LMC Automotive 2016年10月自動車市場月報(グローバル)

10月世界販売は中国が牽引し5.5%増、2016年通年販売は9,400万台水準へ拡大の見込み

2016/11/17

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 世界全体のライトビークル販売台数は、2016年10月に前年同月比で約6%増の791万台となり、増勢を維持した。
  • 10月の季節調整済み年率換算販売台数は9,700万台/年と、9月から若干低下したものの、中国市場の拡大を支えに引き続き高い水準を維持した。2016年通年の販売台数については、9,400万台レベルに着地する見通しとなっている。



地域別販売状況と直近の市場予測

北米

  • 米国の2016年10月の販売台数は前年同月比5.8%減の137万台、季節調整済み年率換算販売台数は1,800万台/年となった。昨年10月のディーラー営業日が例年より2日多かったことから、今年10月の販売減は予期された通りだが、ディーラー営業日の差を調整したデータ(SDA)では10月販売は全体で1.5%増、うち個人向け販売は1.0%増となっている。個人向け販売の好調はOEMの販売奨励金が前年より12%増加したことが寄与した。経済環境は総じて好調であり、金利の低さと労働市場の堅調さが維持されているほか、10月の消費者信頼感は2015年の平均を上回った。しかし一方で、11月の米大統領選の結果が、潜在的に自動車市場への逆風となる可能性がある。
  • カナダの10月のライトビークル販売台数は5.2%減の15.5万台となり、10月として過去最高を記録した前年から減少した。これによりカナダの販売減少は4か月連続となった。

欧州

  • 西欧の10月のライトビークル販売は、好調であった前の月からやや減速し、季節調整済み年率換算販売台数は1,520万台となった(9月の同台数は1,630万台/年)。主要市場では、特にドイツとフランスで販売ペースの減速が目立った。しかしながら、2016年通年の実績では、多くの国で前年比増を達成する見通しであり、欧州全体の販売も堅調な結果が期待される。2017年について、LMC Automotiveは、ドイツやフランスの市場減速やイギリスでポンド安を背景にした車両価格上昇の影響を懸念するが、欧州全体の販売は引き続き増加すると予測する。
  • ロシアの10月の販売は前年同月比2.6%減と引き続き減少したが、従来よりも減少率は改善した。その他の東欧の国では、多くの国で販売が増加したが、特にトルコは金利の引き下げと消費者信頼感の改善を支えに販売を伸ばした。

中国

  • 中国の販売は、小型車向けの減税措置の打ち切りが迫る中で10月も増勢を維持した。速報値によると、10月の季節調整済み年率換算販売台数は3,090万台/年と9月の同台数をわずかに上回り、過去最高を更新した。自動車メーカーとディーラーが通年販売目標の達成に向けてインセンティブを強化したことも販売を押し上げた。車種別では、乗用車系の販売が好調を維持する一方で、小型商用車の販売は停滞が続いている。
  • アジアの経済と自動車産業の見通しは、ドナルド・トランプ氏の米国大統領選挙での勝利を背景に不確実性を増している。選挙運動中に、ドナルド・トランプ氏はアジア諸国、特に中国を攻撃対象に挙げ、貿易障壁の強化と環太平洋パートナーシップ提携(TPP)の撤廃を訴えていた。また、同氏のロシアとの近い関係は、アジア地域の軍事バランスを変える可能性もある。

アジア(中国以外)

  • 日本の自動車市場は、経済の停滞が続くものの比較的堅調に推移している。10月の季節調整済み年率換算販売台数は500万台/年となり、9月とほぼ同水準であった。しかしながら、米大統領選の結果が、今後の日本経済と自動車市場にとってダウンサイドリスクとして浮上している。
  • 韓国の販売は、6月末に消費税減税が打ち切られて以降7~9月と低迷が続いてきたが、10月は季節調整済み年率換算販売が170万台/年となるなど、高水準へ回復した。しかしながら、今後は経済の減速と朴大統領の汚職疑惑を巡る政治危機による悪影響が懸念される。

南米

  • ブラジルでは、失業率が二桁台で高止まりするなど経済面の逆風と、VWの車両供給の減少が影響し、10月も季節調整済み年率換算販売台数は180万台/年と、直近10年で最悪の水準が続いた。しかしながら、経済面ではインフレ率と金利の上昇が落ち着き始めるなど回復の予兆も見えており、今後の自動車販売の支えとなることが期待される。
  • 不安定な状況が続くアルゼンチン市場では、8月~9月は好調だったが、10月は季節調整済み年率換算販売が67.2万台/年へと急落するなど不調だった。足元では財政緊縮策が自動車販売に悪影響を与えている一方で、金利が低下しており、今後の個人消費への好影響が期待される。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2016年
10 月
2015年
10 月
増減 2016年
累計
2015年
累計
増減 2016年
10 月(*1)
2016年
累計(*2)
2015年
通期(*3)
増減(*4)
WORLD
7,910,573
7,495,058
5.5%
76,728,843
73,183,369
4.8%
97,022,092
92,850,440
89,302,945
4.0%
USA
1,369,522
1,453,727
-5.8%
14,470,639
14,488,520
-0.1%
17,999,186
17,405,953
17,446,375
-0.2%
CANADA
154,591
163,045
-5.2%
1,661,898
1,623,060
2.4%
1,870,252
1,938,456
1,897,444
2.2%
WESTERN EUROPE
1,202,016
1,200,242
0.1%
13,290,276
12,440,020
6.8%
15,245,960
15,687,045
14,831,811
5.8%
EASTERN EUROPE
336,287
314,134
7.1%
3,096,906
3,156,583
-1.9%
4,000,500
3,992,708
3,918,481
1.9%
JAPAN
374,954
376,545
-0.4%
4,104,360
4,250,656
-3.4%
5,047,763
4,854,277
5,001,057
-2.9%
KOREA
145,116
161,057
-9.9%
1,442,018
1,437,259
0.3%
1,710,817
1,758,926
1,797,565
-2.1%
CHINA
2,642,023
2,236,819
18.1%
22,099,021
19,590,614
12.8%
30,902,869
27,477,822
24,893,417
10.4%
BRAZIL / ARGENTINA
214,635
242,233
-11.4%
2,193,174
2,597,799
-15.6%
2,453,234
2,651,497
3,085,139
-14.1%
OTHER
1,471,429
1,347,256
9.2%
14,370,551
13,598,858
5.7%
17,791,511
17,083,756
16,431,656
4.0%
注記: (*1) 当該月の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*2) 当年累計期間の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*3) 2015年通期(1~12月)の販売実績。
(*4) 2016年累計の季節調整済み年率換算販売の対前年実績比増減率。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2023年)もご提供 しております。詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-5785-1382
Email: LMC@marklines.com