グローブボックス

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Honda Accord Hybrid (Thailand) 2021

Nihon Plast Thailand Co., Ltd.

グローブボックス
ASEAN・インド Honda Accord (Thailand) 2020

Moriroku Technology (Thailand) Co., Ltd.

グローブボックス
ASEAN・インド Honda Accord Hybrid (Thailand) 2020

Moriroku Technology (Thailand) Co., Ltd.

グローブボックス
中国 Beijing Benz Mercedes-Benz A-Class (China) 2020

Beijing Changchun Automotive Parts Co., Ltd.
[北京常春汽車零部件有限公司]

グローブボックス
中国 FAW-Volkswagen Audi A6L (FF) (China) 2019

GRAMMER Interior Beijing Co., Ltd.
[格拉黙汽車内飾部件(北京)有限公司]

グローブボックス
中国 FAW-Volkswagen Volkswagen Bora (宝来) (FF) (China) 2019

Ningbo Shentong Mould & Plastic Co., Ltd.
[寧波神通模塑有限公司]

グローブボックス
日本 Honda CR-V   2021

(株) ニフコ

グローブボックスダンパー
日本 Honda CR-V e:HEV   2021

(株) ニフコ

グローブボックスダンパー
日本 Honda Clarity Fuel Cell 2021

日本プラスト (株)

グローブボックス
欧州 Audi A3 Sedan (Germany) 2021

Dr. Schneider GmbH

グローブボックス
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

Dr. Schneider GmbH

グローブボックス
欧州 Alfa Romeo Stelvio (Italy) 2020

SAPA S.p.A

グローブボックス
米州 Tesla Model Y (USA) 2020

Faurecia SE

グローブボックス(出典元:MUNRO & ASSOCIATES, USA)
米州 Honda CR-V (USA) 2019

(株) パイオラックス

グローブボックス用スプリングクッション
米州 Chrysler Ram 2018

(株) パイオラックス

グローブボックスロック
 サプライヤー一覧

検索結果 244


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
CIE Automotive, S.A. Alameda Mazarredo 69, 8, 48009 Bilbao, Bizkaia, Spain 主要部品メーカー image
Faurecia (China) Holding Co., Ltd.
[仏吉亜(中国)投資有限公司]
No.3438, Yuanjiang Road, Xinzhuang Industrial Park, Shanghai, China 主要部品メーカー image
Faurecia SE 23-27 rue des Champs Pierreux, 92000 Nanterre, France 主要部品メーカー image
Flex-N-Gate Corporation 1306 East University Ave. Urbana, IL 61802, USA 主要部品メーカー image
IAC (International Automotive Components) Group 4, rue Lou Hemmer, L-1748 Findel, Luxembourg 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年03月05日(金)

・ホンダは4日、フラッグシップセダン「レジェンド (Legend)」に自動運転レベル3(限定領域での条件付自動運転)の機能を搭載したと発表した。メーカー希望小売価格(税込)は1,100万円で、5日から100台限定のリース販売を開始する。
・ハンズオフ機能や自動運転レベル3に適合する「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」など、複数の機能から成る安全運転支援システム「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」を搭載した。
・高速道路を走行中に一定の条件を満たすと、ドライバーがハンドルから手を離した状態でも、システムが車線内の走行や追従、車線変更、追い越しなどを支援する(ハンズオフ機能)。渋滞時にも一定の条件下(車速は約30km/h以下)でドライバーに代わってシステムが周辺を監視しながら、アクセル、ブレーキ、ステアリングを操作するため(トラフィックジャムパイロット)、ドライバーはナビ画面でのテレビやDVDの視聴、目的地の検索などのナビ操作をすることが可能となり、渋滞時の疲労やストレスが軽減できる。ドライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援する緊急時停車支援機能も備えている。
・車両制御においては3次元の高精度地図や全球測位衛星システム(GNSS)の情報を用いて自車の位置や道路状況を把握し、多数の外界認識用センサーで周囲360度を検知しながら、車内のカメラでドライバーの状態をモニタリングする。こうした様々な情報をもとにメインECUが認知・予測・判断を適切に行い、アクセル、ブレーキ、ステアリングを高度に制御して上質でスムーズな運転操作を支援する。
・システムの作動状態を直感的に知らせるインターフェイスも搭載した。ハンドル、ナビ画面上部、グローブボックスにHonda SENSING Elite表示灯を装備しており、ハンズオフ可能な状況ではハンドルの表示灯がブルーに点灯し、トラフィックジャムパイロット作動時はその他の表示灯もブルーに点灯する。さらに12.3インチの大型フル液晶メーターでも、システムの作動状態や周辺車両の状況、操作要求をシンプルかつ表現力豊かに表示する。

※画像をクリックすると拡大します
ホンダのリリースをみる 1/2

2020年06月05日(金)

・6月3日付のブラジルの複数のメディアは、フィアットがブラジルで2021年型となる小型バン「フィオリーノ(Fiorino)」の販売を開始したと発表した。
・改良型「フィオリーノ」は2バージョンを用意。
・標準バージョンは、価格が6万8,290レアル(約150万円)。
・Hard Workingバージョンは、価格が7万7,790レアル(約170万円)。エアコン、車載コンピューター、エンジン回転計、油圧ステアリング、フォグランプ、ライト付きグローブボックスのほか、フロントスピーカー、高音域用スピーカー、アンテナを各2台、パワーウィンドウ、高さ調整機能付きステアリングを標準装備する。
・両バージョンともに1.4Lフレックスエンジンを搭載する。最高出力は88hp、最大トルクは12.5kgm。5速MTを組み合わせる。最大積載量は650kg。
・改良型「フィオリーノ」はブラジルのベチン(Betim)工場で生産される。小型バンセグメントの販売トップを29年間継続している。
・現行世代は2013年12月に販売が開始された。
・2019年、ブラジルで「フィオリーノ」は1万7,300台が登録された。これは、登録台数1,789台だったセグメント2位のプジョー「パートナー(Partner)」の約10倍となる。
(multiple sources on June 3, 2020)

2020年01月23日(木)

・現代自動車のインド法人Hyundai Motor Indiaは1月21日、新型セダン「オーラ(Aura)」を発売したと発表した。搭載エンジンとして、1.2L ECOTORQ 3気筒ディーゼルエンジン、1.0L Kappa 3気筒ガソリンターボ(T-GDI)エンジン、1.2L MPI 4気筒ガソリンエンジンがラインナップされている。
・現代自の研究開発部門が開発した1.0L Kappa T-GDIエンジンは、エキゾーストマニホールドとシリンダーヘッドが一体化したデザインにより、高回転域での燃費が向上した。また、レーザー加工の高圧(250バール)インジェクターが燃費と性能を高めている。
・1.2L ECOTORQディーゼルエンジンは、強力で燃費が良く、環境性能も高い。2000バールの燃料噴射システムを採用している。
・ インドのみの設定となる1.2L ディーゼルエンジンにはECOTORQの特徴とメリットが採り入れられている。LNT(NOX吸着触媒)とDPF(ディーゼル微粒子フィルター)システムはインドの道路環境では効力を発し、スムーズな乗り心地を提供する。
・新型「オーラ」はギアシフトをスムーズにする内製のHyundai Technology Electric Actuatorが搭載されている。
・新型「オーラ」では高張力鋼(HSS)が合わせて65%に採用されており、強力な車体構造をベースにしている。
・遠隔操作用スマホアプリのiBlue、後席の電源コンセント、シャークフィンアンテナ、USB充電器、ワイヤレス充電器、冷蔵機能つきグローブボックス、20.25cmタッチスクリーン付きインフォテインメントシステムなどが搭載されている。


※画像をクリックすると拡大します
Hyundai press release