車線逸脱防止システム

 ニュース
2019年05月13日(月)

・吉利汽車は10日、新型SUV「星越(XingYue)」を正式に発売し、新車両は3種類の動力システムを選択可能。
・車体サイズは、全長4,605×全幅1,878×全高1,643mmで、軸距は2,700mm。
・パワートレインは、3種類の動力が選択可能。2.0T+8AT動力システムは2.0TD T5エンジンを搭載し、最高出力は175kW、最大トルクは350Nm、アイシンの8速ATを組み合わせ、0-100km/hの加速時間は6.8秒。他には、1.5Tプラグインハイブリッド及び1.5T+48Vマイルドハイブリッドシステムで、マイルドハイブリッド版モデルの最高出力は140kW、最大トルクは300Nm、7速DCTを組み合わせる。
・また、インテリジェントクルーズコントロール(ICC)、車線逸脱防止支援システム(LKA)、全自動インテリジェント駐車システム(APA)などを更に搭載する。
吉利汽車のリリースに基づく

2019年04月23日(火)

・ボルボ・カーは4月16日、新型コンパクトSUV「XC40」を上海モーターショーで公開し、予約販売を開始したと発表した。3バージョン(時尚版、豪華版、運動版)が設定され、価格は26.5-31.9万元。
・Drive-EシリーズのT5、T4、T3ターボエンジンをラインナップし、8速ATと組み合わせる。T5エンジンの最高出力は252馬力、最大トルクは350Nm、0-100km/hの加速時間は6.4秒。T4の最高出力は190馬力、最大トルクは300Nm。T3の最高出力は163馬力、最大トルクは265Nm。ステアリング、加速、車間距離維持及びブレーキなどのインテリジェント運転アシスト機能を備えた車線維持支援機能である「パイロット・アシスト」を搭載する。
・安全面では、衝突回避支援システム「City Safety」を標準装備し、車線逸脱防止及び抑制システムと対向車線衝突回避支援機能を備える。また、ブラインドスポットインフォメーションシステム(BLIS)、クロストラフィックアラート(CTA)、被追突時警告機能を含むセーフティ技術を採用する。
・全てのシリーズに12.3インチの液晶デジタルダッシュボードが標準装備され、9インチの液晶タッチパネルと連動してナビゲーションやメディアインターフェースを表示する。また、Apple Carplayに対応するインフォテインメントシステム「Sensus」を搭載する。

※画像をクリックすると拡大します
ボルボ・カーのリリースに基づく

2019年04月18日(木)

・トヨタは4月17日、第4世代の3列シートミッドサイズクロスオーバーSUVの2020年型「ハイランダー(Highlander)」をニューヨーク・モーターショーで披露したと発表した。
・発売は2019年の12月を予定し、ハイブリッド(HV)は2020年2月となるという。
・2020年型「ハイランダー」は、TNGA-K(Toyota New Global Architecture)プラットフォームをベースに、インディアナ州のプリンストン(Princeton)工場で生産される。
・最高出力295hp、最大トルク263 lb-ftの3.5L V6エンジンを搭載し、ダイレクトシフト8速ATとの組み合わせとなる。
・新世代のハイブリッド(HV)システム搭載車は、2.5L DOHC 4気筒ガソリンエンジンと2個の駆動モーターを合わせたシステム最高出力は240hpとなる。
・駆動方式は、前輪駆動とオプション設定となる3種類(V6エンジン用に2種類、HV専用に1種類)の4輪駆動が設定される。
・標準設定の最新予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense 2.0」には、歩行者検知機能付きの衝突回避支援、全速度域対応クルーズコントロール、ステアリング支援機能付き車線逸脱警報、オートハイビーム、車線追随支援、道路標識支援などを含む。
・リアクロストラフィック警報付きブラインドスポットモニター、駐車支援ブレーキ、インテリジェント・クリアランスソナーもオプション設定されている。

※画像をクリックすると拡大します
トヨタのプレスリリースをみる