ショックアブソーバー

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 GM Chevrolet Trax (Korea) 2021

SNT Motiv Co., Ltd. (旧 S&T Motiv Co., Ltd.)

ショックアブソーバー
ASEAN・インド・韓国 Honda Accord (Thailand) 2021

Y-TEC Co., Ltd.

ダイナミックダンパー
ASEAN・インド・韓国 Honda City (Thailand) 2021

Hitachi Astemo Korat Brake Systems Ltd.
(旧 Nissin Brake (Thailand) Co., Ltd.)

ダンパーASSY
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2021

Tenneco Inc.

連続可変セミアクティブサスペンション
中国 FAW Hongqi (紅旗) E-HS9 (China) 2021

Vibracoustic SE

フロントアクスルエアスプリング
中国 FAW Hongqi (紅旗) E-HS9 (China) 2021

Vibracoustic SE

リアアクスルエアスプリング
日本 Daihatsu Move Canbus 2021

日立Astemo (株) (旧 日立オートモティブシステムズ (株))

フロントショックアブソーバー
日本 Daihatsu Move Canbus 2021

日立Astemo (株) (旧 日立オートモティブシステムズ (株))

リアショックアブソーバー
日本 Honda Shuttle Hybrid 2021

ZF Sachs Korea Co., Ltd.

フロントショックアブソーバー
欧州 Volkswagen ID.5 (Germany)   2022

Vollmann (Sachsen) GmbH & Co. KG - Welzow

ストラットモジュール
欧州 Volkswagen ID.5 (Germany)   2022

ZF Friedrichshafen AG

ショックアブソーバー
欧州 Abarth 595 Competizione (Poland) 2021

Koni BV

ショックアブソーバー
米州 Honda HR-V (Mexico) 2022

ZF Friedrichshafen AG

リアショックアブソーバー
米州 BMW X5 (USA) 2021

Vibracoustic SE

リアエアサスペンション
米州 Dodge Challenger SRT (Canada) 2021

thyssenkrupp Bilstein GmbH

ショックアブソーバー
 サプライヤー一覧

検索結果 613


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
APM Automotive Holdings Berhad Lot 600, Pandamaran Industrial Estate, Locked Bag No. 218, 42009 Port Klang, Selangor Darul Ehsan, Malaysia 主要部品メーカー image
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年09月30日(木)

Mexico-Nowは、日立Astemo (日立アステモ)がメキシコLerma3工場に2年間で56百万ドルを投じて産業安全性を改善し、480名の新規雇用を創出すると報じた。同社は2018年から2020年にかけて業務強化を目的とした設備とプロセスの継続的な改善に97百万ドルを投資している。Lerma3工場では2,700名以上の従業員が日産、フォード、ホンダ、GM、マツダ、ステランティス向けにウォーターポンプ、バランサー、インジェクションコイル、オイルコントロールバルブ、エアフローセンサー、ピストン、ショックアブソーバー、ブレーキ鋳造部品を製造している。メキシコでの生産の大半は、米国、カナダ、ドイツ、英国、韓国市場向けとなる。(2021928日付 Mexico-Nowより)

2021年08月30日(月)

日立Astemo (日立アステモ)は、アイシンと共同開発した減衰力調整式アブソーバーがトヨタの新型「ランドクルーザー(Land Cruiser)」に採用されたと発表した。今回開発された減衰力調整式アブソーバーは、伸びや縮みの減衰力調整を共通の機構で行っている通常のショックアブソーバーから仕組みを変更し、個別の機構で調整する仕組みを新たに採用した。これにより適切な減衰力調整が可能になり、操縦性と乗り心地を高いレベルで実現した。また、従来はサスペンション外側に取り付けられていた減衰力制御バルブをショックアブソーバーに内蔵することで構造を簡略化し、同社従来品比で約20%の体積低減および約30%の軽量化を達成したという。(2021年8月30日付プレスリリースより)

2021年07月13日(火)

・7月9日付のKrungthep Turakijの報道によると、タイのエアコン部品メーカーThailand President Automobile Industries Public Co., Ltd. (以下、PACO)が電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の重要部品のひとつであるバッテリー冷却部品の生産について2年間にわたる調査を行った。
・PACOはテスラのEVやBMWおよび三菱自動車のPHV向けにバッテリー冷却部品を生産してきた。また、トヨタ、ホンダ、日産とも交渉しているという。PACOは現在バッテリー冷却部品をスリランカとバングラデシュに輸出している。米国企業とも交渉しており、第3-4四半期に受注状況が明確になる見込み。
・PACOの2021年の売上高に占めるバッテリー冷却部品の比率は約1%と見込まれる。2022年には伸長するがまだ5%以下と予想される。
・PACOは2021年の売上高を前年比17%増の約8億バーツ(約27億円)と見込んでいる。上半期の業績は、コンプレッサーやインタークーラーなどがけん引し想定通りとなった。第4四半期にはオルタネーターやショックアブソーバーなどの新たな製品の導入を計画する。2022年の売上高は2021年比25%増の10億バーツに到達すると予想している。
(From an article of Krungthep Turakij on July 9, 2021)