シフトレバー

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Mahindra & Mahindra Mahindra Scorpio (India)   2022

Lumax Auto Technologies Ltd.

ATギアシフト
ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Breeza (India)   2022

Lumax Auto Technologies Ltd.

ATギアシフト
ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Celerio (India) 2022

Lumax Mannoh Allied Technologies Ltd.

シフトレバー
中国 Volvo Cars Asia Pacific Volvo XC60 T8 Hybrid (4WD) (China) 2023

Orrefors Kosta Boda AB

ATセレクトレバー(2.0T)(8AT)
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2022

Marquardt Switches (Shanghai) Co., Ltd.
[馬誇特開関(上海)有限公司]

ギアセレクタースイッチ
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2022

Marquardt Switches (Shanghai) Co., Ltd.
[馬誇特開関(上海)有限公司]

パドルシフト
日本 Honda N-VAN 2022

(株) アツミテック

シフトレバー
日本 Nissan Leaf 2022

(株) 東海理化電機製作所

シフトレバー
日本 Subaru Impreza Sport 2022

千代田工業 (株)

シフトインジケーターパネル
欧州 Volkswagen T7 Multivan (Germany) 2022

Leopold Kostal GmbH & Co. KG

ギアセレクタースイッチ
欧州 Audi A3 Limousine (Germany) 2021

Preh GmbH

シフトバイワイヤーギアセレクタースイッチ
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

Preh GmbH

シフトバイワイヤーギアセレクタースイッチ
米州 Nissan Infiniti QX50 (Mexico) 2022

Tokai Rika Mexico S.A. de C.V.

シフトレバー(CVT)
米州 Nissan Infiniti QX55 (Mexico) 2022

Tokai Rika Mexico S.A. de C.V.

シフトレバー(CVT)
米州 Fiat Pulse (Brazil) 2021

Kongsberg Automotive Ltda.

シフトレバー
 サプライヤー一覧

検索結果 369


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Ficosa International, S.A. / Headquarters Gran Via Carlos III, 98 - 08028 Barcelona, Spain 主要部品メーカー image
富士機工 (株) 〒431-0431 静岡県湖西市鷲津2028 主要部品メーカー image
(株) ジェイテクト 〒448-8652 愛知県刈谷市朝日町1-1 主要部品メーカー image
Kongsberg Automotive ASA Europaallee 39, 8004 Zurich, Switzerland 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年07月05日(火)

東海理化は、インドの子会社Tokai Rika Minda India Private Ltd. (TRMN)が新工場をラジャスタン州に設立すると発表した。インドにおいて、トップシェアをもつマルチスズキやその他自動車メーカーとの取引を拡大することが目的。設立する新工場「Tokai Rika Minda India Private Ltd. Northern Plant」では、スマート製品やシフトレバーの生産を行う。敷地面積は約97,600平方メートルで、延床面積は約19,600平方メートル。2024年9月の生産開始を予定している。従業員数は2024年度に約120名、2030年度に約280名を計画している。なお、この新工場は同社のインドにおける6番目の拠点になるという。(2022年7月5日付プレスリリースより)

2022年06月17日(金)

・デトロイトフリープレスは6月15日、フォードが292万5,968台をリコールすると報じた。意図しないギアにシフトするまたは駐車中に動き出すリスクがあるという。
・リコール対象となるのは、以下の通り

  • 2013-19年型のコンパクトクロスオーバーSUVの「エスケープ(Escape)」 (172万6,763台)
  • 2013-18年型のMPV「Cマックス(C-Max)」 (14万3,220台)
  • 2013-16年型のミッドサイズセダン「フュージョン(Fusion)」 (43万9,483台)
  • 2013-21年型のコンパクトバン「トランジット コネクト(Transit Connect)」 (10万7,102台)
  • 2015-18年型のミッドサイズクロスオーバーSUVの「エッジ(Edge)」 (50万9,400台)

・米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、「ブッシングの破損または紛失によりギアシフトが上手くいかず、意図しない方向に動く可能性がある。また、ギアがパーキングに入っている場合でも動きだす危険性がある」と明らかにした。
・フォードの文書によると、シフトレバーの位置がパーキングを示していてもトランスミッションがパーキングに入っていない場合があり、その旨がドライバーに対して警告メッセージやチャイム音での通知がされていないという。
・ディーラーでは6月27日から、ボンネット下のシフトブッシングを交換し、シフトケーブルブッシングに保護キャップを被せる作業を行うという。
・フォードは最近、以下のリコールも行っている

  • 2021-22年型の新世代電気自動車(EV) 「マスタング マッハE (Mustang Mach-E)」 4万8,924台、運転中に電源喪失のリスクあり
  • 2021年型のミッドサイズオフロードSUV「ブロンコ(Bronco)」、「壊滅的な」エンジン不具合あり
  • エンジン出火のリスクによる3万9,013台を含むSUV 35万台

(Detroit Free Press article on June 15, 2022) (U.S. NHTSA release on June 10, 2022)

2022年06月10日(金)

・吉利と百度(Baidu)の合弁会社である上海集度汽車有限公司は6月9日、自動運転技術を搭載した初のロボットカーコンセプトモデル「ROBO-01」を発表した。集度汽車は広州モーターショー2022で2モデル目となる量産車のデザインを発表する予定である。
・「ROBO-01」は、インタラクティブなAIピクセルヘッドランプを組み込んだロボットのようなフロントデザインを採用した。ドアハンドルやシフトレバー、ウインカーレバーなどの物理的な操作部品を排除している。リアスポイラーは可動式の「ROBOWing」を採用する。
・「ROBO-01」の自動運転システムにはNVIDIA社製のOrin Xチップを搭載し、2機のLiDAR、5つのミリ波レーダー、12の超音波レーダー、12のカメラを含む31のセンサーを備える。オフライン音声制御、人とマシンとの協同運転3Dマップといった機能を備える。
・集度汽車は2021年3月2日に嘉定区で設立された。
  
集度汽車の公式サイトおよび上海嘉定区の公式Wechatに基づく