ステアリングホイール

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Honda Accord Hybrid (Thailand) 2021

Thai Foam Co., Ltd.

ステアリングホイールパッド
ASEAN・インド・韓国 Honda CR-V (Thailand) 2021

Thai Foam Co., Ltd.

ステアリングホイールパッド
ASEAN・インド・韓国 Honda HR-V (Thailand) 2021

Thai Foam Co., Ltd.

ステアリングホイールパッド
中国 Tesla Model 3 (RR) (China) 2021

Shanghai Lingang Joyson Safety Systems Co., Ltd.
[上海臨港均勝汽車安全系統有限公司]

ステアリングホイール
中国 Tesla Model Y (AWD) (China) 2021

Shanghai Lingang Joyson Safety Systems Co., Ltd.
[上海臨港均勝汽車安全系統有限公司]

ステアリングホイール
中国 Tesla (Shanghai) Tesla Model 3 (China) 2021

Nanjing Yunhai Special Metals Co., Ltd.
[南京雲海特種金属股份有限公司](旧 南京雲海特種金属有限公司)

ステアリングホイールフレーム
日本 Subaru Levorg 2021

Autoliv Inc.

ステアリングホイール
日本 Toyota Yaris Cross 2021

Autoliv Inc.

ステアリングホイール
日本 Daihatsu Copen Cero S 2020

Momo S.R.L.

ステアリングホイール
欧州 Bentley Flying Spur (UK) 2021

ZF Friedrichshafen AG

ステアリングホイール
欧州 Ford Kuga (Spain) 2021

ZF Friedrichshafen AG

ステアリングホイール
欧州 Ford Kuga Hybrid (Spain) 2021

ZF Friedrichshafen AG

ステアリングホイール
米州 Volkswagen Atlas Cross Sport (USA) 2021

Autoliv Inc.

ステアリングホイール
米州 Volkswagen Taos (Mexico) 2021

Autoliv Inc.

ステアリングホイール
米州 Tesla Model Y (USA) 2020

Joyson Safety Systems (旧 Key Safety Systems, Inc.)

ステアリングホイール(出典元:MUNRO & ASSOCIATES, USA)
 サプライヤー一覧

検索結果 330


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Autoliv Inc. Klarabergsviadukten 70, Section B7, SE-111 64, Stockholm, Sweden 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Dongfeng Electronic Technology Co., Ltd. (DETC)
[東風電子科技股份有限公司]
22F, Zhongqi Bldg, No.2000, Zhongshan North Road, Shanghai 200063, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年07月19日(月)

・トヨタは19日、全面改良したハイブリッド(HV)専用コンパクトカー「アクア(Aqua)」を発売した。
・新型「アクア」はTNGA (GA-B)プラットフォームを採用することで、高いボディ剛性と静粛性に加え安定感のある走りを実現した。加えて、ホイールベースを従来型に対し50mm延長することで、特にリヤシートの居住空間や荷室空間を拡大し、利便性を向上した。インテリアには操作性・視認性に優れた10.5インチ大型ディスプレイオーディオをトヨタのコンパクトカーとして初採用している。
・走行性能については、1.5Lダイナミックフォースエンジンと「アクア」に最適化したHVシステムにより、コンパクトカークラストップレベルとなる35.8km/Lの低燃費(従来型比約20%向上)HVらしい軽快な走りを高次元で両立した。
・駆動用車載電池には、コンパクトで高出力な性能を持つ新開発の「バイポーラ型ニッケル水素電池」を世界で初めて採用。集電体の片面に正極、もう一方の面に負極を塗った「バイポーラ電極」を複数枚積層させてパックにした電池で、従来型「アクア」のニッケル水素電池に比べバッテリー出力が約2倍に向上したほか、アクセル操作への応答性が向上し、低速からリニアでスムースな加速が可能になった。また、電気だけでの走行可能速度域を拡大したことで、街中の多くのシーンでエンジンを使わず電気だけで走行できる。
・さらに「快感ペダル」をトヨタとして初採用しており、走行モードから「POWER+モード」を選択すると、アクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度を増大させ、滑らかに減速することが可能。アクセル・ブレーキペダルの踏みかえ頻度を抑え、ドライバーの負担を軽減しつつ意のままの走りを実現した。
・安全面では最新のToyota Safety Senseを標準装備したほか、ハンドル操作、ブレーキ、アクセル、シフトチェンジなど、駐車時における全操作を車両が支援するトヨタチームメイト アドバンストパーク、従来の前後進行方向に加え新たに側方の静止物を検知対象とし、警報とブレーキ制御で接触回避を支援するパーキングサポートブレーキを採用している。
・また、災害時など万が一の際に役立つ給電機能として、アクセサリーコンセント(AC100V1,500W)と非常時給電モードを全車に標準装備した。
・新型「アクア」はトヨタ自動車東日本の岩手工場で生産する。メーカー希望小売価格は198万円から2598,000円で、月間9,800台の販売を目指す。

※画像をクリックすると拡大します
トヨタのリリースをみる

2021年07月13日(火)

・GMは7月9日、ミッドエンジン搭載のシボレー「コルベット スティングレイ(Corvette Stingray)」の欧州仕様車のクーペ8、コンバーチブル8の計16バージョンの高装備ローンチエディションを、2021年10月に発売すると発表した。
・英国の顧客は初めて、第8世代の「コルベット」のクーペやコンバーチブルの右ハンドル車を注文することができる。
・米国とは異なり、欧州で販売される「コルベット スティングレイ」には、Z51パフォーマンスパッケージが標準装備される。このパッケージには、大型ローターと冷却用フロントエア吸気口を備えたBrembo製ブレーキ、電子制御式リミテッドスリップデフ、短いアクスルレシオ、パフォーマンス排気システム、揚力を低減するエアロダイナミクスパッケージ、ミシュラン製Pilot Sport 4Sタイヤが含まれる。
・欧州仕様のコルベットは、パフォーマンスデータレコーダー、ヘッドアップディスプレイ、ナビゲーションシステム、14スピーカーのBoseサウンドシステム、リアカメラミラー、ヒーター・ベンチレーテッドシートなどを装備した2LTトリムを標準装備している。このトリムは、2021年初頭に納入開始予定。
・ローンチエディションは、「コルベット」の最上級グレードである3LTで設定されており、マグネティック・ライド・コントロール4.0サスペンションシステムが標準装備されている。
・シボレーの最新世代6.2リッターLT2スモールブロックV8エンジンは、Z51パッケージのパフォーマンス排気システムと新しい8速DCTとの組み合わせにより、最高出力475PS/354kW、最大トルク613Nm/452 lb-ftを発揮する。

※画像をクリックすると拡大します
GMのリリースをみる

2021年07月09日(金)

アルプスアルパインは、ハンドルの握り方を細かく判別することで自動運転支援システムに対応するハンズオフ検知 (HoD:Hands Off Detection) 用のECUを開発したと発表した。高速道路走行時や低速走行時などの条件下に限り、システムが運転タスクを実行する昨今の運転支援システムでは、自動運転支援と手動運転の切り替えを安全かつスムーズに行うためにドライバーの運転状態を検知・判断する必要がある。同社はこれに対し、4極マルチゾーンセンサーを開発し、ステアリングの掌握パターン判定を細分化することで、システムの効率的な切り替えとタッチ判定の信頼性向上を実現した。なお、このシステムは、2021年春よりステアリングメーカーに納入しているという。(2021年7月8日付プレスリリースより)