燃料タンク

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Mitsubishi Attrage (Thailand) 2020

TI Automotive (Thailand) Co., Ltd.

燃料タンク
ASEAN・インド Nissan Almera (Thailand) 2020

TI Automotive (Thailand) Co., Ltd.

燃料タンク
ASEAN・インド Nissan Kicks (Thailand) 2020

TI Automotive (Thailand) Co., Ltd.

燃料タンク
中国 SAIC GM Chevrolet Equinox (探界者) (China) 2018

Kautex (Wuhan) Plastics Technology Co., Ltd.
[考泰斯(武漢)塑料技術有限公司]

燃料タンク
中国 Beijing Hyundai Hyundai ix35 (China) 2017

Hwashin Hainachuan (Cangzhou) Auto Parts Co., Ltd.
[和信海納川(滄州)汽車部件有限公司]

燃料タンク
中国 Dongfeng Nissan Infiniti Q50L (China) 2017

Alpha (Xiangyang) Automotive Parts Co., Ltd.
[阿爾発(襄陽)汽車配件有限公司]

燃料タンクロック
日本 Toyota Alphard 2020

(株) FTS

鉄製燃料タンク
日本 Toyota Alphard 2020

(株) FTS

燃料タンクバンド
日本 Toyota Alphard Hybrid 2020

(株) FTS

鉄製燃料タンク
欧州 Audi Q3 Sportback (Hungary) 2020

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
欧州 BMW 320i (Germany) 2020

Kautex Textron GmbH & Co. KG

燃料タンク
欧州 Jaguar Land Rover Land Rover Defender (Slovakia) 2020

NORMA Group SE

フューエルタンクベンチレーションシステム
米州 BMW X5 (USA) 2019

Kautex Textron GmbH & Co. KG

燃料タンク
米州 Honda Accord (USA) 2019

八千代工業 (株)

燃料タンク
米州 Honda CR-V (USA) 2019

八千代工業 (株)

樹脂製燃料タンク
 サプライヤー一覧

検索結果 543


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AAPICO Hitech Public Co., Ltd. 99 Moo 1, Hitech Industrial Estate, Tambol Ban Lane, Amphur Bangpa-in, Ayutthaya 13160, Thailand 主要部品メーカー image
ABC Group, Inc. 2 Norelco Drive, Toronto, Ontario, Canada M9L 2X6 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Bohai Automotive Systems Co., Ltd.
[渤海汽車系統股份有限公司](旧 山東滨州渤海活塞股份有限公司)
No.569, Bohai 21th Rd., Binzhou City, Shandong 256602, China 主要部品メーカー image
フタバ産業 (株) 〒444-8558 愛知県岡崎市橋目町字御茶屋1 主要部品メーカー image
 ニュース
2020年08月05日(水)

・VWは7月31日、2年にわたるポーランドのポズナン(Poznan)工場拡張が完了し、新型「キャディ (Caddy)」の量産準備が整ったと発表した。同工場は物流ホールの建設、車体工場の拡張、工場敷地の再構成などを実施した。
・拡張の第1段階として、同工場では小さな公道によって分離されていた敷地を2019年1月に工場用地に組み入れて統合した。
・第2段階では4万6,000平方メートルの物流ホールを新設。このホールは「キャディ」および「T6.1」のエンジン、バンパー、サイドウインドウ、ドアトリムパネル、バルクヘッド、燃料タンク用倉庫として使用される。ホールは生産施設と近接しており、将来的にポズナン - スバジェンツ (Swarzedz)間のトラック輸送が1日最大260回削減される見通し。
・今回の拡張の最大の財務的・組織的課題は車体工場の拡張で、同工場では総面積1万4,000平方メートルの車体工場と容量20万立方メートルの貯蔵エリアに加えて、近代技術にも投資を行った。新型「キャディ」の生産には新たに450台の多機能ロボットが使用され、高強度の熱間折り曲げ金属板の精密加工と溶接が可能となる。車体工場の自動化は43%から80%超に増加したという。

※画像をクリックすると拡大します
VWのリリースをみる

2020年08月04日(火)

韓国の複数メディアは、ILJIN Compositesが現代自動車が生産する燃料電池車 (FCV) 版の警察用バスおよび中長距離用バスに水素燃料タンクを納入すると報じた。供給量は未定。ILJIN Compositesは現代自のFCV向けとして、2014年からSUV「ツーソン (Tucson)」、2018年からSUV「ネッソ (Nexo)」に燃料タンクを供給している。ILJIN Compositesの水素燃料タンクは高強度プラスチック製の円筒形容器に炭素繊維を巻きつけて製造するタイプ4。金属を溶接して製造する従来のタイプ1に比べて60%以上軽量化するとともに、強度を10倍以上高めている。(2020年8月4日付各種リリースより)

2020年07月24日(金)

Continental (コンチネンタル)は、電動化車両、バス、トラック専用タイヤを開発したと発表した。電動化車両は内燃エンジン車の燃料満タン時よりも重いバッテリーを搭載するため車両重量が増加、ハイブリッド車 (HV)においてはエンジンだけでなく電気モーター、燃料タンク、バッテリーも搭載されている。同社はこれらの追加重量をタイヤカーカスの耐荷力を増加させることによって相殺した。電気自動車 (EV)は内燃エンジン搭載車と比較して静粛性が高いことを考慮すると、タイヤによる騒音を最小限に抑えることが不可欠となる。同社はタイヤに発泡剤を使用するContiSilent技術によってこの課題に取り組んだ。これらの製品のトレッドパターンとサイドウォールの設計は従来とほぼ同様で、一見すると通常と違いがないように見えるという。同社はこのほか、路線電気バス向けの「Conti Urban HA3」など、電動ドライブ対応の商用車向けタイヤも製造している。(2020年724日付プレスリリースより)