフォルニア州のティファナ工場でTacomaを生産している(生産能力は年間16万台)。さらに2019年12月に稼働開始したグアナファト新工場でもTacomaを年間最大10万台生産する。両工場合計のTacoma生産能力はフル稼働時で26万台に達する見込み。生産の95%を米国へ輸出する。

 



北米でRAV4、Highlander、Tacomaを増産

  2019年の米国Light vehicles市場でのライトトラック比率は、72.0%にまで上昇した。トヨタのライトトラック比率は米国全需より7~8%ポイント低いが、毎年上昇し2019年で64.3%に達した。下表に見るように、トヨタの主要ライトトラックのRAV4、HighlanderとTacomaの販売が拡大しており、この傾向をさらに強化する方針。

  またピックアップトラックのTundraとTacomaは、生産能力不足のため販売が抑えられている状況で、ここまで見てきた生産能力増強により今後の販売拡大を期待している。

  マツダと合弁のアラバマ新工場で生産する車種も、当初のCorollaから新型SUVに変更した。

2020 4Runner TRD-Pro 2021 Highlander XSE 2021 RAV4 Trail Edition
2020 4Runner TRD-Pro 2021 Highlander XSE 2021 RAV4 Trail Edition
2021 Tacoma Trail Edition 2021 Tundra Trail Edition 2020 Lexus RX 350F Sport
2021 Tacoma Trail Edition 2021 Tundra Trail Edition 2020 Lexus RX 350F Sport

 

トヨタの主要ライトトラックの米国販売台数

2016年 2017年 2018年 2019年 2019年
1~2月
2020年
1~2月
4Runner 111,970 128,296 139,694 131,888 20,319 20,254
Highlander 191,379 215,775 244,511 239,438 31,797 37,183
RAV4 352,154 407,594 427,170 448,071 50,654 72,756
Tacoma 191,631 198,124 245,659 248,801 35,385 37,721
Tundra 115,489 116,285 118,258 111,673 14,749 14,714
Lexus RX 109,435 108,307 111,641 111,036 12,562 15,313
ライトトラック合計 1,302,073 1,419,420 1,532,601 1,533,351 200,717 230,961

資料:Automotive News
(注) ライトトラック合計は上記6車種以外のモデルを含む。

 

トヨタ車と米国市場全需の「乗用車/ライトトラック」比率

2016年 2017年 2018年 2019年 2019年
1~2月
2020年
1~2月
トヨタ 乗用車 46.8% 41.7% 36.8% 35.7% 38.9% 35.8%
ライトトラック 53.2% 58.3% 63.2% 64.3% 61.1% 64.2%
米国市場 乗用車 39.3% 35.5% 30.8% 28.0%
ライトトラック 60.7% 64.5% 69.2% 72.0%

資料:Automotive News



商品開発:ライトトラックとハイブリッド車強化を目指す

  トヨタ米国事業の商品開発では、ライトトラックとハイブリッド車に重点的に取り組んでいる。

 

全てのbody-on-frame車を一つのプラットフォームで生産

  トヨタの次期型フルサイズピックアップTundraと中型ピックアップトラックTacomaは、共通プラットフォーム(トヨタ社内呼称は「F1」)ベースで生産する。現在、TundraとTacomaはテキサス工場の同一ラインで組み立てているが、Tacomaはメキシコ工場でも生産し、両モデルは別個のプラットフォームベースである。新F1プラットフォームは、2021年にTundra、2023年にTacomaに採用され、他のbody-on-frame車に順次展開される予定。フルサイズSUV Sequoiaは、2022年にテキサス工場に移り新型車をF1ベースで生産する。

<off-road性能を強化したTRDシリーズを訴求>

  また米国で販売するライトトラックを中心に、サスペンションや4WD制御などoff-road性能を強化したTRD(Toyota Racing Development)仕様を強化している。Tacoma、Tundra、Sequoia、4Runnerのbody-on-frame車合計の4割以上がTRD仕様だという。

 

ハイブリッド車の「パワフルなイメージ」を訴求、主力商品へ

  従来Priusに代表されるトヨタのハイブリッド車は省燃費のイメージであったが、今後は合わせて「パワフルなイメージ」を訴求していく。トヨタは2017年から、TNGAの思想に基づいたエンジン「2.5Lダイナミックフォースエンジン」を搭載するハイブリッドシステムを採用。優れた燃費と、気持ちの良い加速性能を実現した。2019年4月に新型RAV4 ハイブリッド車発売後、RAV4のハイブリッド比率は従来の12%前後から25%に上昇した。いまやハイブリッド技術によって、燃費を求める顧客には燃費を、パフォーマンスを求める顧客にはパフォーマンスを提供でき、ハイブリッド車は主力商品(mainstay)の一つになるとしている。2019年、米国トヨタの総販売台数に占めるHV比率は11.5%だが、2020年には15%を目指している。

  2020年夏に日米市場に投入するRAV4 Prime(Prius Primeに続く米国で2番目のPHV)も、パワーを訴求するとしている。

<2025年に電動車を世界で550万台販売する計画>

  トヨタは2019年6月、2025年に電動車を世界で550万台販売する計画を発表した(2017年12月に発表した2030年550万台の計画を5年前倒しした)。うちEV/FCVは100万台弱という見込みなので、ハイブリッド車の販売を2019年の約200万台から2025年には450万台超に倍増する計画になる。米国においても、ハイブリッド車を積極的に拡販する。

 

米国でのハイブリッド車販売台数

ブランド 合計 ハイブリッド車の
比率
米国トヨタ
総販売台数
トヨタ Lexus
2015年 - - 186,278 7.5% 2,499,313
2016年 - - 181,731 7.4% 2,449,630
2017年 - - 159,221 6.5% 2,434,515
2018年 182,851 30,503 213,354 8.8% 2,426,673
2019年 230,889 43,661 274,550 11.5% 2,383,348

資料:Toyota Motor North America、Automotive News 2020.1.13

 

EVの米国投入は2023年か

  トヨタは、2020年にも欧州と中国にEVを投入する計画だが、米国への投入は2023年にCセグメントクロスオーバーのEVを投入する計画とされる(2019年8月5日付Automotive Newsなど)。

  短時間に充電が可能で350~400マイル走行でき、ガソリン車並みの価格のEVが実現すれば米国でも普及すると思われるが、まだ機が熟していないとの考え。またトヨタが欧州と中国に投入するEVは他の市場にも投入可能で、EV投入の条件が整えば短時間で米国仕様の開発が可能とのこと。


☆トヨタの米国での車種別新型車投入計画については、MarkLinesモデルチェンジ予測を参照方
   https://www.marklines.com/ja/modelchange/toyota_na_model

 



トヨタの米国販売台数

トヨタの米国販売台数

2016年 2017年 2018年 2019年 2019年
1~2月
2020年
1~2月
トヨタ 乗用車 1,011,503 910,805 801,412 769,022 117,163 119,000
ライトトラック 1,106,899 1,218,578 1,326,951 1,316,212 174,064 200,257
2,118,402 2,129,383 2,128,363 2,085,234 291,227 319,257
レクサス 乗用車 136,054 104,290 92,660 80,975 10,889 10,056
ライトトラック 195,174 200,842 205,650 217,139 26,653 30,704
331,228 305,132 298,310 298,114 37,542 40,760
米国トヨタ 乗用車 1,147,557 1,015,095 894,072 849,997 128,052 129,056
ライトトラック 1,302,073 1,419,420 1,532,601 1,533,351 200,717 230,961
合計 2,449,630 2,434,515 2,426,673 2,383,348 328,769 360,017
米国トヨタシェア 14.0% 14.1% 14.0% 13.9%
米国市場 乗用車 6,895,771 6,120,774 5,342,223 4,790,846
ライトトラック 10,657,658 11,125,098 11,976,738 12,317,310
17,553,429 17,245,872 17,318,961 17,108,156

(注)トヨタブランドの乗用車はScionブランドを含む。

 
------------------
キーワード
トヨタ、米国、アラバマ工場、テキサス工場、インディアナ工場、グアナファト工場、ケンタッキー工場、RAV4、Highlander、F1プラットフォーム、Tacoma、Tundra

<自動車産業ポータル マークラインズ>