ピストン

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Mitsubishi Attrage (Thailand) 2020

Art-Serina Piston Co., Ltd.

ピストン
ASEAN・インド Mitsubishi Mirage (Thailand) 2020

Art-Serina Piston Co., Ltd.

ピストン
ASEAN・インド Mitsubishi Pajero Sport (Thailand) 2020

Art-Serina Piston Co., Ltd.

ピストン
中国 Dongfeng Nissan Nissan Kicks (勁客) (China) 2018

Hitachi Automotive Systems (Guangzhou) Ltd.
[日立汽車系統 (広州) 有限公司]

ピストン
中国 Dongfeng Nissan Nissan Lannia (藍鳥) (China) 2018

Hitachi Automotive Systems (Guangzhou) Ltd.
[日立汽車系統 (広州) 有限公司]

ピストン
中国 Dongfeng Nissan Nissan March (China) 2018

Hitachi Automotive Systems (Guangzhou) Ltd.
[日立汽車系統 (広州) 有限公司]

ピストン
日本 Daihatsu Atrai Wagon 2016

アート金属工業 (株)

ピストン(KF turbocharger)(4AT)
日本 Daihatsu Boon 2016

アート金属工業 (株)

ピストン(1KR-FE)(CVT)
日本 Daihatsu Cast Activa 2016

アート金属工業 (株)

ピストン(KF)(CVT)
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

Tenneco Inc.

ピストン
欧州 Citroen C4 (Spain) 2021

MAHLE GmbH

ピストン
欧州 Ford Kuga (Spain) 2021

MAHLE GmbH

ピストン
米州 GM Chevrolet Corvette Stingray (USA) 2021

Tenneco Inc.

ピストン
米州 Daimler Mercedes-Benz GLS (USA) 2020

MAHLE GmbH

ピストン
米州 GM Chevrolet Onix Plus (Brazil) 2020

MAHLE GmbH

ピストン
 サプライヤー一覧

検索結果 483


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
アイシン精機 (株) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
Anhui Huanxin Group Co., Ltd.
[安徽環新集團股份有限公司] (旧 安徽環新集団有限公司)
No.16, Ying Bin Road, Economic & Technical Development Zone, Anqing City, Anhui 246001, China 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Bohai Automotive Systems Co., Ltd.
[渤海汽車系統股份有限公司](旧 山東滨州渤海活塞股份有限公司)
No.569, Bohai 21th Rd., Binzhou City, Shandong 256602, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年02月05日(金)

Rheinmetallは、戦略プログラム「ONE Rheinmetall」が新たな段階に入ったことを発表した。DusseldorfRheinmetall AGは統合テクノロジーグループへの組織的な転換を進めており、その過程で企業構造を再構築している。自動車部門と軍事・防衛部門の事業分割を終了し、中間持株会社であるRheinmetall AGを解散、グループ体制に統合する。新組織は武器・弾薬(Weapon & Ammunition)、電子ソリューション(Electronic Solutions)、車両システム(Vehicle Systems)、センサー・アクチュエーター(Sensors & Actuators)、材料・通商(Materials & Trade)5部門で構成され、すべてRheinmetall AGの取締役会が直接運営する。旧ピストン部門は、2020年夏に旧ハードパーツ部門の将来的な発展のための戦略的オプション、特に小口径および大口径ピストン部門の見直しを行うと発表したことを受けて、非中核事業として運営される。Rheinmetall3つの戦略目標を追求する。第1にグループ全体の売上高に占める自動車部品、特に内燃機関向け製品のシェアを減らす。第2に事業部門において営業利益率10%以上の収益性を確保する。第3に最初の2つの目標を追求するグループのポートフォリオの継続的な管理を行う。2020年に約58億ユーロだった売上高を2025年には約85億ユーロにまで増加させ、将来的には営業利益率を10%超に引き上げるとしている。(2021年25日付プレスリリースより)

2021年02月02日(火)

Bremboは、キャデラックの2022年型「CT4-V ブラックウイング (CT4-V Blackwing)」と「CT5-V ブラックウイング (CT5-V Blackwing)」にブレーキシステムを供給すると発表した。高性能の鋳鉄製ディスクブレーキシステムは両モデルに標準装備される。また最高出力668hpの「CT5-V ブラックウイング」には最新のカーボンセラミックブレーキシステムがオプション採用された。このカーボンセラミックブレーキシステムは重量を28.8kg軽減する。フロントには熱放散を高める6ピストンモノブロックアルミニウムキャリパーを備えており、4つのブレーキキャリパーはすべて電動パッド摩耗センサーを使用してECUと通信する。パッドには銅を含まない摩擦材を使用し、快適性と性能を両立させているという。(2021年21日付プレスリリースより)

2021年01月14日(木)

・ハイブリッド車 (HV)および分散型発電用スマートエンジンメーカーの英国のLibertine11日、大手トラックメーカーが2040年までにすべての大型トラックで化石燃料を使用しないという公約を果たすために役立つ技術を実証したと発表した。
Libertineの再生可能なグリッド電力と再生可能なバイオエタノール燃料を組み合わせた大型車両用ハイブリッドパワートレインは、持続可能な燃料とカーボンニュートラルへの移行を達成するための実用的でコスト効率の高いソリューションを自動車メーカーに提供する。
・英国政府のSustainable Innovation Fundからの資金提供を受けるプロジェクトでは、フリーピストンエンジンがスタート時に圧縮比を一時的に増加させてコールドスタート時の失火の原因となるチャンバー壁の冷却効果を補い、バイオエタノールを使用してコールドスタート性能を改善する方法を実証した。この技術により、90%のバイオエタノールと10%の水をブレンドしたバイオエタノール燃料を使用して、コールドスタートのパフォーマンスを向上させることができるという。

※画像をクリックすると拡大します
Libertineのリリースをみる