カテゴリー別製品一覧

CAD・CAM

概要
ファロージャパン 株式会社
三次元測定 | 接触 | 製造現場で実現!ポータブル3次元測定器 | FARO Gage
FARO Gage(ファローゲージ) は、あらゆる環境において測定効率・柔軟性・精度を向上できるポータブル3次元測定器です。



さまざまな測定器具を使っていた作業がファローゲージ一台ですべて可能になり、作業時間の短縮、コスト削減を実現します。即座にセットアップできるファローゲージでなら誰でもどこででも、加工機械上や定盤上で、部品やアセンブリの測定が可能です。



使いにくく高額な据置型の三次元測定機に依存していたのは過去の話。ファローゲージをお使い頂くことによって、測定値の一貫性、SPC分析や幾何公差など自動レポートの作成、検査時間の削減を可能にします。



測定精度:0.018mm (0.0007”)

測定範囲:1,200mm (48”)

簡単に高精度・スピード測定





▼カタログダウンロードをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/gage/jp/resources.html



▼無償デモンストレーションをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/gage/jp/contact.html

概要
ファロージャパン 株式会社
三次元測定 | 接触 | ポータブル3次元測定器 | FARO Prime
FAROのアーム型3次元測定器、FaroArmシリーズのラインナップに、最高精度の FARO Primeが追加されました。この6軸のアーム型ポータブル3次元測定器により、毎日の検査や品質保証の測定作業で高精度な接触測定を必要とするお客様に今までにない価値を提供します。



FARO Primeは、4つのモデル(測定範囲:1.8mから3.7m)から最適なモデルを選択することができ、最高精度0.019 mmを実現。また、Bluetooth? を搭載し、測定器をノートパソコンにケーブル接続する必要がありません。長時間バッテリーと複合素材を採用していることにより、製造現場での日々の測定作業において耐久性を保証します。Primeは、検査やリバースエンジニアリング、CADデータとの比較など、高精度な接触測定が必要な場面において、理想的なソリューションであると言えます。



FARO Primeは、FaroArm Fusionと、FAROのフラッグシップモデルであり、業界をリードする最も革新的なアーム型3次元測定器であるFARO Edgeのラインナップに加わりました。Edgeは、タッチスクリーンやOS、業界最小最軽量のレーザースキャナーであるFARO レーザーラインプローブ(LLP) のような他にはない機能を搭載しています。「お客様のニーズや考えがFAROのイノベーションの原動力となっています」と、FaroArmの製品管理ディレクターであるオーランド・ペレス氏は説明します。「当社のお客様の中には、Edgeに搭載されているような追加機能やレーザースキャナーを使用しない場合も多くあり、日々の接触測定に、より高い精度を求めています。その結果、Primeが生まれました。Primeは正確で、耐性が高く、使用が簡単で、まさに市場で求められている測定器なのです。」



FARO Prime はFAROのCAM2 Measure 10およびその他のソフトウェアとも互換性があります。「市場にPrimeを紹介できることにワクワクしています。これが最も高精度のFaroArmであり、並ぶもののない価値を提供しています」とFAROのCEOであるジェイ・フリーランドは言います。「まだFaroArmを使ったことがない方にも、卓越した性能と革新的な技術を持つこの最新のFaroArmに、必ず満足して頂けるものだと確信しています」。





▼カタログダウンロードをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/faroarm/jp/downloads.html



▼無償デモンストレーションをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/faroarm/jp/contact.php

概要
ファロージャパン 株式会社
三次元測定 | 接触/非接触 | ポータブル3次元測定器 | FARO Laser ScanArm
接触・非接触完全一体型の3次元測定器である、FARO Laser ScanArm は測定機市場にユニークな特徴を提供するソリューションです。大量の点群をキャプチャーし詳細な検査を可能にします。そのオープンアーキテクチャによりユーザーはジオマジック、ポリワークス、ラピッドフォームなど多数のソフトウェア・プログラムを使用することができます。



検査、点群とCADとの比較、高速でのプロトタイプ化、リバースエンジニアリング、3次元モデリングなど、あらゆる測定業務に適しています。スキャニングにおける大きな課題である反射しやすいパーツや暗色のパーツなどのスキャニングが高精度に実現できるのが大きな特長です。





▼カタログダウンロードをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/faroarm/jp/downloads.html



▼無償デモンストレーションをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/faroarm/jp/contact.php
概要
ファロージャパン 株式会社
三次元測定 | 接触 | ポータブル3次元測定器 | FaroArm Fusion
FAROのアーム型ポータブル3次元測定器は、複雑な形状や測定が困難な形状でも簡単に測定が行えます。アライメント、キャリブレーション、検査、リバースエンジニアリング、デジタル・ドキュメント化などを高精度で実現します。未使用時には自動でスリープモードへ切り替わり消費電力を節約し機器の消耗を防ぎます。すべての測定器に搭載されたBluetooth?技術により、完全ワイヤレスで自由な測定が可能になりました。





▼カタログダウンロードをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/faroarm/jp/downloads.html



▼無償デモンストレーションをご希望の方はこちら

http://www.faroasia.com/products/faroarm/jp/contact.php
概要
イースタン電子工業株式会社
超大型三次元マルチセンサー測定機 Excel 200/250
マイクロ・ビュー超大型三次元マルチセンサー測定機、Excel 200/250 は、超大型部品の測定を高精度、高速で行います。



Excel 200/250 には2機種があり、測定容積はそれぞれ、



● Excel 200 : 2000 x 1250 x 200mm, 分解能 0.1μ

● Excel 250 : 2500 x 1600 x 200mm, 分解能 0.1μ



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
中小型三次元マルチセンサー測定機 Vertex 311/312 
マイクロ・ビュー小型三次元マルチセンサー測定機、Vertex 311/312 は、中小部品の測定を高精度、高速で行います。



測定容積はそれぞれ、



● Vertex 311HC : 315 x 315 x 160mm, 光学ズーム倍率 6.5倍

● Vertex 311UC : 315 x 315 x 160mm, 光学ズーム倍率 12倍

● Vertex 312HC : 315 x 315 x 250mm, 光学ズーム倍率 6.5倍

● Vertex 312UC : 315 x 315 x 250mm, 光学ズーム倍率 12倍



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
小型三次元マルチセンサー測定機 Vertex 251
マイクロ・ビュー小型三次元マルチセンサー測定機、Vertex 251 は、小型部品の測定を高精度、高速で行います。



測定容積はコンパクトな、



● 250 x 160 x 160mm です。



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
中型三次元マルチセンサー測定機 Excel 500 シリーズ
マイクロ・ビュー中型三次元マルチセンサー測定機、Excel 500 シリーズ は、中小部品の測定を高精度、高速で行います。



Excel 500 シリーズには4機種があり、測定容積はそれぞれ、



● Excel 501HC : 400 x 500 x 160mm, 分解能 0.4μ

● Excel 501UC : 400 x 500 x 160mm, 分解能 0.1μ

● Excel 502HC : 400 x 500 x 250mm, 分解能 0.4μ

● Excel 502UC : 400 x 500 x 250mm, 分解能 0.1μ



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
中大型三次元マルチセンサー測定機 Excel 660 シリーズ
マイクロ・ビュー中大型三次元マルチセンサー測定機、Excel 660 シリーズは、大小部品の測定を高精度、高速で行います。



Excel 660 シリーズには4機種があり、測定容積はそれぞれ、



● Excel 661HC : 650 x 680 x 160, 分解能 0.4μ

● Excel 661UC : 650 x 680 x 160, 分解能 0.1μ

● Excel 662UC : 650 x 680 x 250, 分解能 0.1μ

● Excel 664UC : 650 x 680 x 400, 分解能 0.1μ



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
大型三次元マルチセンサー測定機 Excel 1000 シリーズ
マイクロ・ビュー大型三次元マルチセンサー測定機、Excel 1000 シリーズは、大型部品の測定を高精度、高速で行います。



測定容積はそれぞれ、



● Excel 1051UC : 1050 x 1050 x 160mm

● Excel 1052UC : 1050 x 1050 x 250mm

● Excel 1054UC : 1050 x 1050 x 400mm



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
大型三次元マルチセンサー測定機 Excel 1600 シリーズ
マイクロ・ビュー大型三次元マルチセンサー測定機、Excel 1600 シリーズは、大型部品の測定を高精度、高速で行います。



測定容積はそれぞれ、



● Excel 1601UC : 1050 x 1650 x 160mm

● Excel 1602UC : 1050 x 1650 x 250mm

● Excel 1604UC : 1050 x 1650 x 400mm



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
イースタン電子工業株式会社
特大型三次元マルチセンサー測定機 Excel 1650 シリーズ
マイクロ・ビュー超大型三次元マルチセンサー測定機、Excel 1650 シリーズは、大型部品の測定を高精度、高速で行います。



測定容積はそれぞれ、



● Excel 1651UC : 1250 x 1650 x 160mm

● Excel 1652UC : 1250 x 1650 x 250mm

● Excel 1654UC : 1250 x 1650 x 400mm



また、画像式測定の他に、接触式タッチプローブ、非接触式レーザー、更には側面や背面などの上からカメラで見れない部品を回転させてみる事が出来るロータリーインデックスサーを追加する事が出来ます。 業界最高水準の測定ソフトウェアーInSpecはこれら機能を標準でサポートしていますから、ソフトウェアーの追加などは一切ありません。 詳しくは、弊社ホームページ http://www.microvu.jp をご覧ください。
概要
株式会社 深沢製作所
板金設計開発
3D_CADでの板金設計開発を行っております。

自社設計を自社製造ラインへ投入し、形に致します



こんな物 あんな物 あったらいいのに? 等のニーズにお答えします



弊社HP_URL http://www.fukasawa-ss.jp/
概要
有限会社ファインデータ
Mastercam 3D CAD/CAMソフト あらゆる加工に対応 
・Mastercamは3DCADから同時5軸加工まですべての加工に対応しております。

 モジュールの組み合わせで可能性が広がります。

・ファインデータは受託加工にもMastercamを使用してNCデータを作成し、加工しております。  Mastercamの生きたツールパス、生きたサポートがファインデータの売りです。

・Mastercamのトレーニングはファインデータの加工機を使用したトレーニングが可能です。

 マンツーマンのトレーニングです。お客様の加工形態に合わせたトレーニングを致します。
概要
有限会社ファインデータ
Mastercamアドオンソフト LINEDRAW
Mastercamで日本語を作図するとtruetype fontsで必ず袋文字になってしまい、

加工はポケット加工しかできません。

そこで一筆書きの輪郭加工ができるようにファインデータが開発した

Mastercamのアドオンソフトです。JIS第2水準まで登録されています。

文字はすべて直線と円弧だけでできており、NCデータの容量も少なくて済みます。

彫刻、刻印用に最適です。
概要
有限会社ファインデータ
リバースエンジニアリング
製品さえあれば、製品のデータを測定し、測定データをもとに3Dモデルを作成し、加工まで致します。「製品だけはあるが、図面もCADデータもない!」そんな時、是非ファインデータにご相談ください。

写真は能面「小面」を測定し、Mastercamで3Dデータを作成し、加工をしたものです。
概要
有限会社ファインデータ
Mastercam Mill -2軸〜2.5軸加工用CAD/CAM-
3次元サーフェス/ ソリッドモデリング機能と2軸加工に対応(3D輪郭対応)。

ワイヤーフレームやソリッドモデルから、2軸加工データの作成が可能です。フィーチャーベースツールパス作成機能や高速加工向けツールパスが追加され、大幅な機能向上が図られました。5面加工や割り出し加工にも対応しています。さらにMastercam X9からは単面3軸加工の機能までを搭載。スムーズな仕上げを実現するフローライン仕上げも提供しています。

概要
有限会社ファインデータ
Mastercam Multi-axis -多軸加工用オプション-
Mill 3Dオプション。設定画面にビジュアルを多用し、複雑になりがちな多軸ツールパス作成が簡単に行えます。特に、軸設定の豊富さには定評があり、詳細動作の徹底した作り込みが可能です。出力するNCデータはあらゆる工作機械のメーカー型式・制御盤に対応しています。
概要
有限会社ファインデータ
Mastercamアドオンソフト スウィープ2D +(プラス)
Mastercamのユーザ様へ、必見!!

ワイヤフレームツールパスのスウィープ2Dパスをご存じですか?

断面と輪郭だけで、等高線と同じツールパスが作成されます。

しかもNCデータは輪郭の円弧の部分はそのまま円弧で出力します。

3次元加工につきもののトレランスの設定は必要ありません。

断面形状に沿って、Z方向のピッチを変更してくれます。

そんなすぐれもののツールパスの唯一の欠点が

侵入や退出が付けられないことでした。

そこでファインデータでは多くのMastercamユーザ様からの要望にお応えして、

スウィープ2Dツールパスに侵入や退出を付加(プラス)する

アドオンソフトを開発しました。

さらに工具径補正を追加したり、オーバーラップの設定も可能です。

NCデータの容量も少なく、加工面も非常に綺麗です!!
概要
有限会社ファインデータ
NCVIEW/NCVIEW Neo -NCデータ検証システムのベストセラー
NCVIEWは日本で開発された唯一のNCデータ検証システムです。実際に機械にかけるNCデータそのものを検証します。手組や自動プロのいかなるNCデータも検証します。

NCプログラマ、機械オペレータの基本教育を実機を使用せずに行えます。

工具やホルダー、治具の干渉チェックや最適な刃長や突き出し長も計算できます。

これでもう工作機械を修理することはありません!!
概要
株式会社 エスプロ
3Dプリンタ/プロジェット出力サービス Prijet HD3500plus
【Projet出力サービスの特徴】



■積層ピッチ29μの微細造形でモデル出力の精度が格段に向上しています。

■切削加工では、難易度が高い複雑な形状も簡単に出力できます。

■ワークエリア内(208×178)であれば、複数のモデルを同時出力可能。



弊社では、プロジェットを使用した3Dモデル出力サービスをおこなっております。

受け入れデーター [IGES、STP、パラソリッド、STL]※中間ファイルへ変換してください。



また、プロジェット出力モデルに表面処理を施すことで、真空注型マスター(原型)に使用することが出来ます。試作モデルのABSライク、PPライク、ゴムライクなど、材質の置き換えが可能です。





概要
株式会社 エスプロ
ギヤの出力
ギヤボックスの出力サンプルです。
概要
株式会社 エスプロ
汎用プラスチック切削加工サービス
3DデーターからCAD・CAMで、加工プログラムをつくり、材料となるABSやPOM、PCなどのブロック材に直接形状を掘り込んでモデルを製作します。

寸法精度はもちろん、量産モデルと同じ材料で、試作評価が出来ます。



また、量産成形品などの追加工などにも対応しています。

概要
株式会社 エスプロ
3Dプリンタ出力モデルに塗装ができます!
【試作塗装サービス】

インクジェット造形、ナイロン造形、光造形など3D出力したモデルに塗装ができます。

RPモデル特有の「積層」をプロの技で仕上げます。

「確認用」出力モデルを外観モックアップや展示会サンプル、営業ツールなどに。



お気軽にご相談ください!

概要
株式会社 サワテツ 測定事業部
大型の金型のCADデータとの比較測定
レーザートラッカー、アーム型ポータブル三次元測定器による、大型の金型のCADデータとの比較測定です。

通常の三次元測定で原点からの距離が分かるのに比べて、CADデータを正としてその誤差を出すことで、どれだけ削り残りがあるか?削り過ぎか?などが簡単に判断することができます。



また、加工後に機上で測定することが可能なため、加工物のクランプなどを外すことなく測定を行い、削り残りがある場合はそのまま機械加工も可能になるため、金型の加工時間短縮と、精度保証を行うことが可能になります。



概要
株式会社 サワテツ 測定事業部
大型樹脂金型のCADとの比較測定事例
樹脂成形用の金型のCADとの比較測定になります。

大きさはだいたい縦1mの横2mぐらいの金型になります。



これぐらいの金型だとだいたい測定を行い出してから30分ぐらいで測定が完了します。

機上でポイントマスターで測定する場合と比べても、特に形状面は正確に早く測定することが可能になります。

※ここに載せてあるCADデータは実際のデータを少し修正しています。

株式会社 サワテツ 測定事業部
自動車用大型金型の比較測定
概要
株式会社 サワテツ 測定事業部
自動車部品のリバースエンジニアリング事例
アーム型ポータブル3次元測定器による自動車部品のリバースエンジニアリングです。

最終的に設計に使えるデータにして欲しいとのことでした。

この製品は比較的大きかったため、データの処理が非常に多くなり、取得した面データなどが交差してしまったりと色々な問題が起こりました。

また、奥行がある箇所が多かったので、スキャンでは取得することができませんでした。

そこで、おおまかな形状はアーム型ポータブル3次元測定器でスキャンし、位置精度がいる穴や奥行がある箇所は3次元測定機の倣い測定を行いました。

2つの設備を特徴を利用して、最終的に設計できるデータをお渡ししました。

※参考用CADのため、写真のものと実際の製品は異なります。

概要
株式会社 サワテツ 測定事業部
3Dプリンター製品から設計データ作成事例
アーム型ポータブル3次元測定器による3Dプリンターでできた樹脂製品のスキャニングの依頼です。

お客様の依頼は取得したデータを設計に使用したいということでした。

このような製品は、基準として取る物があまりないため、なるべく1回の固定で表も裏も取得できるようにスキャンすることが重要になってきます。

今回は社内でアルミを削って、軸にはめ込むことで外形を1度に測定する方法をとりました。
有限会社 フェア・トラオエンス
物づくりのベストパートナーをめざして。