ロシア: 欧州第2位の市場に成長、2012年販売見通しは285万台

Renault-日産-アフトワズに続き、GM/Ford/VW/トヨタも事業拡大

2012/11/29

要 約

ロシアの自動車生産・販売台数

ロシアの乗用車/LCV市場シェア (20121-10)

 ロシアの自動車販売台数は2011年に前年比38.7%増の265万台となり、ドイツに次ぐ欧州第2位の市場に成長。原油などの資源輸出が拡大し、堅調な個人消費が販売を後押しした。

 2012年も成長率はやや減速するが、安定した成長が続いており、2012年通年の自動車販売は7.4%増の285万台の見込み。生産台数も順調に拡大し、2011年は41.8%増の199万台、2012年通年では11.3%増の222万台に増加する見通し。

 メーカー別の市場シェアでは、2010年に27%を占めていたAvtoVAZ (アフトワズ)が徐々に減少し、2012年1-10月では19%に縮小。他方、現代、VW等の海外メーカーがシェアを拡大している。

 ロシアは2012年8月に世界貿易機関 (WTO) に正式加盟した。自動車業界関係者は、WTO加盟による懸念事項として、輸入関税率の引き下げの影響をあげている。一方、ロシア政府は2012年9月から新たに自動車リサイクル税を導入した。同税は輸入車および中古車の税額が高くなるように設定されており、WTO加盟による関税引き下げに対し、国内の自動車産業を保護する対策の一つとみなされている。

 市場の拡大に対応するため、海外メーカーの多くは、現地メーカーと提携して生産体制の拡充を進めている。Renault-日産はAvtoVAZの株式の過半数を取得して提携事業を拡大し、3社の年産能力を160万台に引き上げる。GMは単独工場とAvtoVAZとの合弁工場の双方を拡張する。マツダはSollers(ソラーズ)との合弁工場の生産能力を増強。Fiatはロシア最大手銀行Sberbankと提携して工場を建設し、Jeepベース車を生産する。

 (注) メーカー別乗用車・小型商用車販売台数をレポート末尾に記載した。






2012年通年の販売見通しは285万台、生産は222万台

 ロシアの自動車販売は金融危機により2009年に前年比5割減の147万台となったが、2010年に30.5%増の191万台、2011年には38.7%増の265万台に回復。生産台数も2009年の72万台から、2010年には倍増の141万台、2011年には41.8%増の199万台に拡大した。

 2012年1-10月の自動車販売は前年同期比12.9%増の244万台。欧州ビジネス協会 (AEB)は、伸び率は鈍化しているが、ロシア市場の成長は継続するとして、2012年通年の販売は285万台とする5月発表の見通しを据え置いた。

 2012年1-10月の生産台数は12.6%増の184万台。生産台数の統計を発表しているASM Holdingは、11月時点で、2012年通年の生産台数を222万台 (乗用車196万台、商用車26万台)と予測している。

ロシアの自動車生産台数と販売台数

(台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1-10月
2012年
1-10月
2012年
(見通し)
自動車生産台数 1,802,823 724,190 1,406,643 1,994,254 1,631,864 1,837,000 2,220,391
乗用車生産台数 1,468,579 595,807 1,208,362 1,738,163 1,423,956 1,621,600 1,960,094
商用車生産台数 334,244 128,383 198,281 256,091 207,908 215,400 260,297
自動車販売台数
2,928,054 1,465,925 1,912,794 2,653,408 2,162,720 2,441,663 2,850,000

資料:ASM Holding, 欧州ビジネス協会 (AEB), 他
(注) 1. 2010年以降の販売台数は、大型トラックを含まない。
      2. 2012年の生産見通しはASM Holdingの予測 (11月発表)、販売見通しはAEBの予測 (5月発表、11月据え置き)

 

 



ロシア:WTO加盟の影響、自動車リサイクル税の導入

ロシア:WTO 正式加盟による自動車産業への影響

関税の引き下げ  ロシアは2012年8月に世界貿易機関 (WTO) に正式加盟した。これにより、乗用車 (新車) の輸入関税を現在の30%から25%に引き下げ、さらに2019年までに段階的に15-12.5%に引き下げる。中古車についても、35-70%だった関税を加盟時に25%に引き下げ、さらに2019年までに20%に引き下げる予定。
部品関税
減免措置の撤廃
 2011年にロシア政府が導入した"工業組み立て措置"の新規定は、現地調達率を引き上げるなどの条件で輸入部品の関税を減免する措置であり、WTO協定に抵触するため、2018年6月末で撤廃する。2011年の新規定で政府と協定を締結したOEMは、2018年7月以降、通常の関税を支払わなければならなくなる。
 上記の"工業組み立て措置"は、年産 30万台 (既存施設活用の場合 35万台)、エンジン・ギアボックスの生産、研究開発センターの設置、現地調達率 60%の達成を条件に、2020年までの 8年間、通常 5-20%の部品関税率を 0-5%に減免するとしていた。既に AvtoVAZ-Renault-日産-Kamaz-Daimler の5社連合、Ford-Sollers、VW-GAZ、GM等が政府と協定を締結している。

ロシア:自動車リサイクル税を導入

リサイクル税の
導入
 ロシア政府は2012年9月1日から、自動車リサイクル税を導入し、徴収を開始した。廃車処理費用の徴収という名目で、輸入または国内で製造される四輪車以上の乗用車、トラック、バス等を対象に、課税する。特に輸入車・中古車の税額が高くなるように設定されており、WTO加盟後の自動車関税引き下げに対し、国内自動車産業を保護する対策の1つとみなされる。
課税額  税額は基礎税額 x 係数に基づき算出する。乗用車の課税額は使用年数と排気量に応じて変わり、法人による輸入の場合、新車は1万7,200~11万ルーブル、中古車は10万6,000~70万200ルーブル、トラックは使用年数と総重量に応じ、新車は7万5,000~43万5,000ルーブル、中古車は13万2,000~177万ルーブル。
課税対象の例外  課税対象の例外規定により、"スクラップの安全な取り扱いを保証する義務を負う機関によって製造される場合"は、課税されない。具体的な要件としては、"ロシア連邦で登録された法人であること""工業組み立て措置の枠組みで輸送機器の製造を行っていること"等があり、例外適用を受けた企業の大半が国内メーカーだが、日系メーカーでは日産、トヨタ、三菱自-PSA等が例外適用を受けている (2012年9月時点)。

資料:JETRO WTO加盟に伴うロシアの関税・制度変更のポイント 2012.8, 通商弘報 2012.9.18
(注) 1ルーブル=約2.66円 (2012年11月下旬)。

 

 



主要自動車メーカーの生産拠点

ロシア:主要自動車メーカーの生産拠点

組立工場 年産能力
(1,000台)
生産車種
AvtoVAZ
(Renault-日産)
Togliatti
(Samara州)
1,000→1,200
(2016年)
Lada Largus, Granta, Classic, Samara, Kalina;
Nissan Almera;
(2013夏-) Renault Logan
GM-AvtoVAZ Togliatti
(Samara州)
70→120
(2015年)
Chevrolet Niva, Viva, Tahoe, Epica, Lacetti;
Cadillac CTS, STS, SRX; Lada 4x4 (予定)
(2013年春に新工場の建設開始、2015年末に稼働予定)
IzhAvto Izhevsk
(ウドムルト共和国)
120→300
(2016年) 
Lada 車を生産
(Renault/日産車も生産予定)
GAZ Nizhny Novgorod
(Nizhny Novgorod州)
250 Chevrolet Aveo
(2012年末-) VW Jetta; Skoda Octavia, Yeti
(2013年-) Mercedes-Benz Sprinter T1N
Ford-Sollers Yelabuga
(タタルスタン共和国)
75 (Sollersの既存工場)
Ford Explorer, Kuga, S-Max, Galaxy, Transit
Naberezhniye Chelny
(タタルスタン共和国)
- (Sollersの既存工場)
現在、塗装・溶接工場を追加するなど設備刷新中
Vsevolozhsk
(St. Petersburg市)
125 (Fordの既存工場)
Ford Focus, Mondeo
Sollers-Bussan Vladivostok
(極東部)
0→12
(2012年末)
(三井物産との合弁。2012年末から生産開始予定)
Toyota Land Cruiser Prado
Mazda Sollers
Manufacturing Rus
Vladivostok
(極東部)
50→100
(未定)
Mazda CX-5, (2013年-) Mazda6
(Sollers車も生産予定)
UAZ
(Sollersの子会社)
Ulyanovsk
(Samara州)
120 (Sollers-Isuzuが2012年6月に生産移転)
Isuzu N-Series (Elf); UAZ車
KAMAZ Inc. Naberezhniye Chelny
(タタルスタン共和国)
66 Kamaz, M-Benz, Fusoトラック
Avtotor Kaliningrad
(Kaliningrad州)
300→350
(2014年)
Kia, Hyundai, BMW, Chevrolet, Cadillac, Opel車を生産
TagAZ Taganrog
(Rostov州)
180 Hyundai, TagAZ, BYD車を生産
General Motors
Avto
Susary
(St. Petersburg市)
98→230
(2015)
Opel Antara, Astra; Chevrolet Captiva, Cruze
Volkswagen Rus Kaluga
(Kaluga州)
165 VW Tiguan, Polo; Skoda Fabia, Octavia
(2013年半ばにAudi車の生産を再開する計画)
Fiat St. Petersburg 0→120
(2014年)
(Sberbankが出資予定、2014年に生産開始)
Jeepベース車
Volvo Trucks Russia Kaluga
(Kaluga州)
15 Volvo トラック, Renault トラック, シャシー
(2014年より両ブランドのトラック向けキャブも生産)
Avtoframos
(Renault子会社)
Moscow 175 Renault Logan, Sandero, Duster, Megane,
Fluence, Koleos, Latitude
Peugeot-Citroen
Mitsubishi
Automotive Rus
Kaluga
(Kaluga州)
125 (2012年からCKD生産)
Peugeot 408, Mitsubishi Outlander,
(2013年-) Citroen C4 L, Mitsubishi Pajero Sport
Nissan
Manufacturing Rus
Kamenka
(St. Petersburg市)
50→100
(2014年)
Nissan Teana, X-Trail, Murano,
(2014-) 次期型 Qashqai
Toyota Motor
Manufacturing
Russia
Susary
(St. Petersburg市)
50 Toyota Camry
Hyundai Motor
Manufacturing Rus
Kamenka
(St. Petersburg市)
200 Hyundai Solaris; Kia Rio

 

 



Renault-日産: ロシア最大手AvtoVAZ (アフトワズ) の株式の過半数を取得して提携強化

Renault-日産-AvtoVAZの計画

中期計画  Renault-日産-AvtoVAZ 3社のロシアにおける2011年販売は87.9万台で、市場シェアは33.1% (AvtoVAZ 21.8%, 日産 5.5%, Renault 5.8%)。2015年までに3社の市場シェアを40%に、2016年までに3社の年産能力を160万台に引き上げる計画。
Renault-日産が
AvtoVAZ株の
過半数を取得
 Renault-日産 Allianceとロシア政府系の投資会社 Russian Technologiesは、2012年5月、3社で合弁会社を設立し、AvtoVAZの株式を保有・管理することで合意した。
 Renault-日産 は2014年までに 7.5億ドルを投じて(Renault 3億ドル、日産 4.5億ドル) 3社合弁会社の株式の67.13%を取得する。一方、同合弁会社は2014年までにAvtoVAZの株式の74.5%を取得する。これにより、Renault-日産は、間接的にAvtoVAZ株の 50.01% を保有することになる。(Renaultは2008年に既にAvtoVAZの株式の25%を取得している。)
AvtoVAZの
Togliatti工場を
拡充
 Renault-日産-AvtoVAZ は AvtoVAZ の Togliatti工場に 4億Euro (日産とAvtoVAZが各25%、Renaultが50%出資) を投じて年産能力 35万台の生産ラインを新設し、2012年 4月に稼働を開始した。Togliatti工場の6本目のラインで、同工場全体の年産能力は約100万台に拡大した。
 まず、AvtoVAZ の Lada Largus ほか Ladaブランド 2車種、2012年11月から日産 Almera、2013年から Renault ブランド2車種を生産する。将来は、日産のDatsunブランド車も生産する計画。
Lada Largusを
共同開発
 AvtoVAZが2012年4月に生産を開始したLada Largusは、3社が共同開発した初のモデルで、2/5/7人乗りのMPV。Renault-日産のB0プラットフォーム(Dacia Loganが使用) を採用した。

日産単独の計画

中期計画  日産は2016年までにロシアでの販売台数を2011年時 (16.1万台) の 3倍にし、市場シェアを 10%に引き上げることを目指す。また、2015年までにロシアで販売される日産車の最大80%を現地生産する予定。
St. Petersburg
工場を拡充
 日産は1億6,700万Euroを投資し、St. Petersburg工場にプレス・樹脂工場を含む5万平方メートルの生産施設を増設する。2014年度の年産能力は現行の2倍の10万台となる見込み (2012年5月発表)。これにより5車種の混流生産が可能となり、Qashqaiの次世代車を生産する計画。
ロシア専用車の
日産Almeraを
投入
 ロシア市場向けに開発した 4ドア5人乗りセダン。荒れた路面に対応するため、最低地上高が160mmと高く、エンジンルームの下側は鋼板で保護されている。AvtoVAZのTogliatti工場で生産され、2013年初頭に発売される予定。価格は未発表だが、手頃な価格に設定される見込み。

 

 



ロシアメーカー:AvtotorはMagnaとロシア西部に自動車クラスターを建設

AvtotorとMagna:Kaliningrad州に自動車クラスターを建設

 外国メーカーの自動車を生産しているロシアのAvtotorとカナダの部品メーカーMagnaは、ロシア西部のKaliningrad州に25万台規模の自動車生産クラスターを建設する契約を締結した。最大6つの自動車工場と15の部品工場を建設する計画で、いくつかの段階を経て、2018年に完了する計画。自動車クラスターには、Avtotorが現在提携するBMW、GM、起亜などが参加する見込み。

 

 



欧米メーカー (GM/Ford/VW/Fiat) の動向

GM:単独工場と合弁工場の生産能力増強、合計35万台へ

St. Petersburg
工場を拡張
 GMは同社単独のSt. Petersburg工場を拡張し、年産能力を現行の9万8,000台から2015年までに23万台に拡大する (2012年6月発表)。従業員は現行の2,500人から4,000人に増員する。2012年8月のモスクワモーターショーに出展した新型セダン Opel Astra もこの工場で生産する。
AvtoVAZと合弁で
新工場建設
 GMは、AvtoVAZと折半出資する GM-AvtoVAZにおいても、年産能力を現行の7万台から12万台に増強することを決定した(2012年9月)。2013年春に、既存工場に近い Samara州 Togliatti Special Economic Zone で車体工場とプレス工場のほか、研究開発拠点や物流センターの建設を開始する。投資額は約62億ルーブル。2015年末に稼働を開始し、Chevrolet NIVA の次世代モデルを生産する予定。
 GMは2012年から5年間に、ロシアで10億ドルを投資する方針。上記2つの工場の生産能力増強により、GMのロシアにおける年産能力は合計35万台となる。

 

Ford:Sollersとの合弁会社でFord車の現地生産を5車種追加

 Fordは、Sollers との折半出資合弁会社 Ford-Sollers の業務を2011年10月に開始した。Ford の 既存工場であるVsevolozhsk工場では既に Focus と Mondeo を生産していたが、Tatarstan共和国にある Sollers の Yelabuga工場では、2012年 1月に商用車の Transit、7月に SUV の Kuga とExplorer, MPV の S-Max と Galaxy の生産を開始。これにより、ロシアで販売する Ford車の 95%以上が現地生産車となった。

 

VW:Kalugaにエンジン工場を新設、Audi車のロシアでの生産再開

中期目標  VWは中期目標として、ロシアでの年間販売台数を、2018年までに50万台にする (2011年は約23万台)。既に約10億Euroをロシア市場に投資したが、目標達成のため、さらに10億Euroを投資して、現地生産拡大や新モデル投入を進める計画。
エンジン工場新設  投資計画の一環として、2012年8月、約2.5億Euroを投じてエンジン工場を新設すると発表した。ロシア西部のKalugaにあるVW工場の近くに、クランクケース、シリンダヘッド、クランクシャフトの製造からエンジン組立まで行う、年産能力15万基の工場を建設する。生産するエンジンはKaluga工場のほか、VW車を委託生産するGAZのNizhny Novgorod工場にも供給する。
Audi車の
生産再開
 近年、富裕層が増加したロシアでは高級車需要が拡大している。それを受けてAudiは、2013年半ばに現地生産を再開する計画を明らかにした (2012年9月)。親会社であるVWのKaluga工場で、乗用車のA4, A6, SUVのQ5, Q7を生産する見込み。Audi車の生産は、Kaluga工場がSKD方式からCKD方式に切り替わった2010年に中止していた。

 

Fiat:ロシアでのJeep車生産・販売プロジェクトでSberbankと合意

 Sollersとの提携交渉が不調に終わったFiatは、2012年2月、ロシア最大手の国営銀行 Sberbankと、ロシアでのJeep車生産・販売プロジェクトについて合意した。Sberbankは同プロジェクトへの融資を行うほか、合弁会社に最大20%出資する意向。Jeep車をベースにしたSUVを中心に、小型商用車など他の車種も生産する予定。St. Petersburgに年産能力12万台の工場を建設し、2014年に稼働開始する計画。また、ロシアのトラックメーカー ZILに委託して、モスクワでも車両を生産する。総投資額は8.5億Euro。

 

 



日本メーカー (トヨタ/マツダ/三菱自動車) の動向

トヨタ:St. Petersburg工場で生産拡大、ウラジオストクでの生産は2012年末に延期

ロシア工場の
工程追加
 トヨタはロシアのSt. Petersburg工場に、プレスおよび樹脂成形の工程を追加すると発表した (2012年2月)。従来は溶接、塗装、組立工程を行っていたが、今後も市場成長が期待できるロシアにおいて、さらなる現地化を推進する。追加工程の稼働開始は2014年内の予定で、拡充に関わる投資額は約27.5億ルーブル。
ロシア工場の
2直化
 トヨタはSt. Petersburg工場で生産するCamryの販売が好調なため、2012年9月より同工場で2直稼働を開始した。2直化に伴う新規雇用は約600名で、従業員数は約1,750名に増加した。2011年の生産台数は2万台だったが、2直化により倍増する見込み。
ウラジオストク
での生産延期
 トヨタは、ロシアの大手自動車メーカーSollersと三井物産がウラジオストクに建設する合弁工場で、SUV Land Cruiser Prado をKD生産する。当初は2012年春に開始する予定だったが、工場の建設が遅れているため、同年末に延期する。生産規模は月産1,000台程度。

 

マツダ:Sollersとの合弁会社でCX-5とMazda6を生産

年販目標10万台  2011年のロシア市場におけるマツダの販売は約4万台。2012年は5万台を目指し、2016年には倍増の10万台規模とする方針。
Sollersとの
合弁生産開始
 マツダとSollersは2012年9月、ロシア極東のウラジオストク市で折半出資合弁会社 Mazda Sollers Manufacturing Rusを開所した。投資総額は100億ルーブル。工場は10月に車両組立ラインのみで操業開始し、SUVのCX-5と新型Mazda6 (日本名:Atenza)を生産する。当初の年産能力は約5万台。将来は車体・塗装工場を新設し、年産10万台規模を目指す。

 

三菱自動車とPSA:Kaluga合弁工場でCKD生産を開始

 三菱自動車とPSAは2012年7月、合弁会社 PCMA Rus (PSA 70%, 三菱30% 出資) のKaluga工場でCKD生産を開始した。同工場では2010年4月からPeugeot 308や三菱 OutlanderのSKD生産を行っていたが、2012年7月にPeugeot 408、11月に三菱の新型Outlander、2013年に Citroen C4 L、三菱 Pajero Sport のCKD生産を開始する。2012年7月時点で10%程度だった現地調達率を、2014年には30%以上に高める計画。

 

 



商用車メーカー(Volvo/Daimler)の動向

Volvo:2014年からVolvo/Renault トラックのキャブ生産を開始

 Volvo Groupは、Kaluga工場に7億8,300万クローナ (約1.2億ドル) を投じて、2014年から Volvo/Renaultトラックのキャブ生産を開始する (2012年9月発表)。キャブの年産能力は15,000台。同工場は2009年1月からトラックを生産しているが(年産能力は15,000台)、現在、キャブはスウェーデンから輸入している。Volvoによると、ロシアにおける西欧メーカー製高級大型トラックの市場規模は2012年通年では28,000台となり(2010年時の2倍)、今後さらに拡大する見込み。

 

Daimler: Kamazにキャブを供給、GAZと商用バンを生産

Kamazに
大型トラックの
キャブを供給
 Daimler は2012年6月、ロシアの商用車メーカー Kamaz にMercedes-Benz の大型トラック Axorのキャブを供給する契約を締結した。Kamazは2013年に、同キャブを使用した新型トラックを投入し、長期的には2万台以上を販売する計画。Kamazは、2020年の生産台数を2012年比2倍の10万台に引き上げる方針。DaimlerはKamazに15%出資している。
GAZと商用バン
を共同生産
 Daimlerは2012年6月、ロシアの商用車メーカー GAZ と、Mercedes-Benz の商用バン Sprinter T1N のロシアでの生産準備を開始した。同バンの生産は、2013年上期にGAZのNizhny Novgorod工場で開始する予定。プロジェクトへの投資額は、Daimlerが1億Euro、GAZが9,000万Euro。両社は2010年12月に共同生産について合意していた。

 

 



(参考)メーカー別乗用車・小型商用車販売台数

メーカー別乗用車/小型商用車販売台数 (現地生産車+輸入車)

(台)
2009年 2010年 2011年 2011年
1-10月
2012年
1-10月
AvtoVAZ 349,490 522,924 578,387 493,187 449,164
GAZ 58,205 76,647 89,773 73,176 72,576
UAZ 34,660 49,043 57,148 44,452 48,151
Tagaz 5,187 7,284 1,840 1,323 1,268
ロシアメーカー 447,542 650,120 727,148 612,138 571,159
トヨタ 75,128 90,296 133,203 106,229 142,585
ホンダ 23,222 18,159 19,101 15,735 17,713
日産 68,851 84,288 145,869 113,019 138,986
マツダ 30,643 24,926 39,718 31,930 38,831
三菱自動車 41,354 45,538 74,166 58,841 59,872
スズキ 25,335 28,690 35,469 29,650 27,951
スバル 9,598 8,552 12,371 10,163 11,686
いすゞ 86 330 371 368 143
日本メーカー 274,217 300,779 460,268 365,935 437,767
GM 141,695 158,567 243,265 198,963 242,045
Ford 88,977 100,816 118,031 93,676 105,517
Chrysler 1,203 1,261 2,327 1,705 4,255
米国メーカー 231,875 260,644 363,623 294,344 351,817
VW 94,018 131,312 228,799 178,602 260,985
Renault 72,284 96,466 154,734 125,327 155,433
PSA 42,136 53,153 71,944 58,866 65,875
Fiat 18,830 21,943 28,254 23,943 6,984
Daimler 13,435 21,847 31,761 25,909 33,412
BMW 17,036 21,585 30,167 24,058 32,247
Jaguar/Land Rover 10,208 10,828 14,365 11,046 16,983
Porsche 1,264 1,572 2,202 1,894 3,028
欧州メーカー 269,211 358,706 562,226 449,645 574,947
起亜 70,088 104,235 152,873 127,081 157,519
現代 74,607 87,081 163,447 129,698 146,739
Daewoo 51,414 74,419 92,778 79,479 73,589
Ssangyong 9,020 12,526 22,692 17,243 25,591
韓国メーカー 205,129 278,261 431,790 353,501 403,438
Chery 10,844 8,909 7,278 5,456 16,191
BYD 1,001 574 2,007 1,482 2,282
Lifan 2,673 7,700 17,910 14,480 16,887
Great Wall 2,490 3,637 6,777 5,172 10,849
Geely 7,681 1,944 25,269 18,234 30,378
中国メーカー 24,689 22,764 59,241 44,824 76,587
その他メーカー 13,257 41,520 49,112 42,333 25,948
合計 1,465,917 1,912,794 2,653,408 2,162,720 2,441,663

資料:Association of European Businesses (AEB)
(注) Ford の台数には、2010年まで Volvo の台数が含まれる。Volvo は2010年 8月に中国・Geely に売却されたため、2011年以降の Volvo の台数は Geely に含まれる。

参考資料:各社広報資料、各種報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>