スイッチ

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Ford Everest (Thailand) 2021

Nidec Mobility (Thailand) Co., Ltd.

パワーウィンドスイッチ
ASEAN・インド・韓国 Ford Ranger (Thailand) 2021

Nidec Mobility (Thailand) Co., Ltd.

パワーウィンドスイッチ
ASEAN・インド・韓国 Honda Accord (Thailand) 2021

Nidec Mobility (Thailand) Co., Ltd.

パワーウィンドスイッチ
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2021

Marquardt GmbH

スタートストップボタン
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2021

Marquardt GmbH

ハザードライトスイッチ
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2021

Marquardt GmbH

パドルギアシフタースイッチ
日本 Nissan Cima Hybrid 2021

マレリ (株) (旧 カルソニックカンセイ (株))

トランクスイッチ
日本 Nissan Fuga 2021

マレリ (株) (旧 カルソニックカンセイ (株))

トランクスイッチ
日本 Nissan Fuga Hybrid 2021

マレリ (株) (旧 カルソニックカンセイ (株))

トランクスイッチ
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

Preh GmbH

ボリュームコントローラー
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

Preh GmbH

ステアリングコラムスイッチ
欧州 Audi Q4 e-tron (Germany) 2021

Grupo Antolin-Irausa, S.A.

イルミネーションコントロールスイッチ
米州 Hyundai Accent (Mexico) 2021

Asentec Co., Ltd.

スタートストップボタン
米州 Daimler Mercedes-Benz GLS (USA) 2020

Marquardt GmbH

タッチパッド
米州 Daimler Mercedes-Benz GLS (USA) 2020

Marquardt GmbH

ロータリーライトスイッチ
 サプライヤー一覧

検索結果 1456


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
アルプスアルパイン (株) (旧 アルプス電気 (株)) 〒145-8501 東京都大田区雪谷大塚町1-7 主要部品メーカー image
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC) 5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年08月02日(月)

東海理化は、指紋認証スタートスイッチを開発し、日本車として初めてトヨタの新型「ランドクルーザー (Land Cruiser)」に採用されたと発表した。新開発のスタートスイッチは、スイッチ中央にある指紋センサーで認証を行い、事前に登録したユーザーの指紋と一致した場合にエンジンを始動させることができる製品で、盗難防止に貢献する。また、個人特定機能で登録ユーザーごとにシートポジションやドアミラーを自動調整する。なお同製品は、トヨタよりプロジェクト表彰の技術の部を受賞したという。(2021年8月2日付プレスリリースより)

2021年07月12日(月)

STMicroelectronics8日、広い入力電圧範囲と低い静止電流を持つDC/DCコンバーター「A6986I」と「L6986I」を発表した。最大5Wの自動車用アプリケーションで、堅牢でエネルギー効率の高い動作を保証する。絶縁型降圧トポロジーは、制御された非絶縁型一次電圧と1つ以上の絶縁型二次電圧を必要とするシステムの部品コストを大幅に削減する。
AEC-Q100グレード1認定のA6986I100%のデューティサイクル能力と4V-38 Vの幅広い入力電圧範囲が自動車システムのコールドクランクおよびロードダンプの仕様に適合し、車載充電器やハイブリッド車・電気自動車用駆動装置などの使用に適している。
・コンバーターはピーク電流モード制御を備えた強制PWMモードで動作し、一次出力電圧を調整する。このデバイスは信頼性を高めるプログラム可能なソフトスタートを備えており、パルスごとの電流検出によって一次側の定電流保護を実現する。300nsのプリセット電流検出ブランク時間がトランスの漏れインダクタンスによって発生する振動を抑制し、ハイサイドスイッチング時の安定性を高める。
STMicroelectronicsのリリースをみる

2021年07月06日(火)

・EUの科学研究推進機構Graphene Flagshipは6月25日、G+BOARDプロジェクトが銅を使わない一体型自動車ダッシュボードを開発すると発表した。このダッシュボードは上部インパネとステアリングで構成され、多機能なグラフェンもしくは還元型酸化グラフェンを用いた導電性の配線パターン、センサー、デバイスを組み込んでいる。
・G+BOARDプロジェクトは現在車両のダッシュボードに使われている銅配線とスイッチを導電性高分子で置き換え、生産工程数の削減、車両の軽量化、外観とリサイクル性の向上を図る。
・グラフェンと層状にした材料の多機能な特性によりダッシュボードの高分子材料の導電率を選択的に調整する。
・G+BOARDプロジェクトは高分子ベースの材料の内部にレーザー書き込みで処理された複雑な電気システムを形成することを目指す。新しいレーザー書き込み技術により少量の炭素フィラーを含む熱可塑性樹脂でできた完全にリサイクル可能な多機能部品を実現する。
・G+BOARDプロジェクトはステランティスのダッシュボードをアップグレードして自動車の機能向上、メーカーの生産コスト削減、燃費改善を目指す。
The Graphene Flagship press release