フランクフルトモーターショー2011 (3):米日メーカーの展示取材

GMはOpelブランドで超小型EVコンセプト RAK eを、Ford はPHVコンセプト Evosを展示

2011/10/31

要 約

 IAA 64 フランクフルトモーターショー2011がMesse Frankfurtで2011年9月15日から25日にかけて開催された(プレスデーは9月13、14日)。本レポートは、3回に分けて報告する展示取材の、米日メーカーを報告する最終回。今回は、米メーカーのGMのOpel ブランド、Chevroletブランド、Ford、日本メーカーではトヨタ、ホンダ、日産(Infinitiブランドのみ)、マツダ、富士重工、スズキを取りあげる。



GM:Opelブランドで2人乗りのEVのコンセプトカーRAK e、8代目 Chevrolet Malibuを披露

 米GM傘下のOpelは4つのモデルを初披露した。コンセプトカーとしては、2人乗りの超小型EV RAK eを披露。安価な材料を使用しており、近々生産される可能性もある。市販車で初披露したのは、上級ミニバンZafira Tourer、3ドアクーペAstra GTC、FiatからOEM供給を受けた小型商用車Combo。

 Chevroletブランドでは、中型セダン8代目Malibu、2人乗りHVスポーツカーコンセプト Miray、ピックアップのコンセプトカーColorado Rally conceptを展示。GMはこれらの2ブランドの他に、Cadillacブランドでも出展を行っていた。

 

Opelの2人乗りEVのコンセプト RAK e RAK eの後部
Opelの2人乗りEVのコンセプト RAK e RAK eの後部

 

Opel:2人乗りEVコンセプトカーRAK e、3代目上級ミニバン Zafira Tourerを展示

RAK e  前後2人乗りの超小型EVのコンセプトカー。車室部分は鉄製フレームを合成樹脂で覆って形成。これにより、安全性と受け入れやすい価格を実現できるとのこと(注)。近々生産される可能性もある。モーターで駆動される後輪は、二輪車のようなスウィングアームサスペンションで支えられている。
 全長は約3m、全高は119cm、後輪の輪距(トレッド)は60cm。車体重量は380kg。最高出力36.5kW/49hpのモーターと容量5kWhの電池を搭載し、航続距離は約100km。最高速度は120km/hだが、各国の法規によっては45km/hに抑えることで16歳からでも運転が可能。
Ampera  Chevrolet Volt(PHV)のOpel 版。40-80kmのEV走行が可能。搭載するガソリンエンジンを利用することで、最大500kmまで航続距離を伸ばせる。欧州の規制下(R(EC)715/2007)での燃費は、1.2L/100km、CO2排出量は27g/km。2011年末発売。GMの米Hamtramck工場で製造され、欧州へ輸出される。
Zafira Tourer  7人乗り上級ミニバンの3代目。Flex7と名付ける、シートアレンジシステムを持つ。3人掛けの2列目シートは、それぞれ独立しており、210mmの範囲で前後に動かすことも可能。また、2列目シートの真ん中のシートは回転させることで、残りの2座席のアームレストとして利用できる。また、2列目、3列目シートは全て床面に収納でき、フラットな荷室とすることが可能。
 先代に比べ、ホイールベースは57mm大きくなり2,760mm。交通標識認識機能、車線逸脱警告機能、追突警告機能、緊急ブレーキ機能などの先端的な安全装備を持つ、2代目のOpel Eyeをオプションで選べる。
Astra GTC  5人乗りの3ドア小型クーペ。5ドアハッチバックモデルであるAstraの名前を冠しているが、外装部品はほとんど共有していないとのこと。5ドアAstraと比べて、最低地上高が10mm低くなり、ホイールベースは10mm大きくなり2,695mm。2011年内に発売。2代目Opel Eyeをオプションで設定。
Combo  乗用にも使える、小型商用車の3代目。この3代目は、FiatからDobloのOEM供給を受ける。発売は2012年2月から。

(注)同じような超小型EVコンセプトカーである、VW Nilsの車体はアルミニウム製、Audi urban conceptは炭素繊維強化樹脂製。

 

OpelのPHV Ampera Amperaのシャシーのミニチュアモデル
OpelのPHV Ampera Amperaのシャシーのミニチュアモデル

Opelの上級ミニバン Zafira Tourer

3ドアクーペ Astra GTC
Opelの上級ミニバン Zafira Tourer 3ドアクーペ Astra GTC

Fiat DobloのOEM供給を受けたLCV Opel Combo。
Fiat DobloのOEM供給を受けたLCV Opel Combo。

 

Chevrolet:8代目Malibuと2台のコンセプトカーを展示

Malibu  Chevroletブランドで、最も長い歴史を誇る中型セダンの8代目。同ブランドの中型車を北米以外の地域で発売するのはこのMalibuが初めて。初の欧州販売は2012年から。米国の他、韓国、中国で生産される予定。
 先代より全長は13mm短くなり4,859mmとなったが、全幅は1,854mmと69mm拡大。欧州では、2.4Lのガソリンエンジンと2.0Lのディーゼルエンジンが用意される。
Miray  2人乗りのHVスポーツカーコンセプト。2個のモーター(最大出力15kW) とリチウムイオン電池(容量1.6kWh) は前輪部に搭載され、1.5L 4気筒ターボ付エンジンは座席後部に設置。
Colorado Rally
concept
 Chevroletブランドの次世代中型ピックアップの方向性を示すコンセプトカー。AWDのダブルキャブタイプのピックアップ。2.8Lターボディーゼルエンジン搭載。50mm高さを調整できるサスペンションや、140mm可動域があるショックアブソーバーを備えるなど、オフロード走行性能を高めている。

 

中型セダンMalibuの8代目 HVスポーツカーコンセプト Miray
中型セダンMalibuの8代目 HVスポーツカーコンセプト Miray

ピックアップのコンセプト Colorado Rally concept
ピックアップのコンセプト Colorado Rally concept

 



Ford:PHVコンセプトカー Evosの展示のほか、技術展示にも力を入れる

 Fordは、PHVのコンセプトカーEvos、高性能なFocus STを展示。Evosはクラウディング・コンピュータを利用した、車載情報システムを搭載しており、運転手の予定や癖、路面状態、天気などの情報を組み合わせた、ユーザーそれぞれにカスタマイズされた情報を提供する。

 Fordは、自動車メーカーの展示の中で、安全装備やパワートレインなどの技術展示が充実していた。

 

PHVコンセプトカー Evos Focusの高性能版、Focus ST
PHVコンセプトカー Evos Focusの高性能版、Focus ST

 

Ford:クラウディング・コンピュータを利用したPHVコンセプトカー Evosを展示

Evos  Fordのデザインと技術の方向性を示すPHVコンセプトカー。ガルウィングの4ドアで、前部ドアは前方へ、後部ドアは後方へ跳ね上がる(注1)。全長×全幅×全高は4.50m×1.97m×1.36mで、全幅はCセグメント車としては幅広いスタイル。
 クラウディング・コンピュータを利用した、次世代の車載情報システムを提案。運転手の予定や健康状態、運転の癖などの情報に、クラウド上に持つ渋滞や天気の情報を付け加え、個々人に最適な情報を提供する。例えば、運転手の技量や癖と路面状態に合わせて、エンジンやサスペンションなどを調整し、快適性/安全性を高めることができる。
 搭載するパワートレインは、FordがCloud-optimized hybrid powertrainと呼ぶシステム(仕様などは未公表)。クラウドから得た予想走行ルート・天候などの情報を用いて、燃費が良くなるようにモーター、ガソリンエンジンを制御する。航続距離は800km。
Focus ST  Cセグメント車Focus の 高性能版。2.0L EcoBoostエンジン(最大出力250PS/最大トルク360Nm) と6速MTを搭載。2012年に全世界で発売予定。欧州向けにはワゴンモデルも用意される。
(注) 1. Peugeotが、同モーターショーで展示した、コンセプトカー HX1も同じ形式のドアを持つ。
2. Fordは、北米で2012年にPHV C-MAX Energiを発売する予定。

 

Focusを横倒しにして、底面の配置が分かるように展示 衝突時にベルトが膨らみ安全性を高めた、後部座席用シートベルト
Focusを横倒しにして、底面の配置が分かるように展示 衝突時にベルトが膨らみ安全性を高めた、後部座席用
シートベルト。2011年内に北米発売車に搭載。

Ford 最小の1.0L EcoBoostエンジン
Ford 最小の1.0L直列3気筒 EcoBoostエンジン。
欧州では2012年にFocusに搭載される予定。

 



日本メーカー:マツダが全てのスカイアクティブ技術を採用したCX-5を、富士重工 SUV XVを初披露

 日本メーカーは、年末に地元開催の東京モーターショーがあるためかやや寂しい展示。本格的な新型車の初披露は、マツダの新技術群スカイアクティブを初めて全て採用したCX-5と、富士重工のSUV XVのみ。特に日産は、Infinitiブランドでの展示のみで、会場では「なぜ日産ブランドの展示はないのか?」との声も聞かれた。

 

マツダの新型コンパクトSUV CX-5 富士重工の新型クロスオーバーSUVスバル XV
マツダの新型コンパクトSUV CX-5 富士重工の新型クロスオーバーSUVスバル XV

 

マツダ

CX-5  コンパクトSUVの新モデルであるCX-5。新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」と、新技術群スカイアクティブの全てを初めて採用したモデル。新たに採用されたスカイアクティブ技術は、ディーゼルエンジン、AT、MT、ボディー、シャシー。ディーゼルエンジン スカイアクティブ-D 2.2を搭載したモデルのCO2排出量は119g/km。2012年春発売予定。

 

富士重工

XV  クロスオーバーSUV XVの量産準備モデル。従来モデルはインプレッサXVとのモデル名であったが、インプレッサの名前は外された。新世代のボクサーガソリンエンジン、新開発のCVT(リニアトロニック)を搭載。ガソリン車モデルには、新たに開発されたアイドリングストップ機能が付く。まずは欧州市場に投入される予定。
BRZ  トヨタと共同開発している後輪駆動の小型スポーツカーのスバルブランドでのモデル名。当モーターショーではBRZの技術展示として、パワートレイン・シャシーのスケルトンモデル"SUBARU BRZ PROLOGUE" - BOXER Sports Car Architecture II を披露。IIでは、専用に開発された水平対向エンジンが搭載されている。市販車は2011年11月~12月の東京モーターショーで展示予定。

 

BOXER Sports Car Architecture II Toyota FT-86 II concept
トヨタ/富士重工共同開発のFRスポーツカーの技術モデル:
"SUBARU BRZ PROLOGUE"
- BOXER Sports Car Architecture II
トヨタ/富士重工共同開発のFRスポーツカーのコンセプトモデル:
Toyota FT-86 II concept

 

トヨタ

Toyota FT-86 II
concept
 富士重工と共同開発している、後輪駆動のスポーツカーのコンセプト。初披露された3月のジュネーブモーターショーのモデルと比べて、ボディーカラーがブラックからオレンジに変更された。2012年春に発売予定で、市販版は2011年11月30日からの東京モーターショーで発表予定。
Toyota Prius
ファミリー
 トヨタは、HV Priusファミリーの3モデルを展示。(1)Prius +:日本ではPrius αの7人モデルとして発売する、MPVタイプのPrius。(2)Prius Plug-in Hybrid:2012年に発売が予定されている、外部から充電が可能で、EV走行距離がPriusより拡大されたPHVモデル。(3)New Prius:3代目Priusのマイナーチェンジモデル。
Lexus GS 450h  2011年8月に発表された4代目Lexus GSのハイブリッドモデル。AWDモデルGS350 と同じ3.5L V6ガソリンエンジンにLexusハイブリッドシステムを搭載し、システム最高出力は252kW/同最大トルクは345Nm 。欧州複合燃費は6.3L/100km。日本では2012年初め発売。

 

7人乗りのHVの欧州版Prius + Lexusブランドの新型GSのHVモデル GS450h
7人乗りのHVの欧州版Prius + Lexusブランドの新型GSのHVモデル GS450h

 

日産

Infiniti ETHEREA  2011年3月にジュネーブモーターショーで初披露した、全長4.4mの5ドアコンパクトカーのHVコンセプトモデル。ハイブリッドシステムはM35h(日本名フーガハイブリッド)と同じ1モーター/2クラッチ方式を採用。セダン、ハッチバック、クーペ、クロスオーバーを合わせたスタイルだとする。フロントガラスがルーフの頭頂部まで届き、サイドドアは観音開き方式。

(注)日産は、同モーターショーの開催期間中、Daimlerのプラットフォームを用いたInfinitiブランドの小型車を2014年に発売すると発表した。

 

ホンダ

Civic  欧州向け5ドアCivicの新モデル。欧州の顧客向けに、乗り心地、ハンドリング、インテリアの質感に焦点を当てて開発。エンジンは1.4Lと1.8Lのガソリンエンジンと2.2Lディーゼルエンジンが用意される。発売は2012年初め。

 

スズキ

Swift Sport  新型スイフトをベースにしたスポーツモデル。専用のM16Aエンジン・6速MTを搭載し、走行性能を高めた。2011年10月よりハンガリー工場で生産開始。

 

日産 Infinitiブランドの5ドアコンパクトカーのコンセプト ETHEREA ホンダの新型Civicの欧州向けモデル
日産 Infinitiブランドの5ドアコンパクトカーのコンセプト ETHEREA ホンダの新型Civicの欧州向けモデル

スズキの新型Swiftのスポーツモデル
スズキの新型Swiftのスポーツモデル

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>