盗難防止・イモビライザー

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 GM Chevrolet Trailblazer (Korea) 2022

Bosch [Robert Bosch GmbH]

盗難警報ECU
ASEAN・インド・韓国 GM Chevrolet Trax (Korea) 2022

Bosch [Robert Bosch GmbH]

盗難警報ECU
ASEAN・インド・韓国 Mazda CX-3 (Thailand) 2022

Mitsubishi Electric Thai Auto-Parts Co., Ltd.

イモビライザー
中国 Polestar Polestar 2 (China) 2022

Aptiv Connection Systems (Shanghai) Ltd.
[安波福連接器系統(上海)有限公司]

警報装置
中国 Dongfeng Peugeot Citroen Citroen C5 X (FF) (China) 2021

Valeo Interior Controls (Shenzhen) Co., Ltd.
[法雷奥汽車内部控制(深圳)有限公司](旧 深圳法雷奥航盛汽車開関及探測系統有限公司)

超音波システム
中国 Geely Geely (吉利) Borui (博瑞) (FF) (China) 2018

Continental AG

イモビライザー(1.8T)(6AMT)
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2022

(株) 東海理化電機製作所

イモビライザーアンプ
日本 Mazda Bongo Brawny Van 2022

三菱電機 (株)

イモビライザー
日本 Mazda CX-3 2022

三菱電機 (株)

イモビライザー
欧州 Sono Motors Sion (Finland) 2023

Continental AG

サイバーセキュリティソフトウェア
欧州 Audi R8 (Germany) 2022

Bosch [Robert Bosch GmbH]

カーアラーム
欧州 Audi e-tron (Belgium) 2022

Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC)

カーアラーム
米州 Toyota Camry (USA)   2022

TAC Manufacturing, Inc.

イモビライザーECU
米州 Audi Q5 (Mexico) 2021

Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC)

カーアラーム
米州 Audi SQ5 (Mexico) 2021

Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC)

カーアラーム
 サプライヤー一覧

検索結果 124


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アルファ 〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦1-6-8 主要部品メーカー image
Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC) 5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany 主要部品メーカー image
三菱電機 (株) 〒100-8310 東京都千代田区丸の内 2-7-3 東京ビル 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年11月25日(金)

・マルチ・スズキは11月22日、多目的小型バンの改良型「Eeco」を発売すると発表した。価格は51万ルピー(約87万円)からとなる。
・改良型「Eeco」は、新世代Kシリーズの1.2Lのデュアルジェット・デュアルVVTガソリンエンジンを搭載し、最高出力59.4 kW、最大トルク104.4Nmを発揮する。圧縮天然ガス(S-CNG)バージョンは、CNGモードにおいて最高出力52.7kW、最大トルク95.0Nmを発生する。
・新エンジン搭載により、ガソリンエンジンバージョンは燃費を従来から25%改善した(20.20km/L)。S-CNG バージョンは29%向上し、CNG 1kgあたり27.05kmを達成している。
・改良型「Eeco」には、エンジンイモビライザー(盗難防止装置)、イルミネーション付きのハザードスイッチ、デュアルエアバッグ、EBD付きABS、チャイルドロック付きスライドドア・ウィンドウ、後退時パーキングセンサーなど、11以上の安全機能が標準装備されている。

※画像をクリックすると拡大します
マルチ・スズキのプレスリリースをみる

2022年10月18日(火)

・現代自動車のベトナム合弁であるHyundai Thanh Congは10月14日、コンパクトセダン「エラントラ(Elantra)」をフルモデルチェンジして発売したと発表した。新世代モデルは2023年型モデルとなる。
・デザイン言語「Sensuous Sportiness」をベースに、「Parametric Dynamics」をテーマにデザインされた。
・車体サイズは全長4,675mm、全幅1,825mm、全高1,430mm、ホイールベースは2,720mm。
・4バージョン(1.6 AT Standard、1.6 AT、2.0 AT、N-line)が設定され、新世代SmartStreamエンジンを搭載する。1.6 AT Standardと1.6 ATの両バージョンには1.6L MPIエンジンを搭載する。最高出力は128hp、最大トルクは155Nm。2.0 ATバージョンにはSmartStream 2.0l MPI エンジン(159hp、192Nm)を、N-Lineバージョンには1.6L T-GDiエンジン(204hp、265Nm)をそれぞれ搭載する。トランスミッションはN-Lineバージョンが7速DCT、その他では6速ATを採用する。運転モードはEco、Normal、Sport、Smartの4つが設定される。なお、N-Lineバージョンの走行テストでは、0-100kn/h加速は7.7秒だった。
・「エラントラ」はK3プラットフォームをベースとしている。プラットフォームの重量を前世代より15%軽量化し280kgとしたほか、NVH性能を向上させた。
・ABS、EBD、緊急ブレーキアシスト(BA)、ESC、車両安定制御システム(VSM)、イモビライザー、ヒルスタートアシスト(HAC)、前後計8個のセンサーシステム、6個のエアバッグなどを装備する。
・価格は5億9,900万ドン(約366万円)から。

※画像をクリックすると拡大します
(From Hyundai Vietnam press release on October 14, 2022)

2021年08月19日(木)

・ホンダのインド法人Honda Cars India Ltd (HCIL)は8月18日、インドでファミリー向けセダンの改良型「アメイズ(Amaze)」を発売したと発表した。
・改良型「アメイズ」には2種類のエンジンを設定。1.2L i-VTECガソリンエンジンは5MTまたはCVTと組み合わせ、最高出力90PS、最大トルク110Nmを発揮する。The 1.5L i-DTECディーゼルエンジンはCVTと組み合わせ、最高出力100PS、最大トルク200Nmを発揮する。
・内装では17.7cmのタッチスクリーンのオーディオシステムであるインフォテインメントシステムDIGIPAD 2.0を装備する。リアカメラには、ノーマル、ワイド、トップダウンなどのマルチビューを表示でき、狭い場所での駐車の利便性が増した。
・改良型「アメイズ」には安心して身を守るための最新機能が搭載されており、ホンダ独自のACE (Advanced Compatibility Engineering)ボディ構造、ECUイモビライザーシステム、衝撃軽減型ヘッドレスト、歩行者障害軽減技術などの様々なアクティブ、パッシブセーフティ技術が標準装備されている。
・価格は63万2,000ルピー(約93万6,000円)から。
ホンダ(インド)のプレスリリースをみる