東京モーターショー2019:トヨタが多彩なEV/FCVとモビリティを出展

超小型EV、次期型MIRAI、LQ、e-Palette、Gran Ace、新型Yaris、LEXUS LF-30 Electrifiedなど

2019/11/01

要約

LF-30 Electrified Concept
LEXUSの電動化ビジョンを具現化したLF-30 Electrified Concept

  本レポートは、東京モーターショー2019におけるトヨタの出展内容を報告する。

  トヨタのメインブースには、来年発売されるクルマは1台もなく、「モビリティのテーマパーク」として未来空間を体感できるエンターテインメントショーを開催した。東京オリンピック・パラリンピック2020で使用予定の「e-Palette」を始め、TOYOTA Micro Palette、箒型モビリティe-broomなど、未来型体験コンテンツを豊富に提供した。

  市販(予定)車も、隣接するトヨタ車体のブース、ヴィーナスフォート、MEGA WEBなどの会場で、超小型EV、次期型MIRAI、LQ、新型Yaris、フルサイズワゴン「Gran Ace」など多数展示していた。

  LEXUSは、電動化ビジョン「Lexus Electrified」と、そのビジョンを象徴するコンセプトカーLF-30 Electrifiedを公開。四輪インホイールモーターや、緻密なモーター制御で従来のガソリン車では不可能な高度かつ自由度の高い姿勢制御を実現する「Lexus Advanced Posture Control」を採用する。LEXUSは、2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売台数がガソリンエンジン車の台数を上回ることを目指している。


関連レポート:

トヨタ:EVのビジネスモデルを発表、電動車550万台計画を2025年に5年前倒し(2019年6月)

 

 

 



トヨタ:メインブースで「モビリティのテーマパーク」を開催

  モビリティテーマパークのブーステーマは、「PLAY THE FUTURE」。ステージのバックでは、20XX年の「未来のモビリティ社会」を映像で紹介した。登場する主要な未来のモビリティを以下に示す。

  • e-Palette:東京オリンピック・パラリンピック2020で、送迎用に使用予定(詳細は次項)。
  • TOYOTA Micro Palette:小型の配達ロボット、未来の温かな物流を提案するラストワンマイルモビリティ。
  • TOYOTA e-RACER:未来の「Fun to Drive」を代表するモビリティ。専用のデジタルグラスを装着して好みの走行シーンを現実世界に重ね合わせたり、自身の体型に合ったシートアクセサリーをカスタマイズできる。未来のクルマを馬に例えると、みんなで共有するモビリティが馬車なら、e-RACERのような個人で所有するモビリティは「愛馬」の存在という。
  • e-broom:空飛ぶ魔法の箒をモチーフにした、移動の楽しさを再確認できる「人機一体」モビリティ。空は飛ばないがローラースケートを履き箒の中に装備されたモーターで走行できる。
  • TOYOTA e-4me:「4」は「for」を表わす。自動運転でやってくる個人用ハイヤーで、移動中に体操、楽器の練習、カラオケ、睡眠など好きなことを1人で楽しめる。
  • TOYOTA e-Chargeair:非接触充電システムを備え、走行しながら他のEVへも充電可能なモビリティ。クルマだけでなく街そのものに電気を供給することができ、空気清浄・Wi-Fiなどの機能もあわせ持つ。
  • TOYOTA e-Care:移動中に車内で離れた医師と会話ができ、診察を受けながら病院に向かうことができるモビリティ。自宅や外出先など必要な場所へ駆けつける。
豊田社長とe-Palette 小型の配達ロボットMicro Palette E-Racer
プレスカンファレンスでの豊田社長とe-Palette 小型の配達ロボットMicro Palette、水を配っている e-Racer、個人が所有する「愛馬」のような存在だという
e-broom TOTOTA e-4me TOYOTA e-CareとTOYOTA e-Chargeair
空飛ぶ魔法の箒をモチーフにしたe-broom、内蔵するモーターで走行できる TOYOTA e-4me、車中で好きなことを楽しめる個人用ハイヤー TOYOTA e-Careと充電しているTOYOTA e-Chargeair(資料:トヨタ)

 

 

 



Autono-MaaS専用EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」

  トヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で、選手村内を巡回するバスとして選手や大会関係者の移動をサポートするAutono-MaaS(注)用EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」を出展した。

    (注)Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Service モビリティサービス)を融合させた、自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語。

  トヨタは、e-Palette(東京2020仕様)を通じて蓄積した知見を活用し、さらなる進化を目指して様々なモビリティサービスに対応するe-Paletteの開発を進めていく。

<e-Palette(東京2020仕様)の車両概要>

■快適な移動を実現するデザイン: 前後対称の箱型デザインを採用し、タイヤを四隅に配置することで、広い室内空間を確保。

■スムースな乗降を追求したパッケージ:大開口スライドドア、低床フロア、電動スロープ、停留所への正着制御の採用により車椅子ユーザーを含めた複数人のスムーズな乗降を実現。

■周囲や乗員の安全に配慮した低速自動運転:トヨタの車両制御プラットフォームに専用開発の自動運転システム(自動運転制御ハードウェアおよびソフトウェア、カメラやLiDARなどのセンサー)を搭載し、高精度3Dマップと運行管理による低速自動運転を実現(SAE レベル4相当)。周囲360°の障害物を常に検知し、状況に応じて最適な速度で運行。

e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)の主要諸元

全長 全幅 全高 ホイールベース 乗員 航続距離 最高速度
5,255mm 2,065mm 2,760mm 4,000mm 20名、
車いすの場合は4名
+立ち乗り7名
150km程度 19km/h

資料:トヨタ

 

 

 



超小型EVおよび歩行領域EVを紹介

  「超小型EV」は、2020年冬頃の発売を予定。免許取りたてドライバーまたは高齢ドライバーなどの、買い物など日常の近距離移動を想定して開発した。小回りが利き、1 回の充電で約100kmの走行が可能。2人乗り。

  また、「超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル」を出展した。さらに、「歩行領域EV(立ち乗りタイプ/座り乗りタイプ/車いす連結タイプ)」と「TOYOTA i-ROAD」については、有明エリアと青海エリアを結ぶ「OPEN ROAD」において試乗会を催した。

  トヨタは2019年6月に「トヨタが考えるEVビジネスモデル」を発表し、日本では超小型EVを活用した新たなビジネスモデルを構築する構想を示している。


  それぞれの超小型EVや歩行領域EVは、以下の用途を想定している。

▽超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル:短距離の営業や巡回業務など、短距離移動と離駐車を繰り返す業務での活用。移動と駐車、そして車内での作業や休憩を繰り返すスタイルに合わせた「移動するmy オフィス」。超小型EVの広がりのひとつとして提案。1人乗り。発売時期は未定。

▽歩行領域EV 立ち乗りタイプ:空港、工場など大規模施設での巡回、警備、手荷物を持った移動などを想定。

▽歩行領域EV 座り乗りタイプ:荷物が多い時の移動 ・歩行に支障がある方の移動など。

▽歩行領域EV 車いす連結タイプ:大規模施設、観光地での手動車いすの方へレンタルする。

▽TOYOTA i-ROAD:3輪車だが、2 輪車のサイズで倒れにくい特徴を活かした近距離移動(都市部のラストワンマイルや、観光/リゾート滞在中の外出向け)。

超小型EV 超小型EVビジネス向けコンセプトモデル
超小型EV、2020年冬に発売予定、2人乗り、航続距離は約100km 超小型EVビジネス向けコンセプトモデル、手前の黄色の部分は助手席ではなく、休憩するスペース

超小型EV/歩行領域EVの主要諸元(トヨタ測定値)

名称 超小型EV 超小型EV
ビジネス向け
コンセプトモデル
歩行領域EV
立ち乗りタイプ
歩行領域EV
座り乗りタイプ
歩行領域EV
車椅子連結タイプ
TOYOTA
i-ROAD
発売時期 2020年冬 - 2020年冬 2021年 2021年 -
乗車定員 2名 1名 1名 1名 1名 1名/2名
全長 2,490mm 2,490mm 700mm 1,180mm 540mm 2,345mm
全幅 1,290mm 1,290mm 450mm 630mm 630mm 870mm
全高 1,550mm 1,550mm 1,200mm 1,090mm 1,090mm 1,450mm
最高速度 60km/h 60km/h 2, 4, 6, 10km/h
(切換え可)
2, 4, 6km/h
(切換え可)
2, 4, 6km/h
(切換え可)
60km/h
1充電走行距離 約100km 約100km 約14km 約10km 約20km 約50km
充電時間 約5時間
(200V)
約5時間
(200V)
約2.5時間
(電池交換可)
約2時間
(電池交換可)
約2.5時間
(電池交換可)
約3時間

資料:トヨタ


☆トヨタのEVビジネスモデルについては、下記レポートを参照方。

トヨタ:EVのビジネスモデルを発表、電動車550万台計画を2025年に5年前倒し(2019年6月)

 

 

 



「新しい時代の愛車」を具現化した「LQ」を公表

  トヨタは、人工知能や自動運転など、人に寄り添う新しいテクノロジーにより「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」を公表した。

  同車は、2017年1月のCESに出展した「TOYOTA Concept-愛i」で表現した未来の愛車コンセプトを受け継ぎ、Toyota Research Instituteと共同開発したAIエージェントや自動運転機能を搭載する。トヨタは、移動には、文字通りの移動だけではなく心の移動(感動)も含まれており、「移動そのものが感動をもたらすものであってほしい」、「クルマは"愛"がつく工業製品であり続けてほしい」と考えている。「LQ」という車名には、新しい時代の愛車(Beloved Car)を提案するきっかけ(Q/Cue)になればとの想いを込めている。

トヨタLQ LQの室内 新しいHMI
トヨタLQ LQの室内(資料:トヨタ) 新しいHMI(資料:トヨタ)


  「LQ」は、以下の最先端技術を搭載する。

  1. モビリティエキスパート AIエージェント「YUI」
    「YUI」は、常にお客様の表情や動作から感情や眠気などの状態を推定し、会話を中心としたコミュニケーションに加えて、覚醒・リラックス誘導機能付きシート・音楽・車内イルミネーション・空調・フレグランスなどの各種HMI(Human Machine Interface)を用いて働きかけ、安全・安心・快適な移動に貢献する。
  2. 「安全・安心」、「快適な」移動体験に関わる技術
    1) 自動運転
    自動運転(SAEレベル4相当)機能を搭載する。
    2) 無人自動バレーパーキングシステム(パナソニックと共同開発)
    車両に搭載した複数のカメラ・ソナー・レーダーに加えて、2次元路面マップを用いて車両の現在位置を特定するシステム、駐車場に設置したカメラ、自動バレー駐車を指示する管制センターを連携させ、駐車場内での入庫と出庫を無人で行う。
    3) AR-HUD (パナソニックと共同開発)
    AR(Augmented Reality)表示ができるHUD(Head Up Display)によってHUDの情報表示エリアを拡大し、ドライバーの視線移動を低減することで安全運転を支援する。
    ウインドシールド越しに見える風景に、注意喚起情報(車線、標識など)や経路案内などの運転をサポートする情報を立体的にわかりやすく表示させることが可能。
    4) 覚醒・リラックス誘導機能付きシート(世界初)(トヨタ紡織と共同開発)
    ドライバーの状態に合わせて、シートに内蔵した複数のエアブラダー(空気袋)や空調機能によって、覚醒やリラックスをサポートし、運転に適した状態の維持に貢献する。
  3. その他の先進装備・技術
    1) 新しいHMI機能
    これまで車両と乗員が情報をやり取りする接点ではなかった車両のルーフやフロアマットをHMI領域として活用し、乗員に直感的でわかりやすく情報を伝える。ルーフやフロアマットの中にイルミネーション機能を搭載することで、自動運転モードと手動運転モードで異なるカラーを点灯させたり、「YUI」が話しかけている乗員のフロアマットを発光させたりすることが可能。
    また、ヘッドランプに内蔵された100万個の微小なミラーの切り替えによって、複雑な図形や文字を路面に描画することができるDMD(Digital Micromirror Device)式ヘッドライトによって、ドライバーに路面状況を知らせたり、車内外のコミュニケーションが可能となった(上右図参照方)。
    2) 上記の他にも、有機ELメーター(トヨタ初)、大気浄化塗料 (アイシン化工、キャタラーと共同開発)などを導入する。

LQ主要諸元

全長 全幅 全高 ホイールベース 乗車定員 パワートレーン 車両重量 航続距離
4,530mm 1,840mm 1,480mm 2,700mm 4人 EV 1,680kg 300km程度

資料:トヨタ

 

 

 



「MIRAI Concept」を初公開、FCシステムから主要諸元を一新

MIRAI Concept
MIRAI Concept

  トヨタは、2014年12月に初代MIRAIを発売して以来、水素社会の扉を開くとともに、世界中で約1万台を販売し、燃料電池自動車の普及に取り組んできた。「MIRAI Concept」は、2020年末の発売に向けた次期型「MIRAI」の開発最終段階のモデル。

  FCシステムを全て一新することで、燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させるとともに、水素搭載量拡大などにより、航続距離を従来型比で約30%延長することを目指している。主要諸元は、下表のように現行車から一新される。

  「MIRAI Concept」は、エコカーの枠を超えた、走りを予感させるダイナミックさと誰もが思わず振り返るエモーショナルな美しさを併せ持つスタイリングを追求し開発を進めてきた。

  外形は、TNGAプラットフォーム(LEXUS LSと共通のGA-Lプラットフォームとされる)の採用により、低重心で伸びやかなプロポーションを実現。さらに、20インチの大径タイヤでダイナミックさと軽快感を付与。

  走りにおいては、TNGAプラットフォーム採用による上質な乗り心地などに加え、燃料電池ならではの静粛性と剛性の高さなど、細部に拘わったクルマづくりを推進した。

  なお性能進化の詳細については、今後公表する予定。「MIRAI Concept」の市販モデルは、日本や北米、欧州などにおいて、2020年末からの発売を予定する。

MIRAI Conceptの主要諸元(トヨタ社内測定値)

全長 全幅 全高 ホイールベース 駆動方式 乗車定員 航続距離
MIRAI Concept 4,975mm 1,885mm 1,470mm 2,920mm 後輪駆動 5 約30%延長
(従来型比)
現行MIRAI 4,890mm 1,815mm 1,535mm 2,780mm 前輪駆動 4 約650km
(トヨタが測定した参考値)

資料:トヨタ

 

 

 



フルサイズワゴン「Gran Ace」を初披露、2019年内に発売予定

Gran Ace
フルサイズワゴン「Gran Ace」

  トヨタは、上質かつ快適な移動空間を提供する新たなフルサイズワゴン「Gran Ace」を、トヨタ車体ブースに出展した。2019年内に発売予定。全長5.3m、全幅1.97m のワイドなサイズを活かした圧倒的な存在感を示す。セミボンネットのパッケージを採用し、3 列シート 6 人乗りと 4 列シート 8 人乗りの 2タイプを設定。ホテルや空港での送迎用途を想定する。

  FR レイアウトを採用。2.8L クリーンディーゼルエンジンと6 速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに加え低回転からトルクフルな走行を実現した。

  ハイエースワゴン(乗車定員10名)の高級車の位置づけとされる。

 

Gran Aceの主要諸元(ディーゼルエンジン排気量を除き社内測定値)

全長 全幅 全高 ホイールベース 室内長 室内幅 室内高 エンジン排気量
5,300mm 1,970mm 1,990mm 3,210mm (6人乗り)3,290mm
(8人乗り)3,365mm
1,735mm 1,290mm (ディーゼル)2,754cc

資料:トヨタ

2030年のミニバン:PMCV(Personal multi compact vehicle)Concept

  トヨタ車体ブースに、PMCV Conceptを展示した。世界初公開の参考出展車。乗る人や乗せるものに合わせて、1人から7人まで、8タイプのシートレイアウトアレンジが可能。前後に大きく開くスライドドア(助手席側)と上に大きく開くガラスハッチにより大開口を実現、また座席をすべて格納すると広い荷台になる。全長4,600mm。

  完全自動運転を想定する、ミニバンNoah/Voxyの次の次の世代、2030年のミニバンのコンセプトとのこと。

PMCV PMCV
PMCV (Personal multi compact vehicle) 同左、くつろげる室内は、8タイプのシートアレンジの一つ

 

 

 



新型車ヤリスを世界初公開

Yaris Hybrid Z
Yaris Hybrid Z(1.5L E-Four)

  トヨタは、走る楽しさと、世界最高レベルの低燃費、先進の安心・安全技術を備えた新世代コンパクトカー「ヤリス」を世界初公開した。日本での発売は2020年2 月中旬を予定。

  ヤリスは、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用。軽量かつ高剛性、低重心なボディを実現。TNGAの思想に基づいた「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」をはじめとする最新のパワートレーンを採用。走る楽しさに加え、ハイブリッド車で世界最高レベルの低燃費を目指す。

  トヨタのコンパクトカーとして初めて、E-Four(電気式4WDシステム)を設定。徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブで躍動感のあるデザインを表現した。さらに、

  • 高度駐車支援システム「Advanced Park」(トヨタ初)や、交差点右折時の対向直進車、右左折後の横断歩行者も検知対象(トヨタ初)とした最新の「Toyota Safety Sense」で、安心・安全を向上
  • 楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」(トヨタ初)、スマートフォンとの連携ができる「ディスプレイオーディオ」(全車標準装備)、外部給電機能(ハイブリッド車にオプション設定)などの快適・便利機能も充実させた。

 

 

 



LEXUS LF-30 Electrified Conceptを初公開

LEXUS LF-30 Electrified Concept
LEXUS LF-30 Electrified Concept

  LEXUSは、次世代の電動化戦略「Lexus Electrified」を発表するとともに、この電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開した。

  LEXUSはこれからもHV、PHV、EV、FCVなど、世界各地のニーズやインフラ環境に応じて適材適所で商品開発を進めラインアップを拡大していく。2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売台数がガソリンエンジン車の台数を上回ることを目標としている。直近では2019年11月にLEXUS初のEV発表を予定しているほか、2020年代前半にPHVやEV専用モデルを投入する計画。

LF-30 Electrifiedの主な特徴

  LF-30 Electrifiedは、電動化技術と運動制御技術が融合した新テクノロジー「Lexus Advanced Posture Control」を採用。緻密なモーター制御で従来のガソリン車では不可能な高度かつ自由度の高い姿勢制御を実現した。

  Lexus Advanced Posture Controlテクノロジーは、Lexus Electrifiedのコア技術の一つとして、EVのみならず、ハイブリッド車をはじめとする今後市販予定のLEXUS電動車ラインアップにおいて広範に採用していく予定。

  さらに、バッテリーの低床配置による慣性諸元の向上や4輪のインホイールモーターによる高度かつ自由度の高い運動性能を実現。2030年を見据えた、ショーファーモード・ガーディアンモードを備えた自動運転技術を採用。また、ドローン技術を応用したサポートビークル「Lexus Airporter」を搭載。自律制御で玄関からラゲージルームまで荷物を自動運搬するなどのサポートを実施する。

  インテリアでは、新コンセプト「Tazuna」に基づくコックピットを設計した。手綱一本で意思疎通を図る人と馬の関係性にヒントを得て、ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチ操作をすることなく、運転に集中しながらナビゲーションやオーディオ、ドライブモードセレクトなど、各種機能の制御が可能。ARによる車両情報表示やジェスチャーコントロールなど、次世代のインターフェースを採用。ドライバーのみならず同乗者にとっても快適かつ利便性の高い室内空間を実現している。

  ステアバイワイヤ、ワイヤレス充電も採用する。

LF-30 Electrifiedの主要諸元

全長 全幅 全高 ホイールベース 重量 航続距離(WLTP) 電池容量 0-100km加速 最高速度
5,090mm 1,995mm 1,600mm 3,200mm 2,400kg 500km 110kWh 3.8秒 200km/h

資料:トヨタ

Lexus LC Convertible Concept

Lexus LC Convertible Concept
Lexus LC Convertible Concept

  LCのConvertibleモデルは、LEXUSが提唱するラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発され、クーペモデルとともに、LEXUSラインアップの頂点にふさわしい体験の提供を目指している。

  2019年7月に、英国サセックスで開催されたGoodwood Festival of Speed 2019において、試作車を世界初披露した。

 

------------------
キーワード
トヨタ、東京モーターショー2019、超小型EV、次期型MIRAI、LQ、e-Palette、新型Yaris、Gran Ace、LEXUS LF-30 Electrified

<自動車産業ポータル マークラインズ>