タイヤ空気圧監視システム(TPMS)

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Daihatsu Terios (Indonesia) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS) (中近東向け)
ASEAN・インド Daihatsu Xenia (Indonesia) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS) (中近東向け)
ASEAN・インド Kia K3 (Korea) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
中国 Dongfeng Nissan Nissan Kicks (勁客) (China) 2020

Pacific Auto Parts Technology (Changshu) Co., Ltd.
[太平洋汽車部件科技(常熟)有限公司]

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
中国 Dongfeng Nissan Nissan Sylphy (China) 2020

Pacific Auto Parts Technology (Changshu) Co., Ltd.
[太平洋汽車部件科技(常熟)有限公司]

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
中国 Dongfeng Nissan Nissan Terra (China) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
日本 Daihatsu Mebius 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
日本 Nissan Armada 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
日本 Nissan Fairlady Z 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
欧州 Kia CEED 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
欧州 Nissan Juke (UK) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
欧州 Toyota C-HR (Turkey) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
米州 Nissan Kicks (Mexico) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
米州 Nissan NV (USA) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
米州 Nissan Sentra (Mexico) 2020

太平洋工業 (株)

タイヤ空気圧監視システム (TPMS)
 サプライヤー一覧

検索結果 187


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Bridgestone Americas, Inc. 200 4th Avenue South Nashville, TN 37201, USA 主要部品メーカー image
(株) ブリヂストン 〒104-8340 東京都中央区京橋三丁目1番1号 主要部品メーカー image
China Auto Electronics Group Limited (THB Group)
[天海汽車電子集団股份有限公司(天海集団)]
Tianhai Building, No.3, Songjiang Road, Hebi Economic and Technological Development Zone, Henan, China 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
Continental Automotive Holding Co., Ltd.
[大陸投資(中国)有限公司]
No.538, Dalian Road, Yangpu District, Shanghai 200082, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2020年07月28日(火)

・東風シトロエンは7月24日、コンパクトクロスオーバーSUV「C5 エアクロス( C5 Aircross、天逸)」のプラグインハイブリッド(PHV)バージョンを成都モーターショーで発売したと発表した。2グレードが設定されており、価格は23.47万元と26.47万元。
・車体サイズは全長4,510mm X 全幅1.860mm X 全高1,705mm、ホイールベース2,730mm。
・PHV専用の1.6L ターボエンジン(最高出力147kW、最大トルク300Nm)、BSGと前後2つのモーターで構成された動力システムを搭載する。総合最高出力は221kW、総合最大トルクは520Nm。8速マニュアルモード付きATを組み合わせる。0-100km/h加速時間は7秒。
・装備面では横滑り防止装置(ESP)、電動パーキングブレーキシステム(EPB)、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)などを標準装備する。
・このほか、特別仕様車のCシリーズ3モデルも発売した。価格は「C5 エアクロス」Cシリーズが17.07万元、「C4 エアクロス(C4 Aircross、雲逸)」Cシリーズが12.68万元、「C3-XR」Cシリーズが11.89万元となっている。
・今後、東風シトロエンはCMPとEMPの2つのプラットフォームに焦点を当て、SUV、セダン市場を中心にガソリン車と新エネルギー車などを投入してゆく計画である。
東風シトロエンのリリースおよびモデル情報に基づく

2020年07月22日(水)

Toyo Tire (トーヨータイヤ) は、トラックやバスなどに装着されているタイヤの状況変化や走行環境情報を自動的に収集し蓄積するシステムの開発およびタイヤの使用状態を推定するモデルの構築を発表した。このシステムは、運輸車両のホイールに装着したセンサー (TPMS: Tire Pressure Monitoring System) によって空気圧や内部温度などのタイヤの状態をデータとして自動収集し、GPSからの位置情報や車両の加速度情報などと合わせて、リアルタイムでクラウドに蓄積する独自の情報収集システム。また、このシステムで収集したデータに個々のタイヤの既定情報や天候データなどの外部情報を加え、人工知能 (AI) を駆使することで、タイヤの使用状態を推定するモデルも構築した。これにより、タイヤの摩耗進行度合いを実測することなくデジタル環境の中で推定することが可能になるという。(2020年7月22日付プレスリリースより)

2020年07月14日(火)

・吉利の新しい新エネルギー車(NEV)ブランドである楓葉汽車(Maple)は7月11日、初の量産モデルとなる小型電気SUV「楓葉30X」を発売したと発表した。全5バージョン(うち1つはモビリティサービス向け)が設定され、補助金適用後の価格は6.88-8.28万元。
・フロント部分には多角形の星のような意匠を施したグリルを採用し、細長いライトと連なって一体化し、横方向に幅広く見える視覚効果がある。翼をモチーフにしたフロントバンパーを組み合わせることで、さらに力強さやダイナミックさを感じさせるデザインになっている。
・車体サイズは、全長4,005mm×全幅1,760mm×全高1,575mm、ホイールベースは2,480mm。
・最高出力70kW、最大トルク180Nmの永久磁石同期モーターを搭載し、三元リチウム電池を組み合わせ、NEDCによる航続距離は306km。急速充電モードでは30分間で30%から80%まで充電可能、通常充電モードでは7時間で充電完了となる。
・装備面では、ABS+EBD、直接式タイヤ圧監視システム、歩行者検知システムなどを採用する。

楓葉汽車のリリースおよびモデル情報に基づく