三菱自動車:アセアン地域を中心に新興国市場に注力

国内市場は日産と連携深め、共同開発の軽自動車を発売

2013/06/28

要 約

MITSUBISHI
Concept CA-MiEV
三菱自動車の次世代コンパクトEVコンセプト
MITSUBISHI Concept CA-MiEV
(2013年 上海モーターショー)

 三菱自動車にとって、2013年度は中期計画「ジャンプ2013」の最終年であり、その目標値を超える1000億円の営業利益と500億円の純利益を計画している。販売台数は中期計画で目標としていた137万台には届かないものの、日米欧の成熟市場での不振を、アセアン地域の拡販で補い、2013年度は116.9万台販売する計画である。「アジア他」地域は、2012年度の売上高(1.8兆円)の約半分を占め、営業利益の全てを稼ぎ出した。

 2013年度の計画を達成するため、アセアン諸国・中国・ロシアを中心とした新興国市場で現地生産している、世界戦略車のミラージュ、アトラージュ、アウトランダースポーツ(ASX、RVR)などの拡販を進めていく。また、タイ/フィリピンなどで生産能力の向上も図る。

 低迷が続く国内市場では、日産との連携を深め、両社の合弁会社NMKVで開発したeKワゴンを2013年6月に発売。欧州では、2012年にオランダの生産子会社を売却し収益が改善し、地域専用車の生産を取りやめた北米では、ミラージュ、アウトランダーの販売を伸ばしていく計画。

 また、2013年6月に開いた株主総会で、資本金と資本準備金を取り崩し9,246億円の累積損失を解消した。同社は、2013年中に優先株を処理し、1997年度以来途絶えている配当再開を目指す。

地域別売上高及び営業利益

(億円)
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
計画
売上高 日本 4,885 3,984 3,685 3,633 3,571 3,295 4,700
北米 4,027 2,322 1,754 1,898 1,952 1,577 2,100
欧州 9,316 6,317 2,692 4,900 4,748 4,007 5,100
アジア他 8,593 7,113 6,325 7,854 7,802 9,272 10,800
世界 26,821 19,736 14,456 18,285 18,073 18,151 22,700
営業利益 日本 (189) (151) (12) 51 68 (276) (150)
北米 (178) (396) (282) (279) (262) (200) (40)
欧州 797 53 8 (264) (156) (70) 200
アジア他 656 533 425 895 987 1,220 990
世界 1,086 39 139 403 637 674 1,000
資料:三菱自動車決算補足資料
(注) 1. 上表は外部顧客の所在地を基礎として区分した外部顧客に対する売上高と営業利益。従って、セグメント別情報(三菱自動車および連結子会社の所在地を基礎として区分した売上高および営業利益)とは異なる。
2. 三菱自動車は、ロシア、ウクライナ、カザフスタンを新興市場と位置づけているが、上表では欧州に含む。またオーストラリアを成熟市場と位置づけているが、上表では「アジア他」に含む。
3. ()表示は赤字を示す。

関連レポート:
日産の国内事業:生産を九州に集中し、日韓中を結ぶ部品相互供給網を構築(2013年6月掲載)

上海モーターショー2013:三菱は2013年生産を開始するPajero Sport/Lancer Fortisの現地仕様モデルを展示(2013年5月掲載)

日本メーカーの2013年度計画:過去最高の業績を狙う(2013年5月掲載)



新興市場:アセアン主要五カ国でシェア12%目標、BRICsでは生産強化

 三菱自動車は「アセアンチャレンジ12」を掲げ2015年度にアセアン主要五カ国でのシェアを12%に引き上げる目標を掲げ経営資源を投じている。
 特にタイは2012年度に14.2万台を販売し、日本(13.4万台)を超えて同社にとって最大市場となった。同国では2012年に第三工場でグローバル・コンパクト ミラージュの生産を開始し、日本を初めとした世界各国へ輸出。タイでの年産能力も51万台へ引き上げていく。
 また、中国では合弁会社を三菱側50%出資の体制に2012年に変更してSUVの生産販売拡大につなげていく。

アセアンチャレンジ12(2011年9月発表) 小売販売(千台)
FY2012 FY2013
(計画)
アセアン
主要五カ国
・アセアン主要五カ国のシェアを2015年度に12%へ引き上げる(2012年度は8.3%)。
戦略1:ミラージュのアセアン各国での販売。
戦略2:アセアン各国で中小型SUV/小型乗用車などの現地生産モデルの投入。
286 331
タイ ・タイでは、グローバル・コンパクト ミラージュ、ピックアップ トライトン、パジェロスポーツ、ランサーEXを生産している。
・ミラージュベースの新型セダン アトラージュの生産を2013年5月に開始し、販売を7月に開始予定。
・アセアン市場への輸出拡大を見込んで、第三工場の年産能力を5万台増の20万台へ2013年度中に引き上げ、年間51万台生産する体制を構築する。
・ノックダウン生産用のコンポーネント工場も有している。
142 157
インドネシア ・2012年に、現地生産を開始したアウトランダースポーツ(日本名RVR)の拡販と、ミラージュの販売を拡大していく。
・商用車L300、T-120 も生産しているが、ミラージュなどの現地生産も検討している。
87 103
フィリピン ・Asian Utility Vehicleアドベンチャー、商用車 L300、ランサーEXを生産。現在3万台の年産能力を、2015年までに5万台、2018年までに10万台へ拡大する予定。
・2013年度はアトラージュ販売開始。
36 45
ベトナム・
マレーシア
・ベトナムでは、2013年度にミラージュの生産開始予定。 21 26

(注)三菱自動車は、マレーシアの自動車メーカー プロトンとの協業拡大を協議すると2011年9月に発表していた。2012年3月にプロトンの筆頭株主がDRB-Hicom に代わり、同社の戦略が変更になったため、2012年内に協議の継続を断念。

 

BRICsでの2013年度計画

小売販売(千台)
FY2012 FY2013
(計画)
中国 広汽三菱汽車で2013年7月にパジェロスポーツの生産開始予定(関連レポート)。 42 89
ロシア 2013年7月からロシア工場でパジェロスポーツの生産を計画。 80 90
ブラジル ASX(RVR)の現地組立をMMC Automotores do Brasil Ltdaで2013年6月より開始。2014年からはLancerの組立を開始。 61 66
インド パジェロスポーツの現地生産をHindustan Motorsで2012年10月に開始。 n.a. n.a.

BRICsでの動向

中国:広州
汽車との合弁会社再編
 三菱自動車と広州汽車は、2012年10月から広汽三菱汽車(湖南省長沙市でASX(RVR)の生産開始。同合弁会社は、広州汽車50%、三菱自動車33%、三菱商事17%の出資をしている。稼働当初の年産能力は約5万台で、2017年までに30万台へ拡大する計画。将来的にはミラージュの生産も検討。
 三菱自と広州汽車はそれぞれ14.59%、29%を出資していた広汽長豊汽車で、SUV生産の合弁事業を行っていた。事業効率を高めるために、広汽長豊汽車を再編し、広汽側・三菱側それぞれが折半出資の形に事業形態を変更した。
ロシアでの
CKD生産
 三菱自動車は、PSAとの合弁のロシア工場で、2012年11月から新型アウトランダーのCKD生産を開始。三菱自動車は同車の現地調達率を当初の10%程度から2014年には30%までに引き上げる計画。従来は、最終組立のみを行うSKD生産を行っていた。
ロシア
販売網強化
 三菱自動車はロシアの総販売代理店Rolf Import(RI)に資本参加し、現地での販売体制を強化すると2013年1月に発表。Rolfグループの持つRIの株式を9%ずつ譲り受け、三菱商事49%、Rolfグループ42%、三菱自9%の出資比率となった。
ブラジル
生産体制強化
 三菱自は、2011年発表の中期計画で盛り込んだブラジルのパートナーMMC Automotores do Brasil Ltda(MMCB)への出資を引き続き検討している模様(現在は資本関係はない)。MMCBは、2014年にはエンジン生産に乗り出し、2015年までに生産能力を倍増させ年産10万台へ引き上げる計画。

(注) 三菱自は、日本独自規格である軽自動車の技術をグローバルに展開できるか検討を進める。アフリカなどの新興国での導入が可能か議論していく。

 



成熟市場:生産体制の適正化と、アウトランダー(PHEV)とミラージュを拡販

 日米欧の成熟市場では販売拡大を進めつつ、生産能力の適正化を図っている。日本の水島製作所では2014年1月に生産ラインを集約して、年産能力を40万台へ縮小させる計画。欧州では2012年に現地工場を売却し、北米では現地専用モデルの生産を取りやめた。

日本 水島製作所 ・新型軽自動車生産開始に伴い2013年5月より2直化。
・車体組立てラインを4ラインから、2ラインへ2014年1月に集約予定。年産能力を60万台程度から40万台程度に縮小する。
・2013年度の生産台数は登録車9万台、軽自動車26万台の35万台(前年度23.2万台)を計画。
名古屋製作所 ・2013年度の生産台数は、20万台を超える水準(前年度16.3万台)を計画。
・アウトランダーPHEVの生産能力を2013年9月より倍増し月産4,000台とする。
パジェロ製造  デリカD:5のアセアン地域への輸出のため増産し、2013年度は6.2万台の生産を計画(前年度は5万台弱)。
パワートレイン製作所(京都、滋賀)  クリーンディーゼルエンジンの生産能力を倍増させ、2013年度は年産12万台。
欧州 ・現地工場売却により損益が2012年度の70億円の赤字から、2013年度は200億円の黒字へ改善見込み。
・2013年度はミラージュ、アウトランダー、アウトランダーPHEVの投入を行っていく。
北米 ・2012年7月より現地生産を開始したアウトランダースポーツ(RVR)の中南米・ロシアへの輸出拡大をしていく。輸出拡大により年間5万台の生産体制から、7万台へ拡大していく計画。
・北米専用車Galant, Eclipse, Endeavorの生産は2012年までに取りやめ。
・2013年はアウトランダー(6月)、ミラージュ(秋)を投入。2014年に入ってからアウトランダーPHEVも発売予定。

欧州生産子会社を売却

 三菱自動車は2012年12月、オランダ生産子会社Nedcar(Netherlands Car)の全株式を、同国のバスメーカーVDL Groep B.V.が100%出資する VD Leegte Beheer B.V.に売却。全従業員を引き継ぐことを条件に、1ユーロで譲渡した。それに伴い三菱自は2012年度決算に247億円の売却損を計上した。
 VDLは、同工場を改良して、2014年下半期からでBMW傘下のMINIブランド車を受託生産する計画。

 



電動化計画と新モデル

 三菱自動車は2014年度から2016年度にかけてEV/HV/PHVを7車種投入していく計画。まだ販売していないHVについても2014年度には開発を完了する予定。

軽自動車/
コンパクトカー
 EVを展開。使用走行距離が短いことから、航続距離の制約が小さいため。
小型セダン  HVを展開。将来的な新興国での環境志向の高まり、価格競争力、充電インフラが不要であるため。
SUV  PHV/HVを展開。航続距離の要求が高いため。PHV/HVのどちらを導入するかは、販売市場/価格受容性を考慮する。

 

2013年発売のEV/PHVとコンセプトカー

SUV アウトランダー PHEV  2013年1月に発売した、三菱自動車初のプラグインハイブリッドSUV。EV派生型のシステムを搭載しており、前輪部にエンジンとモーター、後輪にもモーターを配置している(詳細は関連レポートをご覧下さい)。EV走行の航続距離は60.2km(JC08モード)で、複合燃費は67.0km/L(JC08モード)。今後、欧州(2013年後半)/北米(2014年)に投入される。
軽商用車 MINICAB-MiEV TRUCK  軽トラックMINICAB TRUCKをベースとしたEVトラック。2013年1月に発売。モーターは、i-MiEVなどで搭載のY4F1型モーターより小型/軽量化したY51型モーターを採用している。容量10.5 kWhのリチウムイオン電池を搭載し航続距離は110km (JC08モード)。
ピックアップ MITSUBISHI
Concept GR-HEV
 「スポーツ・ユーティリティ・トラック(SUT)」をコンセプトとした、ピックアップトラックにディーゼル・ハイブリッドシステムを搭載したモデル。FRベースのHVシステムは、2.5L クリーンディーゼルエンジンとモーター、8速ATを組み合わせる。走行時のCO2排出量を140g/km台を目指す。
コンパクトカー MITSUBISHI
Concept CA-MiEV
 航続距離300kmを目指したコンパクトサイズ(全長4050mm)の次世代EVコンセプト。2013年3月のジュネーブモーターショーで初披露。容量28kWhのリチウムイオン電池、モーター・インバーター・充電器を一体化して電気ロスを低減した軽量EVコンポーネント、回収効率を向上させた回生ブレーキを搭載して電費向上を狙う。磁界共鳴式非接触充電装置も搭載。
コンパクトカー ミラージュベースの
EV/HV
 三菱自動車は新型ミラージュをベースとしたEVとHVを検討している。

(注)アウトランダーPHEVはリチウムイオン電池の不具合により2013年3月から生産/販売を中止し、6月にリコールを届け出た。8月下旬より生産を再開する予定。

グローバルスモール ミラージュと派生セダン アトラージュ

ミラージュ  三菱自動車は2012年3月よりミラージュの生産をタイ第三工場で開始。グローバルスモール(注)というコンセプトのもと、「先進国における環境対応車」、「新興国におけるエントリーカー」というニーズを両立させた。タイから世界各地へ輸出する。日本では2012年10月から、欧州ではスペーススターの名前で2013年2月より販売している。
アトラージュ  ミラージュをベースとする、グローバル4ドアセダン アトラージュを2013年7月よりタイで販売を開始する。1.2L MIVECエンジンを副変速機付のCVTまたは5MTと組み合せ、燃費性能は22km/L(NEDC)。
アウトランダー  中型SUVアウトランダーをモデルチェンジし,2012年7月からロシアで販売開始。日本での販売は同年10月から。
 安全装備システムe-Assistを一部に標準装備。同システムは「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」、「車線逸脱警報システム(LDW)」、「レーダークルーズコントロールシステム(ACC)」で構成される。

 (注) 三菱自動車は開発段階・コンセプトカー段階では、ミラージュをグローバル「スモール」との呼称していた。発売後はグローバル「コンパクト」とも呼称している。
 



国内市場:日産との協業を深める

 三菱自動車と日産は2011年に両社折半で設立した、軽自動車の企画/開発を行うNMKVの初モデルを2013年6月に発売。両社合わせた軽自動車のシェア20%を中期的に目指す(2012年度は11.3%)。

 三菱側にとっては新商品投入による商品力アップを図り、単独では負担が大きい開発費を分担し、国内工場の稼働率アップというメリットがあった。日産側(関連レポート)にとっては、軽自動車はOEM供給に頼っていたため、軽自動車の開発に自社の意向を反映できなかった状態の解消につながった。

 また、三菱自動車は、日産から上級セダン フーガとシーマのOEM供給を受けて、それぞれ、三菱プラウディア、ディグニティとして2012年7月に日本で発売した。

日産との合弁会社で開発した軽自動車第1弾「eKワゴン」を発売

ハイトワゴン型
eKワゴン
 三菱自動車と日産は、両社が折半出資する「NMKV」が開発した新型軽乗用車、三菱 eKワゴン日産DAYZ(デイズ)を2013年6月に発売。燃費性能は、ハイトワゴン型トップの29.2km/L(JC08モード)。両モデルの違いはフロント部分のデザインと一部の装備。三菱eKワゴンの月販目標は5千台、日産DAYZは同8千台。
スーパーハイト
ワゴン型
 共同開発第2号車として、スーパーハイトワゴン系トッポの後継モデルを2014年に発売する。三菱車のモデル名は未発表であるが、日産車はDAYZ ROOX(デイズルークス)と発表されている。
パジェロミニ
後継モデル
 両社は、三菱自が2012年6月に生産を中止した軽オフロード車パジェロミニの後継モデルを2014年に発売する計画。パジェロミニは、日産にもOEM供給し、「KIX」のモデル名で販売されていた。
(注) 1. 軽商用車については、三菱自はMINICABを供給し日産Clipperとして販売されている。しかし、日産は三菱車の調達を打ち切り、スズキの軽バンEveryと軽トラックCarryを調達する方針。
2. 三菱自動車は、同社の軽自動車の開発をNMKVに一本化する。同社の独自モデルであるアイとトッポの生産はeKワゴンを生産開始したと同時に打ち切った。軽商用車MINICABの生産/開発も将来的に打ち切るとされる。

日産からOEM調達

車名 開始時期 車名 備考
Lancer Cargo 2008年 AD ボンネット型バン
デリカ D:3 2011年10月 NV200 小型商用車
プラウディア 2012年7月 フーガ 上級セダン
ディグニティ 2012年7月 シーマ 最上級セダン
(参考)デリカ D:2 2011年3月 スズキ ソリオ 5人乗りコンパクト 1 BOX
(注)  三菱自動車と日産は、タイでも次世代1トンピックアップの共同開発を進めていたが2012年内に打ち切った。三菱のタイ工場で日産の1トンピックアップ ナバラの生産を受託している。しかし、日産は2014年に稼働するタイの新工場で自社生産する見通し。

 



中期計画目標値を上回る1000億円の営業利益を狙い、復配へ

 三菱自動車は、2013年度の小売販売台数は日米欧アジアの各地域で販売を拡大して、前年度比18.4%増の116.9万台を計画。中期計画の2013年度販売目標137.0万台には約20万台届かない水準。アセアン諸国/ロシアなど新興市場では想定通り販売を伸ばす見込みであるものの、日本/西欧では販売が2010年度に比べて減少する見通しのため。

 2013年度の売上高は前年度比25.1%増の2兆2,700億円を、営業利益は同48.1%増の1,000億円、純利益は500億円を計画している。売上高は中期計画の目標値に届かないものの、営業利益と純利益は目標値900億円、450億円を超える水準。販売台数は目標値を下回っているが、販売構成の改善により2010年度比570億円、コスト削減などにより同900億円営業利益が改善する計画であることと、為替レートの想定がドル/ユーロとも円安水準に振れる見込みであることが要因。

 また、2013年6月に開いた株主総会で、資本金と資本準備金を取り崩し、9,246億円の累積損失の解消を決議した。同社は、リコール問題が相次いだ2000年代前半に経営危機に陥り、優先株を発行しており、2013年6月現在も約3900億円の残高がある。2013年中に優先株を処理し、目標とする500億円の純利益を達成できれば1997年度以来途絶えている配当が可能となるとしている。

主要国別小売販売台数

(1,000台)
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
(注2) 計画
カウントの方法(注2) 旧カウント 新カウント
日本 小型車 84 54 65 60 61 61 61
軽四輪車 135 114 106 104 91 73 87
219 168 171 164 152 134 148
北米 米国 124 84 54 62 75 57 64
北米計 160 119 88 94 106 85 100
欧州 ドイツ 32 29 24 29 29 22 26
英国 31 17 18 20 15 12 16
ロシア 107 96 39 55 73 80 90
ウクライナ 32 34 10 8 9 6 4
欧州計 341 272 170 218 218 181 212
アジア他 中国 94 88 143 168 63 42 89
(新)65
台湾 39 31 43 47 36 29 24
(新)36
タイ 27 19 23 48 74 142 157
インドネシア 34 40 40 59 73 87 103
フィリピン - 18 25 33 32 36 45
マレーシア - 13 11 17 12 13 18
(新)12
オーストラリア 66 57 59 63 62 59 69
ブラジル 50 43 38 46 56 61 66
UAE - 37 29 28 20 21 24
640 507 531 (旧)629 525 587 709
(新)511
世界合計 1,360 1,066 960 (旧)1,105 1,001 987 1,169
(新)987
資料:三菱自動車決算補足資料
(注) 1. 各地域の合計台数は、その地域の他の国の台数を含む。
2. 従来は、三菱自動車が設計した商品で、ロイヤリティ収入がある場合は他社ブランドも小売販売台数にカウントしていたが、2011年度から、自社ブランド車のみカウントするように変更した。2010年度実績は、新カウントによる数値も併記した。差が生じたのは中国(東南汽車ブランドの旧Lancer(V3)など)、台湾(中華汽車ブランドの軽ベース商用車(Veryca))、マレーシアの3カ国で、合計118千台。

三菱自動車の連結業績

(100万円)
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
計画
(参考)
2013年度
中計目標
売上高 2,682,103 1,973,572 1,445,616 1,828,497 1,807,293 1,815,113 2,270,000 2,500,000
営業利益 108,596 3,926 13,920 40,274 63,674 67,382 100,000 90,000
経常利益 85,731 (14,926) 12,980 38,949 60,904 93,903 90,000 -
純利益 34,710 (54,883) 4,758 15,621 23,928 37,978 50,000 45,000
設備投資 56,700 71,900 47,100 52,500 71,000 51,400 80,000 -
減価償却費 71,900 79,000 69,000 62,700 53,400 50,300 60,000 -
研究開発費 77,600 64,000 44,400 49,400 55,000 59,900 73,000 -
為替レート(US$) 115円 101円 92円 85円 79円 82円 95円 90円
為替レート(EUR) 162円 144円 130円 113円 111円 105円 125円 110円
資料:三菱自動車決算補足資料
注:()表示は赤字を示す(下表も同様)。

営業利益の増減要因

(億円)
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
計画
営業利益 1,086 39 139 403 637 674 1,000
営業利益増減 684 (1,047) 100 264 234 37 326
台数/車種構成 543 (720) (856) 533 168 123 280
(内)日本 45 (62) (105) 7 (21) (76) 120
(内)北米 (120) (137) (86) 48 18 17 40
(内)欧州 422 (360) (290) 144 132 (3) 30
(内)アジア他 196 (161) (375) 334 39 185 90
為替変動の影響 146 (761) (418) (342) (105) (34) 280
コスト低減等 154 365 544 211 272 432 200
原材料高騰の影響 - (317) - - - - -
その他 - 335 578 (86) (106) (323) (174)
販売費用 (64) 174 252 (51) 5 (161) (260)
米国販売金融事業 (95) (123) - - - - -

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>