サスペンションモジュール/システム

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Honda Accord Hybrid (Thailand) 2021

(株) エフテック

サスペンションシステム
ASEAN・インド・韓国 Honda Amaze (India) 2021

(株) エフテック

サスペンションシステム
ASEAN・インド・韓国 Honda BR-V (India) 2021

(株) エフテック

サスペンションシステム
中国 SAIC GM Wuling Wuling (五菱) Hongguang (五菱宏光) MINI EV (China) 2022

Zhejiang Asia-Pacific Mechanical & Electronic Co., Ltd.
[浙江亜太機電股份有限公司]

フロントサスペンションASSY
中国 Xpeng Xpeng (小鵬) G3i 460G (FF) (China) 2022

Anhui Vie Auto Parts Co., Ltd.
[安徽万安汽車零部件有限公司]

トーションビームアッセンブリー
中国 Xpeng Xpeng (小鵬) G3i 460N (FF) (China) 2022

Anhui Vie Auto Parts Co., Ltd.
[安徽万安汽車零部件有限公司]

トーションビームアッセンブリー
日本 Honda CR-V 2021

(株) エフテック

サスペンションシステム
日本 Honda CR-V e:HEV 2021

(株) エフテック

サスペンションシステム
日本 Honda Civic Hatchback 2021

(株) エフテック

サスペンションシステム
欧州 Skoda Enyaq Coupe iV (Czech Republic) 2022

Rollax GmbH & Co. KG

サスペンション部品
欧州 Volkswagen T7 Multivan (Germany) 2022

SumiRiko AVS Germany GmbH
(旧 Anvis Deutschland GmbH)

スプリングシート
欧州 Daimler Mercedes-Benz EQS (Germany) 2021

ZF Friedrichshafen AG

サスペンション部品
米州 BMW 2 Series Coupe (Mexico) 2022

Rollax GmbH & Co. KG

サスペンション部品
米州 Nissan Pathfinder (USA) 2022

Vibracoustic SE

スプリングシート
米州 Rivian R1S (USA) 2022

Marwood Metal Fabrication Limited

トルクボックス
 サプライヤー一覧

検索結果 357


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
American Axle & Manufacturing Holdings, Inc. One Dauch Drive, Detroit, MI 48211-1198, USA 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Benteler Group (Benteler Automobiltechnik GmbH) Schillerstraße 25-27 5020 Salzburg Austria 主要部品メーカー image
CIE Automotive, S.A. Alameda Mazarredo 69, 8, 48009 Bilbao, Bizkaia, Spain 主要部品メーカー image
(株) エフテック 〒346-0194 埼玉県久喜市菖蒲町昭和沼19 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年08月08日(月)

・インドのアショクレイランド(Ashok Leyland)は8月4日、大型トラック「AVTR」シリーズに搭載する最高出力250HPの6気筒4バルブエンジンを発表した。
・「AVTR」は運搬車、トラクター、ダンプカーセグメント向けでプレミアムNキャビンを採用している。「AVTR」プラットフォームのモジュール化により製品リードタイムが大幅に短縮され、優れた総保有コストを実現する。
・「AVTR」はi-Gen6技術搭載6気筒エンジン、ダンパー付プレミアムチルトサスペンションキャビン、安全強化型フルメタルフロントフェイシア、ダブルヘッドランプを備え、エアコンをオプション設定している。
Based on Ashok Leyland's press release

2022年08月08日(月)

・Ashok Leyland (アショック・レイランド)は8月5日、インド・テランガーナ州ハイデラバードで8月5-6日に開催された公共交通輸送車の展示会Prawaas 3.0で全長13.5mのバスシャシーを披露した。
・セグメント最高となる最高出力248hpのA4 エンジンを搭載し、燃費の改善とバスの所要時間短縮を実現した。オプションでアンチロールバー付きエアサスペンションと電磁式リターダーを搭載すれば、より安全で快適な乗り心地が確保される。
・全長13.5 mの都市間バスのシャシー(4×2)は、都市間の移動用に広々とした空間を提供するため設計された新しいプラットフォームをベースにしている。寝台付き30人乗りの全長12 mの都市間シャシーと比べて乗客数を20%増加させて36人乗りとし、一回あたりの運行での収益を最大化するとしている。
Based on Ashok Leyland's press release

2022年08月05日(金)

Freudenbergグループ傘下のVibracousticは、小型車向けの車高およびサスペンションのレベリングシステム用のハイドロレベリング技術を開発したと発表した。このハイドロレベリングシステムは、フロントおよびリアアクスルに対応し、小型EVを含む小型車の車高調整ソリューションとして展開される。このシステムを採用することで、自動車メーカーは1軸または2軸の可変車高システムを低コストで搭載することができるようになる。また、高速走行時に車高を下げて空気抵抗を減らすことにより、EVの航続距離延長にも貢献するとしている。(2022年8月2日付プレスリリースより)