LMC Automotive 2018年9月自動車市場月報(グローバル)

2018年9月販売は8.5%減の788.5万台、季節調整済み年率換算販売は9,022万台/年へ急減

2018/10/19

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 2018年9月の世界全体のライトビークル販売は、前年同月比8.5%減の788.5万台となった。9月の季節調整済み年率換算販売台数は9,022万台/年となり、過去最高であった8月の9,968万台/年から急減した。
  • 8月は新排ガス規制WLTPの導入を前にした駆け込み需要から欧州を中心に販売が大きく膨らんだが、予測された通り9月の販売は厳しい反動減に見舞われた。ただ、9月は欧州に限らず北米や南米、アジア大洋州に至る全主要地域で販売が前年割れとなった。



解説

北米

  • 米国の9月のライトビークルの販売台数は、前年同月比5.2%減の144.3万台となった。9月の個人向け販売は、8.4%減少し、約115万台となった。しかしながら、最近のTesla Model3の車両供給の増大を背景に、コンパクトプレミアムカーセグメントの販売は前年同月比44%増の高い伸び率を示した。9月のフリート販売は10%増となった。こうしたフリート販売の好調を支えに、9月の季節調整済み年率換算販売台数は1,756万台/年となり、8月から約80万台増加した。
  • カナダやメキシコでも9月販売は前年割れとなった。カナダの9月販売は6.8%減の17.5万台、季節調整済み年率換算販売台数は194万台/年となった。9月以外で2018年に季節調整済み年率換算販売が200万台/年を下回ったのは、4月と7月のみである。また、メキシコの販売は9月も減少し、16ヶ月連続で前年割れとなった。9月販売は11.4万台、季節調整済み年率換算販売台数は150万台/年となった。

欧州

  • 西欧の9月販売はWLTP導入の影響から前年同月比20.7%減の122.6万台となり、季節調整済み年率換算販売も8月の2,032万台/年から1,319万台/年へ急減した。しかしながら、この急減は明らかに9月1日導入のWLTPを前に発生した前月の駆け込み需要からの反動減である。さらに、WLTPの制度下での販売認可取得が間に合わなかった車種も複数あったことを勘案する必要がある。こうしたモデルが認可を取得し、販売が再開されれば市場も上向くと期待される。
  • ロシアでは未だWLTPが導入されていないものの、東欧全体の9月販売はトルコ市場の急落(67.7%減)を受け、前年同月比15.1%減の30.1万台となった。ロシアの9月販売は前年同月比6%増の15.7万台、季節調整済み年率換算販売は175万台/年となり、前月の149万台/年から上昇した。ロシアの2018年通年の販売については、前年比12.6%増の180万台弱と引き続き予測する。

中国

  • 世界最大市場の中国は、引き続き減速している。速報値によると、9月の季節調整済み年率換算販売は2,660万台/年と直近16ヵ月で最低の水準となった。8月との比較では5.5%減となり、前月比での減少は5ヵ月連続となった。9月単月の販売(卸売ベース)は前年同月比10.3%減の240.5万台となり、3ヵ月連続で前年割れとなった。車種別に見ると、乗用車の販売が11%減と落ち込んだ一方、小型商用車の販売は比較的堅調に推移した。
  • 新車販売の低迷は、米中間の貿易紛争のエスカレートや株式・不動産市場の低迷を背景にした消費者心理の悪化を反映したものと言える。在庫が積み上がる中で、現地ディーラー協会(China Automobiles Association)は政府に減税などの販売支援策の導入を要請している。

アジア(中国以外)

  • 日本9月の季節調整済み年率換算販売は502.8万台/年となり、予想外に好調であった8月の水準から減少した。しかしながら、長期的な縮小が見込まれる成熟市場の日本としては、9月の水準も比較的良い結果であったと言える。9月単月の販売は2.0%減の48.0万台となり、地震や台風などの天災の被害があった中で比較的堅調であった。労働市場の改善と賃金の上昇が、新車需要を下支えしていると見られる。
  • 韓国の9月販売は、予測された通り秋夕節の影響で大きく減少した。9月単月の販売は前年同月比17.4%減となり、好調であった前年から急減した。ただ、第4四半期(10月~12月)については、12月末に時限措置である乗用車向け減税が打ち切られることから、これを前に市場は上向くと期待される。

南米

  • ブラジルの9月の販売は前年同月比6.1%増となったが、伸び率は8月から低下した。9月の季節調整済み年率換算販売は246万台/年となり、1~9月の平均(245万台/年)とほぼ同水準となった。金融市場のボラティリティと10月の大統領選を前にした政治面の不確実性が高まる中で、消費者は支出に慎重になっている。
  • 金融危機のただ中にあるアルゼンチンの販売は急激な減少に見舞われており、9月の季節調整済み年率換算販売は53.4万台/年となった。9月単月の販売は33.4%減となり、4ヵ月連続で大きく減少した。不況と今後数ヵ月で40%超のインフレが見込まれる中で、新車市場の安定には時間を要する見通しである。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2018年
 9月
2017年
 9月
増減 2018年
累計
2017年
累計
増減 2018年
  9月(*1)
2018年
累計(*2)
2017年
通期(*3)
増減(*4)
WORLD
7,885,210
8,618,383
-8.5%
71,153,025
69,960,529
1.7%
90,222,912
96,542,432
95,297,578
1.3%
USA
1,442,532
1,521,406
-5.2%
12,906,934
12,841,628
0.5%
17,556,170
17,142,972
17,189,409
-0.3%
CANADA
174,999
187,692
-6.8%
1,589,262
1,593,749
-0.3%
1,937,918
2,051,343
2,042,737
0.4%
WESTERN EUROPE
1,226,182
1,545,664
-20.7%
12,650,572
12,445,891
1.6%
13,189,629
16,760,816
16,202,605
3.4%
EASTERN EUROPE
301,036
354,466
-15.1%
3,136,604
2,980,872
5.2%
3,635,733
4,454,016
4,222,522
5.5%
JAPAN
479,555
489,411
-2.0%
3,970,684
4,005,904
-0.9%
5,028,350
5,199,708
5,164,249
0.7%
KOREA
124,795
151,168
-17.4%
1,302,276
1,314,003
-0.9%
1,537,534
1,762,659
1,751,938
0.6%
CHINA
2,405,568
2,683,267
-10.3%
20,191,127
19,946,801
1.2%
26,604,054
28,650,258
28,608,998
0.1%
BRAZIL / ARGENTINA
255,243
268,842
-5.1%
2,437,959
2,241,504
8.8%
2,995,738
3,279,091
3,029,738
8.2%
OTHER
1,475,300
1,416,467
4.2%
12,967,607
12,590,177
3.0%
17,737,786
17,241,568
17,085,382
0.9%
注記: (*1) 当該月の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*2) 当年累計期間の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*3) 2017年通期(1~12月)の販売実績。
(*4) 2018年累計の季節調整済み年率換算販売の対前年実績比増減率。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2025年)もご提供 しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-4241-3902
Email: LMC@marklines.com