LMC Automotive 2017年1月自動車市場月報(グローバル)

2017年1月の世界販売は4.3%増の752万台。米中市場は横ばいも西欧と南米が増加

2017/02/13

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 2016年の世界全体のライトビークル販売(車両総重量6トン以下の乗用車と小型商用車)は、中国市場を牽引役に好調な結果で締めくくられたが、2017年は1月の季節調整済み年率換算販売台数が9,280万台/年へと減少した(下記グラフ参照)。2017年1月単月の販売台数では前年同月比で4.3%増の752万台となった。
  • 1月は中国と米国の販売が前年並みとなったが、西欧市場の堅調な伸びと、南米市場の改善が世界全体の販売を押し上げた。



解説

北米

  • 米国の2017年1月のライトビークル販売台数は前年同水準(前年同月比0.5%減)の114.1万台となり、季節調整済み年率換算販売台数は1,750万台/年となった。経済指標を見ると、失業率が4.8%にとどまっているほか、若干上昇しつつあるものの金利や燃料価格も低い水準で推移しており、1月の消費者信頼感も前年同月比で14%上昇している。また、自動車メーカーの販売奨励金も台あたり平均3,600ドルと前年から7%増加しており、1月の販売を支えた。
  • カナダの1月のライトビークル販売台数は前年同月比2.3%増の11.1万台、季節調整済み年率換算販売台数は202万台/年となった。

欧州

  • 西欧のライトビークル市場は2016年の堅調さを維持し、2017年も好調な滑り出しを見せた。1月の販売台数は前年同月比で10.1%増となり、ほとんどの国でディーラー営業日が1日多かったことを勘案しても、好調な結果であった。1月の季節調整済み年率換算販売台数も1,650万台/年と堅調さを示した。欧州では政治情勢の不確実性の高まりが不安要因となっているが、多くの国で消費者信頼感は維持されている。LMC Automotiveでは、2017年の西欧ライトビークル市場について、安定した経済状況を背景に増加傾向を維持できると予測する。
  • ロシアの1月のライトビークル販売は前年同月比で5%減となり、季節調整済み年率換算販売台数も134万台/年と、12月の141万台/年から減少した。販売ペースの減速は、12月に自動車メーカーの販売奨励金が使い果たされたことが要因と見られる。その他の東欧諸国では販売は改善傾向にあり、特にトルコは好調さを示した。

中国

  • 中国の2017年自動車販売は低調な立ち上がりとなった。速報値によると、1月の季節調整済み年率換算販売台数は2,600万台/年となり、12月の水準から12%近く減少した。従来の通り、年初の自動車販売は春節の開始時期(今年は1月28日より開始)に強い影響を受けた。また、小排気量の乗用車に対する自動車取得税の税率が高められたことが販売を下押しした。2016年12月中旬に政府は同税の軽減措置を2017年12月末まで延長すると発表したが、1月より減税率は2016年の半分に引き下げられている。
  • 経済面では、トランプ大統領による米中貿易関係への強硬な言動が、今後数ヵ月にわたり企業と個人双方の景況感を悪化させる可能性がある。貿易戦争が発生する可能性は深刻な懸念と言える。しかしながら、もし中国が米国の懸念に応じて中国元の切上げに踏み切った場合、消費者の購買力が上昇し、自動車販売の増加につながる可能性もある。

アジア(中国以外)

  • 日本の1月の販売は、季節調整済み年率換算販売台数が500万台/年を超える水準となり、堅調な滑り出しを見せた。しかしながら、米国の政治展望の不透明さを背景にした円の再上昇が企業と個人双方の不安を高めており、自動車販売の見通しも不透明となっている。
  • 韓国では、1月の季節調整済み年率換算販売台数が160万台/年となり、12月の水準から14%減となる大幅な落ち込みを見せた。旧式のディーゼル車に対する買い替えインセンティブが導入されたが、販売を押し上げる効果は現れていない。企業、個人ともに景況感は弱含みの状態が続いている。

南米

  • ブラジルの2017年の自動車販売は低調な立ち上がりとなった。1月の季節調整済み年率換算販売台数は180万台/年となり、低調であった12月の水準を更に7%下回った。12%に達する失業率と実質金利の高止まりが、消費者の新車購入に向かう購買意欲を下押ししている。
  • アルゼンチンの自動車市場は不安定な状態が続いているが、2017年の始まりは好調と不調が入り混じった結果となった。季節調整済み年率換算販売台数は1月に74.9万台/年となり、12月の水準から12%減少した。一方で1月単月の販売台数は前年同月比で64%増の大幅増となった。政府による最近の電気料金の急激な値上げはインフレを再燃させ、短期的に個人消費を抑制すると懸念される。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2017年
1 月
2016年
1 月
増減 2017年
累計
2016年
累計
増減 2017年
1 月(*1)
2017年
累計(*2)
2016年
通期(*3)
増減(*4)
WORLD
7,523,573
7,216,720
4.3%
7,523,573
7,216,720
4.3%
92,814,669
92,814,669
93,367,037
-0.6%
USA
1,140,659
1,146,483
-0.5%
1,140,659
1,146,483
-0.5%
17,527,716
17,527,716
17,539,088
-0.1%
CANADA
110,903
108,424
2.3%
110,903
108,424
2.3%
2,016,329
2,016,329
1,947,684
3.5%
WESTERN EUROPE
1,248,421
1,134,070
10.1%
1,248,421
1,134,070
10.1%
16,493,393
16,493,393
15,761,962
4.6%
EASTERN EUROPE
230,255
218,135
5.6%
230,255
218,135
5.6%
3,898,021
3,898,021
3,912,943
-0.4%
JAPAN
397,633
379,153
4.9%
397,633
379,153
4.9%
5,029,057
5,029,057
4,905,852
2.5%
KOREA
121,104
120,608
0.4%
121,104
120,608
0.4%
1,610,474
1,610,474
1,783,990
-9.7%
CHINA
2,555,513
2,545,772
0.4%
2,555,513
2,545,772
0.4%
26,027,922
26,027,922
27,980,831
-7.0%
BRAZIL / ARGENTINA
233,421
204,230
14.3%
233,421
204,230
14.3%
2,572,281
2,572,281
2,661,585
-3.4%
OTHER
1,485,664
1,359,846
9.3%
1,485,664
1,359,846
9.3%
17,639,477
17,639,477
16,873,101
4.5%
注記: (*1) 当該月の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*2) 当年累計期間の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*3) 2016年通期(1~12月)の販売実績。
(*4) 2017年累計の季節調整済み年率換算販売の対前年実績比増減率。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2023年)もご提供 しております。詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-5785-1382
Email: LMC@marklines.com