東京モーターショー2017:Bosch、デンソー、アイシン、三菱電機の展示

電動化・自動運転・コネクテッドの3分野に対応

2017/11/02

要約

 東京モーターショー2017(会期:2017年10月25日~11月5日、会場:東京ビッグサイト)では、自動車メーカーおよび部品メーカーとも、電動化・自動運転・コネクテッドを重点分野に掲げている。

venue_scene

東京モーターショー2017
プレビューデーの東京ビッグサイト入場口

 本レポートでは、この3分野を自社テーマに掲げた、Bosch、デンソー、アイシン、三菱電機の展示内容を取り上げる。電動化ではeAxleやモーター、インバーターなどEV向けの駆動系システム、自動運転では測位システムや車両制御システム、コネクテッドではOTAアップデートやV2Xを活用したサービス、次世代HMIなどに関する多様な製品・技術が披露されている。各社が今回発表した主な展示内容は下表のとおり。

 欧州や中国を中心にEVシフトのグローバルな潮流が見られる中、ハイブリッド車でリードしている日系メーカーも、将来の様々な市場の変化に備え、EV対応を急いでいる様子が展示内容から伺える。

 自動運転やコネクテッドの分野では、自社の製品・サービス開発だけでは実用化が難しいことから、異業種も含めた国内外での幅広い協業や、専門機関と連携するサービスの実証実験など、多角的な取り組み状況が紹介されている。

 

 

 

電動化・自動運転・コネクテッドに関する主な発表・展示内容

 

電動化 自動運転 コネクテッド

Bosch

EV駆動システム、
eAxle

自車位置推定技術、高精度マップ
フェールオペレーショナル対応EPS

OTAアップデート、予防診断、
eCall緊急自動通報、
次世代ヘッドユニット

デンソー

SiCインバーター、
電池ECU

ステレオ画像センサー、
ミリ波レーダー

解析プラットフォーム、予防安全、
サービスプラットフォーム、予防診断、
サイバーセキュリティ

アイシン

FF 1モーターハイブリッドトランスミッション、
eAxle

車両運動統合制御、
自動バレー駐車

おもてなしサービス、
位置情報活用サービス

三菱電機

48Vハイブリッド車向けISGシステム

自動運転技術の実証実験車、
センチメータ級測位補強サービス (CLAS)、
高精度3次元地図

AI活用の次世代カーナビ、
車載ゲートウェイ、
ドライバーモニタリング



関連レポート

東京モーターショー2017:トヨタの多彩な出展 (2017年11月)
CEATEC JAPAN 2017:ドライバーモニタリング技術の展示 (2017年10月)
自動運転の2つのトレンド:レベル3の高速道路型とレベル4の生活道路型 (2017年7月)
人とくるまのテクノロジー展 2017:電動パワーステアリング(EPS)技術の進歩 (2017年6月)
自動運転実現のため、2018年までに高速・自動車専用道路の三次元地図を生成 (2017年1月)



Bosch:未来のモビリティのための自動化/ネットワーク化/電動化ソリューション

 Boschは、交通事故のない(Accident-free)、ストレスのない(Stress-free)、排出ガスのない(Emissions-free)、未来のモビリティを形作るための製品と技術を紹介。ソフトウェアの無線更新(OTAアップデート)やeCall緊急自動通報などを体験できるデモカーを置いているほか、eAxleやバッテリーなどEVに搭載するシステムを展示している。また、高度な自動運転向けの電動パワーステアリング (EPS) システムや次世代ヘッドユニットなどが日本初出展となった。

 

Bosch 未来のモビリティのためのソリューション

Accident-free
交通事故のないモビリティのための自動化ソリューション

Bosch Road Signature(自車位置推定技術)
自動運転の実現に向け、車線内の自車位置を数センチメートル単位の精度で把握することができるBosch Road Signatureの開発に取り組んでいる。車両のレーダーやカメラから得たデータをBoschのクラウド上で加工し、マップを作成するパートナー企業のクラウドと連携して自動運転に使用できる非常に高精度なマップを作成するもの。
Radar Road Signatureの場合、レーダーの特長を活かし、カメラが不得意とする雨天時など視界の悪い環境下でも高精度なデータを取得することが可能。

展示製品: カメラセンサー/レーダーセンサー  
展示パネル

高度な自動運転向けのEPSシステム
高度な自動運転 (HAD: highly automated driving) 向けに冗長設計されたフェールオペレーショナル対応の電動パワーステアリング (EPS) システム。モーターとECUの電子回路が二重設計となっており、1つの系統が故障しても、独立したもう1つの系統が最低50%の機能を継続することで、安全な走行を維持することができる。

Servolectric - EPSapa (ラック軸平行タイプ)
SUVやピックアップトラックなど、大きな操舵力を必要とする車両向けのEPS。スポーツカー、上級ミッドサイズカー、ラグジュアリカーへも対応が可能。フェールオペレーショナル機能はこのタイプのEPSを中心に導入が始まる見込み。

Stress-free
ストレスのないモビリティのためのネットワーク化ソリューション

コネクテッド デモンストレーター
車載ソフトウェアの無線更新(OTA:over-the-airアップデート)や予防診断、eCall緊急自動通報などのコネクテッドサービスを体験することができる。

次世代ヘッドユニット Convergence
メータークラスターやセントラルコンソールなど、複数のディスプレイを単一のコンピュータで統合制御するHMIコンセプト。
クルマと乗員の間でやりとりされる情報量の増大に対応し、乗員がストレスなく操作できる包括的なHMIを実現させる。
展示製品 / 拡大画像

neoSense(ハプティック・フィードバック・ディスプレイ)
ディスプレイに触れるとハプティック(触覚的)なフィードバックを返すタッチスクリーン。
スクリーンを見ずにアプリケーション操作が可能となるため、視線を道路から余りそらさなくても済み、運転の安全性が高まる。
展示製品

Emissions-free
排出ガスのないモビリティのための電動化ソリューション

EVステーション
EV向けのトータルシステムを提案。eAxle(電動車軸)、VCU (Vehicle Control Unit)、バッテリー、DC/DCコンバーター、iBooster(電動ブレーキブースター)、サーマルマネジメントシステムが含まれる。

eAxle
トランスミッション、パワーエレクトロニクス、モーターを1つのコンパクトなユニットに一体化させた、eモビリティのための車軸。
効率を向上させるだけでなく、コストと開発工数の低減にも貢献する。

bosch

bosch

コネクテッドサービスのデモカー
デモカーの内装 / 展示パネル

EVステーション (電気自動車の駆動システム)
eAxle/バッテリー/コンバーター/VCUなどを展示

bosch

bosch

Servolectric (モーター/ECU)
フェールオペレーショナル対応のEPSシステム

Servolectric (ラック軸平行タイプEPS)



デンソー:未来のモビリティ社会に向けたEfficient/Connected/Automated Driving技術

 デンソーはCore Technologies for Future Mobilityと称し、よりよい未来のモビリティ社会を形作る、下表の3分野について、製品や技術をVR映像やモックカーなどで紹介している。

 

デンソー 3つの注力技術分野

Efficient Driving

あらゆるモビリティに電動化技術を届ける。
熱・電気・運動の3つのエネルギーを連携、マネジメントすることで、思い通りの走りを実現しながら、エネルギー効率を最大化する。

Connected Driving

あらゆるものがクルマとつながることで、新たに生まれるサービスとクルマが連携し、移動に新しい価値をもたらす。
一方で、つながることで生まれる新たな脅威に対し、人やクルマを守るためのサイバーセキュリティ技術の開発を進める。

Automated Driving

センシング技術やAI、情報通信技術を進化させ、安全性を高め、移動の自由をかなえていく。

 

 TOKYO CONNECTED LABのデンソーブースでは、走行先での事故や異常を予め検知して回避する解析プラットフォームや、車両情報を診断して補修部品を予め用意する等のサービスプラットフォーム、サイバー攻撃に備えるソフトウェアOTA等のセキュリティ対策を紹介(展示パネル)。新型Lexus LSに搭載するステレオ画像センサーとミリ波レーダーも展示して、協業先との連携を示していた。

denso

denso

デンソーのモックカー

ステレオ画像センサー/ミリ波レーダー
(TOKYO CONNECTED LABに展示)

 

 デンソーの有馬社長はプレスブリーフィングで、「エコドライビング」と「自動運転」について語った。エコドライビングでは、2020年ごろにSiCインバーターの量産を開始するとし、熱マネジメントシステムや電池ECUなどのエネルギーマネジメント技術を紹介。自動運転では360度の認知を実現するため、多様なセンサーの開発、提供を行ってきたと述べた。同社は2020年までの3年間に、電動化と自動運転の2分野に約5,000億円を投資する計画。

 今回の展示ブースでは、デンソーの多様な車載製品事業のうち、「パワートレイン」「サーマル」「電子システム」「インフォメーション&セーフティ」の4事業について紹介している。

denso

denso

Powertrain 
モータージェネレーター/PCU/電池ECU/センサー/モノリス担体

Thermal
HVAC/ヒートポンプエアコンシステム

denso

denso

Electronics
エンジンECU

Information & Safety
タッチディスプレイ/ステレオ画像センサー/ミリ波レーダー/ドライバーモニター



アイシン:重点開発領域はゼロエミッション/自動運転/コネクティッド

 アイシングループは自動車業界を取り巻く構造変化に対応するため、次世代成長領域として下表の3分野に重点的に取り組んでいる。アイシン精機の井原社長はプレスブリーフィングで、これら3分野の技術について進捗状況を紹介した。

 

アイシングループ 重点開発領域3分野

ゼロエミッション

FF 1モーターハイブリッドトランスミッション
 既存ATのトルクコンバーター部分にモーターとクラッチを配置。
 エンジンとトランスミッションをクラッチで切り離すことでEV走行が可能になり、大幅な燃費向上を実現する。
 2018年度に量産化予定。
プレスブリーフィング画像

電気式4WD駆動ユニット (eAxle)
 現行Priusに搭載されている電気式4WD(e-4WD)ユニットを高出力化。
 プレミアム4WD車向けだけでなく、将来的にEVユニットへの展開も可能。
プレスブリーフィング画像

自動運転

車両運動統合制御
 車両の位置や走行状態を把握し、パワートレイン、サスペンション、ステアリング、ブレーキを制御する。
 これにより、安全、安心な自動運転の実現を目指す。
プレスブリーフィング画像

自動バレー駐車
 車両制御およびインフラとの協調により、専用駐車場でカーシェアなどの専用車を用いた、自動運転のレベル4を目指す駐車支援システム。
 レベル4ではシステム側が安全を担保する必要があるため、2020年代初頭の段階では、限られた駐車スペース、インフラをコントロールできる状況下での実現を目指す。
 すでに普及しているカメラや超音波センサーの技術を使い、駐車場側を工夫して、普及モデルにも搭載可能な安価なシステムの開発に取り組んでいる。
プレスブリーフィング画像

コネクティッド

おもてなしサービス
 アクチュエーター技術や乗員センシング技術、車外情報やクラウド環境に蓄えたデータを組み合わせ、利用者に快適な車内空間を提供する。
(おもてなしサービスの提案事例)
・先読みシートアレンジ:
 自動バレー駐車で迎えに来る車の中で、事前に子供が乗ることを予測し、チャイルドシートをセットする。
・先読みオートサイドサポートシート:
 カーブに向かう際に、コーナーの角度や進入スピードからドライバーにかかる横Gを予測。
 体型に合わせた最適なサポート制御で安心感を与える。
・見守り安心ドアシステム:
 ドアを開けようとした瞬間に周りの状況をセンシングし、後ろから来る自転車を感知し、通り過ぎるまでロックを掛ける。

位置情報活用サービス
 カーナビ開発で培った位置情報活用技術やコネクティッドカーから集めたビッグデータを活用することで運転をサポートする。
(位置情報活用サービスの提案事例)
・位置情報で凹凸のある路面に向かうことを感知したときに、予めサスペンションの設定を変更し、揺れない快適な車内空間を実現する。

aisin

aisin

FF 1モーターハイブリッドトランスミッション
展示パネル

電気式4WD駆動ユニット (eAxle)
展示パネル

 

 同社ブース前にはグループが取り扱う幅広い製品を搭載したデモカーを展示。「パワートレイン」「走行安全」「車体」「情報・電子」の4つの事業領域における代表的な製品について、色分けして分かりやすく展示している。

aisin

aisin

アイシングループのデモカー
展示パネル

デモカーのフロント部分

 



三菱電機:スマートモビリティー時代に向けた電動化/自動運転/コネクテッドの先進技術

 三菱電機は「Feel the EMIRAI ~未来はここにある~」をコンセプトに、「電動化」「自動運転」「コネクテッド」の各種先進技術と製品を紹介。ブース中央には、これら3分野を集約したコンセプトカー「EMIRAI4」が置かれ、AR対応ヘッドアップディスプレイ(HUD)、ドライバーモニタリングシステム、路面ライティングなど、次世代の運転支援技術を体験することができる。また、実証実験を行っている自動運転技術搭載車「xAUTO」について、公道での走行映像や搭載製品を紹介している。

mitsubishielectric

mitsubishielectric

コンセプトカー EMIRAI4
プレスブリーフィング画像

自動運転技術搭載車 xAUTO
高精度ロケータ/V2X車載器/ECU 
カメラ/ミリ波レーダ/ソナー

 

三菱電機 スマートモビリティー時代の技術・製品

電動化

48Vハイブリッド車向けISGシステム
 欧州市場を中心に普及が見込まれる48Vハイブリッド車向けに、エンジン出力軸直結型のISG*システムを開発。
 2017年10月に量産開始を発表。DaimlerのMercedes-Benz車両に搭載。
*Integrated Starter-Generator:モーターとモーターを制御するインバーターで構成

(製品の特長)
・エンジン出力軸にモーターを直結することにより、従来のベルト駆動型に比べて、高出力化と発電量の向上を実現し、搭載車の燃費改善に貢献。
・独自の分割コア巻線技術により、大電流モーターに必要な太線コイルでも高密度な巻線を実現。モーターの高出力化と薄型化を両立し、車両搭載性を向上。
・新開発の48V専用トランスファーモールド型パワー半導体モジュールを採用し、熱抵抗の低減や耐久性を向上。最適設計した冷却ユニットと合わせて冷却性能を向上し、インバーターの小型化と高信頼性を実現。

自動運転

自動運転技術搭載車 xAUTO
 独自の自律型走行技術とインフラ型走行技術を組み合わせた自動運転技術を搭載。
・自律型走行技術:前方および後側方を監視するミリ波レーダ、前方監視カメラなどの周辺センシング技術を高度に組み合わせた技術
・インフラ型走行技術:準天頂衛星システムからのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)信号と高精度3次元地図を組合せた技術

 三菱電機は2016年5月から高速道路で300時間を超える実証走行を実施。様々な道路環境や、濃霧や雪道など視認性が悪い環境下においても、自動運転が実用可能なことを確認した。
 また、2017年9月からは準天頂衛星システムから配信されるCLAS信号を用いた自動運転の実証実験を高速道路で実施。トンネルなどCLAS信号が受信困難な状態でも、車両の走行情報や前方監視カメラなどの周辺センシングと、リアルタイムで自車位置を認識する高精度位置把握技術を組み合わせることにより、インフラ型走行技術での自動運転についても実用可能であることを確認している。

センチメータ級測位補強サービス (CLAS: Centimeter Level Augmentation Service)
 日本は自前の位置情報システムを持たず、米国の衛星測位システムであるGPSを利用している。衛星メーカーでもある三菱電機が設計・開発・製造した準天頂衛星みちびきは、日本初の独自衛星測位システムとして、2010年9月に初号機が打ち上げられ、2017年に2、3、4号機が打ち上げられる。みちびきは日本のほぼ真上(準天頂)を維持するために、北は日本列島、南はオーストラリア付近の範囲で、非対称の8の字を描くような軌道を通る。みちびきが日本の上空に滞在する時間は1機あたり約8時間。4機体制になれば、常に2機は日本本土から見えるようになるという。準天頂からの信号送出が可能になれば、ビルの谷間や山間部などでも精度の高い測位情報を提供できる。GPSの誤差は約10メートルだが、みちびきがGPSを補う信号を送ることで、誤差数センチという極めて高精度かつ安定した位置情報サービスを提供できる。
CLAS 展示パネル

 2017年8月には、Bosch、Geo++、三菱電機、u-bloxの4社が、マスマーケット向け高精度GNSS*測位サービスを行う合弁会社Sapcorda Servicesをドイツで設立することに合意。準天頂衛星との相互互換性確保を目指すことにより、グローバルに利用可能なセンチメータ級GNSS測位サービスを提供する。
*GNSS:Global Navigation Satellite System (全地球航法衛星システム)

高精度3次元地図
 三菱電機は「高精度測位社会」の実現に向けて、「CLAS」を含む3つのコアテクノロジーとして、衛星からの信号を受信する「高精度測位端末」や、「高精度3次元地図」の開発を進めている。同社は準天頂衛星みちびきの初号機が打ち上げられる以前から、高精度地図を効率的に作成する機材として、モービルマッピングシステム(MMS)の開発を進めてきた。MMSで計測した3次元レーザー点群やカメラ画像から必要な要素を自動で抽出し、図化することが可能。これにより、自動運転に不可欠なダイナミックマップの生成および更新作業を効率的に行うことができる。
モービルマッピングシステム(MMS) 展示パネル: 1 / 2

 三菱電機は2017年10月、HEREと高精度位置情報サービス利用拡大に向けた提携に合意したと発表。ADASの高度化や自動運転の実現に向けて、高精度地図データと高精度な自車位置把握情報の重要性が増す中、HEREが整備を行っている高精度地図および運用開始したクラウド位置情報サービス「Open Location Platform」と、三菱電機が開発した高精度で自車位置を把握できる「高精度ロケータ」を活用した高精度位置情報サービスを展開する。

コネクテッド

AI活用の次世代カーナビゲーションシステム
 クラウドサーバーを使用した音声認識や、準天頂衛星を活用した高精度位置認識が可能。
展示製品 / 展示パネル

車載ゲートウェイシステム
 ソフトウェアの無線更新、クラウドサーバーと連携した車両の異常検知、リモート監視による車内通信の異常検知。
展示製品 / 展示パネル

ドライバーモニタリングディスプレイ
 近赤外カメラを内蔵したディスプレイで乗員をモニタリング。検出結果に基づいて音声による機器操作支援を行う。
展示製品 / 展示パネル

Knob-on-display
 画面上のタッチ操作だけでなく、ノブ操作も可能なセンターディスプレイ。タッチ操作の多機能性とノブ操作の安心感を両立。
展示製品 / 展示パネル

 

mitsubishielectric

mitsubishielectric

48V ISGシステム
展示パネル / 拡大写真

電動化システム
ECU/BMS/充電器/モーター/インバーター
展示パネル / 拡大画像

mitsubishielectric

mitsubishielectric

モービルマッピングシステム (MMS)

準天頂衛星みちびき
(CEATEC 2017に展示)

 


------------------
キーワード

EV、電動化、自動運転、ADAS、コネクテッド、48V、EPS、OTA、LiDAR、3次元地図、Bosch、ボッシュ、デンソー、アイシン、三菱電機

<自動車産業ポータル マークラインズ>