駐車支援

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Hyundai Equus (Korea) 2018 SL Corporation
[SL (株)]
アラウンドビューモニター (AVM)
ASEAN・インド Hyundai Santa Fe (Korea) 2018 Valeo Group セミオートノマス駐車支援システム
ASEAN・インド Hyundai Tuscon (Korea) 2018 Valeo Group セミオートノマス駐車支援システム
中国 Beijing Hyundai Hyundai Mistra (名図) (China) 2018 Tung Thih Electronic Science & Technology (Kunshan) Co., Ltd.
[同致電子科技(昆山)有限公司]
リバースレーダー
中国 Changan Ford Ford Focus (福克斯) HB (China) 2018 Tung Thih Electronic Science & Technology (Kunshan) Co., Ltd.
[同致電子科技(昆山)有限公司]
リバースレーダー
中国 Changan Ford Ford Focus (福克斯) NB (China) 2018 Tung Thih Electronic Science & Technology (Kunshan) Co., Ltd.
[同致電子科技(昆山)有限公司]
リバースレーダー
日本 Honda Civic Sedan 2018 Whetron Electronics Co., Ltd.
[[輝創電子股份有限公司]
パーキングアシスト向けソナー
日本 Nissan Leaf 2017 クラリオン (株) 自動駐車用ECU
日本 Nissan Leaf 2017 ルネサスエレクトロニクス (株) ADAS (Advanced Driving Assistant System) 用SoC (System on Chip)
欧州 Audi A3 (Germany) 2018 Valeo Group セミオートノマス駐車支援システム
欧州 Audi A6 (Germany) 2018 Valeo Group セミオートノマス駐車支援システム
欧州 Jaguar Land Rover Land Rover Range Rover (UK) 2018 Valeo Group セミオートノマス駐車支援システム
米州 Ford F150 (USA) 2018 TungThih Electronic Co., Ltd.
[同致電子企業股份有限公司]
リバースレーダー
米州 GM Buick Envision (USA) 2018 TungThih Electronic Co., Ltd.
[同致電子企業股份有限公司]
リバースレーダー
米州 GM Chevrolet Cruze (USA) 2018 TungThih Electronic Co., Ltd.
[同致電子企業股份有限公司]
リバースレーダー
 サプライヤー一覧

検索結果 30


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
アイシン精機 (株) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
旧 アルパイン (株) 〒141-8501 東京都品川区西五反田1-1-8 主要部品メーカー image
Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC) 5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA 主要部品メーカー image
クラリオン (株) 〒330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心7-2 主要部品メーカー image
日立オートモティブシステムズ (株) 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル 主要部品メーカー image
 ニュース
2019年03月22日(金)

・吉利汽車は3月20日、電気自動車(EV)の新型セダン「幾何A」(開発コード:GE11)の予約販売価格を発表した。
・51.9kWhの電池を搭載し、NEDCによる総合航続距離が410kmの標準版モデルの価格は15万元から。61.9kWhの電池を搭載し、NEDCによる総合航続距離が500kmの高航続距離モデルの価格は17万元から。電池温度制御管理システム(ITCS)を搭載し、マイナス30度から50度の間で充電が可能となっている。
・また、レベル2+の自動運転機能、自動駐車支援システム(APA)などを備えている。
吉利汽車の公式Wechat及び中国の複数メディアの報道に基づく

2019年03月07日(木)

・フォードは3月5日、新型となる中量級トラックの「F-600 SD (Super Dudy)」シャシーキャブを発売したと発表した。同時に、他のSuper Dutyシャシーキャブ、フルサイズバン/ワゴン「トランジット(Transit)」、中量級トラック「F-650」、重量級「F-750」、フルサイズバン「E-シリーズ(E-Series)」、「F-53/F-59」の架装なしのシャシーモデルの改良型も発売した。
・新型「F-600 SD」シャシーキャブは、中量級トラック「F-550」並みのサイズでありながら、ひとクラス上のクラス6(車両総重量8,846~11,793kg)級の改良型パワートレインとシャシーを搭載する。2020年初めに注文を受け付け、2020年中頃に納車される。
・「Fシリーズ SD (F-Series Super Duty)」ピックアップに初搭載となった新型7.3L V8ガソリンが第3世代の6.7L Power Strokeディーゼル、6.2L V8ガソリンエンジンと共に、今回Super Dutyシャシーキャブ、「F-650」、「F-750」、「F-53/F-59」にも設定された。これらエンジンはいずれも新型10速TorqShift ATと組み合わされる。
・6速TorqShift HD (Heavy Duty) ATとの組み合わせとなる2021年型の「F-650」、「F-750」の生産は、2020年1月初めに始まる。
・大型車ラインナップに亘って設定されているADAS(先進運転支援システム)には、自動緊急ブレーキ、トラクションコントロール、坂道発車支援、オートヘッドランプ、アダプティブ・クルーズコントロール、横滑り防止装置、車線逸脱警告、居眠り警報システム、オートハイビーム・ヘッドランプ、前方衝突警告、衝突後自動ブレーキ、車線逸脱防止システム、改良されたアクティブ駐車支援、リア2画面カメラ、トレーラー牽引時にも機能するクロストラフィック警報付きの死角情報システムなどが含まれる。

※画像をクリックすると拡大します
フォードのプレスリリースをみる

2019年03月06日(水)

・フォードは3月5日、2020年型となる改良型「トランジット(Transit)」を発表した。2020年型「トランジット」は、今秋に販売予定。
・改善点は、AWD (全輪駆動車)システム、新型2.0L 4気筒EcoBlueツインターボディーゼルエンジンと新型3.5L PFDi V6ガソリンエンジン、新型10速AT、新しくなった内装と座席オプションが選べる点だ。
・アイドリングストップ機能が追加された3.5L EcoBoostガソリンエンジンも選択することができる。
・商用バンのほかにも、乗用バン、シャシーキャブ、cutawayバージョン、新型クルーバンも設定する。
・新型クルーバンは、2列シートで5人乗車、サイドカーテンエアバッグが装備されている。
・新しいADAS (先進運転支援システム)として、2020年型「トランジット」には自動緊急ブレーキ・歩行者検知機能付き衝突防止アシスト、前方衝突警告、衝突後自動ブレーキ、車線維持システム、オートハイビームヘッドランプが標準装備されている。
・乗用バン「XLT」には、Co-Pilot360安全支援パッケージで搭載されている。これにはトレーラー牽引時にも機能するクロストラフィック警報付きの死角情報システム(BLIS)が含まれる。
・ほかの先進運転支援システムとしては、アクティブ駐車支援、アダプティブ・クルーズコントロール、前方後方スプリットビューカメラ、可変スピードリミッタ装置がある。

※画像をクリックすると拡大します
(フォードのプレスリリースをみる)