ダイハツ:熾烈な軽自動車・コンパクトカー市場で戦うための技術開発

インドネシアとマレーシアに研究開発体制を構築

2014/10/06

要 約

 ダイハツは2007年から2013年までの7年間軽自動車のトップシェアを取ってきたが、ホンダのNシリーズやスズキのハスラー等のヒット車の攻勢を受けて、2014年4月以降スズキに販売台数で抜かれている。この軽自動車市場での熾烈な競争環境の中で、ダイハツは低燃費、スペース効率の良さ、独自の商品力強化等の技術開発で、2014年度後半に新型投入で挽回しようとしている。トヨタグループの中で、ダイハツは低燃費、低価格車の開発と生産を分担し、ダイハツ車の生産とトヨタ向けのOEM車を生産しており、ダイハツの生産台数はトヨタへのOEM供給台数が大きな割合となっている。

 関連レポートスズキ:インドで300万台販売を目指し、東南アジアでも現地生産強化(2014年9月掲載)
           トヨタの開発戦略:高熱効率・低燃費エンジン14機種を2年間で投入(2014年9月掲載)



軽自動車の燃費トップ争い

 経済性が重要な軽自動車では、燃費値をめぐって、ダイハツとスズキの間で熾烈なトップ争いが続いている。2013年12月発売のスズキアルトエコに対抗するため、ダイハツはデュアルインジェクタの採用、吸気ポートの改良、アトキンソンサイクル化等で燃費値を向上させたミライースを2014年7月発売し、燃費値トップの座を奪還した。これに対し、スズキも年内に、ミライースの35.2km/Lをさらに上回る燃費を更新すると報道されており、熾烈な競争は当分続く。

軽自動車の燃費トップ値の変遷

 年月 車種 燃費値(JC08モード)
2013年3月 スズキ アルトエコ 33.0km/L
2013年8月 ダイハツ ミライース 33.4km/L
2013年12月 スズキ アルトエコ 35.0km/L
2014年7月 ダイハツ ミライース 35.2km/L
軽自動車の最高燃費競争
出典:ダイハツ・スズキ広報資料よりMarkLines作成

 

2014年7月ミライースに採用された燃費技術「e:Sテクノロジー」の進化

①パワートレーンの進化 高圧縮比化 (11.3→12.2)により熱効率を向上
混合気の渦流 (タンブル)の強化のために吸気ポート改良
点火初期火炎拡大のために高着火スパークプラグを採用
アトキンソンサイクル化で高圧縮比に伴うノッキング回避とポンピングロス低減
デュアルインジェクタを採用し、高圧縮比に伴うノッキング回避と燃料微粒化による燃焼安定化
②車両の進化 「タイヤディフレクタ」をリヤタイヤ前にも採用し、走行時の空気抵抗をさらに低減
③エネルギーマネジメント 発電制御の見直しにより減速時の発電量をより高め、加速・走行時の発電を抑制

出典:ダイハツ広報資料2014年7月より

 

デュアルインジェクタ
ミライースのエンジンに採用されたデュアルインジェクタ
資料:ダイハツ広報資料2014年7月

 これらの燃費技術は、ダイハツが開発と生産を担当して、トヨタヴィッツとダイハツブーンで共用している3気筒1Lエンジンの燃費技術と共通点が多く、さらにひとクラス上のトヨタの1.3Lエンジンの燃費技術とも共通点がある。軽自動車用エンジンはダイハツの独自開発であるが、アトキンソンサイクル、タンブル吸気ポートなどの要素技術をトヨタ、ダイハツ間で共通の技術開発として進めていることがダイハツの強みとなっている。

トヨタの開発戦略:高熱効率・低燃費エンジン14機種を2年間で投入


 



エンジンパワートレインの開発体制強化

 この熾烈な燃費競争を戦っていくために、ダイハツは軽自動車のエンジンを主体とする開発拠点として久留米開発センターをダイハツ九州の久留米工場の隣接地に設立し、生産と開発が一体となった開発体制を構築し、同時に開発期間短縮への対応も行い、今後の開発競争に備えている。

久留米開発センター設立

近接する生産部門と
開発部門の連携強化
arrow 久留米開発
センター設立
2014年3月
性能評価機能 エンジン、トランスミッション性能評価実験棟開設
(2014年3月)
車両性能評価実験棟と試走路開設
(2014年12月)
エンジン開発期間を
6カ月に短縮
arrow 従業員数 約100名 (2014年12月時点)
投資額 約140億円 (建物、インフラ、機械設備の合計)

出典:ダイハツ広報資料より

 

 



軽自動車最大の室内空間「ウルトラスペース」

 ダイハツは、2014年11月発売予定の新型軽自動車の技術概要を9月29日に発表した。2013年東京モーターショーで参考出品したコンセプトカー「デカデカ」の商品化で、車名は「ウェイク」になると報道されている。軽自動車で最大の室内空間や、見晴らしの良さ、車高が高くなっても低重心化で安定した走行性能を確保する等を訴求する。低燃費と合わせて、軽自動車の基本機能であるスペース効率の良さの商品力強化で、軽自動車シェア挽回を狙っている。

「ウェイク」技術概要

軽No.1の室内高 室内高1455mm ウルトラスペース
開口高1700mm
使い勝手の良い荷室 約90Lの大容量ラゲージアンダートランク
ベビーカーをリヤシートを畳まずに縦に積載可能
ミラクルラゲージ
高い目線:見晴らし感 地上高1387mm ファインビジョン
高さを感じさせない
安心・安全の基本性能
操縦安定性向上
重心高の抑制
ファン&リラックスドライブコンセプト

資料:ダイハツ広報資料2014.9

 

 



考え抜かれた新型コペンの「骨格+樹脂外板構造」

新型コペン
新型コペン「骨格+樹脂外板構造」
資料:ダイハツ広報資料2014.6

 2014年6月にフルモデルチェンジしたダイハツコペンに採用された「骨格+樹脂外板構造」は、軽自動車だけでなく登録車を含めて、量産車としては独創的な車体構造の技術である。骨格を変えずに外板だけ簡単に変更できるため、消費者の嗜好に合わせて選択可能なデザインのボディに作りかえることが簡単にできる。外板の樹脂化と部品点数の増加で台当たりのコストは増加するが、スポーツカーという数量を稼げない商品ゆえに一度作ったら、高額な外板の型費を償却するまで簡単には変更できないというハンデを、独自の方法で、低コストで種類を作れるようにするという逆転の発想による新しい取り組みである。サードパーティによる外板部品の品揃えができることや、派生車やマイナーチェンジの投資を抑えることが可能で、新しいビジネスモデル構築も考えられる。


「骨格+樹脂外板構造」の特徴

車体構造 従来のようにボディの外板面の強度に頼らず、骨格のみで車体の強度と剛性を確保
ボディ外板は、13個の樹脂パーツで構成
樹脂製のボディ外板を骨格構造にボルト締めで締結
ボディ外板はボルトにより簡単に脱着して変更可能
メリット 骨格を変えずに外板だけ簡単に変更可能
ボディ形状の違う車のバリエーションを短い開発期間で、少ない費用で作れる
樹脂部品のため外板パーツだけサードパーティに作ってもらうことも可能
消費者の価値 多様化する消費者の嗜好に合わせたデザイン、カラーの品揃えを用意
購入後に消費者の好きなデザイン、カラーに変更できる

 

樹脂外板の適用部位 樹脂外板のボルト締結部
樹脂外板の適用部位 (色部) 樹脂外板のボルト締結部 (矢印)

                                                             資料:ダイハツ広報資料2014.6

ボディ剛性向上部位と結果

ボディ剛性補強部位
(赤色部)
フロント~サイド~リヤ~フロアの車両全体を切れ目なくつなぐ
フロア下のトンネル部やクロスメンバーなどの補強
ボディ剛性向上結果 上下曲げ剛性を3倍
ねじれ剛性を1.5倍

 

車体剛性向上の補強部位 車体剛性向上の補強部位
車体剛性向上の補強部位 (赤色部)

資料:ダイハツ広報資料2014.6

 

バッジ式塗装ライン
バッジ式塗装ライン
資料:ダイハツ広報資料2014.6

 この車体構造は車体の塗装工程も独自の工程となっている。電着塗装設備を量販車用の汎用性の高い従来の「連続搬送塗装ライン」から専用の「バッジ式塗装ライン」に変更し、骨格に合わせた最適な電極位置や電圧、時間などの電着塗装条件を設定することで、高い防錆性能を達成し、かつ塗装ラインを従来の半分以下のスペースにすることを実現している。


 



さらに熾烈な戦いの2014年軽自動車市場

 

軽自動車販売台数 軽自動車販売台数

出典:MarkLines販売台数データより


 ダイハツは2007年にスズキを抜いてから、2013年まで軽自動車の国内販売首位を続けている。スズキは2013年に投入したハスラーがヒットし、2014年4月以降月間販売台数ではダイハツを抜いて首位になっている。ホンダは2011年以降、Nシリーズのヒットで倍増以上の大幅増となり、日産も車種追加等で台数が増加し、勢力図が変わりつつある。これに対しダイハツは8月にマイナーチェンジした「ミラココア」、9月にフルモデルチェンジした「ハイゼット」に続き、2014年内にさらに「ウェイク」と呼ばれる新型軽自動車、「ムーブ」フルモデルチェンジ等を投入し、巻き返しを図ろうとしている。

 

2001-2013年軽自動車販売台数・シェア 2014年軽自動車販売台数・シェア

出典:MarkLines販売台数データより


 国内新車販売台数の経緯を見ると、2010年以降軽自動車は着実に台数、シェア共に増加し、2014年3月の消費税増税前の駆け込み需要で30万台と台数のピーク、4月に45%とシェアのピークとなった。駆け込み需要の反動で台数減が鮮明となり、8月の軽は前年同月比15.1%減と3年ぶりの減少率を記録し、9月以降についても前年同月比でプラスを確保するのは厳しい見通しである。ただし、軽自動車は2015年4月の軽自動車税の引き上げで、年度末には再び駆け込み需要も見込まれている。

 

 



インドネシアで生産台数首位のアストラダイハツモーター

 ダイハツの海外事業は東南アジアに焦点を絞っており、最重要拠点がインドネシアである。ダイハツはトヨタクループの中で、軽自動車と小型廉価車の開発と生産の役割を担っており、インドネシアでの現地合弁会社のアストラダイハツモーターが、ダイハツ車だけでなく、トヨタ車のOEM生産を行っている。2014年1月から8月のインドネシア販売台数のうち、アストラダイハツモーターのダイハツ車とトヨタ向けOEM車を含めた生産車のシェアは36.1%を占めている。

ダイハツ (アストラダイハツモーター)は2013年に55万台を生産

アストラダイハツモーター生産台数 インドネシア販売台数
出典:ダイハツ2013年度決算報告資料より 出典:MarkLines販売台数データより

 

ダイハツ (アストラダイハツモーター)はトヨタ車の半数以上をOEM生産し、インドネシアトップの生産台数

インドネシア販売台数 インドネシア生産台数
出典:MarkLines販売生産台数データより

 

インドネシア概況

インドネシア全需見込み  インドネシアの2013年の販売台数は前年比10.2%増の123.0万台で、2013年まで右肩上がりで成長してきた。2014年1~8月の累計販売台数は前年同期比4.8%増の83万398台。昨年9月から順次投入されたLCGC(ローコストグリーンカーの1~8月販売台数は、合計11万3,752台で、市場全体の13~14%を占めている。インドネシア自動車製造業者協会  (GAIKINDO) は2014年の販売予測について、3月時点で前年並みの123万台と予測していたが、9月に開催したモーターショーでの受注好調を受け、上方修正する見通し。インドネシアの新車販売は政情不安で縮小したタイ市場を抜き、2014年はASEAN最大市場になると見られている。主力セグメントのLMPVで競争が激化するとともに、LCGCの販売がさらに伸びて国内需要を底上げすると期待されている。
トヨタ、ダイハツの状況  2013年の販売台数はトヨタ44万1,635台、ダイハツ18万6,358台で、両社を合わせたトヨタグループトータルではシェア52.5%。2014年1~8月の累計販売台数は、トヨタが1.2%増の28万2,593台でシェア34.0%、ダイハツ は9.1%増の12万6,165台で、両社の合計シェアは48.9%である。アストラダイハツモーターは、ダイハツ車とインドネシアで販売するトヨタ車の半数以上を生産しており、2013年度は55万台に達し、2014年1~8月の生産は35万9,769台で、その中でLCGCのトヨタ「アギア」 (4万6,399台)、ダイハツ「アイラ」 (2万9,898台)が両車ともに堅調に推移している。ダイハツはインドネシアで商品開発力を強化するため、アイラの生産工場であるカラワン工場に、2013年に研究開発機能を持ったテストコースを新設した。
インドネシアのダイハツ拠点
スズキ、ホンダ、日産、三菱の状況  2014年1~8月の累計販売台数はホンダが前年同月比78.1%増の11万459台、スズキが1.4%増の10万5,705台、三菱が5.1%減の9万6,683 台、日産 (Datsun含む)が3万2,902台、21.3%減で、ホンダの急成長が目立っている。生産体制も各社共に20万台から25万台を可能とする生産設備へと増強を準備している。ホンダは2014年初にカラワン第2工場(12万台)の稼働を開始、第1工場(8万 台)と合わせて20万台に拡大。スズキは2015年初にブカシ工場(当初5万 台、将来的に10万台)を稼働する予定で、既存のタンブン工場(15万台)と合わせると25万台に拡大する見 込み。日産は2014年5月に西ジャワ州プルワカルタでダットサン専用となる第2工場の操業を開始、第1工場(10 万台)と合わせて、将来的には両工場合計で25万台へ拡大する計画。三菱自は9月、西ジャワ州ブカシ県のGIIC工業団地に新工場を建設し、2017年上半期に稼働する計画を発表、生産能力は年 間16万台で、将来的に24万台まで拡張が可能。
自動車販売台数速報 インドネシア 2014年
インドネシアの自動車メーカー工場立地マップ

 

 



他社に先駆けてLCGC (Low Cost Green Car)発売

 ダイハツの商品ラインナップの主力車種は、7人乗り小型MPVのセニアXenia (4000台/月)、昨年からLCGC適合車の第一号として投入された低燃費低価格車AYLA (3800台/月)、日本へはトヨタタウンエース/ライトエースとして販売されている小型商用車Gran Max (4400台/月)、小型SUVのTerios/Be-go (1650台/月)、の4車種である。

セニア (Xenia)

車型 7人乗り小型MPV セニア
セニアとアバンザはインドネシアのベストセラー車
販売台数 約5400台/月 (2013年)
兄弟車 トヨタにアバンザとしてOEM供給
(21万台/2013年)
セニアと合計27.5万台
プラットフォーム ダイハツビーゴ/トヨタラッシュの
プラットフォームを活用
全長 4150mm
全幅 1660mm
全高 1695mm
ホイールベース 2655mm
エンジン 1.5L直4「3SZ」 (101ps/133Nm)が主力
価格 1億8610万ルピア
(1ルピア=0.0086円換算で、約160万円)

出典:ダイハツ広報資料より

 

アイラ (AYLA)

車型 5ドアHB アイラ
アイラは他社に先駆けて初のLCGC適合車として認定
販売台数 約5000台/月 (2014年1-6月)
兄弟車 トヨタにアギアとしてOEM供給
全長 3600mm
全幅 1600mm
全高 1520mm
エンジン 1.0リッター1KR-DE型
価格 76.1百万ルピア~ 97.5 百万ルピアAT:MT+9.0百万ルピア (1ルピア=0.0086円換算で、約65万円~約83万円、AT:MT+8万円)

出典:ダイハツ広報資料より

 

 



もう一つの重要拠点マレーシア。ホンダ、日産との競争が激化

 マレーシアでは、1993年に現地資本とダイハツが設立したプロドゥアPeroduaが、ダイハツ車をPeroduaブランドで生産販売しており、2006年にプロトンを抜いて、マレーシア市場最大手となっている。プロドゥアは2013年前年比4%増の19.6万台を販売し首位を維持しており、2014年も2%増の20.7万台の見込み。生産は2013年の20.7万台から、さらに2014年に年産能力10万台の新工場が稼働を開始した。

 

マレーシア概況

マレーシア全需 2013年の自動車販売台数は、前年比4.5%増の65.6万台。4年連続で60万台を超え、過去最高を更新した。2013年は4.5~5.0%の経済成長率と安定した雇用情勢を背景に、各社が積極的な販売促進活動を行い、市場が拡大した。商用車は4.7%増の7.9万台、乗用車 は4.4%増の57.7万台を販売。特にSUVが50.9%と大幅に増加した。マレーシア自動車協会 (MAA) は2014年の販売見通しについて、前年比2.2%増の67万台と予測している。
Perodua
(ダイハツ現地合弁会社)
2013年は前年比4%増の19.6万台を販売し、シェア首位を維持しており、2014年も2%増の20.7万台の見込み。生産は2013年の20.7万台から、2014年9月にEEV (Enegy Efficient Vehicle)に適合する新型小型車アジアの生産工場として、プロドゥアグループのラワン工場の敷地内に、年産能力10万台の新工場が稼働を開始した。新工場の自動化率は現行の30%から70%に引き上げられ、年産能力は現行の25万台から35万台に拡大、従業員数は現行の7700名から1200名増員。さらに、ダイハツはマレーシアにエンジン工場 (年産能力14万基)を新設し、2016年半ばに稼働予定。投資額は約150億円で、当初の従業員数は約150人。
Rawang Plant, Perodua Global Manufacturing Sdn Bhd. [マレーシア]
 
競合他社の生産
(Proton、トヨタ、ホンダ、日産)
2013年はProtonが14.0万台。ホンダが2013年に前年比63.0%増の4.8万台、2014年に年産10万台に増強。日産は2013年に50.0%増の4.3万台と大幅に生産を拡大、2014年に6.8万台に増強。マレーシア政府が2014年1月発表した新たな国家自動車政策「NAP2014 (National Automotive Policy 2014)」に基づき、各社とも国内での販売拡大と輸出強化に向けた生産体制の見直しを図っている。

Tan Chongの工場、日産モデルを生産
トヨタのマレーシア工場
低燃費車(EEV: Energy Efficient Vehicle)

 

マレーシア販売台数 マレーシア販売台数

出典:MarkLines販売台数データより

 

 



プロドゥアPeroduaの商品ラインナップ

 プロドゥアの商品ラインナップは、最廉価でミラベースのビバ、ブーンがベースのマイヴィ、ブーンルミナスベースのMPVのアルザ、そして2014年にマレーシアのエコカー政策「EEV (省エネルギー車)」適合車として投入された、インドネシア向けのアイラと同じプラットフォームのアジアの4車種である。

 

ビバ (VIVA)

車型 5ドアHB ビバ
販売台数 4300台/月 (25969台/2014年1-6月)
プラットフォーム 6代目ミラをベースに前後のデザインを変更
全長 3,575mm
全幅 1,475mm
全高 1,530mm
ホイールベース 2,390mm
エンジン 3気筒3機種
659cc EF-VE型
847cc ED-VE型
989cc EJ-VE型
価格 2万2,000リンギ~3万6,800リンギ
(約74万円~123万円:
  1 マレーシアリンギ=33.5 円換算)

出典:ダイハツ広報資料より

 

マイヴィ (MYVI)

車型 5ドアHB マイヴィ
販売台数 8300台/月 (49981台/2014年1-6月)
プラットフォーム ダイハツブーン (トヨタパッソ)をベースに
内外装を変更
全長 3,690mm
全幅 1,665mm
全高 1,545mm
ホイールベース 2,440mm
エンジン 4気筒2機種1.3L K3-VE1.5L 3SZ-VE
価格 43,900~57,800マレーシアリンギット
(約147万円~約194万円:
  1 マレーシアリンギ=33.5 円換算)

出典:ダイハツ広報資料より

 

アルザ (ALZA)

車型 7人乗りMPV アルザ
販売台数 4700台/月 (28242台/2014年1-6月)
プラットフォーム ダイハツブーンルミナス/トヨタパッソセッテ
をベースに、前後デザインと内装を変更
全長 4205mm
全幅 1695mm
全高 1620mm
ホイールベース 2750mm
エンジン 4気筒1.5L 3SZ-VE
価格 価格は56,000~64,000マレーシアリンギ
(約188万円~約214万円:
  1 マレーシアリンギ=33.5 円換算)

出典:ダイハツ広報資料より

 

アジア (AXIA)

車型 5ドアHB マレーシアのエコカー政策「EEV (省エネルギー車)」適合車
「アジア」は8/15の受注開始から、10日間で6,000台、
9/24までに2万台の受注を獲得している。
アジア
販売台数 8000台/月 (目標)
プラットフォーム インドネシアで発売したローコストグリーンカー (LCGC)の 「アイラ」と同じプラットホームを活用してアッパーボディーを専用設計。
全長 3640mm
全幅 1620mm
全高 1510mm
エンジン アイラと共通の1リットルエンジン
価格 2万4600~4万2500マレーシアリンギ
(約82万~142万円:
  1 マレーシアリンギ=33.5 円換算)

出典:ダイハツ広報資料より

 

 



2014年度は厳しい競合環境で利益減少

生産台数推移 リーマンショック以降2013年度まで右肩上がりで成長してきたが、2014年度は国内で全需が減少し競争が激化し、インドネシアでも厳しい競合環境となっている。海外販売台数は堅調だが、軽自動車とOEMの台数減少が全体の売上高を減少させている。また、競合環境から、商品強化策のための設備投資、減価償却費の増加により、利益が減少する見込みである。

 2014年度後半には国内に合計6車種を投入し挽回を図る予定で、また、インドネシア現地生産の輸出事業を強化していくことで、2014年度予想としては、前年比売上高96%、営業利益95%、経常利益94%、当期純利益98%の予想を見込んでいる。

売上高推移 営業利益・設備投資

出典:ダイハツ2013年度及び2014年度第一四半期決算発表

 

ダイハツの連結業績概要

(100万円)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2013年
4~6月期
2014年
4~6月期
2014年度
予想
ダイハツ車売上高 1,085,200 1,113,700 1,137,800 1,222,000 1,318,500 303,100 299,300 1,290,000
国内売上高 788,500 786,600 814,200 862,600 933,900 208,500 205,200 900,000
海外売上高 296,700 327,000 323,500 359,400 384,600 94,500 94,000 390,000
受託・OEM 489,400 445,700 493,400 542,900 594,700 148,600 130,200 540,000
売上高合計 1,574,727 1,559,412 1,631,320 1,764,976 1,913,254 451,788 429,551 1,830,000
営業利益 40,747 103,443 115,462 133,040 146,743 43,250 25,167 140,000
経常利益 43,842 112,215 128,223 148,173 163,494 48,053 29,484 153,000
当期純利益 21,162 52,555 65,138 81,406 83,698 23,277 13,845 82,000
研究開発費 43,734 38,227 33,830 35,700 46,482 10,200 11,100 46,000
設備投資 36,745 40,614 69,336 73,100 97,300 18,300 32,200 115,000
減価償却費 72,900 63,700 61,000 56,200 59,600 13,700 15,200 67,000

資料:ダイハツ2013年度及び2014年度第一四半期決算発表

ダイハツのグローバル売上台数

(1000台)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2013年
4~6月期
2014年
4~6月期
2014年度
予想
軽自動車 596 568 603 652 690 164 180 660
小型車 7 5 3 10 10 3 2 10
国内販売台数 603 573 606 661 699 167 182 670
海外販売台数 325 367 368 372 414 97 99 438
ダイハツ車合計 928 940 973 1,034 1,113 264 282 1,108

資料:ダイハツ2013年度及び2014年度第一四半期決算発表

OEM・受託車生産台数

(1000台)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2013年
4~6月期
2014年
4~6月期
2014年度
予想
国内 240 176 222 219 233 57 43 220
海外 161 192 236 281 344 78 83 332
400 368 458 500 577 135 126 552

資料:ダイハツ2013年度及び2014年度第一四半期決算発表

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>