シート表皮

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Hyundai Genesis G90 (Korea) 2022

Hyundai Industrial Co., Ltd.

シート表皮
ASEAN・インド・韓国 Hyundai Genesis GV60 (Korea) 2022

Dual Co., Ltd.

シート表皮
ASEAN・インド・韓国 Hyundai IONIQ 6 (Korea) 2022

Dual Co., Ltd.

シート表皮
中国 ARCFOX αS HI (4WD) (China)   2022

Toray Fibers (Nantong) Co., Ltd.
[東麗合成繊維(南通)有限公司]

インテリアトリム
中国 BMW Brilliance BMW 525Li (FR) (China) 2022

Shenyang Jinbei Lear Automotive Seating Co., Ltd.
[沈陽金杯李爾汽車座椅有限公司](旧 沈陽金杯安道拓汽車部件有限公司)

シートトリム(2.0T)(8AMT)
中国 BMW Brilliance BMW 525Li M (FR) (China) 2022

Shenyang Jinbei Lear Automotive Seating Co., Ltd.
[沈陽金杯李爾汽車座椅有限公司](旧 沈陽金杯安道拓汽車部件有限公司)

シートトリム(2.0T)(8AMT)
日本 Mazda MX-30 EV 2021

住江織物 (株)

シート表皮 (合成皮革)
日本 Mazda MX-30 Mild Hybrid 2021

住江織物 (株)

シート表皮 (合成皮革)
日本 Mazda Mazda3 Fastback 2021

南条装備工業 (株)

シートトリム
欧州 Alpina D3 S Limousine (Germany) 2022

Alcantara S.p.A.

シート表皮
欧州 Alpina D3 S Touring (Germany) 2022

Alcantara S.p.A.

シート表皮
欧州 BMW 7 Series (Germany)   2022

Lear Corporation

シート表皮
米州 GM Chevrolet Colorado (USA)   2022

Lear Corporation

シート表皮
米州 GM GMC Canyon (USA)   2022

Lear Corporation

シート表皮
米州 Mercedes-Benz EQS SUV (USA)   2022

Lear Corporation

シート用レザー
 サプライヤー一覧

検索結果 707


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Adient plc (旧 Johnson Controls Inc.の自動車用シート事業部門) 49200 Halyard Drive Plymouth, MI 48170 USA 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
Faurecia (China) Holding Co., Ltd.
[仏吉亜(中国)投資有限公司]
No.3438, Yuanjiang Road, Xinzhuang Industrial Park, Shanghai, China 主要部品メーカー image
Faurecia SE (FORVIA faurecia) 23-27 rue des Champs Pierreux, 92000 Nanterre, France 主要部品メーカー image
GAC Component Co., Ltd.
[広汽零部件有限公司](旧 広州汽車集団零部件有限公司)
28th Floor, Yuehai Group Building, 555 Dongfeng East Road, Yuexiu District, Guangzhou, Guangdong,China 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年03月23日(水)

中国国家企業信用情報公示システムによると、2022年3月14日にFaurecia(フォルシア)の子会社となる西安仏吉亜汽車部件有限公司[Xi'an Faurecia Automotive Parts Co., Ltd.] が設立された。資本金は50百万元。事業領域はシートフレーム、シート発泡成形部品、シート表皮などの自動車用シート製品と関連部品の開発、生産、組立、販売。設立された新会社は、佛吉亜(中国)投資有限公司[Faurecia (China) Holding Co., Ltd.]が70%、比亜迪汽車工業有限公司[BYD Auto Industry Co., Ltd.]が30%の株式を保有する深圳仏吉亜汽車部件有限公司[Shenzhen Faurecia Automotive Parts Co., Ltd.]の完全子会社となる。(中国国家企業信用情報公示システムより)

2022年01月28日(金)

・トヨタは128日、グループ傘下で新車のサブスクリプションサービスを手掛ける株式会社KINTOと共に、技術革新に合わせて購入後の車両を進化させる新サービス「KINTO FACTORY」を同日から開始したと発表した。
・技術革新が日進月歩で進展する一方、新車に買い替えるまでの期間が長期化しており、技術革新とそれを顧客の車両に反映するタイミングとの間にギャップが拡大し続けている。「KINTO FACTORY」では購入後の車両に対し、その後の技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、車両を最新の状態に「進化」させる挑戦に取り組む。
・先ずは対象の車種(トヨタ・レクサスの計8車種)や施工を対応する店舗(東京都内と静岡県浜松市の計29店舗)を限定したうえで、安全装備などを後付けする「アップグレード」と内外装のリフレッシュやアイテム交換などを行う「リフォーム」のメニューを提供する。
・「アップグレード」では第一弾のメニューとして、ブレーキをかける際の急激な揺れを抑える機能「なめらかブレーキ」(トヨタ初の機能)をソフトウェアの書き換えを通じて反映するほか、「パーキングサポートブレーキ(静止物)」といった最新の安全装備の後付け、「ハンズフリーパワーバックドア」の後付けなどを用意。一方、「リフォーム」はシート表皮およびクッション部分の取り換え、本革ステアリングホイールへの交換など、多彩なラインアップを取り揃えた。なお、車種・グレードによって購入できるメニューは異なっている。
・また、一人ひとりの個性や好みに合わせて設定を最適化する「パーソナライズ」については、サービス化に向けて準備を進めていくという。
トヨタのリリースをみる

2022年01月24日(月)

・2022年1月12日付のマレーシア現地紙New Straits Timesの報道によると、マレーシアに拠点を置くシート表皮メーカーのPecca Group Bhd (以下、PGB)は、1.74ヘクタールの工業用地を845万リンギ(約2.3億円)で取得中だという。
・この土地はセランゴール(Serendah)州スレンダにあり、UMW HVMパークとして知られる工業・商業・住宅の複合開発用地の一部である。
・PGBによると、この土地は第2工場のためのもので、PGBが将来の受注に対応するために生産能力を大幅に増強できるようになる。
・同社によると、業界全体のロックダウンが解除されて以来、自動車メーカーが受注残を消化しているため、現在の製造設備の稼働率はほぼ100%に上昇しているという。
・PGBは、自動車や航空機のシート表皮に使われる革張りのスタイリング、製造、施工を手掛けている。同社はマレーシアのOEMおよび出荷前検査 (PDI) 乗用車セグメントで最大のシート表皮メーカーである。
・同社はシンガポール、米国、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、英国、アイルランド、中国などにも製品を輸出している。
(From an article of New Straits Times on January 13, 2022)