燃料タンク

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Honda Accord (Thailand) 2020

Siam Yachiyo Co., Ltd.

樹脂製燃料タンク
ASEAN・インド Honda Accord Hybrid (Thailand) 2020

Siam Yachiyo Co., Ltd.

樹脂製燃料タンク
ASEAN・インド Honda BR-V (Thailand) 2020

Siam Yachiyo Co., Ltd.

樹脂製燃料タンク
中国 FAW-Volkswagen Volkswagen Magotan (迈腾) PHEV (China) 2021

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
中国 SAIC Volkswagen Volkswagen Passat (帕薩特) PHEV (China) 2021

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
中国 SAIC GM Chevrolet Equinox (探界者) (China) 2018

Kautex (Wuhan) Plastics Technology Co., Ltd.
[考泰斯(武漢)塑料技術有限公司]

燃料タンク
日本 Daihatsu Boon   2021

坂本工業 (株)

樹脂製燃料タンク
日本 Daihatsu Copen Cero   2021

坂本工業 (株)

樹脂製燃料タンク
日本 Daihatsu Copen GR Sport   2021

坂本工業 (株)

樹脂製燃料タンク
欧州 Audi A3 Sedan (Germany) 2021

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
欧州 Rolls-Royce Ghost (UK) 2021

Vitesco Technologies

燃料タンク漏れモニタリングモジュール
欧州 Audi Q3 Sportback (Hungary) 2020

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

樹脂製燃料タンク
米州 Honda Insight (USA)   2021

ELSA LLC.

樹脂製燃料タンク
米州 Daimler Mercedes-Benz GLE-Class (USA) 2020

Plastic Omnium Auto Inergy SAS

燃料タンク
米州 Honda Acura NSX (USA) 2020

八千代工業 (株)

樹脂製燃料タンク
 サプライヤー一覧

検索結果 558


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AAPICO Hitech Public Co., Ltd. 99 Moo 1, Hitech Industrial Estate, Tambol Ban Lane, Amphur Bangpa-in, Ayutthaya 13160, Thailand 主要部品メーカー image
ABC Technologies Inc. (旧 ABC Group, Inc.) 2 Norelco Drive, Toronto, Ontario, Canada M9L 2X6 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Bohai Automotive Systems Co., Ltd.
[渤海汽車系統股份有限公司](旧 山東滨州渤海活塞股份有限公司)
No.569, Bohai 21th Rd., Binzhou City, Shandong 256602, China 主要部品メーカー image
フタバ産業 (株) 〒444-8558 愛知県岡崎市橋目町字御茶屋1 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年02月04日(木)

Rheinmetallは、プラグインハイブリッド車 (PHV)用燃料タンクアイソレーションバルブ(FTIV)を初受注したと発表した。PHVは一般的にEVモードで走行するときに燃料が逃げないよう密閉タンクシステムを備えており、FTIVはその過程で燃料タンク内の圧力比を制御する。最新の注文はアジアと欧州のOEMからのもので、生涯売上は10百万ユーロ規模になる見込み。このFTIV2022年初頭からチェコのUsti nad Labem工場で生産を開始する。FTIVは通常、必要に応じて電動で開く閉じたバルブで、定義されたレベルの過圧または負圧を超えるとすぐに圧力比を調整する2つの機械的バイパスを備えている。(2021年24日付プレスリリースより)

2021年01月29日(金)

TI Fluid Systemsは、VWの電動化モデル向けに次世代樹脂燃料タンクを供給すると発表した。中国市場向けのプラグインハイブリッド車 (PHV)「パサート (Passat)」と「マゴタン (Magotan)」に搭載され、今後は幅広いグローバルプラットフォーム車両への採用も見込む。この技術は、中国と欧州のVWTI Fluid Systemsの共同開発の集大成で、従来大気圧で動作していた燃料タンクを電気駆動に置き換えることで最大400ミリバールのサイクル圧に耐えることが期待される。タンク内の圧力に耐えるため、新設計ではTI Fluid Systemsのスプリットパリソンブロー成形製造プロセスを使用したスナップフィットカラム構造のオーバーモールドボールピンが導入される。(2021年129日付プレスリリースより)

2021年01月25日(月)

・1月13日付のフィリピン現地メディアManilastandard.netの報道によると、フィリピン政府はタイからの輸入品の一部に対しセーフガード関税を課す準備をしている。10年間にわたるタイによるフィリピン製タバコに対する差別的な課税問題に協力するようタイに圧力をかけることが目的だという。
・フィリピン関税委員会によると、タイからの輸入品37品目について関税率の引き下げをなくし、高い関税率を適用するようになる。
・関税委員会は対象品目のセーフガード関税率を定めるために1月末までに関係者を集め意見を求める方針。
・対象品目には、空気入りタイヤ、自動車ワイヤーハーネス用のグロメットおよびカバー、シールドワイヤー、9人乗り以下の乗員輸送用自動車、食品輸送車、燃料タンクおよびその他自動車部品、自動車用アクセサリー部品などが含まれる。
・1月20日付のタイ現地紙Matichonの報道によると、WTOの紛争解決委員会を前に、フィリピン関税委員会は1月27日午前10時から対象品目に関する公聴会を実施する。
・フィリピン政府はタイによる5億9,400万ドルの不当たばこ関税徴収についての10年間にわたる紛争を決着させるためにWTOに紛争解決を申し出たという。
(From an article of Manilastandard.net on January 13, 2021 and an article of Matichon on January 20, 2021)