ワイパーシステム

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Honda Accord (Thailand) 2021

Thai Summit Mitsuba Electric Manufacturing Co., Ltd.

フロントワイパーシステム
ASEAN・インド・韓国 Honda Accord Hybrid (Thailand) 2021

Thai Summit Mitsuba Electric Manufacturing Co., Ltd.

フロントワイパーシステム
ASEAN・インド・韓国 Honda BR-V (Thailand) 2021

Thai Summit Mitsuba Electric Manufacturing Co., Ltd.

フロントワイパーシステム
中国 GAC Motor Trumpchi (伝祺) GS8 (4WD) (China) 2021

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

レイニングセンスワイパー(2.0T)(6AT)
中国 GAC Motor Trumpchi (伝祺) GS8 (4WD) (China) 2021

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

リアワイパー(2.0T)(6AT)
中国 GAC Motor Trumpchi (伝祺) GS8 (FF) (China) 2021

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

レイニングセンスワイパー(2.0T)(6AT)
日本 Daihatsu Rocky 2022

(株) ミツバ

フロントワイパーシステム
日本 Daihatsu Taft 2022

(株) ミツバ

フロントワイパーシステム
日本 Daihatsu Tanto 2022

(株) ミツバ

フロントワイパーシステム
欧州 Renault Megane E-TECH Electric (France) 2022

Valeo Group

フロントワイパーシステム
欧州 Renault Megane E-TECH Electric (France) 2022

Valeo Group

リアワイパーシステム
欧州 Volkswagen T7 Multivan (Germany) 2022

Valeo Group

フロントワイパーシステム
米州 GM Chevrolet Tracker (Brazil) 2021

ABC Group do Brasil Ltda

ワイパーシステム
米州 Honda Acura NSX (USA) 2020

(株) ミツバ

フロントワイパーシステム
米州 BMW X5 (USA) 2019

(株) ミツバ

リアワイパーシステム
 サプライヤー一覧

検索結果 295


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
APM Automotive Holdings Berhad Lot 600, Pandamaran Industrial Estate, Locked Bag No. 218, 42009 Port Klang, Selangor Darul Ehsan, Malaysia 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch (China) Investment Ltd.
[博世(中国)投資有限公司]
333 Fuquan Road North, Changning District Shanghai, 200335, China 主要部品メーカー image
Bosch [ボッシュ (株)] 〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年06月21日(火)

・KAMAZは6月17日、ロシア・ウラジーミル(Vladimir)のResearch and Production Complex Avtopriborと提携の覚書を交わした。この覚書はAvtopriborの工場におけるKAMAZ車用部品の生産の可能性を評価して生産を開始するための内容と共同行動計画を規定している。両社はAvtopriborによる生産の可能性を分析して現地化する部品のリストを決定する作業を共同で実施することで合意した。
・両社はKAMAZ車向け自動車部品の現地化作業の進捗を確認する作業部会をAvtopriborの生産拠点に設置する。Avtopriborは現在KAMAZの各モデルに約50品目の自動車部品(ドライブ、レバー、ワイパーブレード、電子速度計、ヒーターモーター、センサー、インパネ)を供給している。
・Avtpriborは2022年春、輸入代替の一環としてKAMAZに革新的なデジタル圧力センサーの供給を開始した。さらに複数のパイロットプロジェクトが進行中である。
KAMAZ press release

2022年06月09日(木)

・複数の米国メディア6月7日、カリフォルニア州北部地域に天然ガスや電力を供給するPacific Gas and Electric Company (PG&E)が、カリフォルニア州モントレー郡のMoss Landing変電所に設置したElkhorn Batteryと呼ばれている新しい蓄電システム(BESS)の公式稼働開始セレモニーを開催した。
・Elkhorn Batteryは、テスラの大型蓄電システム「メガパック(Megapack) 」256個(1個約3MWh)を33枚のコンクリートスラブ上に設置したもの。
・総エネルギー容量は730 MWh、最高出力は182.5 MWで、電力需要が高い時間帯には最大4時間の利用が可能だという。
・Moss Landing変電所の建設は2020年7月に始まり、2022年4月7日には完全に通電し、監督組織であるカリフォルニア独立系統システム運用機関(CAISO)から電力市場での使用認可を受けた。
・テスラはセレモニーで、若干の改良を加えた最新バージョンの新型フルサイズ電気トラック「サイバートラック(Cybertruck)」を展示した。同モデルでは、インテリアが改良され、フロントガラスのワイパーアームの長さが更に短くなっていたという。
(multiple sources in June 7, 2022)

2022年04月22日(金)

・4月21日付のデトロイトフリープレスの報道によると、フォードは、米国でピックアップとSUVの約65万3,000台をリコールし、破損する可能性のあるフロントガラス・ワイパーアームを交換すると発表した。
・2020-21年型の「F-150」と「エクスペディション(Expedition)」の一部、2020-22年型の「F-350/450/550」、2020-21年型のリンカーン「ナビゲーター(Navigator)」がリコールの対象となる。
・フォードは、米国運輸省高速道路安全局(NHTSA)へのリコール報告において、これらの車両は、ワイパーの歯が設計仕様から外れて生産された部品を装着しており、特に高トルクの電気モーターと組み合わせた場合に、ワイパーアームが剥がれる可能性があると述べている。
・ワイパーアームの不具合により、拭き取り速度が不安定になったり、遅くなったりする可能性があるという。
・メキシコのサプライヤーであるTrico Componentsが、リコール対象となっているワイパーアームのアセンブリーを生産している。
・フォードはNHTSAに対し、2月25日現在、2020-21年型「エクスペディション」とリンカーン「ナビゲーター」でワイパーアームが作動しない、あるいは外れたという報告が257件、2020-22年型スーパーデューティ ピックアップで380件、2020年型「F-150」で76件、半導体不足により代替部品(高トルクワイパーモーター)を使って生産した一部の2021年型「F-150」で41件の報告があると述べている。
(Detroit Free Press article on April 21, 2022)