ヘッドランプ

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Nissan Leaf (India) 2025

UNO Minda Ltd. - Lighting Division (旧 Minda Industries Ltd.)

LEDヘッドランプ
ASEAN・インド・韓国 Mahindra & Mahindra Mahindra eXUV300 (India) 2023

UNO Minda Ltd. - Lighting Division (旧 Minda Industries Ltd.)

LEDヘッドランプ
ASEAN・インド・韓国 Daihatsu Gran Max Cargo (Indonesia) 2022

(株) 小糸製作所

ヘッドランプ
中国 Changan Changan (長安) CS95 (FF) (China) 2022

HASCO Vision Technology (Shanghai) Co., Ltd.
[華域視覚科技(上海)有限公司] (旧 上海小糸車灯有限公司)

ヘッドランプ
中国 Changan Ford Lincoln Z (China) 2022

HASCO Vision Technology (Shanghai) Co., Ltd.
[華域視覚科技(上海)有限公司] (旧 上海小糸車灯有限公司)

ヘッドランプ
中国 Dongfeng Honda Honda CR-V (4WD) (China) 2022

Emperor Treasure Transport Equipment (Danyang) Co., Ltd.
[帝宝交通器材(丹陽)有限公司]

ヘッドランプ(1.5T)(CVT)
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2022

(株) 小糸製作所

ヘッドランプ
日本 Daihatsu Boon 2022

(株) 小糸製作所

ヘッドランプ
日本 Daihatsu Cast Style 2022

(株) 小糸製作所

ヘッドランプ
欧州 Alfa Romeo Tonale (Italy) 2022

Marelli Automotive Lighting Reutlingen (Germany) GmbH (旧 Automotive Lighting Reutlingen GmbH)

LEDヘッドランプ
欧州 Audi A8 (Germany) 2022

Marelli Automotive Lighting Reutlingen (Germany) GmbH (旧 Automotive Lighting Reutlingen GmbH)

LEDヘッドランプ
欧州 Audi S8 (Germany) 2022

Marelli Automotive Lighting Reutlingen (Germany) GmbH (旧 Automotive Lighting Reutlingen GmbH)

LEDヘッドランプ
米州 BMW 2 Series Coupe (Mexico) 2022

ZKW Group GmbH

ヘッドランプ
米州 BMW X3 (USA) 2022

Marelli Automotive Lighting USA LLC (旧 Automotive Lighting LLC)

ヘッドランプハウジング
米州 Chrysler Pacifica (Canada) 2022

Marelli Automotive Lighting USA LLC (旧 Automotive Lighting LLC)

ヘッドランプハウジング
 サプライヤー一覧

検索結果 534


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Changchun FAWAY Automobile Components Co., Ltd.
[長春一汽富維汽車零部件股份有限公司]
No.1399, Dongfeng South Street, Changchun Automobile Industry Development Zone, Changchun, Jilin 130011, China 主要部品メーカー image
Changzhou Xingyu Automotive Lighting Systems Co., Ltd.
[常州星宇車灯股份有限公司]
No. 182 Qinling Road Xinbei District, Changzhou,Jiangsu 213022, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年08月16日(火)

HELLA (ヘラー)は、FORVIA傘下のブランドとして、8月24日から9月4日までドイツ・デュッセルドルフで開催されるCaravan Salon 2022で、イルミネーション付きラジエーターグリルエンブレムの試作品を初公開すると発表した。レーザー加工やフィルムバックインジェクションなどの製造プロセスや技術を使用している。2023年初めに施行される道路交通用照明製品の法規制(ECE加盟国ではイルミネーションロゴが許可される)に伴い、今後さらなる需要が見込まれるという。展示会ではそのほか、同社が2021年のCaravan Salonで発表したユニバーサルコンビネーションライト「LEDayFlex III」も展示する予定。また、第3世代の「L 4565 Performance」と「Essential bi-LED」のロービームおよびハイビームヘッドランプも紹介する。これらは、HELLA 90mmモジュールシリーズの一部で、ロービームとハイビームを1つのモジュールに統合した製品。(2022年8月8日付プレスリリースより)

2022年08月12日(金)

・マヒンドラは8月10日、ピックアップラインナップに「ボレロ マックス(Bolero MaXX)」を追加した。販売価格76万8,000ルピー(約129万円)から。「ボレロ マックス Pik-Up City 3000」は、最高出力48.5kW、最大トルク195Nmのm2Diディーゼルエンジンを搭載。燃費は17.2km/Lで、最大積載量は1,300Kg。
・マヒンドラは同車にiMaXXテレマティクスを導入し、ビジネス顧客が車両の状態や性能を把握できるようにサポートしたり、ルート計画、配送スケジュール、ナビゲーション、車両追跡、ジオフェンシング、燃料ログなどの機能でフリートオペレーターを支援する。
・このほか、高さ調節可能な運転席、足元の広いD+2 (3人乗り)シート、ターンセーフランプ、積載性を高めるR15タイヤ、新フロントグリル、新ヘッドランプ、デジタルクラスターを備えたプレミアムダッシュボードなどを装備している。
マヒンドラのリリースをみる

2022年08月10日(水)

・長安汽車やCATLが出資する阿維塔科技(Avatr Technology、以下、アバター・テクノロジー)は8月8日、初のスマート電動クーペSUV「アバター11 (Avatr11、阿維塔11)」の予約販売を開始した。全3グレード(長航続バージョン2グレードと超長航続距離バージョン1グレード)が設定され、価格は34.99万元-40.99万元。
・「アバター11」は次世代電気自動車(EV)プラットフォーム「CHN」をベースとした初のモデルであり、長安汽車、ファーウェイ(Huawei、華為)、CATLの3社が共同で開発した。ファーウェイHI (Huawei Inside)のフルスタックスマートカーソリューションを搭載している。
・外観デザインは、宙に浮いたようなデザインのボディに、両サイドにボリューム感を持たせたフロント、曲線を描くLEDヘッドランプ、感応式電動フレームレスドア、リアウィンドウに向け流れるように傾斜するルーフ、水平に広がるLEDリアランプを採用し、未来感やパワーに満ちた印象を与える。
・車体サイズは、全長4,880×全幅1,970×全高1,601mmで、ホイールベースは2,975mm。
・ファーウェイのDriveONEツインモーター四輪駆動システム(最高出力425kW、最大トルク650Nm)を搭載し、CATLの三元系リチウムイオン電池パックを組み合わせる。長航続バージョンの電池容量は90kWhで、CLTCモードにおける航続距離は555km。超長航続距離バージョンの電池容量は116kWhで、航続距離は680km。
・ファーウェイのHarmonyOSをベースに開発されたスマートコックピット、AVATRUSTスーパーセンシングシステム、AVATRUTHスーパーコンピューティングシステム、AVATRANSインテリジェントナビゲーションシステムなどを搭載する。AVATRUSTスーパーセンシングシステムは3つの半固体レーザーレーダー(LiDAR)、6つのミリ波レーダー、12個の超音波レーダー、13個のカメラから成り、360°をカバーする融合センシング能力を備える。
・アバター・テクノロジーは同日、世界で500台限定の特別バージョンである「アバター011」を公開した。価格は60万元。ボディには専用カラーの「光影黒」を採用し、CATLの116kWh三元系リチウムイオン電池パック、22インチのアルミ合金ホイール、フローティングエンブレムなどを標準装備する。
・「アバター11」長航続バージョンと「アバター011」は2022年12月から、「アバター11」超長航続バージョンは2023年第1四半期にそれれぞれ納車を開始する予定。

アバター・テクノロジーのWechat公式アカウントモデル情報ファーウェイスマートカーソリューションのWechat公式アカウントに基づく