タイヤ空気圧監視システム(TPMS)

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Daihatsu Terios (Indonesia) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS) (中近東向け)
ASEAN・インド Daihatsu Xenia (Indonesia) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS) (中近東向け)
ASEAN・インド Kia K3 (Korea) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
中国 Dongfeng Nissan Nissan Kicks (勁客) (China) 2020

Pacific Auto Parts Technology (Changshu) Co., Ltd.
[太平洋汽車部件科技(常熟)有限公司]

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
中国 Dongfeng Nissan Nissan Sylphy (China) 2020

Pacific Auto Parts Technology (Changshu) Co., Ltd.
[太平洋汽車部件科技(常熟)有限公司]

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
中国 Dongfeng Nissan Nissan Terra (China) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
日本 Toyota Camry Hybrid 2021

(株) デンソー

TPMS受信機
日本 Toyota Lexus LS500 2021

(株) デンソー

TPMS受信機
日本 Toyota Lexus LS500h 2021

(株) デンソー

TPMS受信機
欧州 Maserati MC20 (Italy) 2021

Continental AG

タイヤ空気圧監視システム(TPMS)
欧州 Kia CEED 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
欧州 Nissan Juke (UK) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
米州 Nissan Kicks (Mexico) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
米州 Nissan NV (USA) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
米州 Nissan Sentra (Mexico) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
 サプライヤー一覧

検索結果 199


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Bridgestone Americas, Inc. 200 4th Avenue South Nashville, TN 37201, USA 主要部品メーカー image
(株) ブリヂストン 〒104-8340 東京都中央区京橋三丁目1番1号 主要部品メーカー image
China Auto Electronics Group Limited (THB Group)
[天海汽車電子集団股份有限公司(天海集団)]
Tianhai Building, No.3, Songjiang Road, Hebi Economic and Technological Development Zone, Henan, China 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
Continental Automotive Holding Co., Ltd.
[大陸投資(中国)有限公司]
No.538, Dalian Road, Yangpu District, Shanghai 200082, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年02月18日(木)

横浜ゴムは、トラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステム (TPMS)HiTES4 (ハイテスフォー)が純正オプションとしてUDトラックスのフラッグシップ大型トラックの「クオン (Quon)」に採用されたと発表した。対象車種は、4軸車CG3軸車CD2軸トラクターヘッドGKの日本国内向け3モデル。HiTESはタイヤ内部の空気圧と温度をリアルタイムで確認し、管理値から外れた際に警報を発するモニタリングシステム。今回採用されたHiTES4は、異常検知時に音と色点滅で伝えるインジケーターやスマートフォン、タブレットでタイヤの状態を確認できる機能を付帯しているほか、同社のタイヤマネジメントシステムT.M.Sと連携させて遠隔によるモニタリングが可能だという。(2021年2月18日付プレスリリースより)

2021年02月09日(火)

住友ゴム工業は、独自のタイヤセンシング技術SENSING COREを進化させ、タイヤの摩耗量を検知する技術を新たに確立したと発表した。SENSING COREは、タイヤの動的挙動に関する知見と、タイヤの回転により発生する車輪速信号を解析するデジタルフィルタリング技術を融合させることで、タイヤに関する様々な状態を検知する技術。従来はタイヤ空気圧・荷重・路面状態の検知が可能であった。今回、開発で得られた知見を元に、車輪速信号とエンジンなどの情報からタイヤのトレッド剛性を算出することで、タイヤ摩耗量の検知が可能になった。これにより、摩耗状態をクラウド経由で集中管理することで、モビリティサービスや運送事業者などの安全運行やメンテナンスコストの大幅な削減などへの応用が見込まれるという。(2021年2月9日付プレスリリースより)

2021年02月03日(水)

・日産のメキシコ法人Nissan Mexicanaは1月28日、メキシコで2021年型となるサブコンパクトクロスオーバーSUVの改良型「キックス(Kicks)」を期間限定で予約販売すると発表した。
・日産はすでにアグアスカリエンテス(Aguascalientes)第1工場で改良型「キックス」の生産を開始している。
・改良型「キックス」は日産インテリジェント・モビリティの全技術を搭載。そのうち一部はサブコンパクトSUVとしてはユニークな搭載機能となっている。搭載機能はヒルスタートアシスト(HSA)、横滑り防止装置のビークル・ダイナミクス・コントロール(VDC)、統合ダイナミックスコントロール・モジュール(IDM)、タイヤ圧モニタリングシステム(TPMS)、ABS、EBD、ブレーキ・アシストなどを含む。
・予約販売は2月1-17日の期間で実施される。4バージョンを用意し、ツートンカラーも選択可能。

※画像をクリックすると拡大します
日産(メキシコ)のプレスリリースをみる