タイヤ空気圧監視システム(TPMS)

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 GM Chevrolet Spark (Korea) 2021

Bosch [Robert Bosch GmbH]

TPMS受信機
ASEAN・インド・韓国 GM Chevrolet Trax (Korea) 2021

Schrader International, Inc.

TPMSセンサー
ASEAN・インド・韓国 Daihatsu Terios (Indonesia) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS) (中近東向け)
中国 BYD BYD (比亜迪) EA1 EV (海豚) (China) 2022

Sensata Technologies Changzhou Co., Ltd.
[森薩塔科技(常州)有限公司]

TPMSセンサー
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM (4WD) (China) 2022

Sensata Technologies Management Co., Ltd.
[森薩塔科技管理(上海)有限公司]

タイヤ空気圧監視システム(TPMS) (2.0T)(6AT)
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM-i (FF) (China) 2022

Sensata Technologies Management Co., Ltd.
[森薩塔科技管理(上海)有限公司]

タイヤ空気圧監視システム(TPMS) (1.5T)
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2022

(株) デンソー

TPMS受信機
日本 Subaru BRZ 2022

(株) デンソー

TPMS受信機
日本 Toyota Camry Hybrid 2022

(株) デンソー

TPMS受信機
欧州 Jaguar Land Rover Jaguar F-Type (UK) 2022

Lear Corporation

TPMS受信機
欧州 Mercedes-Benz E-Class (Germany) 2022

Schrader International, Inc.

TPMSセンサー
欧州 Porsche Taycan (Germany) 2022

Huf Baolong Electronics Bretten GmbH

タイヤ空気圧監視システムECU
米州 BMW 3 Series (Mexico) 2022

Huf Baolong Electronics Bretten GmbH

TPMSセンサー
米州 Kia Telluride (USA) 2022

Schrader International, Inc.

TPMSセンサー
米州 Nissan Kicks (Mexico) 2022

太平洋工業 (株)

TPMSセンサー
 サプライヤー一覧

検索結果 203


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Bridgestone Americas, Inc. 200 4th Avenue South Nashville, TN 37201, USA 主要部品メーカー image
(株) ブリヂストン 〒104-8340 東京都中央区京橋三丁目1番1号 主要部品メーカー image
China Auto Electronics Group Limited (THB Group)
[天海汽車電子集団股份有限公司(天海集団)]
Tianhai Building, No.3, Songjiang Road, Hebi Economic and Technological Development Zone, Henan, China 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年06月07日(火)

・同社のインド法人Hyundai Motor India (HMIL)は6月3日、インドでサブコンパクトSUVの改良型「ベニュー(Venue)」の予約販売を開始したと発表した。複数のパワートレインを組み合わせて最大5バージョンを用意した。
・改良型「ベニュー」はセグメントで初めてAlexaとGoogleの音声アシスタント(英語とヒンディー語に対応)を内蔵し、自宅からデジタルデバイスを利用して車のステータス確認や機能制御が可能なホームツーカー(Home to Car)を提供する。同機能では、リモート空調設定、リモート施錠・解錠、リモート車両診断、車両の位置確認、タイヤ空気圧・燃料残量のリモート確認などの機能を遠隔で設定できる。
・ドライブモードはノーマル、エコ、スポーツから選択可能。60以上機能を含むBluelinkコネクテッドカーサービスが提供される。
現代自動車(インド)のプレスリリースをみる

2022年04月25日(月)

・マルチ・スズキは4月21日、インド国内のNEXA販売店にて3列シート6人乗りのプレミアムMPVの改良型「XL6」を発売したと発表した。4バージョン(Zeta、Alpha、Alpha+、Alpha Dual-tone)を用意している。
・改良型「XL6」は、スマートハイブリッド(SHV)付きの次世代の1.5L KシリーズデュアルジェットVVTエンジンを搭載し、最高出力は75.8kW、最大トルクは136.8Nm。トランスミッションはパドルシフト付6速ATまたは5速MTと組み合わせる。
・大胆な新フロントグリル、LEDデイタイムランニングランプ(DRL)を備えたヘッドランプ、16インチのデュアルトーン合金ホイール、クロムメッキ仕立てのフェンダーサイドガーニッシュなどが特徴。
・安全装備では、全バージョンに4つのエアバッグ、タイヤ圧モニタリング(TPMS)、ヒルホールド機能付きESP (横滑り防止)、360度カメラなどを標準装備している。
・ベンチレーテッドフロントシート、17.8cmのディスプレイを備えたSmart Play Proインフォテインメントシステムを搭載。Suzuki ConnectテレマティクスシステムはACコントロール、車両の安全性とセキュリティ、ドライバーの行動分析、運転状況などのモニタリングやリモート操作などの40以上の機能を備えている。また、「ハイ、スズキ」と話しかけることで呼び出し可能な音声アシスト機能を提供する。
・車体サイズは、全長4,445×全幅1,775×全高1,775mmで、ホイールベースは2,740mm。
・価格はZeta バージョンが113万ルピー(約190万円)からAlpha+ Dual-toneバージョンが145万ルピー(約240万円)となる。

※画像をクリックすると拡大します
マルチ・スズキのプレスリリースをみる

2022年04月13日(水)

・起亜は4月8日、インドでサブコンパクトSUVの改良型となる「セルトス(Seltos)」および「ソネット(Sonet)」を発売したと発表した。
・改良型「セルトス」は13の機能がアップデートされた。HTK+バージョンでは1.5L ディーゼルエンジンを搭載し、インドで初めてインテリジェントMT (iMT)が組み合わされる。サイドエアバッグ、横滑り防止装置(ESC) 、車両安定制御システム(VSM)、ブレーキアシスト(BA)、ヒルアシスト・コントロール(HAC)、タイヤ圧モニタリング(TPMS)、四輪ディスクブレーキなどの安全機能を標準装備している。
・改良型「ソネット」は9の機能が強化された。サイドエアバッグとタイヤ圧モニタリング(TPMS)を標準装備し、安全性を高めた。また、インテリジェントMTを組み合わせたバージョンに、ESC、VSM、BA、HACなどの主要な安全機能を標準装備。
・価格はそれぞれ101万9,000ルピー(約170万円)と71万5,000ルピー(約118万円)から。
Based on the Kia India press release