2012年上半期の米国3社:GMとFordは欧州の大幅赤字の影響で減益

Fordは、中国とタイで生産能力増強、世界共通生産システムを導入

2012/08/14

要 約

GM/Ford/Chryslerの世界販売台数 以下は、2012年上半期(1~6月期)の米国3社(GM, Ford, Chrysler)の業績、今後の動向の概要である。米国3社は、2010年、2011年と順調に業績を回復させてきたが、2012年上半期は、欧州事業の大幅赤字と南米事業の利益急減が響いて(Fordは、アジア・大洋州・アフリカも赤字)、GMのEBIT-adjusted(支払金利前税引前利益-調整後)は、前年同期の50億ドルから43億ドルに減少し、FordのPre-tax Profit(税引前利益)は54億ドルから36億ドルに減少した。

 米国3社の収益源となっている米国市場は堅調で、GMは2012年のLight vehicle市場規模を1,400~1,450万台と予測している。ただし、2010年、2011年に上昇した3社の米国シェアは、2012年1~7月では前年同期47.1%から45.0%に低下した(Chryslerはシェアを拡大)。

 GMは、シェアが多少落ちても、破産法申請以前のように増産してインセンティブを積み増してシェアを維持することはせず、商品力を高めて収益性を守るとしている(2012年上半期の北米事業のEBIT-adjustedは3,656百万ドルで前年同期比4.4%増)。

 Fordは、欧州や南米も含め"One Ford Plan"を徹底していく方針。さらに8月に、世界共通生産システム"Global One Manufacturing System"を導入すると発表した。

 また欧州市場について、GMとFordは近く本格的なリストラ策を打ち出すとされている。

 Chryslerは小売販売台数の90%が北米であり、GMやFordが受けた欧州・南米の影響が少なく、また米国市場においても2012年1~7月の販売台数は27.7%増加し、業績は順調に拡大している。2012年6月に、Fiatとの共同開発第1号モデルとなるDodge Dartを発売した。2013年から、Fiatと共同開発したモデルを大量に北米市場に投入する。

関連レポート:GM:2011年の純利益は過去最高の76億ドル(2012年3月)
                :Ford:2015年の販売目標は800万台(2012年5月)               



GM:2012年上半期のEBIT-adjustedは、50億ドルから43億ドルに減少

 GMの2012年1~6月期の売上高は756億ドルから754億ドルに微減。第2四半期では4.4%の減少。GMは、専ら他の主要通貨に対するドル高の影響であるとしている。

 EBIT-adjustedは、連結で50億ドルから43億ドルに減少。部門別には、GMの北米(GMNA)、国際部門(GMIO)、GM Financialは順調だが、欧州事業(GME)は617百万ドルの赤字、南米事業は64百万ドルに56.5%減(第2四半期は19百万ドルの赤字)となった。

 GMは2012年見通しとしては、米国Light vehicle市場規模を1,400~1,450万台と予測。北米事業の第3四半期の利益(EBIT-adjusted)も、第1四半期の1,691百万ドルと同水準を維持すると見込んでいる。

 欧州については、2012年2月に、PSAとプラットフォームの共有化と共同調達で合意した。また労働組合との交渉が多国間にわたるので時間がかかるが、リストラ計画の詳細を協議している。

 赤字に陥った南米市場には、Cruze HB、Sonic、Spin MPVを投入する計画。

GM:世界販売台数

(1,000台)
旧GM+新GM 新GM
2009年 2010年 2011年 2011年 1~6月期 2012年 1~6月期
GMNA (北米) 米国 カナダ、メキシコ、他 2,084 400 2,215 410 2,504 420 1,262 207 1,316 209
合計 2,484 2,625 2,924 1,468 1,524
GME (欧州) 1,668 1,663 1,735 922 852
GMIO (国際部門) 販売台数 2,453 3,072 3,302 1,627 1,791
(内)中国 1,824 2,348 2,573 1,272 1,415
GMSA (南米) 872 1,025 1,065 522 504
世界合計 7,477 8,385 9,026 4,538 4,671

(注)GMIO(GM International Operations)は、欧米とGMSAを除く地域を担当し、本部を上海に置いている。

 

GM:部門別売上高と損益

(100万ドル)
2010年 2011年 2011年 1~6月 2012年 1~6月
Net Sales and Revenue GMNA(北米) GME(欧州) GMIO(国際部門) GMSA(南米) GM Financial 83,035 24,076 20,561 15,379 281 90,233 26,757 24,761 16,877 1,410 45,238 14,329 11,610 8,259 625 47,076 11,407 13,005 8,118 918
Corporate & elimination (7,740) (9,759) (4,494) (5,152)
Net Sales & Revenue合計 135,592 150,276 75,567 75,373
EBIT-adjusted (Earnings before Interest and Taxes) GMNA(北米) GME(欧州) GMIO(国際部門) GMSA(南米) GM Financial 5,688 (1,953) 2,262 818 129 7,194 (747) 1,897 (122) 622 3,502 107 1,159 147 274 3,656 (617) 1,086 64 398
Corporate & elimination 86 (540) (185) (286)
EBIT-adjusted 合計 7,030 8,304 5,004 4,301
Operating income 5,108 5,656 3,400 2,817
Net income (loss) 4,668 7,585 5,387 2,491

 

欧州事業:PSAとの提携と、Bochum、Ellesmere Port工場についての決定

PSAと提携  2012年2月、PSAとグローバル規模での提携を発表。PSAは戦略的投資のため、増資により10億ユーロを調達する。GMは増資の一部を引き受けてPSAに7%出資し、Peugeot創業家に次ぐ第二位の株主になるが、両社は従来通り独立して生産・販売活動を行う。
 主に小型・中型の乗用車・MPV・クロスオーバー車に焦点を当て、まずBセグメント車(年230万台)とDセグメント車(年160万台)の、プラットフォーム、部品、モジュールの共通化を進め、共有するプラットフォームベースの新型車を2016年までに発売する。
 グローバル規模の、共同部品調達会社を設立する。両社合わせた部品とサービスの年間調達額は約1,250億ドル(約10兆円)。2位以下の自動車メーカーを大きく超える。またPSAグループのGefcoが、欧州とロシアでGMのロジスティクスに協力する。
Opel Mokka を発売  GMは2012年内に、2012年ジュネーブモーターショーに出展したOpel/Vauxhall Mokkaを発売する。Buick Encoreの姉妹車であるBセグメントのSUVで、Urban carと伝統的なSUVを融合させたとして4WDも設定する。1.6L自然吸気と1.4Lターボガソリンエンジン、1.7Lディーゼルエンジンを搭載。GMは、今後このセグメントが拡大すると期待している。
GM:欧州2工場の生産車種について発表
ドイツ Bochum工場  欧州GM(Opel)は、2012年6月、労働組合の上部機関であるIG Metalと協議し、ドイツのBochum工場は、現モデルのライフサイクル中はZafiraの生産を継続すること、また2016年末までは一方的な解雇は行わないことを確認した。
英国 Ellesmere Port  Astraは現在ドイツRuesselsheim、英国Ellesmere Port、ポーランドGliwiceの3工場で生産している。2015年に導入する予定の次期型Astraについては、Ruesselsheimでの生産をやめ、英国とポーランドで生産することを決定した。両国の労働組合と、より柔軟な労働条件を含む協約を締結した。

 

 



Ford:One Ford Planをさらに推進、世界共通生産システムを導入

 Fordの業績は、2010年、2011年と順調に回復・拡大してきたが、2012年上半期は卸売り販売台数が減少し、減収・減益となった。

 地域別には、欧州が553百万ドルの税引前赤字、南米が大幅減益(59百万ドルの税引前利益、87.6%減)、アジア・大洋州・アフリカが161百万ドルの税引前赤字となった。

 特に欧州市場は、循環的というより構造的な問題に直面しており、2012年通年で10億ドルの大幅赤字を見込む。Fordは、近く具体的な改善策を打ち出すとしている(2012年7月発表)。

 販売・利益が低下している地域について、Fordは"One Ford Plan"により、各セグメントをリードする燃費、安全性、デザインなどに優れる新型車を投入し競争力を高めていくとしている。

 北米市場は、販売台数・売上高とも前年同期を超え、営業利益率が10.8%に達するなどFordの業績を支えている。しかし2012年1~7月期の米国シェアが前年の16.9%から15.6%に低下し、2012年通年でも米国市場シェアの低下を予測している。

 米国でのシェアダウンは、Fordが2012年上半期の米国市場の状況をやや控えめに見て、低い生産計画を組んだことの影響もあるとされている。Fordは、第3シフト導入や夏休み期間の短縮などで2012年後半に増産する計画。また2012年第2四半期に新型Escapeを投入、後半に新型Fusionを投入する。いずれも、中核となる量販モデルとして期待している。

 中期の計画として、Fordは2015年に世界販売800万台を目指し(2011年6月発表)アジアを中心に過去50年間で最大規模の業容拡大を計画している。この計画をサポートするために、世界共通生産システム"Global One Manufacturing System"を導入すると発表した(2012年8月発表)。

Ford: 世界販売台数(卸売り台数)

(1,000台)
2009年 2010年 2011年 2011年 1~6月 2012年 1~6月
North America 1,927 2,413 2,686 1,351 1,370
South America 443 489 506 249 237
Europe 1,568 1,573 1,602 854 731
Asia Pacific Africa 604 838 901 468 467
その他(PAGなど) 324 211
世界合計 4,866 5,524 5,695 2,922 2,805

 

Fordの連結業績

2009年 2010年 2011年 2011年 1~6月 2012年 1~6月
Revenue (10億ドル) 118.3 129.0 136.3 68.6 65.7
Pre-tax results (100万ドル) 454 7,149 8,681 5,382 3,633
Net income attributable to Ford (100万ドル) 2,699 6,561 20,213 4,949 2,436

 

Ford: 部門別売上高と損益

売上高(10億ドル) 税引前利益(100万ドル)
2010年 2011年 2011年 1~6月 2012年 1~6月 2010年 2011年 2011年 1~6月 2012年 1~6月
North America 64.4 75.0 37.4 38.3 5,409 6,191 3,752 4,143
South America 9.9 11.0 5.2 4.7 1,010 861 477 59
Europe 29.5 33.8 17.7 14.3 182 (27) 469 (553)
Asia Pacific Africa 7.4 8.4 4.2 4.6 189 (92) 34 (161)
Other Automotive (1,493) (601) (325) (269)
Special items-Automotive 8.1 (1,151) (82) (333) (489)
Total Automotive 119.3 128.2 64.5 61.9 4,146 6,250 4,074 2,730
Financial Services 9.7 8.1 4.1 3.8 3,003 2,431 1,308 903
Total Company 129.0 136.3 68.6 65.7 7,149 8,681 5,382 3,633
(注) 1. Fordによると、南米市場での利益急減は、販売台数減、各国での保護主義的な動き、競合の激化などによる。
2. またアジア・大洋州・アフリカは、市場は堅調だが、新型車投入、将来の成長に備えての設備投資の負担で赤字となった。

 

Ford:2012年後半に、北米で年間ベース40万台分の増産体制を構築

低めだった 生産計画  Fordは、2012年前半の北米市場規模を低く見積もったことによる在庫不足を解消するため、生産体制の強化を進めている。Ford北米での2012年1~6月生産実績は141.4万台で、前年比4.7万台増。
夏季休暇短縮で 4万台増産  Fordは、北米のChicago Assembly、Dearborn Truckなど6完成車工場と、主要エンジン、トランスミッション工場で、2012年の夏季休暇を通常の2週間から1週間に短縮する。従来計画比で4万台を増産する。
年間ベースで 40万台増産体制  Fordは、上記の他に、完成車およびパワートレイン工場で第3シフトの導入や生産ラインのスピードアップを進めている。2012年後半に、夏季休暇短縮効果4万台を含めて、年間ベースで40万台増産できる体制を構築する。

 

Ford:中国とタイで生産能力を増強

中国 (重慶工場増強 と 浙江工場新設)  Fordの中国合弁会社 Changan Ford Mazda Automobile (CFMA)は、2012年2月、年産15万台の重慶第2工場を完成させた。中国全体の乗用車生産能力は、重慶第1工場(25万台)、南京工場(20万台)を含め60万台に拡大した。Ford Focusを生産する。
 2012年4月6日、重慶工場の拡張計画を発表。乗用車生産能力を合計35万台(第1工場で10万台、第2工場で25万台)増強する。近く拡張工事を開始し、2014年後半に生産を開始する。Fordの中国での乗用車生産能力は95万台に拡大する。
 2012年4月19日、FordとCFMAは、760百万ドルを投資して浙江省杭州市に新しい乗用車工場を建設すると発表した。2015年に年産25万台で生産を開始し、CFMAの乗用車生産能力は120万台、2012年比2倍に拡大する。
タイ  Fordは2012年5月、Fordが単独で450百万ドルを投資し建設したタイ新工場の開所式を行った。年産能力は15万台。6月に新型Focusの生産を開始した。タイの生産能力は、マツダと合弁のAutoAlliance Thailandを含めて42.5万台に拡大した。
(注) Fordが2011年6月に発表した中期計画では、2015年までに世界で800万台を販売する計画。また2020年までに、世界販売の約32%がアジア・大洋州・アフリカ地域になるとしている(2011年実績では15.8%)。

 

Ford:世界共通生産システムを導入

Global One Manufacturing System  Fordは、同社のグローバル生産拠点に、各国共通となる新たな生産システム(Global One Manufacturing System)を導入する(2012年8月発表)。2015年までに、1工場で生産できる車種数を25%増やし、2シフト基準での工場稼働率を27%向上させる。
フレキシビリティを 向上  2011年にFordの生産拠点の55%がフレキシブルなbody shopを持つが、2012年に65%に高める。アジアなどに新設する工場は、6~7車種を混流生産可能にする。
アジア地域で 生産体制増強  Fordは、2015年にグローバルで800万台販売する計画(2011年6月発表)達成のため、アジア・大洋州・アフリカ地域に9の新工場を建設し、年間生産能力を290万台に拡大する計画。
ヴァーチャル ツール使用を拡大  Fordは、車両の組立工程をシミュレートするヴァーチャルツールの使用を拡大して、生産ラインの設計を効率化し、新モデル導入時の効率を高める。ヴァーチャルツールと世界共通化した生産プロセスにより、投資効率を年率8%向上させていく。

 

 



Chrysler:2012年に世界販売240万台、営業利益30億ドルを見込む

 Chryslerは、2012年上期の小売販売台数のうち90%が北米地域(メキシコを含む)であり、GMやFordに比べ欧州や南米の影響が少なく、米国の自動車市場の回復を受けて業績が順調に拡大している。

 2010年~2011年初めに北米に投入した、16の大幅およびマイナー改良車(Fiat 500と従来からのChrysler車15車種)が2011年~2012年7月の販売に大きく貢献している。

 (大幅およびマイナー改良車16モデルについては、2010年5月13日付レポート 「Chrysler:2010年1Qは営業黒字、通年でBreakeven~営業黒字を見込む」 をご参照ください。)

 2012年6月に、Fiatとの共同開発第1号車となる、Fiatの低燃費技術を豊富に取り込んだコンパクト車Dodge Dartを発売した。2013年から、Fiatと共同開発したコンパクト車/中型車を北米市場に大量投入する

 2012年通期の見通しとしては、販売台数230~240万台、売上高650億ドル程度、営業利益(Modified Operating Profit)が30億ドル以上と、順調な業容拡大を見込んでいる。

Chrysler: 地域別世界小売販売台数

(1,000台)
2010年 2011年 2011年 1~6月期 2012年 1~6月期
U.S. Canada Mexico 1,085 205 79 1,369 231 82 640 122 39 834 131 40
北米合計 北米の販売比率 1,369 90.3% 1,682 90.7% 801 91.0% 1,005 91.0%
International(北米以外) 147 173 79 100
Total 1,516 1,855 880 1,105

 

Chrysler業績の主要指標

(100万ドル)
2010年 2011年 2011年 1~6月期 2012年 1~6月期 2012年 Guidance
Worldwide Shipments (1,000台) Net Revenues Modified Operating Profit Modified EBITDA 1,602 41,946 763 3,461 2,011 54,981 1,975 4,754 999 26,785 984 2,464 1,237 33,154 1,495 2,808 2.3~2.4 M 65,000程度 3,000以上
Net income (loss) (652) 183 (254) 909 1,500程度
Adjusted Net Income (652) 734 297 909
(注) 1. Modified Operating Profitは、Net Incomeに、税負担、支払い利息、従業員福祉関連経費、リストラ経費、その他の財務上の経費を戻して算出する。
2. Modified EBITDA (Earnings before interest, tax, depreciation and amortization)は、Modified Operating ProfitにDepreciation and amortizationを戻して算出する。
3. Adjusted Net Incomeは、2011年第2四半期における、551百万ドルの負債削減に伴う特別経費など、一時的経費を除く。
4. 2012年 Guidanceは、2012年2月に発表した内容を、2012年第2四半期決算発表時に確認した。
5. 2012年1月、FiatはChrysler株式5%を追加取得して58.5%を保有し、残りの41.5%はUAWのVEBAが保有。2012年7月、FiatはVEBAからChryslerの株式3.3%を買取り、Fiatの保有比率を61.8%に高めると発表した。

 

Chrysler:2012年6月にDodge Dartを発売

プラットフォーム  Fiatが開発したコンパクト/中型車用プラットフォーム(Alfa Romeo Giulietta、Fiat Bravoが搭載)のロングホイールバージョンである、CUSW(Compact US Wide)プラットフォームをベースに開発した。
エンジン  2.0L自然吸気エンジン、1.4L MultiAirターボエンジンを設定。将来2.4L MultiAirエンジンも設定する。
トランスミッション  6速MT、6速AT、6速DDCT(Dual Dry Clutch Transmission)を提供。
価格等  コンパクトクラスの燃費と中型車の室内空間を両立。クラスをリードする60のSafety & security featuresを搭載。 価格は15,995ドルから22,495ドル。

 

 



2012年1~7月米国市場:3社の合計シェアは45.0%(前年比2.1%減)

 2012年1~7月、米国市場規模は前年比14.0%拡大した。

 2010年と2011年の2年間をかけて2.2%回復した米国3社の合計シェアは、2012年1~7月には47.1%から45.0%に低下した。自動車メーカー別には、GMは2.0%減、Fordは1.3%減、しかしChryslerは10.2%から11.4%にシェアを拡大した。

 大震災の影響から立ち直った日本自動車メーカーのシェアは、35.0%から36.9%に上昇した(現代自グループのシェアは9.1%→9.0%、欧州自動車メーカー合計シェアは8.9%→9.1%)。

米国市場でのLight Vehicle自動車メーカー別販売台数とシェア

2010年 2011年 2011年 1~7月 2012年 1~7月 前年比
販売台数 GM 2,211,699 2,503,797 1,476,525 1,516,950 102.7%
Ford 1,964,059 2,143,101 1,250,051 1,313,865 105.1%
Chrysler 1,085,211 1,369,114 751,958 960,157 127.7%
米国3社計 5,260,969 6,016,012 3,478,534 3,790,972 109.0%
日本自動車メーカー 4,475,708 4,457,532 2,585,985 3,109,911 120.3%
現代自動車 894,496 1,131,183 672,965 755,471 112.3%
欧州自動車メーカー 958,671 1,174,158 655,382 769,595 117.4%
米国全体需要 11,589,844 12,778,885 7,392,866 8,425,949 114.0%
2010年 2011年 2011年 1~7月 2012年 1~7月 シェア増減
市場シェア GM 19.1% 19.6% 20.0% 18.0% -2.0%
Ford 16.9% 16.8% 16.9% 15.6% -1.3%
Chrysler 9.4% 10.7% 10.2% 11.4% 1.2%
米国3社計 45.4% 47.1% 47.1% 45.0% -2.1%
日本自動車メーカー 38.6% 34.9% 35.0% 36.9% 1.9%
現代自動車 7.7% 8.9% 9.1% 9.0% -0.1%
欧州自動車メーカー 8.3% 9.2% 8.9% 9.1% 0.3%
米国全体需要 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%

(注)2009年米国市場全体は10,431,509台、3社の販売台数合計は4,680,385台でシェア44.9%。

 参考資料:各社の、決算発表資料・プレスリリースと各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>