サスペンションモジュール/システム

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki DZire (India) 2018

Tenneco Inc.

サスペンションシステム
ASEAN・インド・韓国 Ford EcoSport 2017

Tenneco Inc.

フロントサスペンション
ASEAN・インド・韓国 Nissan Datsun redi-GO (India) 2016

(株) ヨロズ

トーションビーム
中国 FAW Mazda CX-4(FF) (China) 2021

Fawer Y-Tec Automotive Chassis System Co., Ltd.
[富奥威泰克汽車底盤系統有限公司] (旧 長春塔奥金環汽車製品有限公司)

サスペンションビーム(シャシー)(2.0L)(6AT)
中国 XPENG XPENG (小鵬) G3 460c (FF) (China) 2021

Zhejiang Vie Science & Technology Co., Ltd.
[浙江万安科技股份有限公司]

トーションビームアッセンブリー
中国 XPENG XPENG (小鵬) G3 460i (FF) (China) 2021

Zhejiang Vie Science & Technology Co., Ltd.
[浙江万安科技股份有限公司]

トーションビームアッセンブリー
日本 Daihatsu Tanto 2019

(株) ヨロズ

トーションビーム
日本 Mitsubishi Eclipse Cross 2019

ヒルタ工業 (株)

サスペンションユニット
日本 Mitsubishi eK Wagon 2019

(株) ヨロズ

トーションビーム
欧州 Ford Puma (Romania) 2020

Gestamp Automocion S.A.

リアサスペンション
欧州 Nissan Juke (UK) 2020

Vibracoustic SE

スプリングシート
欧州 Citroen / DS DS DS3 Crossback (France) 2019

Federal-Mogul Holdings LLC

スプリングシート
米州 Nissan Leaf (USA) 2019

Vibracoustic SE

スプリングシート
米州 GM Chevrolet Malibu XL (USA) 2018

Weihai Bethel Sakthi Automotive Safety Systems Co., Ltd.
[威海伯特利薩克迪汽車安全系統有限公司]

リアサスペンションブラケット
米州 GM Cadillac CT6 2017

ZF Friedrichshafen AG

シングルラージ・アクチュエーターシステム、(AKC(アクティブ・キネマティクス・コントロール)
 サプライヤー一覧

検索結果 310


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
American Axle & Manufacturing Holdings, Inc. One Dauch Drive, Detroit, MI 48211-1198, USA 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Benteler Group (Benteler Automobiltechnik GmbH) Schillerstraße 25-27 5020 Salzburg Austria 主要部品メーカー image
CIE Automotive, S.A. Alameda Mazarredo 69, 8, 48009 Bilbao, Bizkaia, Spain 主要部品メーカー image
(株) エフテック 〒346-0194 埼玉県久喜市菖蒲町昭和沼19 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年07月21日(水)

・フォードは7月17日、2013年型から2017年型のミッドサイズSUV「エクスプローラー(Explorer)」77万4,696台を対象とするリコールを発表した。リアサスペンションのクロスボールジョイントの不具合でトーリンクが破損してステアリングのコントロールが失われ、衝突事故のリスクが増加する可能性があるという。
・対象となるモデルは、北米で67万6,152台、中国で5万9,935台、International Markets Group(IMG、その他市場)で2万5,257台、欧州で1万3,162台、南米で190台となっている。
・該当モデルは2012年から17年にイリノイ州シカゴ(Chicago)工場、2013年から17年にロシア・エラブガ(Elabuga)工場で生産された。
・フォードは今回の不具合に関連した事故を、北米で6件認識しているという。
・ディーラーでクロスボールジョイントを検査し、必要に応じてクロスボールジョイントやナックルを交換し、トーリンクを対策品と交換するという。
・加えて、2020年型と2021年型のピックアップトラック「F-350 スーパーデューティ(Super Duty)」のうち、6.7Lエンジンを搭載した後輪駆動バージョン3万4,939台のリコールも発表した。リアアクスル溶接の不具合で駆動力が伝達されなくなり、事故のリスクがあるという。
・該当モデルは2020年8月から2021年5月にかけてケンタッキー(Kentucky)トラック工場で生産された。
(Ford press release on July 16, 2021)

2021年07月16日(金)

・イスラエルのeモビリティ有力企業REE Automotive (REE)は7月13日、米国の商用車メーカーJB Poindexter & Co (JBPCO)の電動トラックシャシー事業部門EAVXと戦略的提携をすると発表した。なお、REEは現在米国の特別買収目的会社10X Capital Venture Acquisitionとの合併プロセスの最終段階にある。
・JBPCOの事業部門には、ワークトラックの車体とアクセサリーの業界リーダーであるMorgan Olson、Morgan Corporation、Reading、Truck Accessories Group、Masterrackが含まれている。
・REEとEVAXは、REEのREEcorners技術とJBPCOの商用車車体ソリューションを統合して、既存と新規の顧客向けにクラス最高のゼロエミッション電動ワークトラックを開発する。両社は共通の顧客基盤を拡大して北米市場に「Powerd by REE (REEの電動ユニット搭載)」と銘打ったトラックを投入する。
・REEcornerは、モーター、ステアリング、ブレーキ、サスペンション、パワートレイン、制御機器などの重要車両部品を車輪とシャシーの間に配置する単一のコンパクトなモジュールにまとめる技術である。これにより完全にフラットな電動プラットフォームを実現し、乗降の高さを最小に抑えて貨物や乗客の積載量を最大化し、航続距離を延ばすためのバッテリー搭載スペースを増やすことができる。
REE Automotive press release

2021年07月16日(金)

・アウディのインド法人Audi Indiaは7月12日、22日にインドでミッドサイズ電気SUV「eトロン(e-tron)」を発売すると発表した。SUVの「eトロン」と4ドアクーペタイプのSUV「eトロン スポーツバック(Sportback)」の2つのボディスタイルが用意される。また、「eトロン 50」、「eトロン 55」、「eトロン スポーツバック 55」のバージョンが選択できる。
・「eトロン 55」と「eトロン スポーツバック 55」は容量95kWのバッテリーを搭載し、航続距離は359-484km (WLTPサイクル)。最高出力300kW、最大トルク664Nmのモーターを搭載する。
・「eトロン 50」は容量71kWのバッテリーを搭載し、航続距離は264-379km (WLTPサイクル)。最高出力230kW、最大トルク540Nmのモーターを搭載する。
・駆動方式はフルタイム全輪駆動システムのクワトロを採用する。また、プログレッシブ・ステアリング、アダプティブ・エアサスペンション、4ゾーンエアコン、マトリックスLEDヘッドランプが標準で搭載される。
Audi Indiaのリリースをみる