シートフレーム

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Audi Q3 (India) 2019

Adient plc (旧 Johnson Controls Inc.の自動車用シート事業部門)

シートバックレストフレーム
ASEAN・インド Daimler Mercedes-Benz GLE (India) 2019

Brose Fahrzeugteile GmbH & Co. KG

シートバックレストフレーム
ASEAN・インド Maruti Suzuki Vitara Brezza (India) 2019

Sharda Motor Industries Ltd.

シートバックレストフレーム
中国 GAC Honda Honda Accord (雅閣) (FF) (China) 2019

Toyo Seat China (Shen Zhen) Co., Ltd.
[東洋喜島汽車零件 (深圳) 有限公司]

シートフレーム
中国 GAC Honda Honda Fit (飛度) (FF) (China) 2019

Toyo Seat China (Shen Zhen) Co., Ltd.
[東洋喜島汽車零件 (深圳) 有限公司]

シートフレーム
中国 GAC Toyota Toyota Camry (凱美瑞) (FF) (China) 2019

Toyo Seat China (Shen Zhen) Co., Ltd.
[東洋喜島汽車零件 (深圳) 有限公司]

シートフレーム
日本 Nissan X-Trail 2019

Faurecia SE

シートフレーム
日本 Toyota MIRAI 2019

南条装備工業 (株)

シートバック
日本 Toyota Lexus ES 2018

南条装備工業 (株)

シートバック
欧州 Hyundai Tucson (Czech Republic) 2020

DAS Corp.

シートフレーム(現代トランシス経由)
欧州 Jaguar Land Rover Land Rover Defender (UK) 2020

Brose Fahrzeugteile GmbH & Co. KG

リアシートストラクチャー
欧州 Kia Sportage (Slovakia) 2020

DAS Corp.

シートフレーム(現代トランシス経由)
米州 GM Cadillac Escalade (USA) 2020

Lear Corporation

シートストラクチャー
米州 GM Chevrolet Suburban (USA) 2020

Lear Corporation

シートストラクチャー
米州 GM Chevrolet Tahoe (USA) 2020

Lear Corporation

シートストラクチャー
 サプライヤー一覧

検索結果 535


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Adient plc (旧 Johnson Controls Inc.の自動車用シート事業部門) 49200 Halyard Drive Plymouth, MI 48170 USA 主要部品メーカー image
Aisin Group (China)
[Aisin Group (中国事業)]
Unit 1202-1205, C3, Area MSD-C, Taida, No.79, First Ave., Tianjin Economic Development Zone, Tianjin 300457, China 主要部品メーカー image
Brose Fahrzeugteile GmbH & Co. KG Max-Brose-Strasse 1, 96450, Coburg, Germany 主要部品メーカー image
DURA Automotive Systems LLC. 1780 Pond Run, Auburn Hills, MI 48326, U.S. 主要部品メーカー image
Faurecia (China) Holding Co., Ltd.
[仏吉亜(中国)投資有限公司]
No.3438, Yuanjiang Road, Xinzhuang Industrial Park, Shanghai, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2019年10月22日(火)

メキシコの各種報道は、Faurecia (フォルシア)San Luis Potosiのシートフレーム工場の拡張を開始したと報じた。この拡張により、2016年開設の同工場は16,000平方メートルから35,000平方メートルに広がり、北米部門で最大の工場となる。同社は12百万ドルを投じ、従業員数を980名から1,180名に増員する。同工場はインダストリー4.0製造技術、自動誘導車両(AGV)、無線周波数識別(RFID)などを導入する。同社は過去3年間でメキシコに約200百万ドルを投資し、2016年にSan Luis Potosi工場を開設、2018年にはGuanajuatoに本社ビルを新設している。(20191022日付各種報道より)

2019年09月24日(火)

ミシガン州経済開発公社(MEDC)は、Faurecia(フォルシア)がミシガン州Highland Parkで操業を開始し、自動車用シート、シートフレーム、フォームクッション、シートカバーの組み立てを行う計画であると発表した。Faurecia10.7百万ドルを投じて500名の雇用を創出する見込みで、実績ベースでミシガン州ビジネス開発プログラム(Michigan Business Development Program)が200万ドルの助成金を拠出する予定。(2019年9月24日付MEDCプレスリリースより)

2019年07月05日(金)

韓国のDASは同国の産業通商資源部から、自動運転車に適用可能なインテリジェントローテーションシート開発に関する国策研究対象者として選定された。具体的には、インテリジェントローテーションシートモジュール、シートベルト一体型の軽量ローテーションシートフレーム技術、高機能性エラストマー技術を用いた高感度シートパッド技術、電子織物ベースのスマートシートスキン素材の適用技術の4項目。開発第1フェーズは2019年から2021年まで、第2フェーズは2022年から2023年までの計5年間。総事業費は214億3000万ウォン (19億7,156万円)で、このうち韓国政府が135億ウォン (12億4,200万円) を出資する。今回の事業はDAS、Kwang Myung Industry、Hyundai IndustrialDualなどの12社に加えて、6つの研究機関と4つの大学が参加する。(2019年7月5日付プレスリリースより)