リアランプ

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Audi Q3 (India) 2019

Magna Lighting (旧 OLSA S.p.A.)

テールランプ
ASEAN・インド BMW X5 (India) 2019

Magna International Inc.

テールランプ
ASEAN・インド Chrysler Jeep Compass (India) 2019

Magneti Marelli Powertrain India Pvt. Ltd.

リアランプバルブ
中国 GAC Toyota Toyota Levin (雷凌) (FF) (China) 2019

Changzhou Xingyu Automotive Lighting Systems Co., Ltd.
[常州星宇車灯股份有限公司]

リアコンビネーションランプ
中国 GAC Toyota Toyota Levin (雷凌) Hybrid (FF) (China) 2019

Changzhou Xingyu Automotive Lighting Systems Co., Ltd.
[常州星宇車灯股份有限公司]

リアコンビネーションランプ
中国 Tesla Model 3 (China) 2019

HELLA Jiaxing Lighting Co., Ltd.
[嘉興海拉灯具有限公司]

リアランプ
日本 Honda Fit BASIC Hybrid 2020

スタンレー電気 (株)

リアコンビネーションランプ
日本 Honda Fit CROSSTAR 2020

スタンレー電気 (株)

リアコンビネーションランプ
日本 Honda Fit HOME 2020

スタンレー電気 (株)

リアコンビネーションランプ
欧州 Ford Puma 2020

Valeo Group

ブレーキランプ
欧州 Volkswagen Golf (Germany) 2020

Valeo Group

ブレーキランプ
欧州 Audi Q8 (Slovakia) 2019

市光工業 (株)

LEDリアランプ
米州 BMW X5 (USA) 2019

Hella GmbH & Co. KGaA

LEDテールライト
米州 BMW X5 (USA) 2019

Hella GmbH & Co. KGaA

LEDストップランプ
米州 Honda CR-V (USA) 2019

Stanley Electric U.S. Co., Inc.

ストップライト
 サプライヤー一覧

検索結果 356


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Changzhou Xingyu Automotive Lighting Systems Co., Ltd.
[常州星宇車灯股份有限公司]
No. 182 Qinling Road Xinbei District, Changzhou,Jiangsu 213022, China 主要部品メーカー image
GAC Component Co.,Ltd.
[広汽零部件有限公司]
(Formerly Guangzhou Automobile Group Component Co., Ltd.
[旧 広州汽車集団零部件有限公司])
28th Floor, Yuehai Group Building, 555 Dongfeng East Road, Yuexiu District, Guangzhou, Guangdong,China 主要部品メーカー image
Hella GmbH & Co. KGaA Rixbecker Straße 75, 59552 Lippstadt, Germany 主要部品メーカー image
Huayu Vision Technology (Shanghai) Co., Ltd.
[華域視覚科技(上海)有限公司] (旧 上海小糸車灯有限公司)
No.767, Yecheng Road, Jiading, Shanghai 201821, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2020年01月09日(木)

・シュコダは1月8日、Auto Expo 2020で初披露される新型サブコンパクトSUV「VISION IN」のデザインスケッチ2枚を初公開した。インド市場のニーズに合わせ全長は約4.26m。2020年に生産開始予定。
・SUVを模したダイナミックなフロントデザインが特徴。幅広のボンネット、存在感のあるタイヤリブと大きなグリルを採用。上部には平たいスプリットヘッドランプを配置し、グリルとつながるデザインとした。下部には大きなサイドエアインテーク付きのがっちりとしたフロントエプロン、アルミニウム製の大型フロントスポイラーを設定。
・デザインスケッチではリアも公開。シャープな輪郭、立体感のあるリアランプ、ブレードミラー(リフレクター)をつなぐ水平デザインのライトが特徴。
・「VISION IN」はMQB A0 INモジュールのサブコンパクトプラットフォームを現地化した初のモデルとなる。

※画像をクリックすると拡大します
シュコダのリリースをみる

2020年01月02日(木)

Osramは、自動車照明、LEDプロジェクション、バイオモニタリング、生体認証技術などをCES 2020に出展すると発表した。同社はストップランプ、テールランプ、リアフォグランプ用の交換可能な赤色eXchangeable LED lightSource (XLS)や、後部照明を使用して道路上の他のドライバーや歩行者と通信するリアコンビネーションライト (RCL)技術を出展する。また、自動運転時に動的情報を送信するインテリジェントLED技術も展示する。この照明技術は道路を照射するだけでなく、道路上の警告などを他のドライバーに視覚的に表示したり、歩行者が道路を安全に横断できるよう指示することも可能だという。(202012日付プレスリリースより)

2019年12月19日(木)

現代モービスは2020年1月7日から4日間、米国ラスベガスで開催される「CES 2020」において、完全自動運転のコンセプトカー「M VISION S」などを披露する。「M VISION S」はカメラ、レーダー、LiDARなどの自動運転センサー、コミュニケーションランプ、仮想空間タッチ、3Dリアランプ、プレミアムサウンドシステム「KRELL」など、同社の次世代車向け技術が凝縮されている。「CES 2019」で披露した「M VISION」から進化したモデルで、名前の「S」には共有 (Sharing) 可能なモビリティという意味と、現代モービスの様々な技術が融合されたという意味が込められており、現代モービスの様々な技術が融合されている。(2019年12月19日付各種リリースより)