サイドドアロック

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Mitsubishi Attrage (Thailand) 2022

Summit Ansei Auto Parts Co., Ltd.

フロントドアロック
ASEAN・インド・韓国 Mitsubishi Attrage (Thailand) 2022

Summit Ansei Auto Parts Co., Ltd.

リアドアロック
ASEAN・インド・韓国 Mitsubishi Attrage (Thailand) 2022

Summit Ansei Auto Parts Co., Ltd.

ドアロックストライカー
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2022

Yantai Huf Automotive Lock Co., Ltd.
[煙台霍富汽車鎖有限公司]

ロックセット
中国 Changan Changan (長安) CS75 (FF) (China) 2022

Kunshan Yanpu Auto Parts Co., Ltd.
[昆山沿浦汽車零部件有限公司](旧 昆山貝倫迪汽車零部件有限公司)

ドアロックプレート(1.5T)(6MT)
中国 Changan Changan (長安) CS75 (FF) (China) 2022

Kunshan Yanpu Auto Parts Co., Ltd.
[昆山沿浦汽車零部件有限公司](旧 昆山貝倫迪汽車零部件有限公司)

ドアロックプレート(1.5T)(7WDCT)
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2022

(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株))

リアドアロック
日本 Daihatsu Atrai 2022

三井金属アクト (株)

サイドドアロック
日本 Daihatsu Boon 2022

三井金属アクト (株)

サイドドアロック
欧州 Mercedes-Benz EQE (Germany) 2022

Huf Huelsbeck & Fuerst GmbH & Co. KG

ロックセット
欧州 Mercedes-Benz EQE (Germany) 2022

Huf Huelsbeck & Fuerst GmbH & Co. KG

ドアストライカー
欧州 Mercedes-Benz EQE (Germany) 2022

Magna International Inc.

サイドドアロック
米州 Ford F-150 Lightning (USA) 2022

ADAC Automotive Inc.

ドアラッチ
米州 GM Cadillac XT5 (USA) 2022

Magna International Inc.

フロントドアロック
米州 GM Cadillac XT6 (USA) 2022

Magna International Inc.

フロントドアロック
 サプライヤー一覧

検索結果 484


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Aisin (China) Investment Co., Ltd.
[愛信 (中国) 投資有限公司] (旧 愛信精機 (中国) 投資有限公司)
1202-1205, TEDA MSD-C3 Bldg, No.79 First Avenue, TEDA, Tianjin 300457, China 主要部品メーカー image
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Brano Group, a.s. Opavska 1000 - 747 41 Hradec nad Moravici, Czech Republic 主要部品メーカー image
Brose Fahrzeugteile SE & Co. KG, Coburg Max-Brose-Strasse 1, 96450, Coburg, Germany 主要部品メーカー image
Flex-N-Gate Corporation 1306 East University Ave. Urbana, IL 61802, USA 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年05月16日(月)

・レクサスは513日、先進装備を進化させた改良型コンパクトクロスオーバー「UX200」及び「UX250h(以下「UX200/250h)を世界初公開した。日本での発売は2022年夏頃を予定している。
・改良型「UX200/250h」では、走りの味を深化させるとともに、予防安全技術の機能拡充や先進装備の進化に取り組んだ。走りの味の深化では、ボディのスポット溶接打点を20点追加することでボディ剛性を強化し、EPSやアブソーバーなどのチューニングを実施。Toyota Technical Center Shimoyamaで走り込むことで、上質さとダイレクト感、レスポンスの更なる向上によるすっきりと奥深い走りを実現した。
・予防安全技術「Lexus Safety System +」の機能拡充では、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大。交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能とした。
・さらに使い勝手を拡張する先進装備として、スマートフォンによりドアロック/アンロックやエンジンスタートなどの操作を可能にするデジタルキーや、車両下方の路面状況やタイヤ位置などの把握を補助するパノラミックビューモニター床下透過表示機能を追加している。
・他にも、大型化・高解像度化したタッチディスプレイを搭載した最新のマルチメディアシステムを採用した。あらかじめ設定された起動ワードを発話することで、スイッチ操作や再生中の音楽停止をすることなく、音声認識機能の起動が可能という。

※画像をクリックすると拡大します
トヨタのリリースをみる

2021年10月28日(木)

・百度(Baidu)は10月26日、広汽埃安(Aion)と共同で量産無人運転車「アポロムーン(Apollo Moon)埃安バージョン」を発表した。
・アポロ自動運転のソフト、ハードウェア技術や広汽埃安の自動運転車用プラットフォーム及び車両設計、製造能力をベースに、「ANP-Robotaxi」アーキテクチャーを採用した。自動運転レベル4のロボタクシー(Robotaxi)自動運転データとレベル2+の運転支援データの共有が可能であり、ロボタクシーの無人運行のニーズに対応する。
・自動運転技術の面では、独立したクローズドループの運転支援システム「ANP (アポロナビゲーションパイロット)」をベースに、カスタマイズされたレーザーレーダー(LiDAR)と相応の無人運転冗長性を追加することで、完全な自動運転が実現可能となる。また、ソフト・ハードウェアの刷新によって、コストは先代モデルの半分となり、性能は10倍向上する。
・ハードウェアの面では、より優れた自動運転のソフト・ハードウェア整合能力を備える広汽埃安の電気自動車(EV)用プラットフォームGEP 2.0をベースに開発された。
・新たな車外とのインタラクション機能、4ドアロック独立制御機能、顧客呼出ボタンの機能を備え、ユーザーにスマートなセルフサービスを提供する。
・広汽埃安と百度Apolloの自動運転分野における提携は現在、無人駐車システムAVP (アポロバレーパーキング)からアポロムーンまですべてカバーしており、広汽の「AION LX」「AION V Plus」「AION S Plus」「AION Y」などは超長距離を記憶するパーキングシステム(HAVP)機能を備え、低速での呼び寄せや自動駐車が実現可能となっている。

百度Apolloの公式Wechatに基づく

2021年10月25日(月)

・百度Apolloは10月19日、威馬汽車(WM Motor Technology Group Co.,Ltd、ブランド名:Weltmeister)とともに電気SUV「威馬W6」をベースに自動運転システムを搭載した2モデルを開発したと発表した。
・1つは新世代量産無人運転車「アポロムーン(Apollo Moon) 威馬バージョン」、もう1つは百度ANP (アポロナビゲーションパイロット)とAVP (アポロバレーパーキング)を搭載した「威馬W6 ANP+AVP」量産モデル。これまで百度と威馬汽車はAVP、ANPから完全無人運転車「アポロ ムーン」まで協力して手掛けてきた。今回開発した2モデルはいずれも「ANP-Robotaxi」アーキテクチャを採用し、データの共有が可能である。
・「威馬W6 ANP+AVP」はカメラ12個、ミリ波レーダー5個、超音波レーダー12個を搭載し、障害物のスマート回避、自主的な車線変更、ランプの上り下り、サービスエリアへの出入りなどより高度なナビゲーションパイロットを実現する。このモデルにカスタム化されたレーザーレーダー(LiDAR)と相応の無人運転冗長性を追加すれば完全な無人運転が実現し、無人運転車「アポロ ムーン 威馬バージョン」となる。
・「アポロ ムーン 威馬バージョン」はフルセンサーおよびコンピューティングユニット冗長性を備えているため、たとえ1つのシステムに障害が発生しても車両に対する運転の指令は実行され、乗客を安全な地点まで運ぶことができる。また、4つのドアロックの独立制御、後列乗客の状態チェック、音声インタラクション、アプリによるエアコン・車窓制御、スマートドアなどの機能を備えている。なお、生産ラインの前工程であるサブアセンブリ―はすべて威馬汽車が行う。車両の運用サイクルは5年以上で、大規模で安定的な運用が可能である。
百度ApolloのWeChat公式アカウントに基づく