燃料タンク

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Hyundai Staria (Korea) 2023

Compagnie Plastic Omnium SE

燃料電池車用水素タンク
ASEAN・インド・韓国 Great Wall Haval H6 (Thailand) 2022

TI Automotive (Thailand) Co., Ltd.

燃料タンク
ASEAN・インド・韓国 Honda Accord Hybrid (Thailand) 2022

Siam Yachiyo Co., Ltd.

樹脂製燃料タンク
中国 Dongfeng Honda Honda CR-V Sport Hybrid e+ (FF) (China) 2022

八千代工業 (株)

鉄製燃料タンク
中国 FAW Mazda CX-4 (FF) (China) 2021

Kautex (Changchun) Plastic Technology Co., Ltd.
[考泰斯(長春)塑料技術有限公司](旧 長春考泰斯蘭宝塑料製品有限公司)

燃料タンク(2.0L)(6AT)
中国 FAW-Volkswagen Volkswagen Magotan (迈腾) PHEV (China) 2021

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
日本 Honda CR-V 2022

八千代工業 (株)

樹脂製燃料タンク
日本 Honda CR-V e:HEV 2022

八千代工業 (株)

樹脂製燃料タンク
日本 Honda Civic 2022

八千代工業 (株)

樹脂製燃料タンク
欧州 Audi A3 Sedan (Germany) 2021

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
欧州 BMW Z4 (Austria) 2021

Magna Steyr AG & Co KG

燃料タンク
欧州 Daimler Mercedes-Benz C-Class (Germany) 2021

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

燃料タンク
米州 Honda Acura NSX (USA) 2022

US Yachiyo, Inc.

樹脂製燃料タンク
米州 Honda Civic Sedan (Canada) 2022

TI Automotive Canada Inc.

燃料タンク
米州 Nissan Rogue (USA) 2022

Plastic Omnium Auto Inergy SAS

燃料タンク
 サプライヤー一覧

検索結果 607


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AAPICO Hitech Public Co., Ltd. 99 Moo 1, Hitech Industrial Estate, Tambol Ban Lane, Amphur Bangpa-in, Ayutthaya 13160, Thailand 主要部品メーカー image
ABC Technologies Inc. (旧 ABC Group, Inc.) 2 Norelco Drive, North York, Ontario M9L 2X6 Canada 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Bohai Automotive Systems Co., Ltd.
[渤海汽車系統股份有限公司](旧 山東滨州渤海活塞股份有限公司)
No.569, Bohai 21th Rd., Binzhou City, Shandong 256602, China 主要部品メーカー image
フタバ産業 (株) 〒444-8558 愛知県岡崎市橋目町字御茶屋1 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年05月16日(月)

・三菱自動車は5月12日、ミネソタ州で5月14-22日まで開催されている2022年 Twin Cities Auto Showにおいて、ミネアポリス・セントポール地域の消費者向けに、ミッドサイズクロスオーバーSUVのプラグインハイブリッド車(PHV)の新型「アウトランダー(Outlander) PHEV」を披露した。
・3列シートの2023年型「アウトランダーPHEV」は、2022年後半に発売予定。
・三菱自のフラッグシップSUVの新型PHVは、同社の電動化とS-AWC(Super All-Wheel Control)全輪駆動システムのノウハウを結集し、さらに様々な先進技術を搭載している。
・新型「アウトランダーPHEV」は、三菱自の新世代ツインモーター4WDのPHEVシステムを搭載している。
・フロントとリアのモーターを従来モデルよりパワーアップし、駆動用バッテリーを大型化することで、EVモードでの走行頻度を高めた。
・また、バッテリーの容量増と燃料タンクの大型化により、航続距離も伸長した。

※画像をクリックすると拡大します
三菱自のリリースをみる

2022年05月06日(金)

Plastic Omniumは、合弁事業を除く2022年第1四半期の連結売上高が前年同期比で4.7%減の189,100万ユーロとなったと発表した。欧州では半導体不足とロシアのウクライナ侵攻に伴う影響で売上が16.7%減少した。特にフランスでは、半導体不足に起因するステランティスとルノーにおける生産停止で販売が落ち込んだ。同様に、ドイツや東欧でもVW、ダイムラー、BMWがウクライナ侵攻の影響で生産を停止した。一方、中国での売上は前年同期比2.7%増の23,500万ユーロとなった。半導体不足を理由とするモジュール減産の影響で成長が鈍化したが、今年下期には回復する見込みだという。燃料タンク事業は、北京オリンピックの大気汚染対策としての操業停止や瀋陽でのロックダウンによる悪影響を受けた。(2022年4月27日付プレスリリースより)

2022年03月08日(火)

八千代工業は、2022年3月16日から3月18日に東京ビッグサイトで開催される第18回 [国際] 水素・燃料電池展(FC EXPO 2022)に、開発中の車載用の高圧水素タンクなどを出展すると発表した。同社は、異なるサイズの高圧水素タンクを組み合わせることで居住空間の確保と長い航続距離の両立に貢献する技術を披露するほか、樹脂製燃料タンクで培ったノウハウを活用できるタイプ4 (ライナーに樹脂とFRPを使用したタンクの総称)の容器で顧客ニーズに対応した製品開発を提案する。また、高圧水素タンクの軽量化に向けた取り組みなども紹介するという。「車載用70MPa タイプ4水素タンク」は、CFRPの樹脂材を改良し、従来の開発品より炭素繊維使用量を抑制した軽量で廉価な開発中のタンク。(2022年3月4日付プレスリリースより)