トヨタ:販売と収益が本格回復、2013年に991万台販売を計画

2012年度連結営業利益見通しは1兆500億円、設備投資をさらに効率化

2013/01/11

要 約

 本レポートは、トヨタが2012年12月に発表した2012年暦年の販売・生産台数実績見込みと2013年計画、および11月に発表した2012年度4~9月期決算と通期決算見通しを中心に、本格回復しているトヨタの販売・収益動向を報告する。

 トヨタは、リーマンショック後の不況により2008~2009年に販売台数が急減し、同時に円高が進み、続いて2011年の東日本大震災やタイ洪水の影響などで販売と収益が低迷した。しかし2012年暦年はグループの世界販売が970万台へ175万台増加し、GMとVWを押さえ世界販売台数首位に返り咲いたと見られる。2013年計画は991万台。

 2012年度通期の連結営業利益は、2011年度の3,556億円から1兆500億円にほぼ3倍増する見込み(2012年11月発表)。2010~2011年度に4,000億円を超える営業赤字となったトヨタの単独決算(輸出を含んだ日本での事業)の赤字額が200億円にまで縮小する(同上時点の見通し)ことが大きい。

 地域別には、中国と欧州で販売減を見込むが、北米と東南アジアの拡大が補う(但し、2012年度10~3月期の連結グローバル販売台数は前年比2.1%減の見通し)。

 トヨタの2012年度4~9月期の為替レートは1ドル79円、10~3月期の業績見通しは1ドル78円の為替レートを前提としている。12月後半からの円安傾向が定着すれば、収益のさらなる拡大が想定される。

 以上のように、トヨタの収益は大幅に回復しているが、需要の変動に柔軟に対応するため、設備投資のさらなる効率化を進める計画。特に、今後3年間原則として既に決定しているタイとインドネシア以外では新工場を建設せず、増産投資は既存工場に限定し、固定費を下げ損益分岐点を下げる方針と報道されている(2013年1月報道)。

トヨタグループの世界販売 連結・単独の営業損益および連結設備投資

関連レポート:
トヨタ:開発・調達・生産について、多面的な収益構造改善策を計画 (2012年5月掲載)



トヨタグループの世界販売は2012年970万台、2013年991万台

 ダイハツと日野を含むトヨタグループの、2012年(暦年)グローバル販売台数実績見込みは970万台。2011年実績比で175万台(22.0%)の大幅増加となり、世界の自動車メーカーとして過去最高で、GMとVWを超え世界販売首位に返り咲いたと見られる。

 2013年は、中国と欧州で販売減が見込まれるが、北米やアジアでの増販を見込み991万台の計画。

 2012年のグローバル生産台数については、2012年8月(4~6月期決算発表時)に、1,005万台と発表したが、11月発表では中国と欧州の状況により992万台に下方修正した(1,000万台生産が実現すれば、世界の自動車メーカーで初めてであった)。2013年は994万台を計画している。

トヨタグループの2012世界販売・生産実績見込みと、2013年計画

(1,000台)
トヨタ ダイハツ 日野 グループ計
2012年
実績見込み
販売 国内販売 1,700 670 40 2,410
海外販売 6,980 200 110 7,290
グローバル販売 8,680 870 150 9,700
生産 国内生産 3,490 780 150 4,420
海外生産 5,250 230 20 5,500
グローバル生産 8,740 1,000 180 9,920

 

トヨタ ダイハツ 日野 グループ計
2013年
計画
販売 国内販売 1,400 600 40 2,040
海外販売 7,500 240 130 7,870
グローバル販売 8,900 840 170 9,910
生産 国内生産 3,100 720 160 3,980
海外生産 5,600 330 30 5,960
グローバル生産 8,700 1,050 190 9,940

資料:トヨタ広報資料 2012.12.26

 

トヨタ・レクサス車の2012年世界販売は868万台、2013年の販売計画は890万台

 トヨタ単体の、トヨタ・レクサスブランド車の2011年販売は、東日本大震災とタイ洪水の影響で710万台に落ち込んだが、2012年グローバル販売実績見込みは158万台増加し、過去最高の868万台。2013年も22万台を上積みし890万台と過去最高を更新する見込み。

 国内市場は、エコカー補助金の終了で2012年実績見込みの170万台から140万台に減少するが、海外で698万台から750万台に52万台拡大する計画。

トヨタ・レクサスブランド車の世界販売と生産

(1,000台)
2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
実績見込
2013年
計画
販売 国内販売
海外販売
1,587
6,842
1,470
6,526
1,376
5,604
1,566
5,961
1,201
5,896
1,700
6,980
1,400
7,500
グローバル 8,429 7,996 6,980 7,527 7,097 8,680 8,900
新興国比率 33.0% 37.1% 39.3% 42.7% 46.3%
生産 国内生産
海外生産
4,226
4,309
4,012
4,198
2,792
3,579
3,283
4,340
2,760
4,169
3,490
5,250
3,100
5,600
グローバル 8,535 8,211 6,371 7,623 6,929 8,740 8,700
資料:トヨタ広報資料 2012.12.26
(注) 1. 新興国市場は、日本、北米、欧州を除く地域。トヨタは、2015年までに新興国比率50%を目指す。
2. トヨタは、2011年3月に「グローバルビジョン」において示した、「強い収益基盤を確立し、1ドル85円、トヨタ・レクサス車世界販売750万台の前提で、連結営業利益率5%(1兆円程度)、単独営業利益の黒字化」を早期に実現するとの目標に向けて、収益構造改善が着実に進捗していると発表した(2012年5月)。
3. 2012年の米国販売台数は2,082,504台で、前年比26.6%増、シェアは14.4%。トヨタの米国販売は、2007年の262万台をピークに2011年まで4年連続で減少を続けていた。また北米での生産台数は約178万台で、2007年実績の172万台を超えて過去最高。
4. 2012年のトヨタ中国販売台数は約84.5万台で、前年比4.9%減。2013年販売計画は90万台(2012年計画は100万台だった)。トヨタの中国販売の前年割れは初。

 

2012年度に、北米で53万台、アジアで40万台の販売増を見込む

 トヨタが地域別内訳を発表している年度別・連結販売台数で見ると、2012年度通期に、2011年度実績比で139.8万台増加する見通し。うち、北米で53万台、中国を除くアジアで40万台の販売増を見込んでいる。また中近東地域でも14万台の販売増を見込む。

 トヨタが「追い風が吹き、実力以上の結果であった」とする4~9月期には302.6万台から451.6万台に149万台(49.2%)増加した。10~3月期には国内、北米、欧州がマイナスとなり、連結で432.6万台から423.4万台に9.2万台減少する見込みとしている。

2012年度連結販売台数(ダイハツ・日野を含み、中国現地生産車の販売は含まない)

(1,000台)
4~9月期 10~3月期 年度通期
2011年度 2012年度 2011年度 2012年度
見通し
2011年度
実績(A)
2012年度
見通し(B)
増加分
(B)-(A)
連結販売台数 3,026 4,516 4,326 4,234 7,352 8,750 1,398
国内 797 1,192 1,274 1,058 2,071 2,250 179
海外合計 2,229 3,324 3,052 3,176 5,281 6,500 1,219
北米
欧州
アジア
689
361
615
1,261
412
840
1,183
437
712
1,139
378
890
1,872
798
1,327
2,400
790
1,730
528
(8)
403
中南米
オセアニア
アフリカ
127
95
94
185
130
130
162
128
120
175
130
140
289
223
214
360
260
270
71
37
56
中近東
その他
243
5
363
3
307
3
327 550
8
690 140
(内)ダイハツ・日野 389 517 520 483 909 1,000 91

資料:トヨタの決算発表資料から作成。2012年度10~3月期の販売台数見通しは、11月発表の2012年度見通しから4~9月期実績を差引いて算出した。

 

 



2012年度に、1兆500億円の連結営業利益を見込む

 トヨタは2012年5月に、2012年度にトヨタ・レクサス車販売880万台(前年比138.8万台増)、連結売上高22兆円、営業利益1兆円(営業利益率4.4%)を目指すと発表した。

 11月の2012年度7~9月期決算発表時に、見通しを修正。中国と欧州の状況に鑑み、売上高を7,000億円減の21兆3,000億円に下方修正したが、営業利益見込みを1兆円から1兆500億円(営業利益率4.9%)に上方修正した。連結純利益は、中国事業の持分法損益で300億円程度の減少を見込むが、7,800億円に200億円上方修正した。

 2012年4~9月期は1ドル79円の円高であったが、国内外での増販など好条件が重なり、業績への追い風となった。通期の連結営業利益見通し1兆500億円のうち6,937億円(66.1%)を4~9月期に確保している。

トヨタの連結決算

(100万円)
2009年度 2010年度 2011年度 2011年
4~9月期
2012年度
4~9月期
2012年度
予想(11月)
売上高
営業利益
税引前利益
当期純利益
18,950,973
147,516
291,468
209,456
18,993,688
468,279
563,290
408,183
18,583,653
355,627
432,873
283,559
8,015,922
(32,573)
(1,403)

81,581
10,908,354
693,750
794,537
548,269
21,300,000
1,050,000
1,180,000
780,000
研究開発費
設備投資
725,300
579,000
730,300
642,300
779,800
706,700
377,300
263,800
407,400
319,200
810,000
820,000
国内
シェア
除軽(トヨタ) 48.2% 47.3% 45.5% 42.1% 48.9% 49%程度
含軽(含ダイハツ・日野) 44.3% 43.7% 43.2% 40.6% 45.1%
為替
レート
ドル 93円 86円 79円 80円 79円 79円
ユーロ 131円 113円 109円 114円 101円 100円

資料:トヨタの決算短信 (2012年5月発表と11月発表)

 

台数増加と原価改善が営業利益増に貢献、さらなる増益も

 トヨタの、ここ数年間の営業利益とその前年度対比の増減要因を見ると、2007年度に2兆円を超える営業利益を計上した後、「販売面での影響(台数の低迷)」と「為替変動の影響」が収益を圧迫してきた。しかし2010年度から販売台数の影響がプラスに転じ、2012年度はさらに大幅な販売増効果を見込んでいる。原価改善効果も3,700億円を見込む。

 為替変動の影響は、2012年度は11月時点の予想で1,100億円に縮小している。2012年12月後半からの円安傾向が定着すれば、さらなる収益の拡大が見込まれる。

トヨタの2007~2012年度連結営業利益増減要因

(億円)
営業面の
努力(影響)
為替変動
の影響
原価改善
の努力
諸経費
増減ほか
固定費削減
・金融事業
営業利益
増減額
当年度
営業損益
2007年度 2,900 0 1,200 (3,783) 317 22,703
2008年度 (14,800) (7,600) 0 (4,913) (27,313) (4,610)
2009年度 (3,700) (3,200) 5,200 385 (注2)7,400 6,085 1,475
2010年度 4,900 (2,900) 1,800 (593) 3,207 4,682
2011年度 1,500 (2,500) 1,500 (1,626) (1,126) 3,556
2012年度通期予測 5,500 (1,100) 3,700 (1,156) 6,944 10,500
資料:トヨタの決算発表資料、2012年度通期予測は11月時点の発表
(注) 1. 「営業面の努力」、「販売面での影響」、「台数・構成等の影響」(年度により異なる)は、「営業面の努力(影響)」にまとめた。
2. 2009年度の「固定費削減・金融事業」は、「固定費の削減」が4,700億円、「金融事業収益の改善」が2,700億円。
3. 2012年度の為替変動の影響について、5月発表では、通期で1ドル80円、1ユーロ105円の前提で、「為替変動の影響」は±0としていた。11月時点での見通しは1ドル79円、1ユーロ100円(10~3月期は1ドル78円、1ユーロ100円)の前提で、1,100億円の影響があるとしている。

 

単独営業赤字が200億円に縮小し、連結営業利益増加に貢献

 トヨタの海外事業を中心とする子会社群は、リーマンショックのような非常時を除き、年1兆円前後の営業利益を生み出している。一方トヨタの単独決算は2006~2007年度に1兆円を越える営業利益を計上したが、円高の影響は日本からの完成車および部品輸出を直撃するため、2008~2011年度は営業赤字が続き連結営業利益を圧迫していた。

 しかし2012年4~9月期には、「営業面の努力(2,500億円)」や「原価改善の努力(1,900億円)」が貢献し、1ドル79円の為替レート下で98.8万台を輸出しながら677億円の営業黒字となり、2012年度通期でも、1ドル79円で185万台を輸出する計画だが、営業赤字幅は200億円に縮小する見通し。

 また、国内生産300万台体制を維持しながらトヨタ単独の収益を高めるため、国内販売を強化している。2012年度通期のトヨタ車シェア(軽を除く)は、2011年度の45.5%から49%程度に高まる見込み。

 

トヨタの単独決算

(100万円)
2009年度 2010年度 2011年度 2011年
4~9月期
2012年度
4~9月期
2012年度
予想(11月)
売上高 8,597,872 8,242,830 8,241,176 3,346,600 4,879,200 9,200,000
(内)国内 3,523,100 3,059,200 3,245,800 1,224,400 1,838,600
(内)輸出 5,074,600 5,183,500 4,995,300 2,122,100 3,040,500
営業利益 (328,061) (480,938) (439,805) (322,300) 67,700 (20,000)
経常利益 (77,120) (47,012) 23,098 (75,600) 405,500 570,000
当期純利益 26,188 52,764 35,844 49,700 316,800 470,000

 

国内生産台数と輸出台数
(1,000台)
国内生産台数
輸出台数
3,206
1,644
3,004
1,698
3,119
1,670
1,235
665
1,737
988
3,300
1,850
輸出比率 51.3% 56.5% 53.5% 53.8% 56.9% 56.1%

資料:トヨタの決算短信 (2012年 11月 5日発表)

 

 



設備投資を効率化、固定費を下げ収益性を向上

 トヨタは、2006~2008年度の各年1兆3,000億円を超える大型投資が固定費を増大させたことに鑑み、従来の4割減の投資額で、従来と同等の成果を実現する方針。2009~2011年度は設備投資額を半減し、新たな拡大期を迎えた2012年度も連結設備投資を8,200億円に抑えている。

 最近稼働開始した完成車工場は、7万台という小規模でスタートし、状況により能力を拡大していく計画。

 また、トヨタは、今後3年間既に決定しているタイとインドネシア以外には新工場を新設せず、増産投資は既存工場に限定し、設備投資額も2012年度の8,200億円より下げる方針と報道されている。固定費を抑えて損益分岐点を下げ、需要変動に左右されない筋肉質の生産体制を確立するとされている。

 ただし、中近東、アフリカ、中南米などで、比較的低コストで立ち上げが可能なKD生産を強化する計画。KD担当部署を2013年1月に「KD事業企画部」として部に昇格させた(エジプトで2012年4月にKD生産を開始し、ロシア・ウラジオストク市で2012末~2013年初めに開始する)。

 また、海外のパワートレイン生産能力を増強して現地の価格競争力を高め、同時に日本からの輸出を減らすことにより収益性改善を進めている。

小規模の完成車工場を建設

生産モデル 年産能力 生産開始 投資額
インド第2工場(注1) エティオス 7万台 2010年12月
ブラジル(ソロカバ)新工場 エティオス 7万台 2012年9月 6億米ドル
タイ・ゲートウエイ第2工場 小型車 7万台 2013年央
インドネシア・カラワン第2工場(注2) 新型小型車 7万台 2013年初
(注) 1. インド第2工場は、2012年前半に年産12万台に、2013年に21万台に増強される。
2. インドネシア・カラワン第2工場は、2014年初めに年産12万台に増強される。
3. なお、下記の年産10万台を超える2工場は、リーマンショック以前に計画された。米国ミシシッピ工場は2007年2月に発表され、中国長春新工場は2008年10月に起工式を行ったが、両工場とも建設が延期されていた。
生産モデル 年産能力 生産開始 投資額
米ミシシッピ工場 カローラ 15万台 2011年10月
中国長春新工場 カローラ 10万台 2012年5月 約500億円

 

海外パワートレイン工場の新設および増強

生産機種 年産能力(増強) 生産開始 投資額
米国
米ケンタッキー工場 2.5L4気筒エンジン 44万基→54万基 2013年8月 30百万ドル
米アラバマ工場(注1) 4気筒/V6/V8
エンジン
51万基→72万基 2014年3月 80百万ドル
米ウェストバージニア工場(注2) 6速AT 27万基→52万基 2013年夏 109百万ドル
アジア
タイSTM ガソリンエンジン 74万基→84万基 2014年初 140億円
ディーゼルエンジン 32万基→61万基 2015年 400億円
インドTKAPエンジン工場 エティオス用
ガソリンエンジン
10万基 2012年秋 234億円
(アルミ鋳造等を含む)
インドTKAP変速機工場 同上変速機 24万基 2013年初め
ブラジル・中国
ブラジル・エンジン工場 4気筒エンジン 20万基 2015年後半
中国江蘇省CVT工場 CVT 24万基 2014年9月 285百万円
(注) 1. 米アラバマ工場は、既に4気筒エンジン(年産能力約21.6万基)、V6エンジン(約14.6万基)とV8エンジン(約14.4万基)を生産している。2014年3月にV6 2GRエンジンの生産(21.6万基分)を追加し、アラバマ工場のエンジン年産能力合計は50.6万基から72.2万基に拡大する。
2. トヨタはウェストバージニア工場の6速ATの生産能力を、2011年2月の27万基から2012年末に 40万基へ増強すると発表(投資額64百万ドル)。さらに2012年3月に、2013年夏に52万基にすると発表した(投資額45百万ドル)。

 

(参考資料)トヨタの決算発表資料、プレスリリース、各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>