Daimler の商用車事業:2011年上期のトラック販売は17%増の18万台

西欧/北米で販売拡大、インド/中国で新工場建設

2011/10/20

要 約

 Daimler AGの売上高の約3割を占める商用車事業は、Daimler Trucks、Mercedes-Benz Vans、Daimler Buses の3部門で構成される。

 経済危機により販売台数が大幅に落ち込んだ2009年に対し、2010年はトラック部門が37.0%増の35.5万台、バン部門も35.4%増、バス部門も20.4%増と大幅増加した。2011年1-6月もトラック部門が17.1%増、バン部門が15.0%増と拡大したが、バス部門は4.8%減少した。

 2011年上期のトラック受注台数は24万台で、06年のピーク時以来最高となり、2011年通年のトラック販売は前年を上回る見込み。バンも販売が拡大するが、バスは横ばいの見通し。

 西欧と北米の中・大型トラック市場は回復傾向を示しており、ドイツと米国では生産拡大のために2,300人を新規に雇用する計画。新興国市場でも需要拡大に対応し、インドと中国では新工場を建設、ブラジルでは生産能力を拡充する。

 新型車投入では、2011年にシティバスのMercedes-Benz Citaroと、Euro6に適合する初の大型トラックActrosを投入。電動車両では、2010年9月に中型ハイブリッドトラックAtegoを発売。また、Mercedes-Benz初のEVバン Vito E-CELLを生産し、実証実験を実施している。



2011年1-6月のトラック販売は17%増の18.1万台、2013年目標は50万台超

 Daimler Trucks部門は、欧州と南米をMercedes-Benzブランド、北米をFreightlinerブランドとWestern Starブランド、アジアを三菱ふそうブランドでカバーし、小型・中型・大型トラックを生産・販売する。Mercedes-Benz Vans部門の主要市場は欧州で、GVW 1.9~7.5tのバンを生産・販売する。Daimler Buses部門は8t超のバスが中心で、主に欧州、中南米、北米市場において、Mercedes-Benz, Setra, Orionブランドで販売する。

 2010年販売は、経済危機で急減した2009年に対し、トラック、バン、バスの3部門とも20~35%増と大幅増加した。2011年1-6月はトラック部門とバン部門は引き続き販売が拡大したが、バス部門は4.8%減少した。

 Daimlerの2011年通年予測によると、トラック販売は欧州とNAFTA地域の回復、新興国市場での事業拡大により2010年を上回る見込み。バン部門も、欧州の回復に加え、米国と中国で需要が増加し、販売が拡大する。バス部門は、欧州とNAFTA地域での完成車販売が減少するが、南米での車台販売は拡大し、前年並みの販売となる見込み。

 2010年末に発表したDaimler Trucks部門の事業目標では、2013年の販売を50万台以上としている (2010年は35.5万台)。

Daimlerの商用車事業:車種別販売台数

(台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
Trucks 516,087 467,667 472,074 259,358 355,263 154,354 180,718
Vans 256,895 289,073 287,198 165,576 224,224 106,048 122,007
Buses 36,192 39,049 40,591 32,482 39,118 19,226 18,308
Total 809,174 795,789 799,863 457,416 618,605 279,628 321,033

資料:Daimler Annual Report 2010, Q2 2011 Interim Report
(注) 内数として含む三菱ふそう車は、06年 187,638台、07年 188,719台、08年 197,724台、09年 99,500台、10年140,700台 。10年 1-6月 61,569台、11年1-6月 47,160台。

 



2011年の欧州・北米トラック市場は30-40%拡大の見込み (Daimler予測)

 Daimler Trucks部門の地域別販売では、2010年はすべての主要地域 (欧州、米国、中南米、日本) で販売が拡大。特にブラジルでは経済回復と減税措置により需要が大幅拡大し、中南米での販売は56.8%増加した。西欧の中・大型トラック市場におけるDaimlerのシェアは23.0%から24.3%に拡大、米国のClass 6-8 トラック市場でのシェアも30.0%から32.6%に高まり、いずれもシェアトップとなっている。

 2011年1-6月は、西欧では主要市場が拡大して28.6%増、米国では2010年排出ガス規制適合モデルの競争力が高く39.1%増と大幅増加。中南米市場はほぼ横ばいで、アジアは日本での震災による生産停止等が響き微増にとどまった。

 Daimlerは2011年の世界のトラック市場について、欧州は35-40%増、NAFTA地域は30-35%増、震災の影響がある日本は10%減と予測。新興国市場の状況は国により異なり、ブラジルは減税措置の延長と排出ガスの規制強化により15~20%増、ロシアも2桁成長を示すが、インドの成長は小幅になり、世界最大市場の中国では政府の優遇策の終了により需要は減少する見込み (2011年7月時点の予測)。

Daimlerの商用車事業:車種別・地域別販売台数

Daimler Trucks 部門
(1,000台)
西欧 NAFTA (米国) 中南米 アジア その他 合計
2009年 44.0 62.0 52.0 37.0 87.0 29.0 259.0
2010年 55.0 77.0 63.0 58.0 120.0 45.0 355.0
2010年 1-6月 21.2 n.a. 30.6 27.2 51.4 23.9 154.4
2011年 1-6月 27.2 n.a. 42.6 27.3 53.3 30.3 180.7
Mercedes-Benz Vans 部門
西欧 東欧 米国 中南米 中国 その他 合計
2009年 128.1 11.0 1.6 9.4 1.3 14.1 165.6
2010年 156.8 16.4 10.5 12.5 12.2 15.9 224.2
2010年 1-6月 76.2 6.7 5.2 5.9 3.6 8.4 106.0
2011年 1-6月 83.3 10.4 7.8 5.8 6.0 8.7 122.0
Daimler Buses 部門
西欧 NAFTA 中南米 アジア その他 合計
2009年 7.2 3.9 16.3 2.0 3.1 32.5
2010年 7.2 3.9 23.2 1.5 3.4 39.1
2010年 1-6月 2.8 1.6 12.6 0.5 1.7 19.2
2011年 1-6月 2.0 1.7 12.5 0.6 1.6 18.3

資料:Daimler Annual Report 2010, Q2 2011 Interim Report
(注) NAFTA は、米国/カナダ/メキシコ。

 



商用車事業の2011年1-6月売上高は15%増、EBITは74.9%増

 Daimlerの商用車事業の2010年売上高は、26.3%増の363.9億Euro。EBIT (Earnings before Interests and Taxes) は、09年の7.92億Euroの赤字に対し、販売台数増と経費削減により19.89億Euroの黒字に回復した。2011年1-6月も欧州・米国で販売が増加し、売上高は15.0%増、EBITは74.9%増の13億Euroとなった。

 2010年末にDaimler が発表した事業目標では、2013年にDaimler Trucks部門の売上高EBIT率を8% (2010年5.5%) に高めるとしている。

Daimlerの商用車事業:業績

(100万Euro)
2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
Production (1,000 units) 425 628 289 338
Revenues Daimler Trucks 18,360 24,024 10,726 12,890
Mercedes-Benz Vans 6,215 7,812 3,674 4,220
Daimler Buses 4,238 4,558 2,216 1,997
商用車事業合計 28,813 36,394 16,616 19,107
EBIT Daimler Trucks (1,001) 1,323 430 889
Mercedes-Benz Vans 26 451 191 379
Daimler Buses 183 215 120 28
商用車事業合計 (792) 1,989 741 1,296
設備投資 788 1,189
研究開発費 1,521 1,772
Employees (人) 103,113 103,397 102,404 107,450

資料:Daimler Annual Report 2010, Q2 2011 Interim Report

 



欧米日市場:ドイツと米国で計2,300人を新規雇用

 2011年上期の受注状況から、西欧と北米のトラック市場は大幅拡大が見込まれるため、Daimler Trucks部門は、ドイツと米国で計2,300人を新規雇用して、生産を拡大する。日本では、三菱ふそうが中期事業計画を発表。2015年の海外販売を、2010年の約2倍となる20万台超とするとしている。

欧米日市場における動き

ドイツ Daimlerは2011年 8月、Mercedes-Benz Wörth工場で最大 1,000人の正規従業員を採用すると発表した。受注増に加え、9月末から大型トラック Actros の新型車を生産するため。既に下半期の土曜日シフトも実施することが決定している。9月より新規雇用を開始し、2012年の春までに採用を完了する予定。
米国 Daimler Trucks North America (DTNA) は生産拡大のため、2011年上期中に米国とメキシコで1,300人を新規雇用する。
DTNA は、2010年に米国エネルギー省から "21st Century Truck Technology Partnership" への参加を認められ、今後 5年間に 4,000万ドルの資金援助を受けて、環境対応の商用車およびエンジンを開発する。
日本 Daimlerは2011年 1月、三菱ふそうが実施した 300億円 (約 271百万Euro) の第三者割当増資を引き受け、出資比率を 85% から 89.29% に引き上げた。三菱ふそうはこの増資により、今後回復が見込まれる世界的な商用車市場に対応し、事業を拡大するとしている。
三菱ふそうは2011年10月に、2015年までの事業計画 "FUSO2015" を発表。新興国市場への新規参入や、小型トラック分野の成長が期待される北米での拡販により、2010年に 11.6万台だった海外販売を、2015年に 20万台超とする計画。

資料:Daimler Annual Report 2010, Q1/Q2 2011 Interim Report, Press Release 2011.8.12, 三菱ふそう Press Release 2011.1.11, 日刊自動車新聞 2011.10.15

 



新興国市場:インド/中国に新工場建設、ブラジルで生産能力拡充

 新興国市場では、ロシアで現地メーカーのKamazと小型トラックの合弁生産を開始し、GAZとはバン生産に関して覚書を交わした。ブラジルでは大幅な市場拡大に対応し、年産能力を15%増の7.5万台に引き上げた。インドでは新工場を建設し、インド市場専用のBharatBenzブランドで小・中・大型トラックを生産・販売する。中国では北汽福田汽車とトラックを合弁生産する。アルジェリアでは、Daimlerの株主のAabar社、アルジェリア政府、Daimlerが協力し、大型トラック/バスの合弁生産を行う。

新興国市場での展開

ロシア Daimler と ロシアのトラック大手 Kamaz が2009年末に設立した合弁会社 Fuso Kamaz Trucks Russia は、2010年 4月からロシアの Chelny工場で、小型トラック Fuso Canter の生産・販売を開始。1年間で約1,000台を生産した。2010年末には、ロシアでのアクスル生産について協力する旨の覚書を Kamaz と交わした。(Daimler は2008年12月に Kamaz の株式を 10% 買収。2010年第 2四半期に出資比率を 15%に高め、戦略的提携関係を強化した。)
2010年第 4四半期に、Daimlerとロシアの商用車メーカー GAZ は、ロシアにおける Mercedes-Benz Sprinter (バン) の生産について覚書を交わした。エンジン、トランスミッション、アクスル等も現地生産し、Sprinter および他の GAZ製品に使用する計画。
ブラジル Mercedes-Benz do Brasil は2010-2013年に 650百万Euro を投資し、トラックを生産する 2工場と開発部門を整備している。2011年 6月には計 1,250人を新規雇用すると発表 (アルゼンチン工場の人員も含む)。Sao Bernardo do Campo 工場では第 3シフトを開始し、年産能力を 15%増の 7.5万台に引き上げた。Juiz de Fora 工場では設備を追加し、2012年から大型トラックの Actros を生産する計画。
2010年のブラジル市場における GVW 6t以上のトラック販売は16.2万台。Daimler は、2020年の同販売は20万台以上になると予測しており、需要拡大への対応を急いでいる。
インド Daimler India Commercial Vehicles (DICV) は、440億ルピーを投じてタミルナド州 Oragadam に商用車工場を建設中。2012年からインド市場専用の新ブランド BharatBenz (Bharat はインドを意味する) で、GVW 6t~49t の商用車全車種を展開する方針。小型トラックについては三菱ふそうの Canter、中大型車については M-Benz の車両をベースとして、新ブランド車を開発する。
Daimler によると、インドは今後 10年で 7-8% の経済成長が見込まれる。インドの中・大型トラック市場は既に中国に次ぐ世界第 2位の規模となっているが、2020年には現在の 2倍の規模に拡大すると予想される。
中国 Daimlerと北汽福田汽車 (Beiqi Foton Motor) は、2011年 9月、折半出資の商用車合弁会社 Beijing Foton Daimler Automotive の設立について中国政府 (商務部) の承認を得た。新会社は中・大型トラックおよび搭載エンジンの開発・生産を行う。トラックの年産能力は 16万台。Foton Auman (欧曼) ブランドで、中国および海外で販売する計画。
アルジェリア Daimler, アルジェリア政府、Aabar Investment PSJ (アラブ首長国連邦の企業で、Daimler の株式を 9% 保有する) は、2011年 3月、アルジェリア・Rouiba市における大型トラック/バスの合弁生産について覚書を交わした。Daimler が部品供給と技術支援を行い、Aabar とアルジェリア政府が設立する合弁会社が組立生産を担当する。Daimlerは北アフリカにおけるプレゼンスを強化し、アルジェリアの市場拡大に対応するとしている。
Daimler, アルジェリア政府、Aabar は、2009年 7月にも覚書を交わした。同覚書の内容は、アルジェリア・Tiaret市の組立工場に、Daimler が Sprinter (バン)、Unimog (多目的作業用自動車)、G-Class (SUV) のモジュールを供給するというもの。

資料:Daimler Annual Report 2010, Press Release 2011.2.17/2011.3.22/2011.6.30/2011.9.26

 



新型車投入:排出ガス基準 Euro6 に適合する大型トラックActrosを発売

 Daimler は、2011年5月に路線バス Citaroの新型車を発売、7月には大型トラックActrosの新型車を投入した。新型Actrosは、次期排出ガス基準である Euro6 に適合している。三菱ふそうは、2010年11月に小型トラックCanterの新型車を日本で発売。Daimler Groupの世界戦略車として、2012年末までに世界40以上の市場に投入する。

新型車の投入(2010年秋~2011年夏)

Mercedes-Benz
Citaro
Daimler Buses 部門は2011年 5月、Mercedes-Benz Citaroの新型車を発表した。Citaroは13年間に31,000台を販売した路線バスの最量販モデル。BlueTecエンジンを搭載し、排出ガス基準 Euro5 および EEV (Enhanced Environmentally Friendly Vehicles) に適合。また、路線バスでは初めて ESP を搭載し、安全性能も向上させた。
Mercedes-Benz
Actros
Daimler Trucks 部門は2011年 7月、大型トラック Actros の新型車を欧州で発売した。Actros は15年間に70万台を販売したモデル。欧州の次期排出ガス基準である Euro6 (新規車種は2013年、継続車種は2014年から施行) に適合するトラックの第 1号。現行基準Euro5適合の新型車も販売する。燃費向上も進み、旧モデルと比較すると、新型車の Euro6適合モデルは 4.5%、Euro5適合モデルは 7.6%向上した。
Fuso Canter 三菱ふそうは2010年11月、小型トラック Canter をフルモデルチェンジし、日本で発売した。三菱ふそうと Fiat Powertrain Technologies が共同開発した低燃費の 3L "4P10型" ディーゼルエンジン、小型トラック用としては日本初の BlueTecシステム (再生制御式 DPF + 尿素 SCR)、トラックでは世界初の デュアルクラッチトランスミッションを搭載。 2015年度重量車燃費基準を 2-7% 上回り、ポスト新長期排出ガス規制の規制値より NOx, PM を 30% 低減した。
新型 Canter の開発は、Daimler Trucks 部門が世界共通で展開している"商用車開発システム"に従って実施。世界戦略車として、日本で発売後、2011年 3月に北米、5月に豪州、7月にニュージーランド、9月に香港市場に投入した。2011年10月にポルトガルで生産を開始し、欧州市場に展開する予定。2012年末までには 40以上の海外市場に投入する計画。

資料:Daimler Press Release 2011.6.29, 三菱ふそうPress Release 2010.11.11/2011.10.17

 

 電動車両では、2010年9月に中型HV (ハイブリッド) トラックAtego BlueTec Hybridを発売。2010年末には、Mercedes-Benz初のEVバン Vito E-CELLを生産し、実証実験を行っている。三菱ふそうは、小型HVトラックのHVシステムを利用し、大型HVトラックを開発している。

電動車両の投入(2010年秋~)

Mercedes-Benz
Atego BlueTec
Hybrid
Daimler Trucks 部門は、2010年 6月、中型 HV (ハイブリッド) トラック Mercedes-Benz Atego BlueTec Hybrid の量産モデルを発表。その後、ドイツ政府の"電動化推進計画"の一環として、50台を近距離配送業者に納品し、試験運用を実施。2010年 9月から、一般に販売を開始した。Daimlerにとって欧州でHV トラックの量産車を投入するのは初。
Atego BlueTec Hybrid は、パラレル HV システムを搭載。最高出力 160kW・最大トルク 810Nmの 4.8L 4気筒エンジン、最高出力 44kW・最大トルク 420Nm の永久磁石モーター、容量 2kWh のリチウムイオン電池を使用。従来のディーゼルエンジン車より、燃費が 10-15%向上し、騒音は大幅に低減する。
Mercedes-Benz
Vito E-CELL
Mercedes-Benz 初の EV バン。容量 36kWh のリチウムイオン電池は床下に搭載され、広い荷室スペースを確保。モーターの最高出力は 60kW、最大トルクは 280Nm、航続距離は 130km、最大積載重量は 900kg。最高時速は用途と航続距離を考えて、80km/h に制限されている。2010年末までに 100台を生産し、ベルリンとシュツットガルトで実証実験を実施中。次の段階では、2,000台を生産し、欧州全体に導入する計画。
三菱ふそう
大型トラック
HV車
三菱ふそうは、GVW 25t クラスの大型 HV トラック "Super Great Eco Hybrid" を Daimlerと共同開発し、走行試験を実施している (2011年10月報道)。商品化済みの小型 HV トラック "Canter Eco Hybrid" に搭載しているパラレル式 HV システムを利用し、インバーターなどを大型仕様向けに開発。燃費は従来のディーゼルエンジン車より 10%以上改善され、4.4-4.8km/Lを達成。高速道路を 15万km走行した場合、CO2排出量を 11t削減できる。

資料:Daimler Press Release 2011.9.27, Presentation "The New Atego" 2010.6.29, 日刊工業新聞 2011.10.17

 



(参考) Daimler:国別中型/大型トラック・バス生産台数

Daimler:国別中型/大型トラック・バス生産台数

(台)
ブランド Heavy Trucks Buses
2008年 2009年 2010年 2008年 2009年 2010年
Germany Mercedes 118,576 49,180 78,301
Evobus 5,919 5,347 4,710
Unimog 1,236
France Evobus 630 667 551
Portugal Fuso 4,770 944
Evobus 177 82 95
Mercedes 347 2,376
Spain Evobus 1,293 699 962
Turkey Mercedes 16,807 3,691 12,050 3,510 2,773 2,462
Argentina Mercedes 1,531 443 106
Brazil Mercedes 43,254 34,156 47,064 22,595 18,756 26,675
Canada Sterling 11,568 1,267
Mexico Mercedes 5,473 2,665 2,886
Freightliner 24,158 18,055
USA Freightliner 49,122 18,925 65,167 7,010 6,873 6,206
Mercedes 185
Western Star 3,432 1,988 3,560
TBB 4,347 3,738 4,146
Orion 819 1,069 743
Japan Fuso 122,200 54,600 98,200 15,274 8,194 11,409
Total 395,123 183,153 306,903 68,578 51,306 60,951
資料:OICA (International Organization of Motor Vehicle Manufacturers)
(注) 1. 集計対象は、トラック・バスとも GVW 6t 以上。
2. Japan の Fuso は三菱ふそうトラック・バス。USA の TBB は Thomas Built Buses。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>